佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

<   2018年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

6月23日(土)の昆虫館

臨時閉館中昆虫館在駐係:八田康弘

天候:曇り時々雨

佐用町昆虫館は720日まで、屋根の改修および外壁塗装工事のため臨時休館中です。

リニューアルオープンは721日となります。

あと1ヵ月ちょっと、お待ちください。

一日曇り時々雨でしたが昼過ぎ一瞬青空が顔を覗かせました。

f0177529_21531749.jpg

二人体制で1日中工事をされていました。

安田さんが様子を見にこられました。

f0177529_21532165.jpg

るり坊が朝から来てくれ整理をしてくれました。
るり坊いわく昨日アカショウビンを見たそうです。

今日は朝にはサンコウチョウが鳴いていました。

壁や足場にモリアオガエルの卵がいくつかあったのですが水槽は満杯状態なのでバケツに入れておきました。

f0177529_21524147.jpg

今日は雨模様でしたので昆虫はほとんど見かけず、

コケ観察を楽しみました。

るり坊がヒノキゴケが生えているということで案内してもらいました。

f0177529_21524645.jpg

この季節コケも面白そうです。

報告:八田康弘


by konchukan1 | 2018-06-28 21:56 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

617日の昆虫館

臨時閉館中昆虫館駐在係:齋藤泰彦

天候:晴れ

佐用町昆虫館は720日まで、屋根の改修および外壁塗装工事のため臨時休館中です。

リニューアルオープンは721日となります。

あと1ヵ月ちょっと、お待ちください。

昆虫館のタガメはよほどお腹がすいていたらしく、水槽にトノサマガエルをいれると「一撃必殺」。

f0177529_20163466.jpg


モリアオガエルのオタマジャクシはうじゃうじゃとなりました。

f0177529_20170726.jpg


今日の昆虫館では、ゲンジボタルも見れました。

昼間でしたので、ちょっと残念。

f0177529_20172871.jpg

末宗さんが持ってこられたウスタビガが3つ、美しい繭を作っています。

f0177529_20175796.jpg

最後にお花を1つ。

f0177529_20181993.jpg

(報告:齋藤泰彦)


by konchukan1 | 2018-06-17 20:19 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
f0177529_17082443.jpg
『博物館・美術館・水族館・科学館・・・いろんなミュージアムの専門家が棚倉に集合! ちっちゃな おともだちに、とびきりの ほんもの体験を プレゼントするよ!』・・・ということで、今年も行ってきました! こども☆ひかりの「ひよこミュージアム in たなぐらまち」(福島県棚倉町)。3回目の今年は地元の学法石川高校だけでなく、棚倉中学校の美術部のメンバーもスタッフに参加してくれました。


私たちは『むしとり大作戦』
昨年、虫アミ&虫カゴをもったひよこちゃんたちが続々と来てくれたので、今年は「むしとり」をメインにしての参加です。
f0177529_21272554.jpg
10時スタートだったのですが、今にも泣きだしそうな空。『大作戦』と銘打ったわりには人が集まりません。30分ほど待っていただいて、スタッフによる虫とりの「わざ」の伝授からはじめます。気温が17℃前後と低かったので、肝心のアゲハもパタパタとは飛びません。「のっそり飛んだので採りやすくってホッとしたけど、これじゃまったく見本にならなかった」と溝手くん。でも案外むずかしいのは採ってからです。虫さんは上へ空へと飛ぼうとするので、アミを上へ伸ばし、下の方から手を差し込んでそおっとカゴへと移します。できるかな?


それでは出発しましょう!
f0177529_17204581.jpg
なにが採れるかな?

f0177529_17220512.jpg
昨日はあんなにトンボやちょうちょが飛んでいたのに、今日の寒さで採れるのでしょうか?

f0177529_17233203.jpg
「むしさん、どこにいるのかな?」とさがしています。
f0177529_17243755.jpg
1時間ほどの虫とりで、みなさんいろいろ採って戻って来られました。
採った虫をシールバッグに入れて、自分の名前とむしの種名を書いてもらって仲間ごとにぶら下げます。

f0177529_17273649.jpg
ぼくが採った虫はどれかな?


昼ごろからパラパラ雨が降ったりやんだり。。。
雨天バージョンも店びらきしましょうか!
f0177529_17300971.jpg
カヤには昨日スタッフが採ったチョウやトンボたちを入れました。

f0177529_17331881.jpg


f0177529_17353024.jpg
きれいなオオミズアオでしょう?

f0177529_17364603.jpg
生き虫コーナには、人気者のヘラクレスが登場!

f0177529_17373598.jpg
オオスカシバの幼虫さんです。

f0177529_17381381.jpg
むしさんと大のなかよしになった女の子です。
ヘラクレスは「ぶーん ぶーん」と枝ごとふりまわしちゃったので、ヘラちゃん目をまわしたかな?

  
f0177529_17420023.jpg
雨がおさまると大学生のスタッフと虫採りしました。


f0177529_17425917.jpg
                    午前のスタッフです。


気温が低いので虫がぜんぜん採れなかったらどうしようかと心配しましたが、10時半に出発したみなさんがかなりがんばって採って下さったので、終了時には37種の虫が採れていました。おうちに連れて帰られた方も多かったので、40種は超えていたと思います。この天候にしてはまあまあでしょう。
午前に来て虫採りし、午後また戻って来られたご家族がけっこういらっしゃいました。(むしとり会場はメイン会場から5分ほど下った原っぱでした。)「戻ってきてよかった。ヘラクレスがさわれたよ。」とよろこんでおられました。タガメやオオクワも周囲にいっぱいいるはずなのに「見たことない」とおっしゃる方がたくさんでした。全体の人数は少なかったけど1時間半から2時間以上遊んでいかれるご家族が多かったです。「今まで虫をさわれなかったけど、さわれるようになった。」とアンケートに多数書かれていました。
「カヤ虫の扱いが優しくて、今回はチョウの翅もあまりいたまずいつまでも元気だった。」と阪上くん。「気温が低かったので、手乗り蝶がみんな上手だった。」「いろんな蝶のどこが違うかを観察して考えている子(小3-4?)がいて感激した。分類学者の卵だと思った。」と溝手くん。虫採りでは、バッタの幼虫など小型の虫をみつけた子が多かったです。「小型の昆虫が多い点は、子どもたちが良く周りを観察できているからでしょうか。」とは溝手くんの感想です。一生懸命 探してくれた成果ですね! カマキリの幼虫を採った子もいました。蝶はジャノメチョウが多めでした。
去年は暑すぎ!今年は寒すぎ! 来年はちょうどいいお天気になりますように!



ほかのブースのようすも少し・・・
f0177529_18070477.jpg
発掘キャラバン(東北歴史博物館)とモグラのトンネル(三田市有馬富士自然学習センター)
f0177529_18081511.jpg
のまおいのサムライになってみよう!(南相馬博物館)とアート・サファリ(ブリジストン美術館ほか)



今年のひよこミュージアムはいかがでしたか? 12コのプログラム、楽しんでいただけたでしょうか?
地元棚倉の方ばかりでなく白河や郡山、須賀川からも来られていました。「美術館や博物館のないところなので、毎年来てくれてとってもうれしい」との声をいっぱい聞きました。「来年も来てください」とたくさんの方が言ってくださいました。
(ひよこミュージアム全体のようすは ここです。https://www.kodomohikari.com/hiyoko2018-2/
むしさんコーナーには「虫が好きで好きでね!」というひよこちゃんが次々とアミを持って来てくれました。
ありがとうございました。



『むしとり大作戦』参加者 : 約120人
『ひよこミュージアム in たなぐらまち』来場者 : 約600人(こどもの平均年齢 5.11才)


『ひよこミュージアム in たなぐらまち』スタッフ:82人(中高生含む)
『むしとり大作戦』のスタッフ : 阪上 洸多・溝手 舜(テネラル)・佐々木 瞳(東北ユース)・高橋 由輝・小針 桜(学法石川高校)・川手 夢華(棚倉中学校)・薄葉 大豪(棚倉町)・吉岡 朋子(こどもとむしの会)【報告:吉岡】



by konchukan1 | 2018-06-16 19:03 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
今回は神戸大学附属小学校からの少し変わった依頼です。
一年生 2クラス 68人の「なるほどくいずぶっくをつくろう」という単元のお手伝いです。
さてさて、うまくいくのでしょうか?


5月22日(火)
10時から小学校からすぐの明石公園(明石城二の丸周辺)にて、まずは「むしとり」です。
f0177529_15523822.jpg

明石公園は手入れがいいのか、植え込みの木や葉にもほとんど虫がついていないし、チョウやトンボも少なかったのですが、虫アミを振りまわすだけでも気持ちがよかったです。「ダンゴムシなら大丈夫?」とほじくり出しても「きもちわる~~い!」となかなかさわれない子がいっぱい。ちょっと不安です。。。


学校へ帰ってから、採ってきた虫をシールバッグに入れてスケッチをしました。 
よ~く観察しましょう!
f0177529_16055705.jpg



とてもよく晴れた気持ちのいい1日。1年生のみんなはとても楽しかったようです。


**********


6月4日(月) むしの日 で~~す!
2時間目から「いどうこんちゅうかん」です。 むしさんをどんどんさわってみましょう!
f0177529_16093702.jpg
カヤには行列!


f0177529_09411759.jpg
先週の「むしとり」の時とは大ちがい! ほとんどの子が積極的に虫をさわっています。

f0177529_16184548.jpg
チビクワさんも人気者

f0177529_16195944.jpg
校庭にいたダンゴムシたち

f0177529_16204241.jpg
得意気に タガメだぞ!


f0177529_16214157.jpg
ツマグロヒョウモンの幼虫とも なかよくなったところで一度集合!

f0177529_16225891.jpg

いっぱい感想を言ってくれました。


**********


3~4時間目は、いよいよ「なるほどくいずぶっくをつくろう」の時間です。
それぞれが気になった虫を選びクイズを作ります。
選んだ虫をスケッチし、その虫の「とくちょう」と「そのはたらき」を考えます。

f0177529_16282106.jpg
いっしょうけんめい考えています。

f0177529_16290269.jpg
むしむし大博士に質問したり・・・

f0177529_16305592.jpg
相談したり・・・

f0177529_16300677.jpg
もう一度、虫を観察しなおしたり・・・写真を撮ったり・・・

f0177529_16321364.jpg
標本を見て自分で考えたり・・・

 
f0177529_16330795.jpg
できあがりを、むしむし大博士にチェックしてもらいました。


f0177529_16351759.jpg
それぞれのクイズシートのもとができあがりました!!!




これから何日かかけて授業で「くいずぶっく」を完成させるそうです。どんなものができあがるのか、とても楽しみです。

f0177529_16514188.jpg

学校の授業に「いどうこんちゅうかん」を組み合わせるのは初めてのことでしたが、1年生のみんなは思っていた以上に虫さんとなかよくなってくれました。オオシモフリスズメの幼虫が大好きになった I ちゃんです。虫さんのことを知れば知るほどなかよくなれる気がしてきたでしょう? 通学路でも「どこにいるのかな?」とさがしてみてください。上手にかくれていますよ!

高橋先生をはじめ附属小学校の先生方、ありがとうございました。


参加者 : 1年生 68人
小学校スタッフ : 担任の先生 2人
こどもとむしの会スタッフ : 池田大(有馬富士自然学習センター)・八田康弘・久保弘幸・宇野宏樹・吉岡朋子【報告:吉岡】




by konchukan1 | 2018-06-15 17:07 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)

佐用町昆虫館は、6月4日から7月20日までの間、屋根と外壁のリニューアル工事を実施します。

従って、6月9日から7月16日までの土・日・祝日の開館予定日、計13日が臨時休館となります。

来館をお楽しみにされてる方には、誠に申し訳ありません。

7月21日(土)に開館予定ですので、もうしばらくお待ちください。

臨時休館中も昆虫館のスタッフが、昆虫館の外で待機しており、補虫網や虫かごなどの貸し出し等は可能ですが、館内の利用はできません。
月10日の昆虫館

臨時閉館中昆虫館駐在係:齋藤泰彦

天候:曇り

佐用町昆虫館は720日まで、屋根の改修および外壁塗装工事のため臨時休館中です。

リニューアルオープンは721日となります。

モリアオガエルが工事用の足場のパイプに産卵しています。



f0177529_20420386.jpg

f0177529_20422377.jpg

孵化しても、下に水がありませんので、レスキューしておきました。

f0177529_20433473.jpg


ゴールデンウィークに清水さんが植えてくださったマツバギクが、花を咲かせました。

f0177529_20435434.jpg

(報告:齋藤泰彦)


by konchukan1 | 2018-06-10 20:46 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

佐用町昆虫館は、6月4日から7月20日までの間、屋根と外壁のリニューアル工事を実施します。

従って、6月9日から7月16日までの土・日・祝日の開館予定日、計13日が臨時休館となります。

来館をお楽しみにされてる方には、誠に申し訳ありません。

7月21日(土)に開館予定ですので、もうしばらくお待ちください。

臨時休館中も昆虫館のスタッフが、昆虫館の外で待機しており、補虫網や虫かごなどの貸し出し等は可能ですが、館内の利用はできません。

69日の昆虫館

昆虫館は本日から7月16日まで工事のため休館です。

足場がほぼ組み終わり、周囲を防護ネットで覆われた状態になっています。入り口はまだ防護ネットをはっていなかったので、室内に入ることが出来ました。来週からは室内にも入れなくなると思います。

久保さん、末宗さん、野村先生が工事中の生きものの世話を自宅でするために回収に来られました。




網舎側から 足場。防護ネット

1網舎側から



入り口

2入り口付近



河川側から 上部足場仮設済

3川側



休憩室 池もネットで覆っていいます

4休憩室

部屋のドアと足場に少し隙間があり、部屋に入れました。

6入り口

室内はきれいに整理されています。


7室内



(報告 近藤伸一)


by konchukan1 | 2018-06-10 20:38 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
皆様には大変申し訳ないお知らせですが、
佐用町昆虫館は、6月9日(土)から7月20日(金)まで、
屋根の改修工事のため、臨時休館
とさせていただきます。

7月21日(土)がリニューアルオープンになります。

せっかく6月から7月中旬にかけて来館を楽しみにしておられた皆様には、大変ご迷惑をおかけします。

佐用町昆虫館は、1971年に兵庫県昆虫館として開館しました。
建物は、2009年の水害の際にも耐えましたが、老朽化は進み、とくに雨漏りが目立っておりました。

スタッフ一同、7月21日以降の佐用町昆虫館をより楽しい生き物とのふれあいができる場所としてお待ちしておりますので、今回の臨時休館のご理解をどうぞよろしくお願いします。


by konchukan1 | 2018-06-03 20:59 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

6月3日(日)の昆虫館

2018年6月3日の昆虫館

一日館長:齋藤泰彦 サブ館長:中務康平

スタッフ:中務ファミリー、東輝弥、野村智範、大江峻弘

来館記載者:56名  天候:晴れ



佐用町昆虫館は、6月4日から7月20日までの間、屋根と外壁のリニューアル工事を実施します。

従って、6月9日から7月16日までの土・日・祝日の開館予定日、計13日が臨時休館となります。

来館をお楽しみにされてる方には、誠に申し訳ありません。

7月21日(土)に開館予定ですので、もうしばらくお待ちください。

臨時休館中も昆虫館のスタッフが、昆虫館の外で待機しており、補虫網や虫かごなどの貸し出し等は可能ですが、館内の利用はできません。


苔むした屋根の昆虫館は、今日が最後です。

1971年、大阪万国博覧会が開催された翌年より現在までご苦労様でした。

f0177529_20424871.jpg


f0177529_20423337.jpg

善仁君が、休館をお知らせするサインを作ってくれました。

昆虫館のライブカメラには、これが映し出されています。

f0177529_20435632.jpg



f0177529_20422702.jpg
今日もたくさんの来館者の方々が楽しんでもらえたようです。

ドンコがたまごを石に産み付けていました。

f0177529_20442418.jpg


野村さんによると、たまごを守っているのがオスだそうです。

ということは、小さいほうがメスで大きいほうがオスのようです。

いつごろ孵化するのか、楽しみです。

ドンコにしろタガメにしろコオイムシにしろ「男はつらいよ」ですね。

ジャコウアゲハの幼虫も終齢となりました。

f0177529_20423988.jpg

(報告:齋藤泰彦)


by konchukan1 | 2018-06-03 20:55 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

6月2日(土)の昆虫館

2018年6月2日(土)の昆虫館

一日館長:末宗安之  サブ館長:八田康弘
スタッフ:齊藤泰彦、中瀬大地、大江峻弘、野村智範、内藤親彦
来館記載者:49名 天気:晴れ

6月になりました。今日は清々しい晴れになりそうです。
f0177529_22073430.jpg
昆虫館に到着すると、既に齊藤さん、野村さんが開館準備を完了していました。館内では展示していたウラナミアカシジミの蛹が羽化していました。
 やはり平年より羽化が早い印象です。
f0177529_22181575.jpg
今日は開館時間の前に、昆虫館の屋根の改修工事について、佐用町、業者の方、そして内藤理事長と理事を交えての打ち合わせがありました。
f0177529_22215022.jpg
打ち合わせ終了後、建物の周りに足場を組むためのスペースの確保のため、倉庫やカブトムシの飼育水槽を全員で協力して移動しました。
f0177529_22282387.jpg
外の作業が終了した後、齊藤さんと大江君は「ひまわり祭り」のイベントに向けて、ガチャポンの中の缶バッジをカプセルに入れる作業を黙々と続けてくれました。
f0177529_22322056.jpg
お客さんも午前中から切れ間なく来館してくださいました。
f0177529_22340208.jpg
今日はリピーターの親子がスミナガシを探して来られました。残念ながら親子が帰られた後、アワブキの葉に飛来した個体を齊藤さんが確認しています。
また、昆虫が大好きな女の子がテングチョウを一生懸命追いかけて採集していました。
彼女は昨年、佐用町で見つけたタガメをずっと飼育し、産卵の時期になったので、また、見つけた場所に放すため、持ってきたそうです。
次の世代のタガメが育つとうれしいですね。
f0177529_22364504.jpg
f0177529_22320853.jpg
昆虫館周辺では、モリアオガエルの卵塊がどんどん増えてきました。
f0177529_22431231.jpg
オナガアゲハのメスがアザミに来ていました。
f0177529_22444534.jpg

皆様には大変申し訳ないお知らせですが、佐用町昆虫館は、6月9日(土)から7月20日(金)まで、屋根の改修工事のため、臨時休館とさせていただきます。

7月21日(土)がリニューアルオープンになります。


せっかく6月から7月中旬にかけて来館を楽しみにしておられた皆様には、大変ご迷惑をおかけします。

スタッフ一同、また、7月21日以降の佐用町昆虫館をより楽しい生き物とのふれあいが出来る場所としてお待ちしておりますので今回の臨時休館のご理解をどうぞよろしくお願いします。

(報告:末宗安之)



by konchukan1 | 2018-06-02 23:00 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)