佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

10月13日(土)「いどうこんちゅうかん」~ひょうご環境体験館2018~

いつの間にか夏も終わり、さわやかな季節になってきました。
バッタとトンボがいっぱい飛ぶシーズンは ひょうご環境体験館です。今年で6年目です。

f0177529_16390025.jpg


13時30分。道路沿いの駐車場に集合。
メンバー紹介のあとは、室崎くんと溝手くんによる「虫の採り方講座」の実演です。
f0177529_16393965.jpg

f0177529_16395519.jpg
アミでつかまえた後は、じょうずにカゴに入れましょう。




それでは、虫採りをはじめましょう!
f0177529_16400016.jpg

なにが採れたのかな?

f0177529_16400626.jpg

えい! トノサマバッタ、捕まえたぞ!

f0177529_22462553.jpg

あそこにいるよ! うしろから そぉっと近づいて・・・ 上からアミを。 上手につかまえたね! 
おにいちゃんたちが優しくむしとりのコツを教えてくれます。

f0177529_16401518.jpg
いいお天気。虫日和です。

f0177529_16411545.jpg




たくさん採ったので、これから体験館へ行って虫のスケッチをします。
一番気に入った虫をシールバッグに入れてじっくり観察して描きましょう!
f0177529_16434643.jpg


f0177529_16412132.jpg

しっかり観察して描いています。




スケッチがすんだ人は、虫をカヤの中に逃がしてみましょう。
f0177529_16413807.jpg


f0177529_16412980.jpg

カヤの中です。シールバッグから出したので、もっとよく見ることができます。




f0177529_20202372.jpg

こちらでは「生き虫たいけん」 ヘラクレスやタガメも出てきました。さわってみましょう。
久しぶりに来てくれた 前田 慈くんです。社会人になっても来てくれるのはありがたいです。
カブトムシが1匹 とても元気だったので、どうやって飼っているのかと何人もの方から聞かれました。
7月末に昆虫館で羽化した大きなカブトムシです。まだツメも取れず昆虫ゼリーをよく食べてます。




f0177529_16414848.jpg

質問コーナーでは、かわいい質問がたくさん出ました。
りっぱなトノサマバッタやショウリョウバッタがたくさん採れたので、連れて帰りたいという子が多かったです。




ひょうご環境体験館。何度も来ていますが、年々採れる虫が変化しているような気がします。
シカの食害対策でしょうか、花壇はどこもアミでしっかり囲われていて、ちょっとさびしい感じがしました。「蝶が少ない印象でしたが、ミヤマアカネがきれいでしたね!」と前田くん。




今回は「虫とり・スケッチ・カヤあそび・生き虫たいけん」をしていただきましたが、途中の移動に時間がかかるので、ちょっと時間不足の感がありました。小さなお子さんには虫とり会場から体験館までの登り道がたいへんです。なにか工夫ができるといいですね。
クレヨンで描いたむしの絵は額に入れるとステキです。ぜひお家で飾ってください。
みなさんが採った虫たちも、それぞれのお家にパタパタ、ぴょんぴょん、ブ~~ン と帰っていきました。



来てくださったみなさま。ありがとうございました。







参加者 : 15 家族  49人
こどもとむしの会スタッフ : 中瀬 大地・前田 慈・室崎 隆春・溝手 舜・吉岡 朋子【報告:中瀬・吉岡】



by konchukan1 | 2018-10-14 16:44 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)