佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

「いどうこんちゅうかん2015」in 花山コーナー 8月20日

~神戸市児童館派遣事業による「いどうこんちゅうかん」⑤ 花山コーナー編~

児童館派遣シリーズの最終日は、神戸市北区の2館に行きました。
午前は花山小学校内にある花山コーナーです。今日も朝からあいにくの雨。これだけ降るとセミの声も聞こえません。

コーナーはこの校舎の1階の右端の教室です。
広いスペースにたくさんのタペストリー、いつものお部屋が立派な昆虫館に早変わりです。
f0177529_23563188.jpg


集まったお友達は元気いっぱい!
「ダンゴムシおる?」「ニジイロクワガタは?おる?」
と、わくわくでした。でも、中には「わたし、むし、きらいやねん。」という女の子も。
f0177529_1039187.jpg
一生懸命に聞き入るお友達。「虫のさわり方も教えてくれる!?それなら安心!!!」
「さわれるかなぁ。」ちょっと、どきどきです。「3Dメガネもあるん?大切に使うんやね。」



早速、お兄さんの『むしむし小話』が始まりました。テーマは「サナギのひみつ」そうそう、サナギって不思議や。
「中はどろどろ? ほんと?! 見たことあるん?!」
f0177529_10533646.jpg

サナギになる虫とならん虫がいる?「ほんと?知らんかった!!」
「大きなタペストリーのこんちゅうのこともよくわかってよかった!!」
f0177529_10594821.jpg

いよいよ各コーナーへ
「えっ!さわってええの?!」「やったぁー!!」
f0177529_1131519.jpg
「えー。ようちゅう?さわれるかなぁ?ちょっとこわい!!」
f0177529_11195332.jpg

ぬりえにも、とてもていねいにとり組んでくれました。
f0177529_1122652.jpg

「見てみて!手にとどきそうや。」「つかめそう!!」
f0177529_1151074.jpg

「お兄さん、とってぇ。」
あれ?さっきまで虫が苦手だった女の子が、自分でチョウをさわってる。
f0177529_117655.jpg
「見て見て!」蚊帳の中のお友達がたくさんのセミを胸につけてる。
「すごい!すごい!!」
f0177529_11103511.jpg

最後は、”こんちゅう大博士“の大谷先生への質問コーナーです。 
いい質問がたくさん出ました。
f0177529_11203738.jpg


みなさんに会えて楽しかったです。

片付けを終えたころには、雨は上がってきました。セミの声も復活~! 中庭でコシアキトンボがたくさん採れました。それでは、午後の桜の宮児童館へ向かいます。


「いどうこんちゅうかん」は、たくさんのみなさんに本物の昆虫にふれあってほしいという願いからスタートしました。そして、私たちは昆虫を通してみなさんの笑顔に会えたり、お話をしたりする時間がとても大切なことを感じています。
身近なところにいる昆虫たちがいろいろなところで人の役に立ったり、人の心を和ませてくれる大切な生き物であることを改めて感じています。
花山コーナーのお友達、職員のみなさま、ご協力ありがとうございました。私たちも大変よい勉強になりました。アンケートへのご協力も心より感謝申しあげます。
8月ももうすぐ終わりですが、まだまだ暑い日もあります。身体に気を付けて元気にお過ごしください。また、どこかで会えるといいですね。

参加者 : 小学生 31人
こどもとむしの会スタッフ : 大谷 剛先生 河村 幸子 阪上 洸多 徳平 拓朗  川崎 安寿 牧田 習 吉岡 朋子  (報告:河村)

by konchukan1 | 2015-08-22 02:55 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)