人気ブログランキング |

佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

<   2019年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

5月26日(日)の昆虫館

2019年5月26日 天気: 晴れ

一日館長:岡田 浩資  サブ館長:斎藤 泰彦

来館者:51名

本日もやはり斎藤さんが一番乗りです。

開館準備もすでに終えられ準備万端です。

ラボ内の不要な物を率先して片付けられ使用しないケース類はすべて洗浄してくださいました。
流石は斎藤さんです。

見習わなければならない事ばかりです。

午前中は静かな立ち上がりでした。

午後からは徐々に来館者が増え閉館前まで
滞在されるご家族や昆虫採集を楽しまれるご家族が多数おられました。

f0177529_19013091.jpg
ジャコウアゲハの説明会です。

f0177529_19030059.jpg
桑にて休憩中のモリアオガエルです。わかりますか?

f0177529_19044703.jpg
ご家族みんなでアリジゴクを熱心に観察していました。

f0177529_19054537.jpeg

やはりクワカブは人気があります。

楽しそうに触れる子や怖がる子さまざまな子がいます。

f0177529_19071823.jpeg
齊藤さんによるヤママユ系のまゆと幼虫の説明会がおこなわれました。

f0177529_19092641.jpg
クワガタ展示用水槽にてクリストフコトラカミキリの羽脱を確認しました。

宮城県蔵王産との事です。

ウスバツバメガの蛹が建物の周りに増加してます。
モンキアゲハが良く目撃されました。
(報告:岡田浩資)


by konchukan1 | 2019-05-26 19:12 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

5月25日(土) 晴れ


一日館長:八田康弘 サブ館長:茂見節子 スタッフ:齋藤泰彦


来館者48名

開館1時間前に昆虫館に到着したのですが、すでに開館準備が

整っていました。今日会員の役員会が午後からあるのですが

それにもかかわらず斎藤さんが朝早くから来られて、いつも通り

のペースで準備をしてくださっていたのでした。

また早くから来られた来館者が2組あって、親子二人連れの来館者

はかなり長い間滞在されました。親子ともに昆虫食に興味があると

いうことで斎藤さん保存の昆虫食缶詰に興味を示されて昆虫食談義を

しておられました。

f0177529_23274367.jpg

午前中から絶えることなく来館者があって大きな網に振り回されながら

昆虫採集を一生懸命したり、ガチャポンを楽しんだり、61日のむしむし

まつりの予行か茂見さん演じる紙芝居を楽しんでおられました。

f0177529_23280139.jpg

f0177529_23281325.jpg

f0177529_23283327.jpg

また、ヒラタクワガタに指を挟まれた僕はべそをかきながら母親に

甘えながらお絵かきをして機嫌を取り戻していました。トラウマに

ならなければ幸いです。

f0177529_23290956.jpg

昆虫館では館外に朝からモリアオガエルの卵が1つ、クワガタ展示ケースに

クリストフコトラカミキリが1匹、ヒメキマダラセセリ、キタキチョウ、

カラスアゲハ、クロアゲハ、モンキアゲハ、タカネトンボ、ニホンカワトンボ、シオカラトンボ

等が見かけられ、ウスバツバメガの蛹になりかけのものがたくさんありました。

f0177529_23293090.jpg

f0177529_23310816.jpg

f0177529_23312199.jpg

また末宗さんがウスタビガの幼虫を持ってこられ、展示されました。

f0177529_23313753.jpg

綺麗な緑色の繭が楽しみです。
(報告:八田康弘)


by konchukan1 | 2019-05-25 23:32 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
JR姫路駅前から貸し切りバスで、こどもとむしの秘密基地「佐用町昆虫館」へ。
明るい間は見る機会の少ない「光らないホタル」たちの観察会、
暗くなればヒメボタルとゲンジボタルが飛び交う場所で、観察会を実施します。

開催日:令和元年(2019年)7月6日(土曜日)小雨決行 14時15分~22時00分

集合場所:JR姫路駅南バスロータリー

募集定員:幼児から中学生とその保護者 計40名(応募者多数の場合は抽選)

実施内容:昼と夜のホタル観賞等

講師:八木 剛(兵庫県立人と自然の博物館 主任研究員)

参加費:無料(バス代もいらない)

主催:兵庫県西播磨県民局
共催:佐用町昆虫館(NPO法人こどもとむしの会)
協力:佐用町、佐用町教育委員会

申込方法:元年6月18日(火曜日)までに、募集チラシ裏面の参加申込書を下記申込先あてにFAXまたは郵送
〔申込先及び問合先〕兵庫県西播磨県民局県民交流室環境課
〒678-1205 赤穂郡上郡町光都2-25 TEL:0791-58-2138 FAX:0791-58-2327

f0177529_22422433.jpg

チラシのPDFファイルは、兵庫県のサイト(↓)からダウンロードください。



by konchukan1 | 2019-05-20 22:47 | こどもとむしの会のイベント | Comments(0)

5月19日(日) 曇り時々晴れ

一日館長 野村智範、サブ館長 末宗安之、スタッフ 高橋弘樹  記帳者数 53

本日は、曇り空が優先していて、お日様の光はほとんどさしませんでした。そんな状態でしたので、蝶類は、少なめでした。
それでも晴れ間には網舎前のノアザミにカラスアゲハ♂やナガサキアゲハ♀が来ました。


f0177529_21472610.jpg


f0177529_21475197.jpg


来館者は、記帳者数の倍近くあったと実感しています。長時間滞在されるご家族が多く、熱心に質問されたり、積極的に生き物との触れ合いを楽しまれました。

f0177529_21184974.jpeg

ヘラクレスオオカブト、マダガスカルゴキブリ他のおなじみの虫に加えて、エダシャク、モリアオガエルのオス2匹とアマガエルなど、多彩な生き物とのふれあいもできました。

f0177529_21203068.jpeg

蚕の原種?である「クワゴ」の幼虫と繭も持ち込まれました。

f0177529_21241964.jpeg


もうすぐ産卵するであろうモリアオガエルのメスが池のそばのアジサイの枝で待機している様子も観察できました。
まもなく、園内のあちこちに卵塊が産み付けられることでしょう。

f0177529_21331056.jpeg

蝶類の標本をじっと観察する姿も見られました。


f0177529_21370169.jpeg

ヘラクレスオオカブトを手にのせてご満悦の様子も。


f0177529_21403508.jpeg

イシガメを手にする子どもも。


f0177529_21420873.jpeg

イモリやカメとのふれあいを楽しむ姉妹の姿。


f0177529_21433510.jpeg

子どもたちは、家族の方といっしょに、閉館時刻間際まで、お絵描きを楽しんだり、網を手にチョウなどの虫を追いかけたりしました。
(報告 野村智範)














by konchukan1 | 2019-05-19 21:53 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

2019年5月18日(土)の昆虫館

一日館長:齋藤泰彦 サブ館長:野村智範

来館記帳者:22名 天候:曇り


一日中曇天で、気温も上がらず肌寒い一日でした。

先週とはうってかわり、チョウもあまり飛びませんでした。

久しぶりの、野村さんによる「イモリの実践生態観察講座」が開講されました。

一時限目の生徒は、一家族の4人。

イモリの雌雄の見分け方や、生息場所や、色々なことについて講座は進みました。

f0177529_19304210.jpg

残念ながら今日は生徒数が少なく、二時限以後は休講となってしまいましたが。

網舎の中で、アカスジキンカメムシの幼虫を見つけました。

f0177529_19311319.jpg


カラムシにはアカタテハが餃子のような巣を作っています。

f0177529_19314956.jpg

そっと中をのぞいたところ、まだ3齢位の幼虫がいました。

もうしばらく、優しく見守りましょう。


山の悪いサルが、昆虫館を荒らしに来たようです。

クワの若葉を食い散らかしています。

f0177529_19325017.jpg

その挙句に、こんなお土産を残してゆきました。

ちょっと汚らしいですが、ワタクシ的には嬉しかったりして。

f0177529_19333242.jpg


今年も、モリアオガエルが山から下りてきました。

水路の傍に、今年初の産卵です。イモリの産卵も確認できました。

f0177529_19341155.jpg


自分で採集したオナガアゲハを展翅する、小学一年生の男の子。

f0177529_19344848.jpg

上手に展翅が出来ました。

(報告:齋藤泰彦)


by konchukan1 | 2019-05-18 19:39 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

5月12日(日)の昆虫館

2019年5月12日(日)の昆虫館

一日館長:齋藤泰彦 サブ館長:岡田浩資

来館記帳者:42名 天候:晴れ

素晴らしいお天気の一日でした。

昆虫館の西側の山は、フジが満開です、

f0177529_20204739.jpg

爽やかな皐月の風より生まれてきたような、ダビドサナエを見つけました。

翅がキラキラ輝いています。

f0177529_20213149.jpg

昆虫館の中のヤブテマリの花も満開です。

いろんな虫が訪れました。

f0177529_20221239.jpg

ハナアブの仲間と、アブだかハエだかわからないのとか。

岡田さんによると、カミキリも4種類確認できたそうです。

f0177529_20223322.jpg
サカハチチョウもきれいです。

あちこちに植えてあるエノキには、テングチョウの幼虫が付いています。

f0177529_20225758.jpg

クヌギには、ちょっと危ない毛虫もいます。モンシロドクガの幼虫のようです。

f0177529_20231811.jpg

皆さま、注意してください。

本日のトピックスはアオバセセリとウスバシロチョウ。

アオバセセリが飛来してきたので、大慌てで証拠写真を撮ろうとしたのですが、

全く写真になりません。代わりに岡田さんが撮影してくれました。

f0177529_20234481.jpg

私には、アオバセセリの写真を撮るのは無理です。

それと、ウスバシロチョウ。これまた岡田さんが昆虫館内で採集したものです。

未交尾の美しいでした。

f0177529_20240036.jpg

捕まえてきたバッタを、図鑑で一生懸命調べているお母さんと女の子。

f0177529_20250556.jpg

微笑ましい風景です。

(報告:齋藤泰彦)


by konchukan1 | 2019-05-12 20:34 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

5月11日(土)の昆虫館

2019年5月11日(土)天気 晴れ
一日館長:末宗安之 スタッフ:茂見節子 吉岡朋子
来館者:13名

明るい初夏の日差しです。清々しい朝になりました。
f0177529_20170548.jpg
昆虫館に到着するとキビタキのさえずりが駐車場の周りで聞こえます。
既に池の上にはニホンカワトンボが縄張りを張っていました。
f0177529_20223857.jpg
午前11時頃から来館者の方々が来られました。ヤブデマリの花に来る昆虫を撮影されていた、アマチュアのカメラマンの方は鳥や昆虫を撮るのが好きな方でした。

f0177529_20255368.jpg
丹波篠山市から来られた家族はとても昆虫好き。野外でもずっと採集を楽しんでいました。
吉岡さんが持ってきたトビモンオオエダシャクの幼虫をじっくり観察してくれました。
f0177529_20292683.jpg
午後は来館者は少なめでしたが、山野草が好きな方々や、昆虫の飼育が好きな方など、色々な方が来られました。マダガスカルオオゴキブリも大丈夫です。
f0177529_20311529.jpg
飼育中のウスタビガも脱皮をしてきれいな緑色になりました。
f0177529_20590463.jpg
f0177529_20595250.jpg


今日はたくさんの昆虫が目撃できました。
 ミヤマカラスアゲハ、クロアゲハ、オナガアゲハ、アオスジアゲハ、サカハチチョウ、ルリシジミ、オオスズメバチ女王、キイロスズメバチ女王、オオヤマカワゲラ、ニホンカワトンボ、ダビドサナエ、テングチョウ(越冬成虫)そして嬉しかったのは、ウスバシロチョウのオスを目撃したことです。(画像はありません)推測ですが、4月7日の「むし開き」で吉岡さんが見つけた幼虫が無事、成虫になったのでは・・・?

f0177529_20514584.jpg
サカハチチョウが玄関に来ました。
f0177529_20515826.jpg
ビオトープのクリンソウにオナガアゲハ。
f0177529_20502785.jpg
そして網舎の中で、オナガアゲハの越冬蛹も羽化しました。
もうすぐカラスアゲハやアオバセセリもやって来る時期です。
 新緑の中、たくさんの生き物に出会える佐用町昆虫館にぜひお越し下さい。
 (報告:末宗安之)



by konchukan1 | 2019-05-11 21:01 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

5月6日(月)の昆虫館

2019年5月6日(月)の昆虫館

一日館長:齋藤泰彦  サブ館長:岡田浩資

来館記帳者:30名  天候:午前中晴れ、お昼より曇りのち雨、一時激しい雷雨


平成より令和につながる、黄金の10連休もとうとう最後の日となりました。

午前中は良い天気で、館内のヤブテマリには羽化したてのサカハチチョウや

クロアゲハが飛来し、今日は上々なすべり出しと思っていました。

ところが、来館者がありません。

岡田さんは、この時間を利用して展示標本の整理をしたり。

f0177529_19284235.jpg

私は、ブログ用のネタ探しをしたり。

ついこの間には蕾だった、エビネやキエビネが花開いています。

f0177529_19292749.jpg
f0177529_19293905.jpg

モクレンのような赤紫色の花もきれいです。(この花の正しい名前がわかりません。)

f0177529_19295323.jpg

カラスザンショウも空に向かって、新芽を伸ばしています。

f0177529_19301552.jpg

網室のジャコウアゲハの蛹も、羽化する時期を待っています。

お昼頃より、どんよりと曇ってきました。

あたりが暗くなってきてまもなく、雷鳴が轟き、あっという間に大雨です。

またしても、雨にたたられました。

f0177529_19304361.jpg

雷が大の苦手の私は、思わずおへそを手で隠しました。

不思議なもので、大雨になったとたんに、一気に来館者がありました。

当然、外には出られません。

ですので、生き虫と触れ合い、お絵かきをしていただきました。

f0177529_19310633.jpg

f0177529_19312192.jpg

館の入り口の上のほうに、キアシナガバチが営巣しています。

4月28日のブログにあるものと、同一個体だと思います。

f0177529_19313950.jpg

可愛そうですが、巣は撤去しました。

同じところにまた営巣しそうなので、今後注意が必要です。

(報告:齋藤泰彦)


by konchukan1 | 2019-05-06 19:33 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
 一日館長・スタッフ  久保弘幸・茂見節子・高橋弘樹

 初夏らしい陽射しと、そよ風にめぐまれたこどもの日。昆虫館は一日、こどもたちの歓声に包まれました。10時の開館から16時の閉館まで、切れ目なくお客様がお越しになり、ひとしきり館内で虫をさわったり、お絵かきをした後は、手に手に網を持って、虫捕りに駆け出していきました。

 今日は陽射しもあったので、黒いアゲハチョウ~ミヤマカラスアゲハやクロアゲハ~が飛び、春型の小さなサカハチチョウ、スジグロシロチョウなども見られました。昆虫館の庭では、まるで白いヒゲだけが飛んでいるようなヒゲナガガ(クロハネシロヒゲナガ)がたくさんいて、こどもたちの良いライバルになっていました。ヤママユやクスサンの卵が孵化して、庭のクヌギは小さな毛虫だらけになり、その横ではヒメクロオトシブミのお母さんが、いっしょうけんめいゆりかごを作っているのが観察できました。
 ナナフシの小さな赤ちゃん(エダナナフシ?)も若葉の上を歩き、ヤブデマリの花には、コツバメが蜜を求め、ニホンカワトンボが金属色の体をきらめかせながら、昆虫館の庭を行き来していました。

 まるで虫たちの、初夏のパーティーのようです。

 これからひと月ほどの間は、お天気さえ良ければ、こんな楽しい虫たちの姿を見ることができます。虫が好きな子も、ちょっと苦手な子も、来て、見て、触れてみたら、きっと楽しくなるでしょう。スタッフ一同、いろんな工夫を考えながら、皆さんをお待ちしています。

f0177529_21415918.jpg
                青空の昆虫館 梢を飛ぶのはテングチョウ

f0177529_21422978.jpg
                でっかいゴキブリも平気だ。ぼくはどんな虫もだいじょうぶ!
 
f0177529_21423911.jpg
                 三姉妹は片寄せ合ってお絵かきに熱中 
               
f0177529_21422055.jpg
                 ヒゲナガガ まるでヒゲだけが飛んでいるみたい
f0177529_21421210.jpg
                 三兄弟もお絵かきに熱中 兄弟だけど画風は違います
f0177529_21424738.jpg
                 ヤブデマリの花に蜜を求めるコツバメ 前顔だけどわかるかな?
                   


 
 

 

by konchukan1 | 2019-05-05 21:47 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

5月4日(土)の昆虫館

5月4日(土) 晴れ

一日館長:八田康弘  サブ館長:齋藤泰彦

来館者81

開館1時間前に到着しましたが、いつも通り齋藤さんが当番の時は

いつも開館準備が整っています。
10連休後半、いい天気が続きますが朝方の昆虫館内はまだひやっ

とします。一方カジカガエルも鳴き始め、蝶もカラスアゲハ、スジ

グロシロチョウ、ツマキチョウ、キタキチョウ、ベニシジミ、ヤマト

シジミ、トラフシジミなどが飛んできました。

来館者は途絶えることがありませんでした。

f0177529_21084563.jpg
f0177529_21102409.jpg

大阪の都心から来られた家族はわざわざこの昆虫館を目指して3時間

かけて来られたそうです。まる一日家族で昆虫採集をされ、齋藤さん

も色々採集の手助けをされていました。

f0177529_21111874.jpg

子供の日を前に子供達の笑顔が印象的な1日でした。

f0177529_21114601.jpg

f0177529_21121151.jpg

お絵かきコーナーも盛況で、親子での合作もあったりで1日で掲示板が

かなり埋まってしまいました。特に小学一年生の女の子の絵は観察力が

素晴らしく感心しました。

f0177529_21122766.jpg

f0177529_21124652.jpg

f0177529_21130390.jpg
f0177529_21131757.jpg

今、昆虫館では色々な花が咲いています。ハナイカダの花も咲き始めて

います。花は地味ですが葉っぱの真ん中に咲く変わった植物です。

雌雄異株で、昆虫館のものは花が多数なのでどうも雄株と思われます。

f0177529_21133138.jpg
(報告:八田康弘)


by konchukan1 | 2019-05-04 21:18 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)