佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1
8月21日は神戸市立桃山台児童館(垂水区)です。今回でなんと9年連続の開催です。
1年生は初めての参加ですが、2年生以上の子どもたちは慣れたもので「いどうこんちゅうかん」の楽しみ方をよく知ってます。
桃山台児童館も学童の人数が増え、この4月から下畑台コーナーが、桃山台児童館の子たちも行ってる下畑台小学校の中にできました。コーナーの学童さん19人も、今日はもちろん参加します。



あいさつや諸注意のあと、今回は室崎くんのタペストリー紹介からはじめます。
f0177529_09430978.jpg

もうおなじみのタペストリーですね。みんな、すぐに種名がわかっちゃいます。





今年の「むしむし小話」は溝手くんの「ハチのおはなし」です。 
溝手くんは、ハチが大好きなんだって!どんなお話かな?
f0177529_09453323.jpg
ここでクイズです! ハチは  ① みんな さす ② ささないハチもいる

どっちでしょう?
いっぱい手があがっていますね!


こたえは・・・②  「さすハチ」と「ささないハチ」がいるのです。
「へえ~。」「そうなんだ・・」「前から知ってるで。」と子どもたち。
長~い産卵管を持つ ウマノオバチの標本まで出てきて、「見たことな~い!」と興味津々です。




それでは、みんなのおたのしみの「むしむしタイム」のはじまりで~~す!
f0177529_10044258.jpg

生き虫コーナー。どんどんさわってます!

f0177529_10055898.jpg
いつも人気のオオセンチコガネとオオゾウムシです。なにも悪さをしないかわいい虫たちです。


f0177529_10074308.jpg
やっぱりかっこいい日本のカブトムシと、ぴかぴかのニジイロクワガタ

f0177529_10085889.jpg
「いどうこんちゅうかん」の大スター ヘラクレスオオカブトの登場です!


f0177529_10095788.jpg
こちらは「いどうこんちゅうかん」のアイドル! アカハライモリさんたちです。かわいい~~!

f0177529_12164496.jpg

おにいちゃんにいろいろ教えてもらいます。

 

f0177529_10120227.jpg
3D写真です。メガネをかけると・・・虫がとび出してくる~~!!!




f0177529_10140429.jpg

ぬりえも大盛況 よ~く観察してね。



f0177529_10151109.jpg
こちらは「みんなのおっきなむしかご」です!


f0177529_10160479.jpg
カヤの中。オニヤンマを持ってます。おっきな眼!すごいくち!強そうだ。



f0177529_11162718.jpg
最後は「むしむし大はかせの質問コーナー」です。今年もいっぱい質問が出ました。

近藤さんも にこにこ!



桃山台の子どもたちは、虫慣れ(そんな言葉があるのかしら?)してて、いつも 120% 楽しんでくれます。下畑台コーナーのおともだち19人も、暑い中よく来てくれました。
来年は10年目です。継続は力? もう1年はがんばらなくっちゃ!
館長先生、児童館の先生方、むしむし大博士のみなさま、やさしいテネラルのみんなに感謝です!
また来年、むしさんたちと一緒に行きますね。



参加者 : 小学生 82人  幼児 17人  大人 10人
児童館スタッフ : 11人
こどもとむしの会スタッフ : 近藤 伸一・室崎 隆春・溝手 舜・坂本 貴海・大久保 昇(博物館実習)・吉岡 朋子【報告:吉岡】


# by konchukan1 | 2018-08-27 11:32 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
2018年8月26日(日)の昆虫館

天気:晴れ時々曇り  来館者:91名
一日館長:末宗安之  サブ館長:齊藤泰彦


まだまだ、蒸し暑い日が続きます。いよいよ8月最後の日曜日になりました。
f0177529_19544003.jpg
今日も齊藤さんが朝早くから開館準備を進めてくれました。生き虫への餌の補充、池からイモリを採集し、子どもたちに触ってもらえるコーナー作りなど、私が到着した時には既に完了していました。
f0177529_19582179.jpg
私は広場の草刈りをさせてもらい、開館時間になりました。今日も家族連れの皆さんが途切れなく来館してくださいました。
f0177529_20000131.jpg
彼はオオチャイロハナムグリがすごく気に入った様です。

f0177529_20021237.jpg
最初は緊張したけど、兄弟みんな色々な虫を触って楽しんでいました。

f0177529_20034237.jpg
マダガスカルオオゴキブリを触って満足そうです。

f0177529_20045706.jpg
彼は勇気を出してタガメをつかむことができました。

f0177529_20055752.jpg
この姉妹は長時間集中して、すてきな蝶の絵を完成させることができました。

f0177529_20073406.jpg
彼は何種類も昆虫に触ったり、最後はイモリも触ることができて、とても満足そうでした。

f0177529_20103947.jpg
スミナガシの幼虫はどんどん成長しているようですが・・・・敵が多いのが現実です。
f0177529_20131929.jpg
アシナガバチがスミナガシの幼虫を肉団子にして持ち去っていく場面です。

庭にはミンミンゼミが多く訪れるようになりました。
f0177529_20275687.jpg

サカハチチョウも何頭か目撃しました。
f0177529_20144784.jpg
入り口の脇にあるアリジゴク団地は今日も大人気でした。
f0177529_20185157.jpg
他に、ダイミョウセセリ、クロアゲハ、キタキチョウ、ムラサキシジミ、オオセンチコガネ、ミルンヤンマ、タカネトンボなどを目撃しました。少しずつ秋の昆虫が増えてきました。

今日も、来館者の皆さんのあいさつがとても素敵でした。

(報告:末宗安之)




# by konchukan1 | 2018-08-26 20:34 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

2018年8月25日(土)   曇り時々晴れ
一日館長:八田康弘  サブ館長:野村智範   スタッフ 末宗安之 前原繁仁 
来館者44名

さぞかし台風で落ち葉が散乱しているかと思いきや、この辺りはさほど台風の影響がなかったとのことでホットしました。

到着すると野村先生はすでに来られており、工事関係者の方がトイレ裏のマンホールの工事をされていました。

f0177529_21253079.jpg


昆虫館内ではミンミンゼミ、ツクツクボウシが鳴く中、はやヒガンバナの蕾が出ていました。

一番の来館者は近所の小さな女の子で来館者は少なめでしたが途絶えることなくありました。

f0177529_21264148.jpg

来館者はマダガスカルゴキブリに動揺したり、3D写真、お絵かきを楽しんだりと皆さん堪能されていました。

f0177529_21301084.jpg

f0177529_21303166.jpg


f0177529_21304945.jpg

この時期スミナガシがよく産卵に来ていました。

f0177529_21274499.jpg
f0177529_21282334.jpg
すでに孵化した幼虫は少しずつ大きくなってきています。
f0177529_21270335.jpg

他にベニスズメ、シャクガの幼虫も見かけました。

f0177529_21290274.jpg
f0177529_21290985.jpg

少しずつ秋の気配も感じられるようになり、これから昆虫の活動も

活発になってくることでしょう。

(報告:八田康弘)


# by konchukan1 | 2018-08-25 21:42 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)