佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

「いどうこんちゅうかん2016」in 灘コーナー 8月25日

~神戸市児童館派遣事業による「いどうこんちゅうかん」⑥灘コーナー 編~

今夏の神戸市児童館派遣事業の「いどうこんちゅうかん」は、ここ灘コーナー(神戸市立灘小学校 内)が最後です。「学童コーナー」とは小学校内にある児童館のこと。今回は、灘小学校の「のびのび広場」(学童保育クラブには登録してなくても自由に参加できる学内スペース)の子どもたちも参加します。
f0177529_14574931.jpg
7月にうち合わせに伺った時には、かわいい先生の手作りポスターがありました。
うれしいですね!




f0177529_15015307.jpg
会場が「のびのび広場」のお部屋のため、準備中でも子どもたちがいます。これは初めての経験!先生方は興味津々!
中谷さんは・・・子どもたちとウノしてますね! すぐになかよしになれます。


f0177529_15035195.jpg
1時になりました。のびのびのお部屋(会場)に、コーナーの子どもたちが入ってきました。
並んで並んで~!これからお話が始まるよ!


f0177529_15040693.jpg
はじめに『むしむし小話』。カブトムシの口について説明しています。舐める口でしたね。




f0177529_15074739.jpg

お話の後は虫と触れ合います。

f0177529_15042346.jpg

ヘラクレスを持ってピースピース!

f0177529_15043415.jpg

こんなに大きなオオクガタはなかなか見れないぞ~

f0177529_15045137.jpg

人気のヘラクレス。

f0177529_15050729.jpg

カブトムシも登場。小さく写っているのはオオセンチコガネです。

f0177529_15053010.jpg

イモリたちも人気です。昆虫じゃないのは気にしないでください(笑)

f0177529_15065973.jpg

うしろの大きな蚊帳の中では、直接バッタなどと触れ合うことが出来ます。



f0177529_15061346.jpg
3Dメガネ。二重にするとどう見えるんだろう?
f0177529_15054883.jpg
塗り絵コーナーです。触るのが苦手な子もこっちで楽しめたのではないかと。


f0177529_15063616.jpg
蚊帳の前に並ぶ子どもたち。

f0177529_15082803.jpg
最後は吉岡さんのお話でおしまいです。
さて、今年の「いどうこんちゅうかん」ですが、『むしむし小話』をやってみて、話し方の全体の流れを意識する練習になったのが良かったです。子供たちの笑顔が見れたのもうれしかったです。
灘コーナーのみなさん、ありがとうございました。




参加者 : 小学生 49人 (学童保育コーナー 34人  のびのび広場 15人)  
児童館スタッフ : 7人
こどもとむしの会スタッフ : 近藤伸一・吉岡朋子・阪上洸多・宇野宏樹・中谷朱里【報告:宇野】





2016年の神戸市児童館派遣事業の「いどうこんちゅうかん」は、猛暑と呼ぶにふさわしい暑さ(?)の中、6館をまわりました。
暑さで、カヤ虫に苦労するのは初めての経験でした。毎年現地調達のセミで、カヤは賑やかになっていましたが、今年の灘・東灘はセミがほとんどいなかったのは確かです。近藤先生が朝来で採ってくださった蝶とハグロトンボ。中峰先生が三田で採ってきてくださったバッタ。八木先生が採ってくださった虫たちに助けられました。桃山台児童館の子どもたちが採ってくれたアブラゼミ・クマゼミは翌日もカヤに入ってくれました。採ってくださったみなさま、ありがとうございました。

3日間で、小学生 328人、幼児 10人、大人 61人(児童館スタッフを含む)、合計 399人 が参加してくださいました。
みんな、「むしさんとなかよし」になれたかな? どんな「発見」をしてくれたでしょうか?
来年の夏も「いどうこんちゅうかん」は、虫さんたちをたくさん連れて神戸市内の児童館・コーナーへ行きます。待っててくださいね!(吉岡)




by konchukan1 | 2016-08-25 17:50 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)