佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

今年で6回目の桃山台児童館(神戸市垂水区)での「むしのおえかき」です。
小学校の音楽会の代休の1日を使ったプログラム。午前にお絵描き。午後は全員で大きな虫の壁画を作ります。
今年4月に小学校内にコーナーができたので、同じ小学校に通う下畑台コーナーのおともだち16人も参加してくれました。
トライやるウィークの中学生6人もお手伝いしてくれます。



近藤さんの『むしのクイズブック』から、はじまり、はじまり~~!
f0177529_10580114.jpg
「昆虫は 世界中に 何びきいる?」
こたえは・・・?  「多すぎて わかりません!」  
こんな感じ (^O^)

近藤さんらしくて たのしいですね。子どもたちの笑いをさそいます。




それではおえかきをはじめましょう!
好きな標本を選んで それをじっくり観察し、むしの絵を描きます。「どれにしようかな?」
f0177529_20331925.jpg

f0177529_20374483.jpg
集中して描いています。

f0177529_20381941.jpg
描いたら、また次の虫を選んで・・・

f0177529_20402035.jpg


また描きます。描いています。いっぱい描きました。
午前中はここまで。

************

コーナーのおともだちは、お昼に下畑台小学校の中にあるコーナーに帰ります。

桃山台児童館の子どもたちは、お天気がいいので中庭でお弁当! 陽射しが暖かくて気持ちよさそう!

************

f0177529_20451239.jpg

みんなの作品を並べます。力強いむしさんがいっぱいです!


f0177529_20463926.jpg
ハサミでちょきちょきと 切りとり
f0177529_20472750.jpg
大きなロール紙に並べます。

f0177529_21525960.jpg
のりで貼り付けます。


f0177529_20500231.jpg
さあ、はりましょう!トライやるウィークの中学生が手伝ってくれます。


f0177529_20511049.jpg

かべにはって、「みんなのおおきな絵」のできあがり!



f0177529_20531320.jpg
最後に、近藤さんの「質問コーナー」



今年もすてきなむしの絵ができあがりました。こちらは桃山台児童館の子どもたちの絵です。
元気な虫さんがいっぱ~い!
f0177529_20542655.jpg

f0177529_20552161.jpg

f0177529_20554021.jpg



こちらは下畑台コーナーの子どもたちの「みんなのおおきな絵」です。むしさん同士のおしゃべりが ぶぶぶぶ わんわんと聴こえてきそうです! 
コーナーにもどって、お弁当のあと 先生方が切り貼りの指導をして作り上げてくださいました。6年目なので先生方も慣れていらっしゃいます。
f0177529_20564342.jpg



「いつものことですが、たのしかったですね。まさに天才画家の集団です!」と近藤さん。
「よ~く観察して描いてね。」とだけしか言ってないのに、子どもたちはどんどんいい絵を描いてくれます。近藤さんではありませんが、まさに天才児の集まり!
いっぱい並んでいるのを見ると、むしの色に惹かれる子、形に惹かれる子。それぞれの興味が、むしの絵にしっかりと表現されているのがわかります。「むしのおえかき」では、毎回 とてもしあわせな気持ちになります。45人の小学生が382匹の虫を描いてくれました。
「わずかな時間で、すごい数のムシが桃山台で発生し、驚きですね。またやりたいですね。」とも近藤さんはおっしゃっておられました。
一生懸命 描いてくれて、ありがとう!


終了後に下畑台コーナーに寄って、できあがった絵を見せてもらいました。ロッカーの上に乗って「これぼくのん」と指さしてくれたり「(私が描いた)ちょうちょ、かわいいでしょ」「ぼく描いたん、これとこれや」と教えてくれました。

トライやるウィークの中学生の中には、6年前「むしのおえかき」を桃山台児童館で最初に「おためし」開催させてもらった時に参加していた子が2人もいました。6年でこんなに大きくなっちゃうんですね! でも、おえかきのこともしっかり覚えてくれていて、続けることの大切さを教えてくれました。うれしいことです。

児童館やコーナーの先生方、今年もありがとうございました。
また、よろしく願いします!




参加者 : 桃山台児童館 29 名 ・下畑台コーナー 16人(1~4年生)
トライやるウィークの中学生 : 6 名
児童館・コーナーのスタッフ : 9 名
描いたむし : 382 匹
こどもとむしの会スタッフ : 近藤 伸一 ・ 吉岡 朋子 (報告:吉岡)


# by konchukan1 | 2018-11-08 21:25 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)

2018年10月28日(日) 『むしおさめ』の昆虫館
天気:晴れ   来館者97名


一日館長:近藤伸一 サブ館長:茂見節子

スタッフ:内藤親彦・千津子ご夫妻 東 輝弥 齋藤泰彦 久保弘幸とそうちゃん 
末宗安之 岡田浩資 竹田真木生 八木剛 吉岡朋子 野村智範 るり坊 相坂耕作
その他多くの会員、学生会員の皆様
 


 今日は虫納め、快晴に恵まれ、佐用町内の保育園の皆さんがたくさん来てくださって、楽しいお祭りのような昆虫館でした。

f0177529_22014828.jpg
 みんなの来る前にるり坊がブロワーで落ち葉の掃除
f0177529_22021412.jpg
冬籠もり準備でクワガタムシの樹液レストランの掃除
f0177529_22084532.jpg
展示用クワガタジオラマの中にはこんなにたくさんのクワガタムシが元気でした。


f0177529_22035530.jpg
広場ではむしおさめの会場準備です。

開園前に庭掃除や越冬準備、むしおさめの会場づくりをしている間に、駐車場は入りきれなくなるほどの車。

f0177529_22025736.jpg
室内は大賑わい

f0177529_22033585.jpg

「むし納め」開始時刻11:00が近づくと、続々とお客さんが広場に。
f0177529_22043322.jpg

内藤先生のあいさつで、むしおさめの会のはじまりはじまり


f0177529_22045056.jpg
快晴のおにぎりパクパク広場で、むしおさめの会の始まりです。
内藤理事長のあいさつの後、秘密の箱に手を入れて???をさわったり、オリジナル竹トンボならぬ紙トンボをつくって飛ばしたり、紙芝居を見たり。


f0177529_22050732.jpg

箱の中には何が? さわってみよう!どんなむしが入っているのかな?

f0177529_22051885.jpg

f0177529_22053289.jpg
「紙トンボをとばそう」のコーナーも大人気
f0177529_22054878.jpg

茂見さんの紙芝居も始まりました。

午後から茂見さんと内藤先生の奥様がおいしいスープを作ってくださり、野村先生、齋藤さんのお世話になって昼食。
来園者が少なくなった頃を見計らって、打ち合わせ会。八木さんから提案のあった網舎ゲージの取り扱い、昆虫館の10年を振り返っての感想や、今後の会運営に対する希望、10周年記念の会など、一人一話の形式で話し合いが行われました。
最後に今年の冬籠り作業日を1123日、129日に決定して打ち合わせ会を終了しました。

佐用町昆虫館は、10月29日(月)から来年の4月5日(金)まで冬季休館になります。
今シーズン、来ていただいた皆様、まことにありがとうございました。

2019年4月6日(土)から来シーズンの開館になります。楽しみにしてください。

(報告:近藤伸一)




# by konchukan1 | 2018-10-30 22:45 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
2018年10月27日(土)の昆虫館

 天気:曇り時々晴れ一時雨   記載者:23名
 一日館長:末宗安之   サブ館長:茂見節子  スタッフ:大江峻弘

10月もあと5日です。雨上がりの秋らしい朝になりました。
f0177529_20392055.jpg
 今日も午前中から家族連れの来館者が途切れなく来てくれました。
彼は水路でタカネトンボのヤゴを見つけたり、ビオトープでオニヤンマのヤゴを見つけることが出来ました。
f0177529_20423243.jpg
遠方から来られた兄弟は、ニジイロクワガタがすごく気に入ったようです。
f0177529_20464701.jpg
みんなで魚に餌やりです。ドンコは思ったより素早い動きでみんなびっくり!
f0177529_20482719.jpg
午後に来られたご家族は、私と一緒にカブトムシの幼虫の成長を確認してくれました。
f0177529_20494731.jpg
また、水路でアカハライモリの求愛行動をじっくり観察してくれました。
f0177529_20504027.jpg
元気のいい男の子達がマダガスカルオオゴキブリをじっくり観察したあと、
f0177529_20533271.jpg
大人顔負けの超リアルな虫たちの絵を集中して描いていました。30分以上、黙々と描いている姿に感心しました。
f0177529_20555397.jpg
道路にはツクツクボウシの亡骸が。
f0177529_21035021.jpg
セミの鳴き声はもう聞こえなくなりましたが、昆虫館周辺のキジョランには多数のアサギマダラの幼虫が確認できました。新しい世代へと命が引き継がれています。
いよいよ明日は今シーズンの佐用町昆虫館の「むし納め」です。ぜひ、お越し下さい。

(報告:末宗安之)



# by konchukan1 | 2018-10-27 21:08 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)