佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

こども☆ひかり ミニ フェスティバル 2015 in いわて子どもの森【1】 9月25日(金)「いわて子どもの森」へ

今回の「こども☆ひかり ミニ フェスティバル」は 岩手県立児童館『いわて子どもの森』で開かれました。「いどうこんちゅうかん」も、またまた参加してきました。

『いわて子どもの森』は岩手県の北部、二戸よりは少し南、一戸町奥中山高原にあります。標高も600m以上のところで、近くにスキー場もあります。キャンプ場や宿泊施設もあり、建物の外でも中でも、たっぷり遊べるステキなところです。
f0177529_14310740.jpg

そのHPに書かれた『いわて子どもの森がめざすもの』を少し紹介しますと・・・

『 いわて子どもの森は、「子どもに健全な遊びを提供し、子どもの健康を増進し、情操を豊かにすること」の目的を達成するため、この遊びの意義を踏まえて、子どもの遊びを支援します。
遊びの支援にあたっては、子ども自身の主体性、自発性を何よりも大切と考え、子どもたちが五感を駆使して、体いっぱいに感じて、多様な遊びや体験に取り組み、「楽しさ」「感動」「発見」に出会えることを目指します。 』


なんだか、子どもたちが自由に遊べそうな、とてもよく考えられた 楽しいところだと分かりますね。「いどうこんちゅうかん」の「ほんものたいけん」と同じ発想!
うれしくなりました!


9月25日(金)
私たち むしむし隊 は、こども☆ひかりプロジェクト代表の清水文美さん、ひとはくの高瀬優子さんと一緒に、神戸空港からスカイマークで仙台入り。そのあと東北新幹線で、盛岡の北の端「いわて沼宮内」駅で下車。そこからはレンタカーです。これから泊まる『いわて子どもの森』の "まんてんハウス”は自炊なので、3日分のお買い物をして、小雨が降る中 奥中山高原へ向かいました。あたりはどっぷり霧の中。さて、『いわて子どもの森』とはどんなところでしょう?


私たちが着いたちょっと後に、24日に三田を出発した『ゆめはく』号も到着。みんなそろったところで『いわて子どもの森』の建物の中を案内していただきます。
f0177529_14413374.jpg
ホールを入ると、いきなり不思議ないきものが・・・
某報送局のだれかに似ている?と思ったら、同じ人のデザインなんですって!

f0177529_14444779.jpg
1階から3階までの吹き抜けの中にあるのは「冒険の塔 のっぴい」!
夢のあるすてきなおうち。わくわくしちゃいますね。

「のぼってみますか?」のお言葉に、大学生2人だけでなく ついつい大人5人も塔をよじ登り「のっぴい」のてっぺんへ! そこからはクルクルクルっとすべり台でおりてきました。あ~~! 目がまわるぅ!


f0177529_15053832.jpg
ここは「おしごとトレイン」の中。「へい!トロ一丁!」

f0177529_14535987.jpg
ここは「おもちゃ湯」です。
f0177529_15034023.jpg
「い~い湯だな♪」 えっ! そこ、女湯ですよ!


f0177529_15075031.jpg
こんなのもありました!



f0177529_15095392.jpg
光が点滅したり色が変わったりする「くらやみトンネル」を通って元の世界に戻ります。

たしかに、こどもたちの心をグッとつかむ「子どもの森」。大人も年齢を忘れて遊んでしまいました!

もう外は真っ暗。夕食の準備をして、明日のカヤ虫採集に備えましょう!
(報告:吉岡 朋子)


by konchukan1 | 2015-09-29 14:33 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)