佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

10月8日(月・祝)の昆虫館

2018年10月8日(月 ・祝日) 晴れ

一日館長:近藤伸一 サブ館長:齋藤泰彦
スタッフ 久保弘幸
来館者47名


台風一過、気持ちの良い秋晴れ。

昆虫館の主役も秋の植物や昆虫に入れ替わったようです

今、ヒヨドリバナ、フジバカマ、ブッドレアが花をつけています。昆虫館の外は、鹿に食べられて花が全くないので、チョウやハチ、ホウジャク類がつぎつぎに集まります。

f0177529_06464521.jpg

ツメレンゲの花穂が大きく成長しました。花が散ると来年新たなツメレンゲがいっぱい発芽するので、来年はツメレンゲをふやせそうです。クロツバメシジミが来るのを期待しましょう。

f0177529_06470118.jpg

水槽にイネ科植物が密生していますが、そこにクロコノマチョウの終令幼虫が3頭いました。3頭の幼虫はサヤヌカグサ類の茎上にいて、葉も食べられているので、これを食草にしているのでしょう。

f0177529_06451051.jpg


齋藤さんは例によって早朝から色々な作業。

久保さんがパソコン画面で見られる顕微鏡をセットしてくれました。もくもく動くルりタテハの幼虫の大きなトゲ、画面いっぱいのスズメバチのカオなどに歓声があがりました。

f0177529_06454066.jpg

東さんにキバネツノトンボの産卵、幼虫の生態など、見たことのない写真を見せていただきました。「きべりはむし」に投稿していただけるので、ご期待を!

アサギマダラが2頭採集され、それぞれ採集場所、日付、採集者の名前などをマーキングして放しました。南の島で採捕されたという連絡を期待しましょう。

f0177529_06461446.jpg


f0177529_06473995.jpg

今日の昆虫館で見かけたチョウは、アサギマダラ、オオウラギンスジヒョウモン、ミドリヒョウモン、ツマグロヒョウモン、テングチョウ、オオチャバネセセリ、カラスアゲハ、ルリタテハ、キタキチョウでした。 

(報告:近藤伸一)


by konchukan1 | 2018-10-10 06:49 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)