佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

5月26日(土)の昆虫館

5月12日(土) 天気:くもり後晴れ
一日館長:八田康弘 サブ館長:池田 大
来館者 25名

白い蛾のキアシドクガが所々で発生しているのを見ながら昆虫館に着くと

ちょうど昆虫館でもサナギが見られました。

f0177529_06562089.jpg

夜間採集ということでサブ館長の池田さんがテネラルの同級生二人とすでに昨日から

来られていました。

昨日の成果である何種類かの蛾の標本を見せてもらいました。

f0177529_06565322.jpg

カジカガエル、シュレーゲルアオガエル、モリアオガエルが鳴き交わすなか、モリアオガエルはやっと卵を生み始めたところですが

シュレーゲルアオガエルはすでにカエルになったものがいました。

f0177529_06581378.jpg

来館者はぼちぼちでしたが池田さんが持って来られたヒメヤママユの幼虫をはじめ4種の蛾の幼虫、

f0177529_07004236.jpg
すりばちを作らないアリジゴク(コマダラウスバカゲロウ)などの新入りを見れたり、
f0177529_07013461.jpg

末宗さんが持って来られたウスタビガの幼虫やオオムラサキの蛹、蝶のはねを裏表観察できる標本箱を見れたりと今日の来館者はいろいろ堪能されたことと思います。

f0177529_07031467.jpg

f0177529_07094469.jpg

特に幼稚園の年長さんという男の子は末宗さんの持って来られたオオムラサキを熱心に観察したり、昆虫採集をしたりと長い時間じっとしている間もなく動き回っていました。

f0177529_07100612.jpg

昆虫のことをやけに知っているなと思ったら、人博の昆虫教室なんかによく参加しているとのことでそんな子供たちがやってくる

この昆虫館の大切さを再認識した1日でした。

f0177529_07103160.jpg

(報告:八田康弘)


by konchukan1 | 2018-05-27 07:16 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)