佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

5月6日(日)の昆虫館

2018年5月6日(日)の昆虫館

一日館長:齋藤泰彦 サブ館長:岡田浩資

スタッフ:清水哲哉、吉岡英二、吉岡朋子

来館記帳者:80名 天候:午前中晴れ、午後曇り時々小雨


ゴールデンウィークの最後の日、開館より3時頃まで来館者が途切れる事が有りませんでした。

お昼まではそこそこの良い天気だったのですが、お昼を過ぎると曇ってきて小雨が降ったり止んだり。

清水さんが持参されたミヤマカラスアゲハが、タイミングよく次々と羽化しました。



f0177529_21164405.jpg

蛹が割れてチョウの体が抜け出す時間は、僅か1分ほど。

その短い瞬間を、6回も観察することができました。

f0177529_21151676.jpg

その場に居合わせた幸運な来館者の方々は、

「生まれて初めて、こんなところを見た!!!」とか、

「すごい幸せ」とか、「すごいラッキー」とか、

皆さま、感動しておられました。

f0177529_21160985.jpg

真剣に、その瞬間を写真撮影をする方も、おられました。

吉岡さんがご主人とともに、来てくださいました。

本日は「イモリの学校」の先生です。

f0177529_21174460.jpg

館内にはいろいろな花が咲いています。

このブログにのせようと、エビネの花を撮影しました。

昨日の内藤先生のブログと被ってしまいました。

f0177529_21180848.jpg


f0177529_21183657.jpg

ゴールデンウィーク中、最初から最後まで、遠く仙台よりスタッフとして参加していただいた清水さん。

お疲れさまでした。お気をつけてお帰りください。

f0177529_21190232.jpg

(報告:齋藤泰彦)


# by konchukan1 | 2018-05-06 23:12 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)





201855日(土・祝)の昆虫館

一日館長:内藤親彦;副館長:茂見節子

スタッフ:清水哲哉、末宗安之、内藤千津子

来館記帳者:96

天気:快晴


今日は朝から快晴で、開館と同時にご家族連れの来館がありました。その後も午後3時頃までは途切れず来館者がありました。
子供たちは例によって元気で、クワガタやカブトムシを触っては歓声を上げたり、スタッフの解説を熱心に聞いたりしていました。網を持って虫捕りをする子供たちも多く、ミヤマカラスアゲハを捕まえた少年もいました。
皆さん昆虫館を楽しんでくれたようで、「また来る」と言って帰る子供もいました。
f0177529_20022280.jpg

f0177529_20023376.jpg

f0177529_20120491.jpg
彼はタガメが特に気になったようで、じっくりとさわって見つめていました。

f0177529_20121089.jpg
午後に来館されたお客さんです。皆さん、素晴らしい作品を仕上げていました。


網室ではキエビネやホウチャクソウが咲いています。ハリマイノデも元気に葉を広げています。


f0177529_20040026.jpg


f0177529_20040437.jpg

f0177529_20043356.jpg


昆虫館に飛来する昆虫たちも増えてきました。

今日見かけたチョウはクロアゲハ、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、モンキアゲハ、キチョウ、トラフシジミ、ベニシジミ、テングチョウ、ツマグロヒョウモン、サカハチチョウ、コミスジ、ヒメウラナミジャノメ、ダイミョウセセリなどでした。館の下流の集落にはウスバシロチョウも飛んでいました。

珍しいハバチも飛来しました。ホシアシブトハバチはハバチ類の中では最も美しい種で、エノキの若枝に卵を産みに来ていました。幼虫はチョウのようにエノキの葉を食べて育ちます。

f0177529_20053560.jpg


ビナンカズラの葉を食べるキベリハムシの幼虫も金属色の瑠璃色になってきました。

f0177529_20063097.jpg

館内ではスタッフの清水さんが育てたミヤマカラスアゲハが今日も来館者の目の前で羽化しました。この個体は特に色が鮮やかでした。

f0177529_20113753.jpg

トラフシジミのメスは産卵に来たようです。7月には夏型が昆虫館で羽化してくれるでしょう。
f0177529_20185060.jpg

(報告: 内藤親彦)















# by konchukan1 | 2018-05-05 19:55 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
2018年5月4日(金・祝)の昆虫館

一日館長:末宗安之 サブ館長:岡田浩資
スタッフ:清水哲哉、齊藤泰彦、野村智範
来館記載者:93名 天気:曇り後晴れ時々雨

昨晩の嵐の影響か、低い雲の残る朝になりました。それでも若葉は本当に鮮やかです。
f0177529_21543338.jpg

今日は午前中からたくさんの来館者が訪れてくれました。子どもたちはやはりクワガタムシ、ヘラクレスオオカブトに興味津々。
f0177529_21551007.jpg
f0177529_21580274.jpg
知人が子どもたちのために、ヘラクレスオオカブトを複数個体、展示用に持ってきてくれました。
ありがたく、展示させてもらいます。



今日はじっくりと昆虫の絵を描く子どもたちが多く、傑作がどんどん展示されていきました。
f0177529_22013483.jpg

彼は少しずつヘラクレスオオカブトの扱い方が上手になり、自分で手のひらに誘導していました。
f0177529_22050760.jpg

彼女は集中してヘラクレスオオカブトの絵を描いていました。上手です!
f0177529_22061106.jpg

外では齊藤さんや清水さんが子どもたちのために、イモリを観察しやすいよう、大型容器を準備してくれました。 
f0177529_22095743.jpg
お母さん方も勇気を出してイモリを触ることで、子どもたちと一緒に楽しいひとときを過ごしていたのが印象に残りました。

今日は不安定な天気で、急に雨が降ったり、強い風が吹くので気温が上がらず、アゲハ類はあまりやってきませんでした。
それでもミヤマカラスアゲハ、ニホンカワトンボ、シオヤトンボ、ヒメウラナミジャノメ、コジャノメ、サトキマダラヒカゲなどを確認しました。
モリアオガエルも昆虫館の敷地内で確認しました。


連休もあとわずか。ぜひ一日楽しめる佐用町昆虫館へお越し下さい。

(報告:末宗安之)
 

                       

# by konchukan1 | 2018-05-04 22:23 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)