佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

陽が射せば、待ってましたとばかりに・・・

2018年5月3日(木・祝)

曇りのち晴

一日館長:八木 剛、サブ館長:齋藤泰彦、スタッフ:清水哲哉、大江たかひろ
来館者:46名

GW後半戦は、寒冷前線通過後の、肌寒いスタートとなりました。


ミヤマカラスアゲハが、みんなの前で、羽化!
f0177529_20335967.jpg

f0177529_20341535.jpg

真剣なまなざし。いいですね。

f0177529_20351588.jpg

ヒトリガ(スジモンヒトリ)の毛虫も、人気です。

今日の子は、タンポポも何も食べませんでした。そろそろ蛹化でしょうね。

午前中は、曇天で風も冷たく、むしむし広場方面へも行ってみましたが、草むらをウスチャコガネが飛んでるくらいで、虫はあまりいません。

午後になると陽が射してきて、一気に虫の姿が増えました。

f0177529_20352443.jpg

昆虫館脇のクリンソウには、待ってましたとばかりに、オナガアゲハやジャコウアゲハが。
(ビミョウにジャコウアゲハが写っています。わかります?)

f0177529_20345148.jpg

陽が射せば、外へ出て行く、子どもたち。
待ってました!、とばかりに飛び出す勢いは、ほとんど虫と同じなのでした。

本日の旬のものをいくつか。

f0177529_20342625.jpg

カワトンボ。
初夏の清流を彩る、エレガントなトンボです。

今日は、1匹、展翅しておきました。
8匹ないし12匹展翅して、時計の文字盤みたいに丸く並べたらキレイだろうな、と、何年も前から考えているのですけれども、いまだに果たせません・・・
哀れな私に、どなたか、お恵みを。
ただし、仰向け展翅で、展翅テープをケチらず翅はビシッと伸ばし、脚も拡げてほしいです。

f0177529_20350652.jpg

クロハネシロヒゲナガ。
4月22日の記事でメスを紹介しました。これがオスで、アンテナ長いです。

f0177529_20344053.jpg

ウスチャコガネ。オスは、アンテナが、かわいいです。
昆虫館内には多くないですが、周辺の路傍にたくさん飛んでいました。

虫はたくさんいるけれども、刺す虫はほとんどいないこの季節。
木漏れ日もお肌にやさしい昆虫館は、ママたちにも、おすすめのスポットです。

朝一番に来てくれたYくんは、結局、閉館まで遊んでおりました。

「ほんとにいいところですね。続けてほしいですね。」
毎年GWに神奈川から来てくださるご家族からいただきました。

こういう場所が各地にあれば、世の中きっと、よくなります。と、意を強くしたのでした。


(報告:八木 剛)
by konchukan1 | 2018-05-03 20:45 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)