人気ブログランキング |

佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1
JR姫路駅前から貸し切りバスで、こどもとむしの秘密基地「佐用町昆虫館」へ。
明るい間は見る機会の少ない「光らないホタル」たちの観察会、
暗くなればヒメボタルとゲンジボタルが飛び交う場所で、観察会を実施します。

開催日:令和元年(2019年)7月6日(土曜日)小雨決行 14時15分~22時00分

集合場所:JR姫路駅南バスロータリー

募集定員:幼児から中学生とその保護者 計40名(応募者多数の場合は抽選)

実施内容:昼と夜のホタル観賞等

講師:八木 剛(兵庫県立人と自然の博物館 主任研究員)

参加費:無料(バス代もいらない)

主催:兵庫県西播磨県民局
共催:佐用町昆虫館(NPO法人こどもとむしの会)
協力:佐用町、佐用町教育委員会

申込方法:元年6月18日(火曜日)までに、募集チラシ裏面の参加申込書を下記申込先あてにFAXまたは郵送
〔申込先及び問合先〕兵庫県西播磨県民局県民交流室環境課
〒678-1205 赤穂郡上郡町光都2-25 TEL:0791-58-2138 FAX:0791-58-2327

f0177529_22422433.jpg

チラシのPDFファイルは、兵庫県のサイト(↓)からダウンロードください。



# by konchukan1 | 2019-05-20 22:47 | こどもとむしの会のイベント | Comments(0)

5月19日(日) 曇り時々晴れ

一日館長 野村智範、サブ館長 末宗安之、スタッフ 高橋弘樹  記帳者数 53

本日は、曇り空が優先していて、お日様の光はほとんどさしませんでした。そんな状態でしたので、蝶類は、少なめでした。
それでも晴れ間には網舎前のノアザミにカラスアゲハ♂やナガサキアゲハ♀が来ました。


f0177529_21472610.jpg


f0177529_21475197.jpg


来館者は、記帳者数の倍近くあったと実感しています。長時間滞在されるご家族が多く、熱心に質問されたり、積極的に生き物との触れ合いを楽しまれました。

f0177529_21184974.jpeg

ヘラクレスオオカブト、マダガスカルゴキブリ他のおなじみの虫に加えて、エダシャク、モリアオガエルのオス2匹とアマガエルなど、多彩な生き物とのふれあいもできました。

f0177529_21203068.jpeg

蚕の原種?である「クワゴ」の幼虫と繭も持ち込まれました。

f0177529_21241964.jpeg


もうすぐ産卵するであろうモリアオガエルのメスが池のそばのアジサイの枝で待機している様子も観察できました。
まもなく、園内のあちこちに卵塊が産み付けられることでしょう。

f0177529_21331056.jpeg

蝶類の標本をじっと観察する姿も見られました。


f0177529_21370169.jpeg

ヘラクレスオオカブトを手にのせてご満悦の様子も。


f0177529_21403508.jpeg

イシガメを手にする子どもも。


f0177529_21420873.jpeg

イモリやカメとのふれあいを楽しむ姉妹の姿。


f0177529_21433510.jpeg

子どもたちは、家族の方といっしょに、閉館時刻間際まで、お絵描きを楽しんだり、網を手にチョウなどの虫を追いかけたりしました。
(報告 野村智範)














# by konchukan1 | 2019-05-19 21:53 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

2019年5月18日(土)の昆虫館

一日館長:齋藤泰彦 サブ館長:野村智範

来館記帳者:22名 天候:曇り


一日中曇天で、気温も上がらず肌寒い一日でした。

先週とはうってかわり、チョウもあまり飛びませんでした。

久しぶりの、野村さんによる「イモリの実践生態観察講座」が開講されました。

一時限目の生徒は、一家族の4人。

イモリの雌雄の見分け方や、生息場所や、色々なことについて講座は進みました。

f0177529_19304210.jpg

残念ながら今日は生徒数が少なく、二時限以後は休講となってしまいましたが。

網舎の中で、アカスジキンカメムシの幼虫を見つけました。

f0177529_19311319.jpg


カラムシにはアカタテハが餃子のような巣を作っています。

f0177529_19314956.jpg

そっと中をのぞいたところ、まだ3齢位の幼虫がいました。

もうしばらく、優しく見守りましょう。


山の悪いサルが、昆虫館を荒らしに来たようです。

クワの若葉を食い散らかしています。

f0177529_19325017.jpg

その挙句に、こんなお土産を残してゆきました。

ちょっと汚らしいですが、ワタクシ的には嬉しかったりして。

f0177529_19333242.jpg


今年も、モリアオガエルが山から下りてきました。

水路の傍に、今年初の産卵です。イモリの産卵も確認できました。

f0177529_19341155.jpg


自分で採集したオナガアゲハを展翅する、小学一年生の男の子。

f0177529_19344848.jpg

上手に展翅が出来ました。

(報告:齋藤泰彦)


# by konchukan1 | 2019-05-18 19:39 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)