佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

9月30日(日)の昆虫館

一日館長:三木進、サブ館長:清水哲哉
入館者:11人

一日中雨

阪神間を暴風雨に巻き込みそうな非常に強い台風17号が北上。
いつもより1時間遅く、午前9時35分に館に。

来館者は午前中はゼロ。
午後に3家族が来られました。
f0177529_15125565.jpg

清水さんは、9月の入館者数をリストアップ、私はラボの整理に励みました。

午後1時前、台風の進路が北に急変。暴風圏を突っ走るのは怖いので、
すべてを清水さんに任せて急いで帰宅しました。
前を走る車が上げる水煙に悩まされながら、
2時半に明石に着くと、マンション4階のドアは風圧で開かず、
やっと開くと、ドアごと室内にたたき込まれました。
この時、指を挟まれると事故になるんですね。

だが、強い風もやがて収まり、進路も一気に東に。
どうやら一番大変な時に帰り着いたようです。
早退の一日館長報告でした。
(三木進)
# by konchukan1 | 2012-09-30 15:22 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

9月29日(土)の昆虫館

一日館長:八田康弘、サブ館長:岡田浩資
スタッフ:久保弘幸、前原繁仁
来館者数:記帳者10人

f0177529_1459574.jpg

稲刈りがほとんど終わった中で
まだ刈り残された稲穂の黄色とヒガンバナの鮮やかな赤い色の対比をながめながら
昆虫館にたどりつきました。

台風が近づいてきているせいか1日曇っていましたが、
雨は最後まで降りませんでした。

昆虫の方はブッドレアの白い花にアサギマダラやミドリヒョウモンがやってきたり
f0177529_1504894.jpg

ツリフネソウにトラマルハナバチが訪れる程度でした。
f0177529_151486.jpg



f0177529_1544792.jpg
来館者もやっと二桁になる程度でのんびりした1日でした。

藤岡さんが朝一番にナスを持ってこられ、
前から気になっていた道の駅ちぐさの看板のツチノコについてお聞きしました。
f0177529_1514134.jpg


メール配信があったように久保さんがアポロチョウの標本を
持ってこられました。
f0177529_152589.jpg


久保さんと岡田さんに、カミキリの幼虫が入った木の見つけ方を教えていただき、
出てきたときの感動話をお聞きし、大変勉強になりました。
私もチェレンジするべく、
付近から切ってこられた枯れ木を数本いただいて帰ることにしました。
f0177529_1525670.jpg


閉館間近になって
久保さんがヤモリの餌にと入れられたササキリを
久々の餌であったとみえてヤモリがさっそく、くわえていました。
f0177529_1532617.jpg


(報告、一日館長:八田 康弘)
# by konchukan1 | 2012-09-29 15:04 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

9月23日(日)の昆虫館

一日館長:清水哲哉、サブ館長: 岡田浩資
記帳者:44人 天候:曇り時々雨

急に気温が低下し、半袖では肌寒い昆虫館となりました。
そんな中、今年最後かもしれないミンミンゼミの声が遠く響いていました。

f0177529_2321388.jpg

この気温の低下で、前日には翅の模様が透けはじめ、羽化が期待されたクロツバメシジミも、蛹のままでした。
(後日、残念なことに羽化に失敗したことが確認されました)

f0177529_23212416.jpg

チョウチョひらひらハウス内では、数は少ないものの中で卵から育ったアサギマダラが順調に羽化しているようです。

f0177529_23211491.jpg

同じく、ハウスないではスジグロシロチョウの交尾も観察されました。

f0177529_23285024.jpg

また、ハウス内のシイタケの廃ホダの中からはカブトムシに加え、コクワガタの幼虫も発見されました。

みな無事に世代をついて、来年の昆虫館もにぎわせてくれるといいですね。
# by konchukan1 | 2012-09-27 23:15 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)