佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

10月7日(日)の昆虫館

2018年10月7日(日)の昆虫館

天気:曇り後時々晴れ 来館者:25名 
一日館長:末宗安之  サブ館長:八田康弘

台風一過とはいかず、曇りがちの朝になりました。
 途中、平福では地元の秋祭りのようでした。

f0177529_19562910.jpg
昨日、水槽の水生昆虫が少なくなってきたので、一人で「ゲンゴロウ捕獲ガサガサ団」を結成し、播州の池に入っていきました。
そして・・・・。
新しい展示用の仲間が増えました。
 メインは「コガタノゲンゴロウ」のオス、メスのペアです。
f0177529_20012271.jpg
f0177529_20293094.jpg
ホンゲンゴロウより一回り小さいサイズですが、ちゃんと黄色の縁取りがあります。体の裏面は黒褐色で、ホンゲンゴロウのようなトラ模様はありません。最近、各地で増えているようで、ほとんど記録が無かったところでも発見の報告が出ています。それでも、鳥取県では条例で採集禁止となっています。

f0177529_20010928.jpg
他に、クロゲンゴロウ、ガムシ、オオコオイムシ、コオイムシ、クロズマメゲンゴロウなどを新たに展示用水槽に入れました。

今日は開館後、しばらくしてすぐにお客さんが来られました。
f0177529_20093647.jpg
色々な虫やイモリ、イシガメを触ったり、魚への餌やりも楽しんでくれました。
f0177529_20112348.jpg
今日もアリジゴクマンションは皆さんに大人気。アリや小さいクモを見つけて放してみます。

暖かくなって、ブッドレアに夏眠空けの各種ヒョウモン類が集まってきました。そしてアサギマダラも登場!
f0177529_20155295.jpg

f0177529_20160276.jpg
早速2頭を採集し、マーキングをして放蝶しましたが、逃げることなく、花に来たり、産卵を始めたようです。庭のキジョランにまとわりついていました。
f0177529_20213285.jpg
フェンスのキジョランに卵も確認しました。

今日は午後になると日差しも強くなり、虫の原っぱ付近では、ツマグロキチョウを数頭、確認。
f0177529_20232519.jpg
午後も家族連れの方々が楽しんでくれました。彼はオオゴキブリがお気に入りになったようです。
f0177529_20261766.jpg
地元の方もリピーターで来てくれました。
f0177529_20271211.jpg
まだ、閉館時間になってもマーキングをしたアサギマダラは吸蜜していました。これから長い旅に出るためのエネルギーの充填でしょうか。
f0177529_20323742.jpg
今日確認できた虫は、他にオオウラギンスジヒョウモン、ミドリヒョウモン、ウラギンヒョウモン、ウスバキトンボです。
まだ、アキアカネが寺谷川沿いに確認できません。
 明日もアサギマダラが庭にやって来るでしょう。ひょっとしたら、各地のマーキングされた個体が飛来するかも・・・。楽しみですね。

(報告:末宗安之)










by konchukan1 | 2018-10-07 20:50 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)