佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

617日の昆虫館

臨時閉館中昆虫館駐在係:齋藤泰彦

天候:晴れ

佐用町昆虫館は720日まで、屋根の改修および外壁塗装工事のため臨時休館中です。

リニューアルオープンは721日となります。

あと1ヵ月ちょっと、お待ちください。

昆虫館のタガメはよほどお腹がすいていたらしく、水槽にトノサマガエルをいれると「一撃必殺」。

f0177529_20163466.jpg


モリアオガエルのオタマジャクシはうじゃうじゃとなりました。

f0177529_20170726.jpg


今日の昆虫館では、ゲンジボタルも見れました。

昼間でしたので、ちょっと残念。

f0177529_20172871.jpg

末宗さんが持ってこられたウスタビガが3つ、美しい繭を作っています。

f0177529_20175796.jpg

最後にお花を1つ。

f0177529_20181993.jpg

(報告:齋藤泰彦)


# by konchukan1 | 2018-06-17 20:19 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
f0177529_17082443.jpg
『博物館・美術館・水族館・科学館・・・いろんなミュージアムの専門家が棚倉に集合! ちっちゃな おともだちに、とびきりの ほんもの体験を プレゼントするよ!』・・・ということで、今年も行ってきました! こども☆ひかりの「ひよこミュージアム in たなぐらまち」(福島県棚倉町)。3回目の今年は地元の学法石川高校だけでなく、棚倉中学校の美術部のメンバーもスタッフに参加してくれました。


私たちは『むしとり大作戦』
昨年、虫アミ&虫カゴをもったひよこちゃんたちが続々と来てくれたので、今年は「むしとり」をメインにしての参加です。
f0177529_21272554.jpg
10時スタートだったのですが、今にも泣きだしそうな空。『大作戦』と銘打ったわりには人が集まりません。30分ほど待っていただいて、スタッフによる虫とりの「わざ」の伝授からはじめます。気温が17℃前後と低かったので、肝心のアゲハもパタパタとは飛びません。「のっそり飛んだので採りやすくってホッとしたけど、これじゃまったく見本にならなかった」と溝手くん。でも案外むずかしいのは採ってからです。虫さんは上へ空へと飛ぼうとするので、アミを上へ伸ばし、下の方から手を差し込んでそおっとカゴへと移します。できるかな?


それでは出発しましょう!
f0177529_17204581.jpg
なにが採れるかな?

f0177529_17220512.jpg
昨日はあんなにトンボやちょうちょが飛んでいたのに、今日の寒さで採れるのでしょうか?

f0177529_17233203.jpg
「むしさん、どこにいるのかな?」とさがしています。
f0177529_17243755.jpg
1時間ほどの虫とりで、みなさんいろいろ採って戻って来られました。
採った虫をシールバッグに入れて、自分の名前とむしの種名を書いてもらって仲間ごとにぶら下げます。

f0177529_17273649.jpg
ぼくが採った虫はどれかな?


昼ごろからパラパラ雨が降ったりやんだり。。。
雨天バージョンも店びらきしましょうか!
f0177529_17300971.jpg
カヤには昨日スタッフが採ったチョウやトンボたちを入れました。

f0177529_17331881.jpg


f0177529_17353024.jpg
きれいなオオミズアオでしょう?

f0177529_17364603.jpg
生き虫コーナには、人気者のヘラクレスが登場!

f0177529_17373598.jpg
オオスカシバの幼虫さんです。

f0177529_17381381.jpg
むしさんと大のなかよしになった女の子です。
ヘラクレスは「ぶーん ぶーん」と枝ごとふりまわしちゃったので、ヘラちゃん目をまわしたかな?

  
f0177529_17420023.jpg
雨がおさまると大学生のスタッフと虫採りしました。


f0177529_17425917.jpg
                    午前のスタッフです。


気温が低いので虫がぜんぜん採れなかったらどうしようかと心配しましたが、10時半に出発したみなさんがかなりがんばって採って下さったので、終了時には37種の虫が採れていました。おうちに連れて帰られた方も多かったので、40種は超えていたと思います。この天候にしてはまあまあでしょう。
午前に来て虫採りし、午後また戻って来られたご家族がけっこういらっしゃいました。(むしとり会場はメイン会場から5分ほど下った原っぱでした。)「戻ってきてよかった。ヘラクレスがさわれたよ。」とよろこんでおられました。タガメやオオクワも周囲にいっぱいいるはずなのに「見たことない」とおっしゃる方がたくさんでした。全体の人数は少なかったけど1時間半から2時間以上遊んでいかれるご家族が多かったです。「今まで虫をさわれなかったけど、さわれるようになった。」とアンケートに多数書かれていました。
「カヤ虫の扱いが優しくて、今回はチョウの翅もあまりいたまずいつまでも元気だった。」と阪上くん。「気温が低かったので、手乗り蝶がみんな上手だった。」「いろんな蝶のどこが違うかを観察して考えている子(小3-4?)がいて感激した。分類学者の卵だと思った。」と溝手くん。虫採りでは、バッタの幼虫など小型の虫をみつけた子が多かったです。「小型の昆虫が多い点は、子どもたちが良く周りを観察できているからでしょうか。」とは溝手くんの感想です。一生懸命 探してくれた成果ですね! カマキリの幼虫を採った子もいました。蝶はジャノメチョウが多めでした。
去年は暑すぎ!今年は寒すぎ! 来年はちょうどいいお天気になりますように!



ほかのブースのようすも少し・・・
f0177529_18070477.jpg
発掘キャラバン(東北歴史博物館)とモグラのトンネル(三田市有馬富士自然学習センター)
f0177529_18081511.jpg
のまおいのサムライになってみよう!(南相馬博物館)とアート・サファリ(ブリジストン美術館ほか)



今年のひよこミュージアムはいかがでしたか? 12コのプログラム、楽しんでいただけたでしょうか?
地元棚倉の方ばかりでなく白河や郡山、須賀川からも来られていました。「美術館や博物館のないところなので、毎年来てくれてとってもうれしい」との声をいっぱい聞きました。「来年も来てください」とたくさんの方が言ってくださいました。
(ひよこミュージアム全体のようすは ここです。https://www.kodomohikari.com/hiyoko2018-2/
むしさんコーナーには「虫が好きで好きでね!」というひよこちゃんが次々とアミを持って来てくれました。
ありがとうございました。



『むしとり大作戦』参加者 : 約120人
『ひよこミュージアム in たなぐらまち』来場者 : 約600人(こどもの平均年齢 5.11才)


『ひよこミュージアム in たなぐらまち』スタッフ:82人(中高生含む)
『むしとり大作戦』のスタッフ : 阪上 洸多・溝手 舜(テネラル)・佐々木 瞳(東北ユース)・高橋 由輝・小針 桜(学法石川高校)・川手 夢華(棚倉中学校)・薄葉 大豪(棚倉町)・吉岡 朋子(こどもとむしの会)【報告:吉岡】



# by konchukan1 | 2018-06-16 19:03 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
今回は神戸大学附属小学校からの少し変わった依頼です。
一年生 2クラス 68人の「なるほどくいずぶっくをつくろう」という単元のお手伝いです。
さてさて、うまくいくのでしょうか?


5月22日(火)
10時から小学校からすぐの明石公園(明石城二の丸周辺)にて、まずは「むしとり」です。
f0177529_15523822.jpg

明石公園は手入れがいいのか、植え込みの木や葉にもほとんど虫がついていないし、チョウやトンボも少なかったのですが、虫アミを振りまわすだけでも気持ちがよかったです。「ダンゴムシなら大丈夫?」とほじくり出しても「きもちわる~~い!」となかなかさわれない子がいっぱい。ちょっと不安です。。。


学校へ帰ってから、採ってきた虫をシールバッグに入れてスケッチをしました。 
よ~く観察しましょう!
f0177529_16055705.jpg



とてもよく晴れた気持ちのいい1日。1年生のみんなはとても楽しかったようです。


**********


6月4日(月) むしの日 で~~す!
2時間目から「いどうこんちゅうかん」です。 むしさんをどんどんさわってみましょう!
f0177529_16093702.jpg
カヤには行列!


f0177529_09411759.jpg
先週の「むしとり」の時とは大ちがい! ほとんどの子が積極的に虫をさわっています。

f0177529_16184548.jpg
チビクワさんも人気者

f0177529_16195944.jpg
校庭にいたダンゴムシたち

f0177529_16204241.jpg
得意気に タガメだぞ!


f0177529_16214157.jpg
ツマグロヒョウモンの幼虫とも なかよくなったところで一度集合!

f0177529_16225891.jpg

いっぱい感想を言ってくれました。


**********


3~4時間目は、いよいよ「なるほどくいずぶっくをつくろう」の時間です。
それぞれが気になった虫を選びクイズを作ります。
選んだ虫をスケッチし、その虫の「とくちょう」と「そのはたらき」を考えます。

f0177529_16282106.jpg
いっしょうけんめい考えています。

f0177529_16290269.jpg
むしむし大博士に質問したり・・・

f0177529_16305592.jpg
相談したり・・・

f0177529_16300677.jpg
もう一度、虫を観察しなおしたり・・・写真を撮ったり・・・

f0177529_16321364.jpg
標本を見て自分で考えたり・・・

 
f0177529_16330795.jpg
できあがりを、むしむし大博士にチェックしてもらいました。


f0177529_16351759.jpg
それぞれのクイズシートのもとができあがりました!!!




これから何日かかけて授業で「くいずぶっく」を完成させるそうです。どんなものができあがるのか、とても楽しみです。

f0177529_16514188.jpg

学校の授業に「いどうこんちゅうかん」を組み合わせるのは初めてのことでしたが、1年生のみんなは思っていた以上に虫さんとなかよくなってくれました。オオシモフリスズメの幼虫が大好きになった I ちゃんです。虫さんのことを知れば知るほどなかよくなれる気がしてきたでしょう? 通学路でも「どこにいるのかな?」とさがしてみてください。上手にかくれていますよ!

高橋先生をはじめ附属小学校の先生方、ありがとうございました。


参加者 : 1年生 68人
小学校スタッフ : 担任の先生 2人
こどもとむしの会スタッフ : 池田大(有馬富士自然学習センター)・八田康弘・久保弘幸・宇野宏樹・吉岡朋子【報告:吉岡】




# by konchukan1 | 2018-06-15 17:07 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)