人気ブログランキング |

佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

6月18日(土)~19日(日)「むしむしアートキャンプ第1弾」~あさご芸術の森美術館 2016~


f0177529_16015429.jpg
兵庫県朝来市多々良木にある『あさご芸術の森美術館』で行われた「~多々良木の森でむしたちとたくさん遊んでみよう!今回は、アートと虫をテーマにした作品を作ります~」という『むしむしアートキャンプ』に行ってきました。



《 1日目 》
f0177529_16164416.jpg
美術館の中に入ると、アートキャンプ参加者の子どもたちが、朝からのプログラム『作ろう!空想の虫づくり』の制作をしています。イメージスケッチに合わせて針金で形を作り、そこにぬらした石膏テープを貼って形を作りあげていきます。どんな虫ができあがるのでしょうか?


午後の「むしとり」開始までに、美術館をちょっと見学!
f0177529_16064594.jpg
『あさご芸術の森美術館』は、地元 朝来市出身の 淀井敏夫 記念館として、屋内および彫刻公園に淀井氏の生涯にわたる作品を常設展示しています。関西電力 奥多々良木発電所の広大なロックフィルダムの下、多々良木の谷 一帯に、たくさんの現代彫刻が点在しています。 美術館のエントランスには、淀井の弟子の藤原吉志子作「最後の午餐」に集合した一同が。これは「最後の晩餐」のパロディで、動物たちが晩餐ならぬ午餐(昼食)に集っています。左から2番目には怪しい人がアミ持って座っています。それにしても、とってもいい天気!さあ、今日は虫は採れるのでしょうか?



f0177529_16230111.jpg
お昼を食べて、少し休憩したら「むしとりキャンプ」のはじまり、はじまり~~!参加者はなんと7人!! スタッフは。。。6人。 なんてぜいたくなプログラムなんでしょう! みんな、アミとカゴをもって出発です!
f0177529_16303156.jpg

f0177529_16314799.jpg
多々良木川におりてみましょう。ミヤマカワトンボがとんでいます。葉っぱの裏にはゲンジボタル! 今夜はホタルの夕べになるのでしょうか? うしろに見えているのが、多々良木ダムです。
時期が悪いのか、女の子の大好きなちょうちょはほとんど飛んでいません。


f0177529_16395048.jpg
場所を変えてみましたが、草地もしっかり刈られていて虫があまりいません。夜の燈火採集に期待しましょう! 子どもたちが登っているけど、これも作品です。それにしてもすごい空!

********



f0177529_16443244.jpg

子どもたちが宿舎に帰った後に、夜の準備です。




晩ごはんをすませて、7時からは夜の採集です。外に出ると、ゲンジボタルが乱舞!地元の子たちも、こんなの見たことないとテンション上がってます。
f0177529_16462763.jpg
ホタルは堪能したので、さっきの広場に行ってみましょう!

f0177529_16491597.jpg
周囲が真っ暗なので、明るいこと! いったい何が来るのかな???

f0177529_16503691.jpg

f0177529_16510338.jpg
お天気が下り坂で雲の動きも早く、月が見え隠れしていました。



≪ 2日目 ≫
朝9時からは「虫を描こう」です。昨日採った虫を選んでクレヨンで描きます。
まずは近藤さんの「むしのおえかき かみしばい」から・・・・・
f0177529_17033745.jpg


f0177529_17062183.jpg
どれに し・よ・う・か・な?

f0177529_17080914.jpg
よ~~く観察して、集中して描いています。


f0177529_17093704.jpg
f0177529_17104371.jpg
つぎからつぎへと、むしたちが画用紙の上にどんどん現われます!


f0177529_17112752.jpg
できあがった作品は、壁にはって発表会です!
7人でも、こんなに素晴らしい作品がたくさんできあがりました!!!


f0177529_17130658.jpg
12時の「終わりの会」の後、採った虫たちを逃がして、記念撮影。



今回の作品は、今までの「むしのおえかき」の作品と全然違うことにおどろきました。野外で採ってきた生きている虫たちです。標本箱から取り出して360度どこからでも観察して描く・・・とか言う以前に、展翅などされていません。標本箱の中できれいに整えられた昆虫とは違う生きた虫の魅力を、決して虫好きでもなんでもない(今回は虫嫌いの子もひとりいました。)ふつうの子どもたちが描いているのです。いつもの「おえかき」のカブトやクワガタの行列とは違います。
近藤さんと八木先生と「う~~~ん。」とうなってしまいました。

f0177529_17261425.jpg
f0177529_17264908.jpg
標本箱の中から、あまり選ばれることのない美しい蛾たち。「おえかき」用の標本箱の中に入るチャンスもなかった虫たちです。
ピンクのかわいいドレス。シックなコート。微妙なモノトーンのうつくしさ。フワフワのえりまき。おっきな眼。なんて、かわいらしいこと。
それを今回のキャンプに参加した子どもたちは見事に表現してくれました。


★今回の作品は7月2日(土)~9月4日(日)の「あさご夏の昆虫展 むしむし大集合!」に出品されています。
http://www.city.asago.hyogo.jp/0000000184.html どうぞ見に来てください。
神戸新聞の「昆虫の顔 クローズアップ写真」やひとはくのモルフォの標本たちや巨大模型。近藤画伯の作品も展示されています。
いろいろなワークショップもあるようです。7月31日(日)にはまたまた「むしむしたいけん」に私たちも出かけます。来てくださいね!




参加者:むしむしアートキャンプに参加した小学生  7人  
人と自然の博物館:八木剛
こどもとむしの会スタッフ : 近藤伸一 占部晋 菅澤祥史 吉岡朋子(報告 吉岡)




by konchukan1 | 2016-06-22 18:21 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)