佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

こども☆ひかり「ミュージアムキッズ!全国フェア 2018 」~ 京都みやこめっせ~ 9月1日・2日

こども☆ひかりプロジェクト『ミュージアムキッズ!全国フェア』

9月1日・2日の二日間、京都市勧業館(みやこめっせ)で、こどもひかりプロジェクト主催『ミュージアムキッズ!全国フェア』がおこなわれました。北海道から沖縄まで80を超えるミュージアム・団体が43のワークショップを展開。わたしたち こどもとむしの会/佐用町昆虫館も、「関西昆虫館連合」として参加してきました。佐用のほかには橿原市昆虫館と箕面公園昆虫館と伊丹市昆虫館が参加。4つの昆虫館と こどもとむしの会の学生テネラルのメンバーが総力を挙げておこなった「スーパーむしむしたいけん」です。

f0177529_22025072.png

仙台(2016)、熊本(2017)と被災地でひらかれてきた「ミュージアムキッズ!全国フェア」ですが、今回は京都。これには訳があります。2019年9月に国際博物館会議(ICOM )大会が日本で初めて京都で開催されます。そのプレイベントとして京都市から「こども☆ひかり」にお声がかかったのです。
「こども☆ひかりプロジェクト」は全国のミュージアムが、被災地の子どもたちを応援するために集まったもの。2012年6月。仙台でひらかれた「こども☆ひかりフェスティバル」(こどもとむしの会も初回から参加 )以来、東北各地へ行き、昨年は熊本にも足を運びました。
こどもひかりが活動を始めて7年目の2018年。京都市が『全国フェア』を呼んでくれたことは、こどもひかりの活動が『京都発、全国の子どもたちへ』とのサブタイトルが語るように、被災地支援だけでなく日本中の子どもたちに「たいけん」を届けようとしていることが社会に認知されたのだと思います。
今回の京都は、2年前の仙台よりたくさんの方が来場しそう!どんな2日間になるのでしょうか?


 
1日の朝から、準備が始まりました。今回は「スーパー」がついたむしむしたいけん。3つのカヤを張るのでスタッフはいつもの3倍です。橿原からは中谷さん、箕面から中峰さんも来てくださるというので、テネラルが7人も集まってくれました。


いつもの昆虫タペストリーを掛け、幟を挙げて、蚊帳も虫たちも準備万端です。 
f0177529_22093365.jpg
1日目の開場は正午。11時過ぎには、会場前には長蛇の列ができていました。北海道から沖縄まで、たくさんの博物館が集うフェアです。あらかじめ、京都市内の小学校にチラシを配布していた成果もあるでしょう。
正午の開場と同時に、たくさんのこどもたちがお目当てのブースに走ります。



f0177529_09471665.jpg

f0177529_09555076.jpg
「スーパーむしむしたいけん」のブースも、あれよと言う間に満員御礼。どの子も瞳が輝いています。お父さん、お母さんは写真撮影に大忙し。スタッフも、写真のポーズを指導(?)します。




f0177529_23135416.jpg
みんな、虫を見る目が真剣です。将来はいい虫屋になるかも (^O^) 



f0177529_23145283.jpg

オオスカシバの幼虫さんとアカハライモリさんとオオゴマダラの幼虫さん。ぷにゅぷにゅ 集合!


f0177529_23154408.jpg
今回のドレスコードは「紫と黄」 黄色い服。紫の髪飾り。身に着けて来てくれてありがとう!


f0177529_16140689.jpg

ブース前には、常時20人以上の人だかりができていました。スタッフは、お昼ご飯を食べる暇もないほど大忙しです。





f0177529_16124993.jpg
お目当ての虫を手に、ハイポーズ! 
初日の一番人気はイモリ君たち。二番人気はタガメ君と、水の生き物が大人気でした。




 今回、蚊帳は3張りもあります!
f0177529_23015637.jpg




f0177529_23161852.jpg
わが佐用町昆虫館は、トンボとバッタの蚊帳。オニヤンマやウスバキトンボ、トノサマバッタやショウリョウバッタなど、身近な虫が人気です。



箕面昆虫館の中峰さん出展のカマキリの蚊帳には、オオカマキリやハラビロカマキリの他に、メダマカレハカマキリ(マレーシア産)もいて、恐々ながら勇気を出して入る子もたくさんいました。
f0177529_23200747.jpg
カマキリのカヤの中です。頭にのせたり、服の上を歩かせたり・・ちょっと緊張 (#^^#)




橿原市昆虫館の中谷さんは南方の蝶の蚊帳を出展。オオゴマダラやツマムラサキマダラが優雅に飛びます。
f0177529_21481835.jpg
オオゴマダラの「もぐもぐタイム」。見つめるこどもたちの目が、真剣です。




ステージでは「サイエンスショー」や「ミュージアムなクイズ大会」も開かれました。むし班からも 3人のカンチョウジャーが『むしとりのワザ実演講座』
f0177529_21220586.png
なんだか楽しそう! 子どもたちにもかなりウケていたそうです。見たかったな (^O^)



f0177529_23183920.jpg
むしむし!


f0177529_23200232.jpg
わお!


f0177529_01432610.jpg


f0177529_01435843.jpg


                ******************



初日のフェスの終了後、17:30からは研修会が開かれました。せっかく全国のミュージアムから250人近い人が集まっているのに、フェス中は大忙しで他のブースがどんなことをしているのかを知ることができません。スタッフみんなが他のブースを「たいけん」できる「教育普及技術研修会」です。でも、なかなか「むしむしたいけん」に人が来てくれません。遠巻きに見ている方々をひっぱりこんじゃいました! 文系ミュージアムのみなさんも、おそるおそるが いつの間にか興味津々へ。まずは、さわってみないとね!

f0177529_21185731.jpg


1日目の終了後、片付けをしているところに 門川京都市長が「むしむし」を表敬?!訪問。
f0177529_21315475.jpg

マダガスカルオオゴキブリを手にのせ、ヘラクレスの大きさにビックリし、タガメを懐かしみ、この全国フェアを招聘した市長 自ら「むしむしたいけん」してくださいました。(写真:市長のFacebookより)
子どもたちがホンモノの虫をさわってみることを「すばらしいね!」とおっしゃってくださり、タガメが京都でも激減した現状や、京都における昆虫学や日高敏隆先生のことなど、短い時間でしたがお話させていただきました。京都に昆虫館を作られる時には(京都府に昆虫館はないのです!)「私たち こどもとむしの会に、是非おまかせください!」とお願いもしました。


                ******************


1日目の反省をもとに、2日の朝に「混雑や人の流れの混乱のもとになるイモリを出すか出さないか」をスタッフみんなで話し合いました。悩みましたが、イモリを出さないことに決定! 人気があるだけに、そこで人が滞留し混雑のもとになるからです。ゆっくりたのしんでもらいたいのはやまやまなのですが、今回のような大規模・多人数のイベントではそれも厳しいかと。ちょっぴり残念でした。
2日連続来てくれた子が結構いて「今日はイモリ いないの?」と何人かから聞かれました。ごめんなさい!
1日に5000人近い来場者があるかもしれないと覚悟はしていましたが、人の流れや カヤごとの難易度分けなど思ったように誘導できず、スタッフのみなさんには大変な思いをさせてしまったかもしれません。でも、今回はたくさんのスタッフに集まってもらったおかげで、大きな混乱はなかったように感じました。





1・2日目を合わせて、たぶん2000人以上の子どもたちが「スーパーむしむし体験」のブースを訪ねてくれました。中には2日とも来てくれたリピーターの子や、蚊帳虫を差し入れてくれた子、自分の標本を持ってきてくれた子、1日に何度も来てくれた子などなど、こどもたちの「むし愛」がビシビシと伝わってくる2日間でした。

f0177529_09505597.jpg

 最後にスタッフみんなで記念撮影。「はい、しょっかく!」



テネラルから寄せられた感想です。

最初は虫を見ることも苦手だった子が、小さな虫からさわり始めて 最後は自らさわれるようになっていくのを手伝えるのはとても楽しいです。今回はいつもよりたくさんの子どもたちと触れ合えた分、虫のどんなところに感動してどんなふうに喜んでくれているのかをたくさん感じられた充実した二日間でした。またお手伝いが出来ればと思います!!(川崎)
一度にこんなに多くの子どもたちと触れ合ったのは初めてで、僕自身いろいろと足りてない部分はあったがよい経験になりました。幼少期トンボ好きだったので、オニヤンマなどのヤンマ類をよろこんでくれる子たちが見れてうれしかったです。(溝手)
子どもたちの楽しそうな顔が見れて嬉しかったです。テネラルの人とも久しぶりに話ができて充実しました。(宇野)
みやこめっせお疲れでした!自分自身あまりいい動きはできませんでしたが、大きな混乱がなく、楽しく終わって何よりでした。今までのイベント系で一番楽しかったです。またよろしくお願いします。(阪上)
今回も参加者気分で楽しませていただきました。ありがとうございました。とてもニーズの高い、重要度の高いプロジェクトだと改めて肌で感じました。また行きます!(小林)


テネラルのみなさん抜きには成立しなかった「スーパーむしむしたいけん」でした。
いつもいつも ありがとう!
夏の終わりでまだ昆虫館が忙しい中 参加してくださった中谷さん、中峰さんにも感謝です。

カヤ虫を採ってくださったみなさま・パネル作成など ご協力をいただいたみなさまです。(敬称略)
しまおかゆう・やまうちゆづき・近藤伸一・斎藤泰彦・八田 康弘・八木剛・池田大・宝塚大学・長谷川真奈維・高瀬優子・高見咲恵・西川和行
ありがとうございました!!!


「スーパーむしむしたいけん」してくれたたくさんのおともだち!ありがとう!



「スーパーむしむしたいけん」参加者   
1日目 : 1200人 (フェア来場者:3800人)
2日目 : 1750人 (フェア来場者:5200人)


「スーパーむしむしたいけん」スタッフ 
中谷康弘(橿原市昆虫館)・中峰空(箕面公園昆虫館)
阪上洸多・小林慧人・室崎隆春・宇野宏樹・川崎安寿・溝手舜・坂本貴海(テネラル)        
吉岡朋子・前田慧(こどもとむしの会 / 佐用町昆虫館)・高津一男(伊丹市昆虫館 友の会) 
渋谷光(東海大学海洋学部 学生)・松岡想・中谷ひとみ  

【報告:久保・吉岡】    



こちら ↓ は「こどもひかりプロジェクト」のHPです。当日の会場の様子やワークショップの内容がご覧になれます。





Commented at 2018-09-05 22:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by konchukan1 at 2018-09-06 09:31
京都ではありがとうございました!
カマキリの写真ですね。お願いしておいてごめんなさい m(__)m まだ写真が整理できてなくって。もう少し待っていただけますか?ぜひぜひアップさせていただきます! 
ちょっと遠いですが、佐用町昆虫館へも遊びに来てください!4~10月の土日休は無料で開館してます(11~3月は冬眠します!)。虫採り・イモリさわりなどなどいろいろ遊べます。奈良の橿原市昆虫館へもどうぞ。秋は箕面公園昆虫館。紅葉がきれいです。
by konchukan1 | 2018-09-04 21:53 | いどうこんちゅうかん | Comments(2)