人気ブログランキング |

佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

カテゴリ:佐用町昆虫館日誌( 854 )

2019年8月24日(土)の昆虫館

一日館長:末宗安之  スタッフ:茂見節子 高橋弘樹
天気:晴れ後曇り 来館記載者:69名

8月もあと一週間です。雨上がりの明るい朝になりました。
 
f0177529_21545193.jpg
昆虫館に到着すると、飼育していたタガメの幼虫が、今朝までに脱皮して成虫になっていました。まだ、体色が明るいです。
f0177529_22010477.jpg
清水さんが仙台から持ってきてくれたクワガタやカナブンが食欲旺盛で、昆虫ゼリーがほとんどなくなっていました。高橋さんが掃除をして、新しいゼリーを溶かして入れてくれました。これで今日は元気な虫たちの姿を見てもらえます。
f0177529_22100428.jpg
開館と同時に今日も来館者の方々が来てくれました。お父さんはヘラクレスオオカブトを超細密描写していました。立体感も素晴らしいです。
f0177529_22142464.jpg
f0177529_22141041.jpg
タガメも人気者です。サイクリングのお客さんも久しぶりに本物を見てしっかり観察してくれました。
f0177529_22162830.jpg
天気が良かったので、今日もイモリやイシガメが大人気。
f0177529_22173952.jpg
f0177529_22185889.jpg
お腹をすかせた魚たちに、女の子がミミズを与えてくれました。よほど空腹だったのか、ミミズをもった指をオヤニラミにかまれてびっくりしていました。
f0177529_22214062.jpg
金子さんが送ってくれたタマムシを顕微鏡でじっくり見てみると、さらに美しさが強調されるようです。
f0177529_22235617.jpg
庭の西側にあるカラスザンショウに、今日はアオスジアゲハ、クロアゲハ、ミヤマカラスアゲハなどが多く飛来して吸蜜をしていました。
f0177529_22313776.jpg
 トンボもオニヤンマ、タカネトンボがビオトープ周辺に産卵場所を探しにやってきました。

寺谷川の石垣に営巣していたキイロスズメバチの巣は、佐用町のご協力で無事、駆除されました。
 館内ではスズムシが鳴き始め、クツワムシも♂はほとんど成虫になりました。
いよいよ秋の気配です。
 カブトムシやクワガタもまだまだ元気な佐用町昆虫館へぜひお越し下さい。
(報告:末宗安之)
   

by konchukan1 | 2019-08-24 22:40 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
 スタッフ 久保弘幸 齋藤泰彦 清水哲哉 髙橋弘樹 江藤さん親子  (文責 久保)
 来館者163名 未記帳者を含めると200名超

 お盆の連続開館最終日、陽射しも心なしか晩夏を感じさせるような、少しやさしい感じがする一日でした。9時10分ごろに到着すると、いつも朝が早い清水さん、齋藤さんは、もう準備作業中。ほんとうに頭が下がります。

 開館準備をしていると、9時半ごろから、もうお客様がいらっしゃいました。そしていつもの一日が始まります。
f0177529_22012335.jpg
                さあみんなで虫にさわってみよう!

 今日もたくさんの虫たちが、こどもたちをお迎えです。9連続開館の疲れも見せず(?)、ヘラクレスも、オオクワも、ルリボシカミキリも、ノコギリクワガタも、そのほかの虫たちも、子供たちと同じに元気いっぱいでした。最初は「こわい~~~」と半泣きだった女の子も、やがてはおずおずとクワガタの背中をなで、マダガスカルゴキブリの背中をなで、そのうちにヘラクレスの角をつまんでニッコリ、なんていうシーンも見られましたよ。

 途中、会員の金子さんから「クール宅急便」でたくさんのタマムシも届きました。最初は冷えすぎて死んだように動かなかったタマムシですが、あたたまると、どんどん復活。スタッフ一同、生命力にびっくりです。こんなにたくさんのタマムシを見たことがないよ、と子供も大人も大喜びでした。
f0177529_22014220.jpg
男の子も女の子も虫に夢中
f0177529_22021088.jpg
                タガメも大人気です
    
f0177529_22012961.jpg
                水槽の魚たちにも人だかりが
     
 虫が怖い子も、昆虫館に来れば「ブレークスルー」です!

 お絵かきテーブルは、時々、満席になるぐらいのにぎわい。子供も大人も一生懸命です。今日はサポートスタッフの江藤さん親子も来られて、みんなのお絵かきをみごとにサポートしてくれました。やさしいお姉ちゃんに「はんこ押して~」とお願いする子がいっぱいでしたよ。
f0177529_22015542.jpg
お絵かきテーブルは満員です
f0177529_22022366.jpg
                かなりの力作!
   
f0177529_22020212.jpg
            絵を描き終わったらやさしいおねえちゃんスタッフがハンコを押してくれました
   
 網を持って飛び出していった子たちは、オオセンチコガネやヒメオサムシ、オオチャバネセセリやウスバカゲロウなんかを捕まえてくれました。庭のウマノスズクサには、ジャコウアゲハが産卵に訪れ、新鮮なクロアゲハも見られました。そうそう、ルリボシカミキリを採集した子もいましたよ。他にもクロマルエンマコガネ、カドマルエンマコガネなんかも活発だったようです。
f0177529_22013632.jpg
                メンテナンスの達人齋藤さんは今日もいろいろ工作です
    
 夏が終わりに近づき、スズメバチの活動が活発になってきました。昆虫館から100mほど下の、寺谷川の護岸に、キイロスズメバチが巣を作っています。今日はスタッフの清水さんが刺されてしまいました。来週には町役場が退治してくれるはずですが、念のため、注意の看板を立ててありますから、昆虫採集の皆さんは、どうぞご注意ください。
f0177529_22015057.jpg
                スズメバチ注意の看板 刺されないでね

 昆虫館では、ナナフシがすっかり大きくなり、クツワムシも成虫になりました。スズムシの音色も、もうすぐ聞かれるはずです。まだまだ楽しい虫がいっぱいの昆虫館へ、どうぞお越しください。スタッフが腕によりをかけて、ディープな昆虫世界へご案内します。

 
 

by konchukan1 | 2019-08-18 22:09 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

8月17日(土)の昆虫館

2019年8月17日(土)の昆虫館   天気:晴れ時々曇り 
一日館長:末宗安之  スタッフ:清水哲哉 高橋弘樹 吉水敏城 
むしむしサポーター:松山伊織 
来館記載者:66名

台風も去り、また、残暑が厳しくなりそうな朝です。
f0177529_22465261.jpg
今日も朝早くから清水さんが新しい案内表示を作製したり、吸蜜源の花を庭に移植する作業を進めてくれました。
 
f0177529_22522396.jpg
アサギマダラの案内表示もわかりやすいです。
f0177529_22530903.jpg
今日は若手の吉水さんがスタッフできてくれました。
f0177529_22542056.jpg
むしむしサポーターとして松山君は2回目の手伝いです。草抜きも頑張ってくれました。
f0177529_22551360.jpg
高橋さんも開館準備で環境整備をしてくれました。
f0177529_22563019.jpg
今日もたくさんの来館者の皆さんが来てくれました。
最初のお客さんはオタマジャクシが大好き。
f0177529_22590669.jpg
今日は特に日本のカブトムシ人気が印象に残りました。

f0177529_23003281.jpg
みんなカブトムシをじっくりと観察したり、手に乗せて楽しんでいました。
f0177529_23013096.jpg
外ではイモリ、イシガメが今日も人気でした。イシガメを初めて見た人もいました。
f0177529_23042658.jpg
若いスタッフが子どもたちにしっかり向き合い、楽しい話をしてくれました。
f0177529_23045240.jpg
外ではジャコウアゲハが産卵したり
f0177529_23070090.jpg
ジャコウアゲハそっくりな、アゲハモドキも目撃できました。
f0177529_23075682.jpg
また、見つけることが難しい、ヒナカマキリをお客さんが捕まえてラボへ持ってきてくれました。本当に小さいです。
f0177529_23102402.jpg
他に、アオスジアゲハ、カラスアゲハ、クロアゲハ、キイロスズメバチ、オオセンチコガネ、オオシオカラトンボ、コオニヤンマなどを確認しました。

セミの鳴き声も、いつの間にかツクツクボウシやミンミンゼミの声が大きく聞こえるようになってきました。
秋はすぐそこです。
 まだ元気なカブトムシに会える、佐用町昆虫館にぜひ、お越し下さい。

(報告:末宗安之)




by konchukan1 | 2019-08-17 23:16 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

8月16日(金) 曇り後晴れ

一日館長:八田康弘 サブ館長:久保弘幸 清水哲哉

来館者109名

台風一過の朝、少し早めに出発しましたが高速道路はいつもより少し車が多い程度で渋滞もなく着きました。
山崎インターを降りて少し日差しが射しましたが午前中はずっと曇って午後になってやっと晴れてきました。
そのせいか来館者は開館後しばらくは来られませんでしたが
1番目の来館者が来ると団体さんを含めて途絶えることがありませんでした。
むしむし広場周辺でたくさんのウスバキトンボの群れを久しぶりに見ました。
この夏は見かけても神戸では数匹でした。
朝早めだったせいか止まっている姿も初めて見ました。

台風のせいか昆虫もオオチャバネセセリ、クロコノマチョウぐらいを見かけた程度でした。

f0177529_22411580.jpg

f0177529_22414625.jpg

来館者1番の僕は常にコーカサスカブトのフィギュアをずっと握りしめていました。
f0177529_22424085.jpg

2番目に来た僕は昆虫の敵スパイダー(マン)のTシャツを着ていました。
f0177529_22432821.jpg

昨日のスタッフ予定の井嶋さんが家族総出で来られ、長い時間おられました。
f0177529_22440978.jpg

兄弟で来館する子供はお揃いのTシャツが多いです。
f0177529_22442914.jpg

お絵かきも人気で、さすが中学生は精密な絵を描いていました。
f0177529_22444678.jpg
清水さんがセッティングされた網舍のアサギマダラは優雅に飛びながら時たま花に止まり、来館者にも人気でした。
f0177529_22451438.jpg

f0177529_22453068.jpg
(報告:八田康弘)


by konchukan1 | 2019-08-16 22:46 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

2019年8月14日(水)天気: 曇り

一日館長:岡田 浩資  サブ館長:清水 哲哉
スタッフ: 齋藤 泰彦  金子 留美子 末宗 安之

来館者数 90

昆虫館に到着すると既に開館準備は完了してました。齋藤さんと清水さんには、いつも感謝しきりです。

私も早速齋藤さんとカブトムシの幼虫使用済み飼育マットを篩にかけ再利用できるようにしました。4ケースありましたが2ケースになってます。

f0177529_21100219.jpg

これだけのカブトムシの雌が出てきました。

f0177529_21105701.jpg

篩にかけた後は、キレイに掃き掃除もしました。完璧です。

f0177529_21115787.jpg

清水さんは、新しい表示ふだを作成し取り付けしてくださいました。

f0177529_21145677.jpeg


齊藤さんがカウンターの掃除も隙を見つけては行なってくれました。ありがとうございます。

f0177529_21170898.jpg

清水さんは、汚れていた水槽掃除をしてくださってます。ありがとうございます。

f0177529_21225166.jpg

金子さん、清水さん共に来館者の接客にあたっていただきました。

f0177529_21255770.jpg
f0177529_21271091.jpeg
末宗さんも加わり熱心に標本の説明をされました。
f0177529_21275777.jpg
産卵ケースに末宗さんが持って来てくれたパイナップルとカブトムシ数ペアを放しました。
明日は、台風が近づく為館周辺のケース類・捕虫網・掃除用具を館内に収納しました。
アリジゴクは、台風で砂が飛ばないようにレジャーシートを被せてます。
竹田さんが中国からの団体様をお連れになられ、見学を楽しんでいました。

(報告:岡田浩資)






by konchukan1 | 2019-08-14 16:06 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

一日館長: 茂見節子   スタッフ: 橋田一輝   清水哲哉

応援: 斎藤泰彦  野村智範   末宗安之

来館記載者:218名

日本中 酷暑の中 昆虫館周囲はまだ爽やかな朝でした。
(午後から 『エアコンがついてない!』ことに気づいた程でした。)


午前9時到着と共に隣に車を止めた家族と入館。それから家族連れが次々とラッシュアワーのように来られましたが、お昼ご飯のほんのひと時すーっとその潮が引き、昼食もゆっくり食べられ気持ちのいい「リセット」ができました。清水さん曰く「昨日と全く違うわ。お昼時間も閉館時間後もお客さんで埋まってた」みたいだったそう。その上昨日のそんな状況をブログを見て、3人も応援のスタッフが駆けつけてくれました。

f0177529_07464950.jpg

昨日と連続で来館の少年、昆虫を定規で計ったりと研究熱心。
お母さんから「今日は12時までやで!」ここが彼の「学校」だったら良いのにと。

f0177529_07474787.jpg

小さな男の子にチビクワの♀♂の区別を指導してもらいました

胸を少し抑えて開かないのがメス、下の開くのがオスだそう。
クワガタに詳しい方、この判別法は合っていますか? (※♂、♀の判別はこの方法では難しいそうです)

f0177529_07513338.jpg

6年生位の女の子、手足の付いたオタマジャクシを捕まえてきては見せてくれました。可愛い双子ちゃん?

f0177529_07521679.jpg

餌のミミズを洗ってくれる少女達。オヤニラミの親になって餌やり。
珍しくドンコは一日中沈んで何も口にせずでした。

f0177529_07530843.jpg

「今日はここで夏休みの宿題をしに来ました」と何枚も何枚も標本のスケッチ。お母さんのアドバイスを受けながら、良い感じ。標本の観察、地味だけど勉強になりますね。


f0177529_07560542.jpg

ここは、お客さんのバーゲンセール売り場の様な混みよう。スタッフが手薄になったら心配です。こんな時は、たまに「野村方式」でその場の全員に一度にわかるように「この虫の持ち方は」「この子の面白いのは」って説明する方法もありでしょうか。

f0177529_07543765.jpg

橋田さんが、清水さんから 「昆虫酒場」のメンテナンスの方法を教えて貰って、早速ガラス壁面のお掃除をしてくれました。その方法をメモし、清書する間も無く水槽に貼ってます。

f0177529_08000169.jpg

来館者の方から「変な虫がいる!」駆けつけて見てきました。スケバハゴロモと ミスジビロードスズメ。上のは可愛いシースルー(see-through )ルック、ちょっと人面顔。下のはカエルみたいでマンガチックな飛び出た眼に尻尾までついて。「だから、虫は面白い‼️」です。その他、アオスジアゲハとオニヤンマ、ジャコウアゲハも見かけました。

f0177529_08024673.jpg

水生生物について 湧いてくるように話してくれる野村さんです。


f0177529_08043659.jpg

大変な生き物管理をいつも考え実行してくれる斎藤さん、それをしっかり覚えようと奮闘する橋田さん。

f0177529_08064069.jpg

「さあ、アリジゴクはどこにいるかな?」清水さんが 採って来てくれました。

虫の居場所を熟知し、採集ピカイチの清水さんです。

スタッフのチームワークに支えられ、何とか無事に館長ができました。
(報告:茂見節子)





by konchukan1 | 2019-08-13 08:11 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(1)

8月11日の昆虫館

 スタッフ 久保弘幸・清水哲哉・齋藤泰彦・末宗安之  文責 久保弘幸

 昆虫キャスト(館内:みんな生きてて触れます) 
 カブトムシ・ヘラクレスオオカブト・オオクワガタ・ミヤマクワガタ・ノコギリクワガタ・ヒラタクワガタ・コクワガタ・チビクワガタ・ツシマヒラタクワガタ・ニジイロクワガタ・オオアオカミキリ・ルリボシカミキリ・ゴマダラカミキリ・カナブン・アオカナブン・クロカナブン・ハンミョウ・ヤママユ(本日羽化)・その他旬の虫たち
 (館外) アサギマダラ(網室)・キベリハムシ・アオバハゴロモ・スキバハゴロモ・ツマグロオオヨコバイ・コクロアナバチ(さわっちゃだめ)・オナガアゲハ・アカハライモリ・イシガメ・トノサマガエル・モリアオガエル・サワガニ・その他旬の虫たち

 朝、私が昆虫館に到着した時には、もう齋藤さんと清水さんが開館の準備をされていました。二人とも朝が早い! 今日はお二人で、水槽の大掃除をしたり、いろいろな掲示を作ったり、井戸のフィルターを掃除したりと、昆虫館のメンテナンスに一日尽力してくれました。末宗さんも応援に駆けつけて、カブ・クワのおうちの天井に、不織布のフィルターをつけてくれました。これでアリの侵入を防げるといいな。

 定時の10時前から、お客さんが続々とお越しになります。今日お越しになったのは、なんと驚きの211人。スタッフは嬉しい悲鳴です。やっぱり多いのは、幼稚園~小学校低学年のお子さんとご家族。清水さんが仙台から大補強された虫たちが加わって、いっそう豪華になった虫のキャストたちに、歓声が上がります。「ここの昆虫館は、大きな昆虫館とくらべたら、設備は全然やけど、虫はどんどんさわってええねんで」と呼びかけると、大人も子供も、目の輝きが違います。
f0177529_22505186.jpg
                         ほらほら、さわれるかな?
f0177529_22463955.jpg
                        オオクワガタってでっかいなあ
                  
f0177529_22370921.jpg
                        みんな熱心にお絵かきです
f0177529_23021069.jpg
                             すごい力作! 

 最初は恐る恐るクワガタの背中をなでていた子も、やがては手にのせてニッコリ記念写真。スタッフも「ほらほら、もっと顔の前に虫をもっていって、ほら、ママにピース!」と写真撮影のアドバイスです。

 虫の展示台の前を行ったり来たり、なかなか離れられない子も続出。大きなマダガスカルゴキブリに最初は悲鳴をあげていた大人たちも、子供が触っているのを見て、そお~~~っと背中を撫でてみます。「あ、わりと硬いわ」、「これやったら大丈夫かも」 この反応が出ればしめたもの。ゴキブリの生き方を説明するスタッフとしても、力が入ります。
f0177529_22462430.jpg
                  まだお話しできないけど、ヘラクレスに大興奮

 外では相変わらず、イモリとイシガメが大人気で、イモリを何匹も手に這わせて大喜びの子もいました。
 
f0177529_22383578.jpg
                           つかめたよ!
 
f0177529_23054219.jpg
 電子顕微鏡は今日で終わりです。たくさんの素晴らしい画像をいただきました。日立ハイテクの寺田さん、ほんとうにありがとうございました。

 裏庭のアワブキには、アオバセセリの幼虫がたくさん巣を作っています。巣をそっと開けて、「ほら、はらぺこあおむしさんだよ」と言うと、小さい子たちは「ほんまや!」と大歓声。大人は大人で「わ~、ほんまにおるんやねぇ」。はらぺこ君たちは、巣から出されてしばし子供たちの手の上で遊んでもらいました。
f0177529_22355141.jpg
                    はらぺこあおむし君(アオバセセリの幼虫)

f0177529_22360271.jpg
                          ヒメキマダラセセリ
f0177529_22360988.jpg
                         アオバハゴロモの万国旗
f0177529_22362640.jpg
                            何の虫????
f0177529_22385253.jpg
                        へえ~~~~~?

 昆虫採集に出かけたり、カニ採りに出かけたり。長いご家族は5時間以上も昆虫館で過ごされていました。

 お盆休みはまだまだ続きます。台風がちょっと心配だけど、スタッフ一同、全力で皆さんをお迎えしますので、ぜひぜひ、お越しください。楽しいことは請け合いです。

 


 

by konchukan1 | 2019-08-11 23:03 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
2019年8月10日(土) 天気:晴れ

一日館長:末宗安之 スタッフ:茂見節子 清水哲哉 
むしむしサポーター:松山伊織
来館記載者:105名

 明るい朝になりました。太陽の角度も低くなり、立秋を感じさせます。
f0177529_21113466.jpg
本日、8月10日から18日まで佐用町昆虫館は9日連続開館になります。
仙台から自家用車でスタッフの清水哲哉さんが来てくれました。9日間、連続で運営に携わってくれます。

また、今日はむしむしサポーター(見習い)として、高校3年生の松山君が朝の開館準備から来てくれました。トイレ掃除や生き虫の展示準備を手伝ってくれました。
f0177529_21174720.jpg
今日と明日、佐用町昆虫館には、日立ハイテクの寺田さんが走査電子顕微鏡を東京から持ち込み、子どもたちが見てみたい物を超高倍率の世界へと拡大してくれます。

 最初は内海前館長のお孫さんが「ボタンクサギ」のめしべをリクエスト、一緒に電子顕微鏡の操作をパソコンでやっています。
f0177529_21235692.jpg
私も普段見ることの出来ない世界を楽しみました。
f0177529_21265683.jpg
今日は午前中から来館者の方々が途切れることなく訪れてくださり、皆さん、生き物との楽しいふれあいが出来たようです。
例年より羽化が遅れたカブトムシ、ようやく8割方が羽化して、今日もメスが新たに6頭、確認できました。衣裳ケースに入れて、触ることができるようにしています。
f0177529_22173603.jpg
時々、おしっこをかけられるけど、がまん、がまん・・・。
午後も走査電子顕微鏡で、子どもたちのリクエストに応えてヘビトンボの頭部を観察しました。
f0177529_22195086.jpg
この姉妹はクワガタが大好き。
f0177529_22215629.jpg
清水さんが新たに仙台産のクロカナブンやアオカナブン、ハンミョウなどを展示してくれました。
f0177529_22221927.jpg
網舎にはアサギマダラとジャコウアゲハを放しました。
f0177529_22302452.jpg
昆虫館駐車場の脇にキイロスズメバチが営巣していたので、閉館後、可哀想ですが、被害が出る前に撤去しました。
f0177529_22361666.jpg
また、庭でマムシが捕獲されています。来館者の皆様、ヘビを見かけたら必ずスタッフに声をかけてください。
 安全に気をつけて、佐用町昆虫館、連続開館を進めていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。
(報告:末宗安之)







by konchukan1 | 2019-08-10 22:41 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

2019年8月9日(金)臨時開館
8月9
() 天気:晴れ 三河保育園 16名 (園児13名、先生3)
一日館長:野村智範

三河保育園としては最後?の昆虫館での活動です。

カブトムシとの触れ合いを中心に、本日を楽しみにしていた子どもたちは、思い思いの場所で楽しんだと思います。

f0177529_08264678.jpeg

カブトムシを頭や服にくっつけて楽しみました。

f0177529_08275974.jpeg

魚やタガメを観察したり、標本室で珍しい昆虫の標本に驚いたりしました。


f0177529_08284521.jpeg

色々な生き虫にも触りました。


f0177529_08304749.jpeg
イモリやイシガメとも戯れました。
f0177529_08315012.jpeg
お昼の愛情弁当を楽しく食べながらいろんなお話をしていました。
f0177529_08322742.jpeg
また、お家の人と来てください。
(報告 野村智範)






by konchukan1 | 2019-08-10 08:24 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

8月4日(日)の昆虫館

8月4日の昆虫館

一日館長:近藤伸一 サブ館長:茂見節子 

スタッフ:森口 紀 高橋弘樹

記帳者数122

 夏休みに入り、9時過ぎから親子連れのご家族が続々と来館。あっという間に庭も

室内も子供たちの大歓声。この状態が閉館まで続きました。入館者は200人を軽く

オーバーしていたようです。

f0177529_21300123.jpg
f0177529_21302610.jpg

 一番の人気はカブトムシコーナ―。飼育ケースから羽化した成虫を、きれいなおが

屑の大ケースに入れて室内に展示しているのですが、カブトムシは大きな羽音で室内

を飛び回りなかなかの迫力です。

f0177529_21304971.jpg
f0177529_21311212.jpg
カブトムシ小僧です。
f0177529_21315153.jpg
トノサマガエル、つかまえたよ。

飼育箱から逃げ出したオオムラサキも飛びまわり、

巨大なトノサマガエル、モリアオガエル、アマガエルなども続々と登場し(茂見さん

の影響)、見ものの多い一日でした。

f0177529_21320221.jpg
カエル小僧です。

大勢の入館者でしたが、早朝から駆けつけていただいた森口さんと昆虫採集を指導し

ていただいた高橋さんの4人体制で無事楽しい一日を終えることができました。

f0177529_21322256.jpg
外ではイモリ探しも楽しんでくれました。

ほとんど室内だったので、昆虫館の昆虫を観察できなかったのですが、早朝にヒメキ

マダラセセリを確認しただけで、高橋さんがゴホンダイコクとキベリハムシを採集し

ました。
セミは9
10時の間に遠くでクマゼミが鳴き、1030~午前中はニイニイゼミ、
午後からアブラゼミがニイニイゼミの鳴き声をかき消すように鳴き始め、16:30に

昆虫館を離れるまで大合唱でした。ヒグラシは、1530に一鳴きしただけでした。

(報告:近藤伸一)


by konchukan1 | 2019-08-05 21:37 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)