佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

春らんまんな、4月22日(日)でした


一日館長:八木 剛、スタッフ:茂見節子、金子留美子
来館者数:42人+千種川流域植物観察会のみなさま


4月とは思えない、暑~い日でした。
広場で虫とりを楽しむ子どもたちの風景が、よかったです。

f0177529_20340624.jpg
子どもたちが追ってるのは、ツマキチョウやスジグロシロチョウ。

広場を、行ったり来たりしてくれます。ベニシジミもいました。
この高温でちょっと期待しましたが、アゲハチョウ類は見られませんでした。
虫の顔ぶれは、春らんまん、という感じです。


f0177529_20340765.jpg
参道でダビドサナエ。シオヤトンボもいました。すでにオスは白くなっていました。

f0177529_20340620.jpg
ヒゲナガガのなかま(クロハネシロヒゲナガ)です。

これはメスですが、オスのアンテナはもっと長いです。
白いアンテナを漂わせて、草むらをチラチラ飛ぶ姿が、かわいいです。
翅(はね)の長さが6、7mmのちっちゃな蛾ですが、メタリックで美麗。
春から初夏の、季節ものです。


f0177529_20340602.jpg
カウンター上の、本日の、旬のネタです。

ヒトリガ(スジモンヒトリ)の幼虫。道路を横切る姿がよく見られます。
毛虫=危険と思ってる人が多いので、おっかなびっくり。


f0177529_20340611.jpg
この子は、タンポポのお花が、とても好きでした。葉っぱより先に花を食べておりました。


さて、池にはアメンボがたくさんいますね。
2種類いるの、ご存じでしたか?

f0177529_20340686.jpg

コセアカアメンボです。

f0177529_20340605.jpg

こちらは、ヤスマツアメンボ。


コセアカの方が少し大きくて、色が明るく、色味にイエローが入る感じです。
慣れれば、わかるようになりますよ。
昆虫館の池で見られるのは、ほとんどが、このどちらかで、コセアカの方が多いです。
みなさんも、見てみてください。


(八木 剛)


# by konchukan1 | 2018-04-22 20:52 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
2018年4月21日(土)の昆虫館

一日館長:末宗安之 サブ館長:野村智範
スタッフ:吉岡朋子、大江
来館記載者:9名 天気:晴れ

少し肌寒い朝でしたが、日差しは強く、まるで5月のようです。

f0177529_20044776.jpg
昆虫館に9時頃に到着すると、早速オオルリのさえずりが迎えてくれます。庭のエノキで縄張りを張っていました。

f0177529_20083836.jpg
大江君がスタッフで参加してくれたので、寄贈された標本箱の虫除けのメンテナンスを手伝ってもらいました。

f0177529_20211225.jpg
天気がいいので、スタッフも外で打ち合わせ。

f0177529_20100281.jpg
最初の来館者は新温泉町からのご家族です。とても生き物好きな少年でした。オオクワガタだけではなく、オオゴキブリも触って楽しんでくれました。

f0177529_20113287.jpg
恒例の野村先生、オヤニラミ&ドンコの餌やりショーに興味津々。
f0177529_20145042.jpg
カブトムシの幼虫を触って別の飼育ケースへの引っ越しも手伝ってくれました。

f0177529_20174632.jpg
お昼には4兄弟のご家族も一緒になって、イモリを触ったり、野村先生と一緒に「サワガニ探し隊」が大賑わい。
f0177529_20244402.jpg
あまりの暑さに、午後はあまり蝶やトンボは飛来してくれませんでしたが、みんなでスジグロシロチョウ♂の匂いをかいでみたりして楽しみました。
保護者の方々も外でのんびりとすごしてくれました。


f0177529_20194029.jpg
吉岡さんが色鉛筆ケースをすてきなデザインにデコレーションしてくれました。キチョウがポイントです。

シオヤトンボ、コミスジ、ツマキチョウ、スジグロシロチョウ、ニワハンミョウが飛来しました。
そろそろカワトンボやアゲハ類が羽化する季節です。
一日、生き物とふれあえる佐用町昆虫館にぜひお越し下さい。

(報告:末宗安之)



# by konchukan1 | 2018-04-21 20:36 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

2018415 日曜日

天気 雨のち曇り

館長 岡田 浩資

サブ館長 斎藤泰彦

スタッフ 越智 剛 野村智範

来館者 38

昆虫館に到着すると既に斎藤さんが開館準備を終えられてました。いつもありがとうございます。

午前中は、来館者もなくのんびりと過ごしました。四月も半ばというのにストーブを使用するくらい寒かったです。

午後から徐々に来館者も増え始めホッとしました。

f0177529_21331442.jpg

桜の花もまだ頑張って咲いてくれていました。

f0177529_21334739.jpg



f0177529_21350821.jpg

お絵描きしながらスマイルをくれました。

f0177529_21354672.jpg

いつものようにクワガタ人気
毎年クワガタ達に助けられてます。

f0177529_21585241.jpg
清水 哲哉氏採集 宮城県産カミキリムシ
標本作製 岡田 浩資 只今展示中です。
f0177529_21592461.jpg
野村氏によるドンコの餌やりです。

f0177529_21413276.jpg
最初は恐る恐るでしたが最後は触れ合えるようになりました。

(報告:岡田浩資)


# by konchukan1 | 2018-04-15 21:46 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)