佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

8月18日(土)の昆虫館

2018年8月18日(土)

天気:晴れ 
記載者数:115人  団体  揖西(いっさい)東子ども園 園児28人 引率4人 計32人
一日館長:末宗安之  サブ館長:野村智範  スタッフ:清水哲哉

昨日に引き続き、湿度の低い、さわやかな天気になりました。
今日もスタッフの清水さんが朝早くから開館準備を進めて下さいました。
 今日最初のお客さんは、団体で揖西(いっさい)東子ども園の子どもたちが来てくれました。

f0177529_06405054.jpg
野村先生から、「気をつけること」としてマムシ、ヤマカガシについて、出会っても攻撃したりしないことを伝えました。
f0177529_06434440.jpg
みんな好きな昆虫のスケッチにとても集中しています。 
f0177529_06444312.jpg
一生懸命描いた虫の絵に、最後は昆虫館のスタンプを押してもらって満足そうでした。また、イシガメ、イモリと遊んだりしてとても楽しそうでした。
礼儀正しく、みんな、お別れのあいさつをきちんとしてくれたのが印象的でした。

清水さんが、昨日昆虫館に飛来したオオムラサキ♀を採集し、エノキに袋がけして卵を産んでくれるようにセットしてくれました。
f0177529_06503959.jpg
今日の来館者の方々はリピーターのご家族が多く、夏休みの自由研究にカリウドバチの研究をがんばってまとめている子もいました。
今日は日本のカブトムシが大人気。寿命で数が少なくなってきましたが、初めて触る子どもたちは興味津々です。
f0177529_06595598.jpg
f0177529_07012965.jpg
彼はカブトムシの爪のパワーにびっくりしていました。

清水さん製作の立体画像で楽しんでくれるご家族も多かったです。
f0177529_07032788.jpg
野村先生が撮影された、タガメの孵化シーンの動画を皆さん、じっくりと見てくれました。
タガメの成虫の大きさに「初めて見た」人は感動していました。
f0177529_07063361.jpg
タガメの幼虫もだいぶ大きくなってきました。8月中には脱皮して成虫になりそうです。
昆虫館入り口付近にタカネトンボのヤゴの抜け殻がありました。
f0177529_07082518.jpg

現在、オオシオカラトンボが最盛期です。オニヤンマ、ヒメサナエを採集された来館者もいました。
f0177529_07081939.jpg
今日はこどもたちがみんな帰り際、きちんと「ありがとうございました」と言ってくれるのがとても印象的でした。
来てくださるご家族も、みなさん「ありがとうございました。また来ます。」と言ってくださるので、より、楽しんでもらえる昆虫館になるよう、スタッフも頑張ります。

(報告:末宗安之)

by konchukan1 | 2018-08-19 07:46 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)