佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

こども☆ひかり「ひよこミュージアム in たなぐらまち 2017」7月9日(日)

f0177529_21272489.jpg
『博物館・美術館・水族館・科学館・・・いろんなミュージアムの専門家が棚倉に集合! ちっちゃな
おともだちに、とびきりの ほんもの体験を プレゼントするよ!』

・・・ということで、今年も行ってきました! こどもひかりの「ひよこミュージアム」in 福島県棚倉町。
会場は棚倉町文化センター(倉美館)。 昨年のインドアテニスコートの隣の立派な建物です。


出発前、九州地方に大雨が降り、大分や福岡は洪水や土砂崩れで大変なことになってました。神戸でも雨が続き、一昨年のように九州・東北連動の大雨ならば棚倉もどうなることかと心配。出発の8日朝も、台風が通り過ぎたのに九州は雨が降り続いていました。
ところが棚倉は7日からいいお天気! いいお天気を通りすぎてカンカン照りの最高気温が34度! そうなると今度は遊びに来てくれるひよこちゃんたちがあまりの暑さの中、「虫とりペナントレース」で熱中症にならないかと心配になっちゃいます。



f0177529_21451215.jpg
     10時。30人ほどが集まってくれてます。八木先生の説明を聞いて、さあ出発です!
f0177529_2155657.jpg
ホールから5分ほど歩いたところで、達人の「虫とりの技 伝授」の時間です! 虫さんに気づかれないようにそぉっと後ろから虫アミを近づけて・・・静かに・・えぃ!  つかまえた虫さんが逃げちゃわないように虫アミをクルリ! とれた虫さんは上手にカゴに入れましょう! さぁ、みんな!できるかな?

f0177529_21454277.jpg
暑さのせいもありますが、モンシロ・モンキがわずかに飛んでるだけ。トンボは高いところを飛んでます。なにが採れるかな? がんばって採りましょう! 
「ひよこミュージアム」のチラシの『むしとりペナントレース&むしむしたいけん』のところには、「10時~11時 みんなで虫とり。虫アミ・虫カゴ持参。以後は むしむしたいけん」と小さな字で書いてありました。それを、みなさんしっかり読んでおられたのでしょう。アミ・カゴ持参で10時以降もどんどん 人が来る来る! すごいです! むしさん人気!!!
あとからも次々と人が来て、100人を超える人が虫とりに参加してくれました。

f0177529_2146037.jpg
             パパがちょうちょをゲット!「ぱぱ、すごい!」
f0177529_21463147.jpg
             こちらも、お父さん。なにが採れました???
f0177529_21461523.jpg
        「ちいさなショウリョウバッタが採れたよ~~!」と教えてくれました。


そろそろホールへ戻って、採った虫の名前付けをしましょうか? これが今日採れた虫です。シール袋に虫を入れて川崎さんに種名を書いてもらいます。いろいろ採れてますね! 採った人の名前も書いています。
f0177529_22141435.jpg


『カヤとむしむしたいけんは11時から』と看板を出していましたが、戻ったらカヤの前に行列ができてます!  え~~!11時までもう少し待ってもらえますか?
f0177529_2147017.jpg
休んでる時間はありませんね。むしむしたいけんとカヤ遊びも始めましょう! カヤの中は、ちいちゃなひよこちゃんたちで満員!満員!いっぱいで~す!午前中のカヤの中はず~っと25人越えでした。この写真は午後の落ち着いたころのものですね。
f0177529_22253951.jpg

f0177529_22255348.jpg
この、背中カブトくんは昼から最後までず~っとカヤの中にいましたね!「ほかのところには行かないの?」「ここがいい!」 うんうん よ~くわかります!


f0177529_1381642.jpg
こちらは「むしむしたいけん」のコーナー。東北ユースの陶木さんと、棚倉町の職員の息子さんの大豪くん(小5)がスタッフとして参加してくれました。人手が足りない中、二人の大活躍にとっても助けてもらいました。

午後からは少し余裕! 東北ユースの陶木さんもすぐに虫に慣れて、子どもたちと楽しんでいます。
f0177529_13133823.jpg
                   ヘラクレス!持てた!
f0177529_13135783.jpg
最初はどの虫さんも怖くてさわれなかったけど、チビクワちゃんとなかよしになれた女の子! 長い時間チビクガタと汗いっぱいかいて遊んだ後に、パパに写真も撮ってもらって得意げです! でも、まだちょっと表情が硬いかな? (^^♪
f0177529_13142327.jpg
こちらは、6月の熊本のナイターでたくさん採れたフタモンウバタマコメツキです。熊本では30代のお父さんのお母さんたちは「カチ虫」とか「バチ虫」と呼んで「これで、子どもの頃よく遊んだ」と話してくださいましたが、棚倉ではみなさんご存知ないようす。冬が寒いところには身近にいなくて馴染みがうすいのでしょうか?「バチン!」とはねてひっくりかえるのがおもしろくて 男の子におおウケです!長い間遊んだ子がいっぱい。今年のむしむしたいけんの人気者です!

f0177529_13313460.jpg
こちらは大豪くんとテネラルの川崎さん。殺人的な暑さ プラス 目が回ってしまうぐらい いっぱいの人が来てくれた『ひよこミュージアム』。3人(私も入れて4人!)いいチームワークでした。「こうやってくれる?」とお願いする余裕もない中、各自の判断、臨機応変。素晴らしかったです! ありがとう!!!


f0177529_1410153.jpg
        今回、棚倉に集まった全ブースのスタッフ+棚倉町の職員のみなさまです!

会場全体のようすは こちら



「むしとりペナントレース」参加者 : 約100人(こども+大人)
「むしむしたいけん」参加者 : 約300人(こどものみ)
『ひよこミュージアム in たなぐらまち』来場者 : 約600人

『むしとりペナントレース&むしむしたいけん』のスタッフ : 八木 剛(兵庫県立人と自然の博物館)・川崎 安寿(テネラル)・陶木 里咲(東北ユース)・薄葉 大豪(棚倉町)・吉岡 朋子(こどもとむしの会)【報告:吉岡】
by konchukan1 | 2017-07-15 22:27 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)