佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

塩屋北コーナの子どもたちの感想文(8月19日「いどうこんちゅうかん」実施)

今年の夏の神戸市児童館派遣事業で「いどうこんちゅうかん」が訪れた神戸市須磨区の塩屋北コーナー(神戸市立塩屋北小学校内)の子どもたちから絵日記形式で書かれた感想文が届きました。子どもたちの「発見」がいっぱい書いてありました。
なんてうれしいことでしょう!
メールなどで子どもたちの感想やアドバイスはたくさんいただいてきましたが、自筆の『子どもたちのなまの声』は初めてです。「いどうこんちゅうかん」の翌日の8月20日、みんなで相談して絵と文のこの形にしようと決めて、書いてくれたそうです。

f0177529_22231211.jpg

塩屋北コーナーのみなさま、ありがとうございました。
せっかくなので、その一部をここで紹介させていただきます。

8月19日の「いどうこんちゅうかん」当日のようすはこちらです。

f0177529_22464220.jpg
ぼくは、きのういどうこん虫かんで赤はらいもりをはじめてさわったよ。とてもきもちよかったし、さんぽもしたよ。ヘルクレスオオカブトもいてびっくりしたよ。あまりうごかないとおもってたら きゅうにうごいたりしたよ。とてもつるつるだったよ。オオクワガタはぼくがクワガタのなかでいちばんすきで ぼくはつのをさわってみたよ。とてもつるつるしててヘルクレスのせなかみたいだったよ。(1年生/絵 左)

いどうこんちゅうかんでにじいろくわがたをみました。さわりました。たのしかったです。でも てにのせてみたら とるときにいたかったです。にじいろくわがたをもういっかいのせてみたら、うごきまわったし、よくとびました。にじいろくわがたをみたらほんとうににじいろの、いろをしているくわがたがいるんだなとおもいました。(1年生/絵 右)


f0177529_22491139.jpg
おにいさん いろんなこんちゅうみせてくれてありがとう、へらくれす こんなにおおきかったんだね。やもり(イモリ)をさわった。(1年生/左)

かやに はいったらおもしろくなってきました。たのしかったです。せみがさわるのがたのしかった、ほんとにたのしかったよ。ちょうはさわるのがすきでたのしかったよ。みんなであそぶのがいちばんたのしかった。むしがだいすきでした。みんなよろこんでわらってたから たのしかったです。(1年生/右)

f0177529_22505703.jpg
いどうこん虫かんはいろいろな虫がいっぱいでした。いちばんすごかったのはへレクレスオオカブトがさわれてうれしかったです。ほかにもいろいろな虫がいっぱいいました。とかげみたいなのもさいしょはさわれなかったけどさわれるようになりました。おおくわがたもいました。おおきな虫かごもありました。そこにトンボやセミがたくさんいました。ニジいろくわがたがぼくの目にとんできました。びっくりしました。あかあしくわがたもいました。とてもすごかったです。スディめがね(3Dめがね)がありました。すごかったです。(2年生/左)

ぼくは きのういどうこん虫かんでへらくれすおおかぶとを見れたのがよかったです。白いてんと(カヤ)の中に、むしがたくさんいて ほとんど(の)虫にさわれたのがよかったです。クワガタのちいさいのと、おおきいのがみれてよかったです。ニジイロのクワガタもみれてよかったし、どこかをつんつんしたら、うごくってすごかったです。どっかをつんつんしたらうごくって はじめて知りました。へらくれすおおかぶとの、つのとつのがはさむところが かっこよかったです。にじいろクワガタのせなかのにじいろがとてもきれいです。いもりがかわいかったです。(3年生/右)
f0177529_22515422.jpg
おねえさんがいっぱいおしえてくれたから うれしかったです。むしをちょっとだけさわれたのが うれしかったです。むしがむしかごに はいっていったらうれしかったです。とんぼがとんでいるところがきれかったです。かぶとをかいたのでちょっとだけうれしかったです。みんながおしえてくれてうれしかったです。(1年生/左)

ぼくは、ヘラクレスおおかぶとをさわったのははじめてで おおきかったです。せみを9ひきもてにのせてうれしかったです。いもりをのせたらこそばかった。(1年生/右)
f0177529_22532291.jpg
むしのことをいっぱいしれてたのしかったです。しおやきたがくどうコーナー(に)また来てほしいです。つぎはいもりはもってこないでいいです。つぎは、もっといろんなむしをもってきてください。つぎはもっとしつもんをするので もっとものしりになっていてください。つぎはいっしょにむしとりをして むしのなまえをおしえてほしいです。(2年生/左)

ぼくは、いどうこん虫館の人がきて始めて、ヘルクレスオオカブトとニジイロクワガタを始めてさわれて とてもうれしかったです。ヘルクレスオオカブトは、つのがとてもつやつやで体はつるつるで気持ちよかったです。ニジイロクワガタは、手のひらにのせたりできてとてもうれしかったです。さわりごこちはとてもつるつるして気持ちよかったです。持つこつまでおしえてもらってとてもうれしかったです。ぼくもしょうらいお兄ちゃんおねえちゃんのような、虫はかせになりたいと思います。(4年生/右)
f0177529_22560216.jpg
イモリがとてもやわらかくて かいたいとおもいました。カブトやクワガタのせなかをさわって さらさらでした。しつもんをききました。とてもたのしかったです。いえにかえって、おとうさんと きょうあったことをはなしました。いろいろなことをしって べんきょうになりました。(1年生/左)

かやに はいってみたら ちょっとどきどきしました。でも はいったとたんたのしくなってきました。それでゆめみたいでした。いろんなむしをさわってみると ほんとうにうれしかったです。みんなよろこんでいるので わたしもよろこびました。でてみるとたのしかったです。(1年生/左)
f0177529_22564714.jpg
今日、いどうこん虫館いって、すごく楽しかったです。見たこともない虫もいて、すごく楽しかったです。まずヘラクレス大かぶとむしは、つのが大きくて、つのがつるつるしていて、つのの下のぶぶんがさらさらでした。かぶとむしは見たことあるけど、メスのちっちゃいのは見たことありません。クワガタも見たことあって、にじ色クワガタはすごかったです。はさみが強そうですごかったです。さいごの虫はすごかったです。りくでもいきをできるし川の中でもいきができる、それはあか(はら)イモリで、さいあくなことにうんこをされました。あといろんな虫をさわるとか、しつもんとか、いろいろ頭にあって、もうぜんぶたのしかったです。(3年生/左)

いどうこん虫館は、はじめての虫をつれてきてくれて、さわったり、手にのせたりしました。さいしょはちょっとさわるのがこわかった虫もいたけど、さわれました。とくににがてだったこん虫はいもりです。さいごは手にのせれたけど、とてもこわかったです。わたしが楽しかったことは、あみの中に入ってせみやとんぼやチョウ いろんなこん虫がいました。アゲハのよう虫はプニプニしていてきもちよかったです。ヘラクレスカブトはつるつるしていました。また、せみをさわるのははじめてで きんちょうしました。いろんなはじめてさわる虫も多かったです。今回いろいろと虫の名前やもち方をおしえていただきありがとうございます。(3年生/右)


        ******   ******   ******


一生懸命 感想文を書いてくれてありがとう!とってもとってもうれしかったです!ニジイロが飛んだり、イモリが手の上でウンチしたり、あの日に起こった”事件”を思い出してくすっと笑ってしまいました。
みんなの感想文を読んでたくさんのことを考えました。これからの「いどうこんちゅうかん」に生かしていけたらと思ってます。

f0177529_22581842.jpg

「いどうこんちゅうかん」は、いろんなむしさんを子どもたちのもとへ連れて行きます。ほとんどの子が『さわる』という表現を使っていたように、視覚だけでなく、もっと触覚に訴えるむしさんをたくさん連れて行きたいと思いました。できることなら「におい」(カメムシとか?)や「こえ」(なかなかタイミングよくは鳴いてくれません)も工夫して、五感をフルに使って子どもたちが楽しんでくれるような、そんな「いどうこんちゅうかん」ができるといいなぁ・・・なんて思います。
「かや」は、どこでも人気があります。「ドキドキ」したけど入ったとたんに楽しくなって「ゆめみたい」とまで思ってくれていたなんて! 塩屋北コーナーに行かせてもらって私たちもホントに楽しかったです。
それから「おにいちゃん・おねえちゃん」。5人が「おにいちゃん・おねえちゃん、おしえてくれて ありがとう」と書いていました。子どもたちに とてもやさしく教えてくれる あこがれの存在であること再確認です。こどもとむしの会 自慢のむしむし博士の学生たちです。これからも「いどうこんちゅうかん」を彼らとともに続けていけますようにと、心から願っています。

翌日に書いた感想文とは思えないくらい、どの子の文章も絵もけっこうリアル。とても印象が強かったのでしょう。塩屋北コーナーに、「いどうこんちゅうかん」が来たこと、ずっと忘れないで、いつまでも「むしさんとなかよし」でいてください。

2人が「行きたい」と書いてくれていましたが、佐用町昆虫館にも是非是非あそびに来てくださいね。
(感想文を返しに行ったときに、佐用に行ってくれた子がいると聞きました。行ってくれたんですね!ありがとう。)



何度も何度も書き直した跡からも、子どもたちが一生懸命 書いてくれたことがわかります。低学年の子には大変なことだったと思います。それも先生方の日頃のご指導があればこそです。後藤先生、みなさま。いろいろお世話になりました。ありがとうございました。       
                              (吉岡 朋子)




by konchukan1 | 2015-11-23 10:46 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)