人気ブログランキング |

佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

「いどうこんちゅうかん2016」in 魚崎児童館 8月24日

~神戸市児童館派遣事業による「いどうこんちゅうかん」④ 魚崎児童館 編~

24日の午後は魚崎児童館です。魚崎コーナーのお友だち20~30人も参加するというので、2部に分けての開催です。

この日午前の住之江児童館と午後の魚崎児童館は、住吉川をはさんでとても近いので歩いてセミ採りをしながら行こう・・・と魚崎児童館へ向かいましたが、この暑さ。木も草も連日の強い陽射しで からっからです。「雨が続いていてカヤ虫が採れない。」ということは何度もありましたが、暑すぎて蝶も飛んでないセミも採れない。こんなことは初めてです。
昼食後、炎天下を学生のみなさんがカヤ虫とりに外に出てくれました。さすがは むしむし博士の彼らです。アゲハもゲットして来てくれました。ありがとう!
さあ、「いどうこんちゅうかん」を始めましょう。


f0177529_21492669.jpg
あいさつの後は、メンバー紹介と虫や標本をさわるときのお約束です。「ヘラクレスのような大きな虫は・・・」と言うと、ほんもののヘラクレスを見た 子どもたちは「おおお・・・・」って感じでどよめきます。「あとで、みんなにもさわってもらいますね~。」


f0177529_21510247.jpg
それでは、宇野くんの『むしむし小話』です。「虫の口は、大きく分けて4種類。なめる口・さす口・噛む口・吸う口があります。」というお話。
宇野くんにはこの夏 全部で10回『むしむし小話』をしてもらいましたが、話の道筋がどんどんわかりやすくなって、子どもたちの笑いもとってました。 次のパネルに代わるときに「ジャン!」と言うのがいいねえ。と近藤さん。初回にはなかったように思います。調子が出てきたのかな? 毎回ドキドキすると言ってましたが、落ち着いたもので、宇野くん自身も かなり楽しんで話をしてくれていたようです。こうやって写真だけを見てると、若手漫才師のようですね。「ムシムシ漫才」? いいかも!

f0177529_21513300.jpg
4つの口をお勉強したら、つぎはクイズ。「このむしの口は、どの口でしょう?」 そのたびごとの能勢くんのヒントの表情もなかなかいいですね!
子どもたちも元気よく手をあげてます! なかなかいいノリです。


f0177529_21521225.jpg
次は中谷さんの「タペストリー紹介」です。12枚のタペストリーの虫たちのなまえをみんなに聞いていきます。
中谷さん、実はこの日が「タペストリー紹介」デビュー。初めてとは思えないとてもわかりやすいお話でした。子どもたちのリアクションも good!


お話が終わったら、いよいよみんなが虫をさわる時間です。用意はいいかな?

f0177529_21532725.jpg
カヤの前に子どもたちがたくさん集まります。一度にたくさん入れないので「順番!順番!」並んで並んで!!

f0177529_21544145.jpg
カヤの中で、バッタやトンボ・チョウたちの持ち方から教えてもらいます。



f0177529_21554926.jpg
こっちは生き虫コーナー。「この虫は、どんな口をしてるのかな?」みんなで観察。観察。
f0177529_21562790.jpg

へラクレスです。「思ってた以上におっきいや」

f0177529_21591012.jpg
こちらは小さなカブトムシ。メスでも子供でもありません!大人のカブトだよ!

f0177529_21593941.jpg
渦森台児童館の男の子が採ってきてくれたハラビロカマキリ。「いどうこんちゅうかん」のメンバーになりました。タペストリーにもいましたね! 腕をのぼったり、あたまに乗ったり。じっとしていません!

f0177529_21564712.jpg
f0177529_21571382.jpg
どこへ行っても人気者のイモリちゃんたち!「かわいいね~」「かわいいねぇ」 子どもたちの間にゆったりとした時間が流れます。

f0177529_21552929.jpg

3D写真も毎年人気! 「とんで来い!つかまえてやる~~!」


f0177529_22001441.jpg
最後は「むしむし大博士の質問コーナー」です。中峰先生がどんな質問にも答えてくださいます。


f0177529_22003496.jpg
ミニ図鑑「ひょうごのばった」「ひょうごのかまきり」は、こどもとむしの会の特製です。
「このかわいい図鑑。だれが書いたか知ってる???」と聞くと、みんなは「この先生!」と中峰先生を指さします。著者の中峰先生から児童館にプレゼント。児童館とコーナー、それぞれの代表が受けとりに出てきます。「ありがとう、ございました。」と、ていねいにごあいさつ。こちらも、ありがとうです!みんなでなかよく使ってくださいね!


2部に分けてぬりえは別室。それぞれの時間がタイトだったので、子どもたちが十分楽しめたのかどうかがわかりませんでしたが、見ている限り、みんなとってもいい顔をしてむしさんを見てくれたようです。
「むしさんとなかよく」なれました? むしさんをじっくり見て何か発見がありました? みんなのそれぞれの発見。どんなものだったのか教えてほしいです。



合計92人の子どもたちでしたが、先生方のおかげですべてスムーズに進みました。ありがとうございました。
児童館の先生方も「むしさんとなかよし」になってくださいね!



参加者 : 小学生 92人 (魚崎児童館 71人 魚崎コーナー 21人)
児童館スタッフ : 職員 16人 実習生 3人
こどもとむしの会スタッフ : 中峰空・吉岡朋子・宇野宏樹・牧田習・中谷朱里 ・能勢基希(博物館実習)  【報告:吉岡】



by konchukan1 | 2016-08-25 17:55 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)