佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

旬のネタあります!(4月22日)

春らんまんな、4月22日(日)でした


一日館長:八木 剛、サブ館長:茂見節子、スタッフ:金子留美子
来館者数:42人+千種川流域植物観察会のみなさま


4月とは思えない、暑~い日でした。
広場で虫とりを楽しむ子どもたちの風景が、よかったです。

f0177529_20340624.jpg
子どもたちが追ってるのは、ツマキチョウやスジグロシロチョウ。

広場を、行ったり来たりしてくれます。ベニシジミもいました。
この高温でちょっと期待しましたが、アゲハチョウ類は見られませんでした。
虫の顔ぶれは、春らんまん、という感じです。


f0177529_20340765.jpg
参道でダビドサナエ。シオヤトンボもいました。すでにオスは白くなっていました。

f0177529_20340620.jpg
ヒゲナガガのなかま(クロハネシロヒゲナガ)です。

これはメスですが、オスのアンテナはもっと長いです。
白いアンテナを漂わせて、草むらをチラチラ飛ぶ姿が、かわいいです。
翅(はね)の長さが6、7mmのちっちゃな蛾ですが、メタリックで美麗。
春から初夏の、季節ものです。


f0177529_20340602.jpg
カウンター上の、本日の、旬のネタです。

ヒトリガ(スジモンヒトリ)の幼虫。道路を横切る姿がよく見られます。
毛虫=危険と思ってる人が多いので、おっかなびっくり。


f0177529_20340611.jpg
この子は、タンポポのお花が、とても好きでした。葉っぱより先に花を食べておりました。


さて、池にはアメンボがたくさんいますね。
2種類いるの、ご存じでしたか?

f0177529_20340686.jpg

コセアカアメンボです。

f0177529_20340605.jpg

こちらは、ヤスマツアメンボ。


コセアカの方が少し大きくて、色が明るく、色味にイエローが入る感じです。
慣れれば、わかるようになりますよ。
昆虫館の池で見られるのは、ほとんどが、このどちらかで、コセアカの方が多いです。
みなさんも、見てみてください。


(八木 剛)


by konchukan1 | 2018-04-22 20:52 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)