人気ブログランキング |

佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

5月19日(日)の昆虫館

5月19日(日) 曇り時々晴れ

一日館長 野村智範、サブ館長 末宗安之、スタッフ 高橋弘樹  記帳者数 53

本日は、曇り空が優先していて、お日様の光はほとんどさしませんでした。そんな状態でしたので、蝶類は、少なめでした。
それでも晴れ間には網舎前のノアザミにカラスアゲハ♂やナガサキアゲハ♀が来ました。


f0177529_21472610.jpg


f0177529_21475197.jpg


来館者は、記帳者数の倍近くあったと実感しています。長時間滞在されるご家族が多く、熱心に質問されたり、積極的に生き物との触れ合いを楽しまれました。

f0177529_21184974.jpeg

ヘラクレスオオカブト、マダガスカルゴキブリ他のおなじみの虫に加えて、エダシャク、モリアオガエルのオス2匹とアマガエルなど、多彩な生き物とのふれあいもできました。

f0177529_21203068.jpeg

蚕の原種?である「クワゴ」の幼虫と繭も持ち込まれました。

f0177529_21241964.jpeg


もうすぐ産卵するであろうモリアオガエルのメスが池のそばのアジサイの枝で待機している様子も観察できました。
まもなく、園内のあちこちに卵塊が産み付けられることでしょう。

f0177529_21331056.jpeg

蝶類の標本をじっと観察する姿も見られました。


f0177529_21370169.jpeg

ヘラクレスオオカブトを手にのせてご満悦の様子も。


f0177529_21403508.jpeg

イシガメを手にする子どもも。


f0177529_21420873.jpeg

イモリやカメとのふれあいを楽しむ姉妹の姿。


f0177529_21433510.jpeg

子どもたちは、家族の方といっしょに、閉館時刻間際まで、お絵描きを楽しんだり、網を手にチョウなどの虫を追いかけたりしました。
(報告 野村智範)














by konchukan1 | 2019-05-19 21:53 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)