佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

10月13日(土)の昆虫館

2018年10月13日(土)  天気:晴れ

一日館長:八田康弘  サブ館長:前原繁仁  スタッフ:大江俊弘

来館者20名

秋晴れのいい天気でしたが、先週に比べ気温がぐっと低くなって、蝶もあまり訪れませんでした。

開館後なかなか来館者がありませんでしたが、最初に来られた家族は
小さな女の子がテントウムシを一生懸命描いてくれたり

親子で昆虫採集をしたりと楽しんで帰られました。

f0177529_21363381.jpg


f0177529_21371589.jpg
f0177529_21374850.jpg

今日は昆虫館にはアサギマダラが飛来しませんでしたが

常連さんがメス2頭、かなり成長した幼虫、蛹を昆虫館周辺で見つけられました。

f0177529_21380737.jpg

昆虫館のキジョランに産み付けられた

タマゴは孵化間近なのか、黒くなってきていました。

f0177529_21382508.jpg

アサギマダラの生活史はどうなっているのでしょうか

いろいろなステージが同時期に混じり合っています。

幼虫越冬のようですが、蛹で越冬する時もあるようです。

渡りをするチョウの特性でしょうか?

今日はキジョランの実を初めて見ました。
花が咲いている中で実がなっていました。

f0177529_21385688.jpg

今年も寄生植物のナンバンギセルが出ていました。

f0177529_21391790.jpg

ウラギンヒョウモン、ツマグロヒョウモンが一頭ずつ来ましたが

ヒョウモンチョウ類がぐっと少なくなりました。

f0177529_21394220.jpg

ホシホウジャクはあいかわずひっきりなしにやって来て

昆虫館周辺ではキチョウが多く舞い、アキアカネが増えてきています。

また、見慣れないチョウがきているなと思ってよく見るとイカリモンガでした。

f0177529_21400053.jpg

(報告:八田康弘)


by konchukan1 | 2018-10-13 21:42 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)