人気ブログランキング |

佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

8月12日(月・祝)の昆虫館

一日館長: 茂見節子   スタッフ: 橋田一輝   清水哲哉

応援: 斎藤泰彦  野村智範   末宗安之

来館記載者:218名

日本中 酷暑の中 昆虫館周囲はまだ爽やかな朝でした。
(午後から 『エアコンがついてない!』ことに気づいた程でした。)


午前9時到着と共に隣に車を止めた家族と入館。それから家族連れが次々とラッシュアワーのように来られましたが、お昼ご飯のほんのひと時すーっとその潮が引き、昼食もゆっくり食べられ気持ちのいい「リセット」ができました。清水さん曰く「昨日と全く違うわ。お昼時間も閉館時間後もお客さんで埋まってた」みたいだったそう。その上昨日のそんな状況をブログを見て、3人も応援のスタッフが駆けつけてくれました。

f0177529_07464950.jpg

昨日と連続で来館の少年、昆虫を定規で計ったりと研究熱心。
お母さんから「今日は12時までやで!」ここが彼の「学校」だったら良いのにと。

f0177529_07474787.jpg

小さな男の子にチビクワの♀♂の区別を指導してもらいました

胸を少し抑えて開かないのがメス、下の開くのがオスだそう。
クワガタに詳しい方、この判別法は合っていますか? (※♂、♀の判別はこの方法では難しいそうです)

f0177529_07513338.jpg

6年生位の女の子、手足の付いたオタマジャクシを捕まえてきては見せてくれました。可愛い双子ちゃん?

f0177529_07521679.jpg

餌のミミズを洗ってくれる少女達。オヤニラミの親になって餌やり。
珍しくドンコは一日中沈んで何も口にせずでした。

f0177529_07530843.jpg

「今日はここで夏休みの宿題をしに来ました」と何枚も何枚も標本のスケッチ。お母さんのアドバイスを受けながら、良い感じ。標本の観察、地味だけど勉強になりますね。


f0177529_07560542.jpg

ここは、お客さんのバーゲンセール売り場の様な混みよう。スタッフが手薄になったら心配です。こんな時は、たまに「野村方式」でその場の全員に一度にわかるように「この虫の持ち方は」「この子の面白いのは」って説明する方法もありでしょうか。

f0177529_07543765.jpg

橋田さんが、清水さんから 「昆虫酒場」のメンテナンスの方法を教えて貰って、早速ガラス壁面のお掃除をしてくれました。その方法をメモし、清書する間も無く水槽に貼ってます。

f0177529_08000169.jpg

来館者の方から「変な虫がいる!」駆けつけて見てきました。スケバハゴロモと ミスジビロードスズメ。上のは可愛いシースルー(see-through )ルック、ちょっと人面顔。下のはカエルみたいでマンガチックな飛び出た眼に尻尾までついて。「だから、虫は面白い‼️」です。その他、アオスジアゲハとオニヤンマ、ジャコウアゲハも見かけました。

f0177529_08024673.jpg

水生生物について 湧いてくるように話してくれる野村さんです。


f0177529_08043659.jpg

大変な生き物管理をいつも考え実行してくれる斎藤さん、それをしっかり覚えようと奮闘する橋田さん。

f0177529_08064069.jpg

「さあ、アリジゴクはどこにいるかな?」清水さんが 採って来てくれました。

虫の居場所を熟知し、採集ピカイチの清水さんです。

スタッフのチームワークに支えられ、何とか無事に館長ができました。
(報告:茂見節子)





Commented by 久保弘幸 at 2019-08-13 11:00 x
チビクワガタの雌雄判別は、この方法ではなかなか難しいと思います。
by konchukan1 | 2019-08-13 08:11 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(1)