人気ブログランキング |

佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

5月31日「いどうこんちゅうかん」~おおやアート村 BIG LABO「こん虫まつり」2015~

5月31日(日)兵庫県養父市にある「おおやアート村 BIG LABO」にて「こん虫まつり」が開催され、人と自然の博物館の移動博物館車「ゆめはく」とともに「いどうこんちゅうかん」も参加してきました。
f0177529_19034751.jpg
グラウンドから。何かの顔に見える??


31日は、朝9時からはじまるので、前日入り。
大屋から、ちょっと奥まで、カヤ虫採集に出かけました。
f0177529_19213882.jpg
採れたのはウスバシロチョウやダビドサナエ、ミヤマカワトンボ、サワガニ などなど。明日が楽しみですね!子どもたち、喜んでくれるかな~?

f0177529_19225068.jpg
泊まったのは「いろり」のある再生古民家。養蚕農家ならではのカイコを飼う大きな屋根裏があります。庭には大きなクワの樹が生えていて、ちょうど実もなっていました。
よく熟れて紫色になった実をひとつつまんで、ぱくり。
僕は初めて食べたのですが、ほどよく酸っぱくてとても美味しかったです。


f0177529_19235294.jpg
夜には阪上さんの機材を使って、ライトトラップをしました。色もかたちも様々な虫たちが飛んできます。わくわくして、なかなか寝付けません。


そうこうしているうちに日は変わって、5月31日。「こん虫まつり」の朝です。
f0177529_19273635.jpg

f0177529_23251894.jpg
「ゆめはく」もきました!「ゆめはく」の展示は「キラキラなむしさんたち」です。 
f0177529_23295390.jpg



「いどうこんちゅうかん」の会場は 旧 八鹿高校大屋分校の体育館の中です。
f0177529_19315110.jpg


f0177529_20483855.jpg
ウスバシロチョウがいる、ぜいたくなカヤです。

f0177529_22090891.jpg
子どもたちが集まってきました。興味津々。



f0177529_22121428.jpg
イモリ。ちょっとこわい? パパの手の上ならだいじょうぶ?


f0177529_22151325.jpg
黒いしましま、これは何?
実はこのいもむし、オオゴマダラという日本で一番大きな蝶の幼虫なんです。
この子もパパの手の上にのせてもらってなかよしに。


f0177529_22192805.jpg
・・・かとおもったら、マダゴキ大好き姉妹出現!
けっこう長い時間 遊んでいました。
おかあさんは「もう、やめて~」とひいていました・・・(笑)
こんなに大きなゴキブリ、初めて見たんじゃないかな?
竹田先生からいただいたマダガスカルのゴキブリです。
大学で飼育されているので、とっても清潔な子たちなんです。




体育館の舞台の上は「むしのおえかき」教室です。近藤さんがやさしくサポート。
ステキな虫の絵がいっぱいできあがります。
f0177529_22021868.jpg


f0177529_22290547.jpg
できた!蝶。
f0177529_22315690.jpg
f0177529_22274121.jpg
ヘラクレスオオカブトはやはり人気。2つとも、その迫力が感じられる絵になっていますね。



さて、今回の「いどうこんちゅうかん」は小さなお子さんを連れたご家族が多かったです。反対に、小学校高学年以上の子は少なかったですね。
お客さんは主に養父市内からの方々でしたが、中には多可町、姫路、神戸から来てくださった方もいました。虫に目を向ける貴重な時間として、楽しんでいただけたなら幸いです。

僕は「いどうこんちゅうかん」に今回初めてスタッフとして参加しましたが、虫を見て喜ぶ子供たちの姿はもちろん、彼らの作品も同時に見ることが出来、幸せでした。

最後になりますが、おおやアート村のみなさま、ありがとうございました!




たいけんしゃ数 :159人(おとな84人、こども75人)
できあがった「むしのおえかき」 : 48作品
こどもとむしの会スタッフ : 近藤伸一、吉岡朋子、阪上洸多、徳平拓朗、宇野宏樹 (報告:宇野)




by konchukan1 | 2015-05-31 23:40 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)