佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

カテゴリ:佐用町昆虫館日誌( 794 )

2月になりました。
今日は天気予報の通り、日差しのある暖かい日になりました。
約一ヶ月ぶりに昆虫館の様子を見に来ました。
暗い谷間には残雪がありますが、道路を含め、雪の少ない年です。

f0177529_22144748.jpg
北側の影と、谷川向きの屋根に少しだけ雪がありました。
f0177529_22160365.jpg

f0177529_22162239.jpg
室内の生き物たちも、じっと我慢して冬越し中でした。

f0177529_22171341.jpg
オヤニラミも
f0177529_22185011.jpg
タガメ、ガムシ、クロゲンゴロウなどもじっとしていました。

f0177529_22193934.jpg
庭のキジョランの葉には食痕が確認できます。
f0177529_22211521.jpg
めくってみると、アサギマダラの幼虫がいました。
f0177529_22214596.jpg
他にも小さな幼虫が確認できました。
f0177529_22230363.jpg


今日はこのあと佐用町の山で、冬の生きものの観察をしてきました。
 みなさんの住んでいる地域でも似たような環境があれば、同じように見つけることができるかも。
 初心者の人でも見つけやすい、オオムラサキの越冬幼虫探しです。
 まず、大きなエノキを探します。乾燥した平地よりも、山や丘の少し湿った所が良く幼虫が見つかります。

f0177529_22315063.jpg

 根元のエノキの葉っぱをていねいに一枚ずつめくり、約1.5~2cmの越冬幼虫を探します。すると、条件がいい場所では、一枚の葉に数匹が一緒に越冬していることもあります。

f0177529_22322015.jpg

 一緒にゴマダラチョウの越冬幼虫も見つかります。背中の突起の数がオオムラサキは4つ、ゴマダラチョウは3つなので、慣れると識別ができます。
f0177529_08282795.jpg


数を数えたら、記録を残して、同じ場所に返してあげましょう。毎年、何匹の越冬幼虫を同じ場所で確認できたか、継続して調べることも素晴らしい観察になります。
ぜひ、成虫のシーズンを楽しみにしましょう。


次に、知人から教わった、ニホンリスがその地域に棲息していることを確認する方法である「森のエビフライ探し」を紹介します。
 ニホンリスは、数も少なく、とてもすばしこいので、山に良く行く人でもめったに出会えません。絶滅してしまった地域もあります。しかし、アカマツの松ぼっくりの中にある種が大好きなので、特徴のあるかじり跡を作ります。

f0177529_22333312.jpg

 これが「森のエビフライ」と呼ばれる、ニホンリスが松ぼっくりのりん片をかじりとった後の形です。 ちょっと見ると、まるでエビフライです。
 アカマツの多い、山の尾根筋で、注意深く地面を見ると、集中して森のエビフライが見つかりました。
f0177529_22335921.jpg
どうやら佐用町にもニホンリスが暮らしているようです。
f0177529_22343502.jpg
少しずつ日の出が早くなり、夕方は5時を過ぎても明るくなってきました。
春はすぐそこまで来ています。
 佐用町昆虫館は4月6日(土)から開館を予定しています。
 皆さん、もう少し待って下さい。

(報告:末宗安之)


by konchukan1 | 2019-02-02 22:39 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

1月4日(金)の昆虫館

2019年になりました。
皆様 明けましておめでとうございます。
佐用町昆虫館は現在冬眠中ですが、4月6日(土)には開館を予定しています。

今日は新年を迎えた昆虫館の様子を見に行ってきました。

入り口の大きな絵馬は、今年の干支である亥に変わっていました。佐用高校の美術部の皆さんが制作してくれたそうです。新しく、鮮やかな作品を見ると気持ちも高まります。
f0177529_21370983.jpg
数日前の雪もほとんど無くなり、今日はいい天気です。
f0177529_21375431.jpg
昆虫館入り口付近は想像していたより落ち葉は増えていません。

f0177529_21475696.jpg
水槽の中の生き物は元気に越冬中か心配していましたが・・・。
f0177529_21493139.jpg


f0177529_21493605.jpg



f0177529_21500115.jpg


f0177529_21503309.jpg
みんなほとんど動きませんでしたが元気に越冬中でした。タガメやガムシもじっとしていました。

昆虫館の裏庭も明るくなりました。もうすぐセツブンソウが出てくるはずです。


f0177529_21524180.jpg
ぜひ、たくさんの昆虫が来てくれるように様々な花を植えていきたいですね。

f0177529_21565100.jpg

f0177529_22074472.jpg
庭のエノキの落ち葉をめくると、すぐにオオムラサキの越冬幼虫が確認できました。
今は寒さが厳しい季節ですが、少しずつ、春に向かって生き物が活動を始めています。

 来シーズンまで、冬の生き物の報告もできたら・・・と思っております。
 (報告:末宗安之)



by konchukan1 | 2019-01-05 22:10 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
越冬準備その②
 参加者:野村智範、齊藤泰彦、久保弘幸、大江峻弘、八木 剛、室崎隆春
     前原繁仁、越智 剛、越智航希、岡田浩資、末宗安之

昨日からの寒波で、大雪が心配されましたが、昆虫館周辺はうっすらと雪化粧程度でした。

f0177529_20135854.jpg



今日は前回の越冬準備の続きです。今日も野村先生が早くからブロワー持参で落ち葉を吹っ飛ばしてくれます。

f0177529_20155444.jpg


大江くんもブロワーを持ってきてくれました。すぐにきれいになります。

f0177529_20175210.jpg


末宗さんは、草刈りや剪定。

f0177529_07251324.jpg


網舎の中も、同様に。

f0177529_07275209.jpg


前回できなかった、カブトムシのマットを新しいものに入れ替える作業を齊藤さん、岡田さんでやりました。
4ケースもあるので大変そうです。

f0177529_20192934.jpg



幼虫は本日の時点で153匹を確認。

f0177529_20205439.jpg


無事にマットの入れ替えを終了。元気に冬越ししてほしいですね。

f0177529_20211198.jpg

越智さんや齊藤さんは、水路の清掃もしてくれました。

f0177529_20235664.jpg


久保さん、八木さん、室崎くん、前原さんはラボの備品の整理とごみの処分をしてくれました。
思ったよりたくさんの物があります。

f0177529_20262529.jpg

だいぶきれいになりました。

f0177529_20271990.jpg

網舎の中のコナラやクサギを剪定したあと、皆さん食事です。
今日は寒くてエアコンがあまり役に立ちません。みんな電子レンジでお弁当を温めていました。

f0177529_20274921.jpg


午後は、来年10周年ということで、記念イベントを具体的にどのようにするか、皆さんで意見を出し合いました。

f0177529_20345331.jpg

 2時過ぎから再度、館内の整理、整頓です。予備室の薬品や飼育ケース、標本箱を室崎くんが率先して片付けてくれました。
今日は駐車場にスタッフの車が多かったので「開館中?」と思い立ち寄られてくださる家族連れの方々もおられました。

f0177529_20373608.jpg


これで佐用町昆虫館も年越しが出来そうです。
 佐用町昆虫館は現在、越冬中です。
 来年度は4月6日(土)から開館の予定です。
 来年もぜひ、佐用町昆虫館にお越し下さい。

  (報告:末宗安之)

 


by konchukan1 | 2018-12-09 20:54 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
越冬準備 その①
 参加者:野村智範、齊藤泰彦、近藤伸一、大江峻弘、八木 剛、室崎くん(大学生)
     中瀬大地、越智 剛、越智航希、竹田真木生、久保弘幸、末宗安之 

むし納めから約1ヶ月、桜の葉は落ちて、冬の気配です。
f0177529_08451567.jpg
今日はスタッフによる越冬準備の第1回目作業です。
館に到着すると、すでに野村先生がブロワーの準備をしていました。
クヌギやナラガシワの落ち葉で道が見えません。
f0177529_08481322.jpg

るり坊(大江くん)も自宅からブロワー持参で周辺の落ち葉を吹き飛ばしてくれました。
f0177529_08502490.jpg
野村先生も頑張ります。
f0177529_08504850.jpg
八木さん、大学生の室崎くんは、室内の昆虫グッズ(特に標本作りグッズ)の整理を進めてくれました。
f0177529_08523354.jpg
越智さんと息子さんの航希くんは今年のお絵かき作品を外してストックしてくれました。
f0177529_08535964.jpg
近藤さん、大江くん、中瀬さんでまずは壁をエタノールで拭き上げます。かなり汚れていました。
f0177529_08575344.jpg
このあと私と近藤さん、大江くんで標本箱をすべて開けて、虫除けのパラゾールを入れ替えました。

また、中瀬さんは故障の多いライブカメラのルーターを交換してくれました。


お昼はみんなで食事です。齊藤さんはずっと細々とした作業をしてくれました。

f0177529_08595903.jpg
午後は来年度に向けて、計画やイベントの相談をしました。午後から会議のために久保さん、竹田先生も来てくれました。
特に来年は佐用町昆虫館10周年記念の年でもあります。こどもたちに喜んでもらえる企画をみんなで出し合いました。
f0177529_09035438.jpg
たくさんの意見を出しながら、今日の会議はいったん終了。越冬準備と会議の続きは12月9日に行う予定です。
寒い中、みなさんご苦労様でした。

 (報告:末宗安之)



by konchukan1 | 2018-11-24 09:10 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

2018年10月28日(日) 『むしおさめ』の昆虫館
天気:晴れ   来館者97名


一日館長:近藤伸一 サブ館長:茂見節子

スタッフ:内藤親彦・千津子ご夫妻 東 輝弥 齋藤泰彦 久保弘幸とそうちゃん 
末宗安之 岡田浩資 竹田真木生 八木剛 吉岡朋子 野村智範 るり坊 相坂耕作
その他多くの会員、学生会員の皆様
 


 今日は虫納め、快晴に恵まれ、佐用町内の保育園の皆さんがたくさん来てくださって、楽しいお祭りのような昆虫館でした。

f0177529_22014828.jpg
 みんなの来る前にるり坊がブロワーで落ち葉の掃除
f0177529_22021412.jpg
冬籠もり準備でクワガタムシの樹液レストランの掃除
f0177529_22084532.jpg
展示用クワガタジオラマの中にはこんなにたくさんのクワガタムシが元気でした。


f0177529_22035530.jpg
広場ではむしおさめの会場準備です。

開園前に庭掃除や越冬準備、むしおさめの会場づくりをしている間に、駐車場は入りきれなくなるほどの車。

f0177529_22025736.jpg
室内は大賑わい

f0177529_22033585.jpg

「むし納め」開始時刻11:00が近づくと、続々とお客さんが広場に。
f0177529_22043322.jpg

内藤先生のあいさつで、むしおさめの会のはじまりはじまり


f0177529_22045056.jpg
快晴のおにぎりパクパク広場で、むしおさめの会の始まりです。
内藤理事長のあいさつの後、秘密の箱に手を入れて???をさわったり、オリジナル竹トンボならぬ紙トンボをつくって飛ばしたり、紙芝居を見たり。


f0177529_22050732.jpg

箱の中には何が? さわってみよう!どんなむしが入っているのかな?

f0177529_22051885.jpg

f0177529_22053289.jpg
「紙トンボをとばそう」のコーナーも大人気
f0177529_22054878.jpg

茂見さんの紙芝居も始まりました。

午後から茂見さんと内藤先生の奥様がおいしいスープを作ってくださり、野村先生、齋藤さんのお世話になって昼食。
来園者が少なくなった頃を見計らって、打ち合わせ会。八木さんから提案のあった網舎ゲージの取り扱い、昆虫館の10年を振り返っての感想や、今後の会運営に対する希望、10周年記念の会など、一人一話の形式で話し合いが行われました。
最後に今年の冬籠り作業日を1123日、129日に決定して打ち合わせ会を終了しました。

佐用町昆虫館は、10月29日(月)から来年の4月5日(金)まで冬季休館になります。
今シーズン、来ていただいた皆様、まことにありがとうございました。

2019年4月6日(土)から来シーズンの開館になります。楽しみにしてください。

(報告:近藤伸一)




by konchukan1 | 2018-10-30 22:45 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
2018年10月27日(土)の昆虫館

 天気:曇り時々晴れ一時雨   記載者:23名
 一日館長:末宗安之   サブ館長:茂見節子  スタッフ:大江峻弘

10月もあと5日です。雨上がりの秋らしい朝になりました。
f0177529_20392055.jpg
 今日も午前中から家族連れの来館者が途切れなく来てくれました。
彼は水路でタカネトンボのヤゴを見つけたり、ビオトープでオニヤンマのヤゴを見つけることが出来ました。
f0177529_20423243.jpg
遠方から来られた兄弟は、ニジイロクワガタがすごく気に入ったようです。
f0177529_20464701.jpg
みんなで魚に餌やりです。ドンコは思ったより素早い動きでみんなびっくり!
f0177529_20482719.jpg
午後に来られたご家族は、私と一緒にカブトムシの幼虫の成長を確認してくれました。
f0177529_20494731.jpg
また、水路でアカハライモリの求愛行動をじっくり観察してくれました。
f0177529_20504027.jpg
元気のいい男の子達がマダガスカルオオゴキブリをじっくり観察したあと、
f0177529_20533271.jpg
大人顔負けの超リアルな虫たちの絵を集中して描いていました。30分以上、黙々と描いている姿に感心しました。
f0177529_20555397.jpg
道路にはツクツクボウシの亡骸が。
f0177529_21035021.jpg
セミの鳴き声はもう聞こえなくなりましたが、昆虫館周辺のキジョランには多数のアサギマダラの幼虫が確認できました。新しい世代へと命が引き継がれています。
いよいよ明日は今シーズンの佐用町昆虫館の「むし納め」です。ぜひ、お越し下さい。

(報告:末宗安之)



by konchukan1 | 2018-10-27 21:08 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

10月21日の昆虫館

10月21日の昆虫館

 一日館長  久保弘幸・八木 剛
 来館者数  記帳者 69人  (たぶん実際には80人ぐらいかな)

 昆虫館の朝は、ひんやりした秋の空気につつまれていました。もう半袖では寒いぐらいです。そんな寒い中、真っ先に出迎えてくれたのは・・・!!! なんと昆虫館の看板の上にとまった、はらぺこあおむし君でした。
f0177529_21211137.jpg

f0177529_21214163.jpg
 あおむし君(アオバセセリの幼虫君)は、どうやら蛹になりたかったようです。看板にたくさん糸を出していました。それにしても昆虫館の庭にあるアワブキの木から10m以上。がんばって歩いたんですね。こんなところでは蛹になれないので、アワブキの木にもどしてあげました。
             
 八木さんはさっそく庭の掃除。久保は準備をする前に、ラボやベビールームに少し暖房を入れました。のんびりと準備をしていると、10時前ごろからお客様がお見えになりました。やはりキャンプ場にお泊りの方が多かったようです。

 子供たちは、もう野外では見られなくなったクワガタに大喜びです。

f0177529_21254299.jpg

f0177529_21262195.jpg

 八木さんが展脚した標本を整理していると、キャンプ場で採集してきたササキリなどを、標本にしたいという子供たちが登場。八木さんの指導で、「標本づくり教室」が始まりました。すると、僕も、私もと、子供たちが手を挙げ始めました。「よ~し、じゃあまず虫を採ってこい!」という八木さんの号令で、みんな網を手に取って駆けだしてゆきます。
 そして採集したトンボや蝶、小さなバッタなどの標本作りにチャレンジしました。
f0177529_21254860.jpg
                展脚だって真剣そのものです。なかなかいいスジしてます。
f0177529_21265102.jpg

 4年生の彼女は、テングチョウとアカタテハの標本を仕上げてニッコリ。なんだか有望新人の登場の予感です。

 午後には、八木さんを隊長に、「赤とんぼ捜索隊」が出動してゆきました。最初は数人だと思っていたら、次から次へと子供た大人が追いかけて、最終的には10人をこえる大部隊に。
 
f0177529_21263770.jpg
 帰ってきたときには、みんな虫かごにたくさんの赤トンボを入れていました。
f0177529_21261468.jpg

                 お母さんやお父さんと、バッタさがしかな?
f0177529_21270775.jpg

 もちろんいつものお絵かきも人気です。ヘラクレイオスオオカブトにチャレンジ! 1枚目は失敗だったけど、2枚目に挑戦中です。
f0177529_21272076.jpg

                 僕のだってなかなかでしょ?

 秋らしい澄んだ空気と暖かい陽射しに恵まれて、昆虫館は一日中にぎやかな子供たちの歓声が響いていました。

 昆虫館はもうすぐ冬眠。来週の日曜日が、今年最後の開館日です。「むしおさめ」のこの日には、何か楽しいことがあるかも。みんな来てね!!!
 



 

by konchukan1 | 2018-10-22 21:39 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

10月20日(土)の昆虫館

2018年10月20日(土)の昆虫館

天気:晴れ
記帳者:54

一日館長: 野村智範  サブ館長:八田康弘  スタッフ:越智 剛・こうき君


今日は、午前中に、兵庫県立大学の ツアーイベントとして、30人余りの方々が昼食を兼ねて立ち寄られ、熱心に観察や質問をされていました。その後、瑠璃寺方面へ移動されました。

f0177529_19512336.jpeg


f0177529_19515208.jpeg

臨時スタッフとして、水槽の掃除をしてくれた人もいました。

本日も、イモリやサワガニ、イシガメと戯れる姿が見られました。

f0177529_19524571.jpeg

こんな作品を持ってきてくださった人もいます。
たった一枚の紙を使った「折り紙」だそうです。
f0177529_19531898.jpeg

f0177529_19550244.jpeg

f0177529_19562450.jpeg


f0177529_19564238.jpeg

朝から閉館近くまで、昆虫館で思う存分遊んで帰ってくれた子どたちもいました。
(報告 : 野村智範)



by konchukan1 | 2018-10-20 22:26 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

2018年10月14日(日)の昆虫館

一日館長:齋藤泰彦 サブ館長:野村智範 応援:石田ファミリー

来館記帳者:45名 天候:晴れ時々曇り

爽やかな秋の一日でした。

お日様が顔を出すといい感じなのですが、ちょっと曇ると肌寒い感じでした。

昆虫館に着いて、館内をぐるっと一回り。

一つだけ咲いていたサザンカの花に、ホソヒラタアブがいたり。

f0177529_19304533.jpg

これまた名前の分からないカメムシの幼虫がいたり。

f0177529_19301729.jpg

来館者は、ボチボチと。

石田さんファミリーが応援に来てくださいました。

早速アリジゴク団地を見学され、蟻を捕まえてすり鉢に投入されたり。

f0177529_19314286.jpg

イモリの学校の授業に参加されたり。

f0177529_19321098.jpg

お昼には、おにぎりパクパク広場で、おにぎりをパクパクされたり。

f0177529_19322742.jpg



佐用町昆虫館では、こんな楽しみ方ができます。

今年は、開館期日が残り少ないですが、皆さま今年も、来年も佐用町昆虫館へお越しください。

末宗団長が捕獲されたゲンゴロウ、とても元気です。

本当にいい虫です。

ペットとして、飼ってみたいくらいです。

f0177529_19325507.jpg

石田さんがエダナナフシを見つけてくれました。

ナナフシ水槽に入れています。

どうものようです。

f0177529_19332407.jpg

10月8日に、久保さんと近藤さんが見つけてくれたクロコノマチョウの幼虫は、前蛹となりました。

f0177529_19335410.jpg

順調に行けば、虫納めの日くらいに、羽化するのではないでしょうか?

(報告:齋藤泰彦)


by konchukan1 | 2018-10-14 19:36 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
佐用町昆虫館の様子を映しているライブカメラですが、最近更新が止まることが多かったので原因究明と復旧作業を行いました。

同日にひょうご環境体験館で開催した「いどうこんちゅうかん」から、学生会員の2人とともに閉館後の昆虫館に。

カメラをつないでいる無線LANが不安定になっているのでは?ということで、検証用のLANケーブルを仮配線してカメラにつなぎます。
f0177529_20302685.jpg
作業が終わる頃には周囲は真っ暗でしたが、無事カメラが繋がりました。
f0177529_20305855.jpg
すべての機器の電源を入れたところ、ライブカメラの更新再開。
ところが、片付けをしていたところ、ルーターの電源が勝手に切れてしまうことに気づきます。
どうやらルーターの電源が接触不良を起こしているようで、ちょっとした衝撃で電源の入り切りが発生して、カメラとの接続が切れてしまうことが判明しました。
原因は無線LANではなくルーターと思われるので、昆虫館が本格的に冬眠するまえにルーターの入れ替えを行わないとですね。

室崎隆春、溝手舜中瀬大地
[報告:中瀬]


by konchukan1 | 2018-10-14 06:00 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)