佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

10月20日(土)の昆虫館

一日館長:清水哲哉、サブ館長:齋藤泰彦
来館者 23人

さわやかな青空に恵まれた一日でしたが、放射冷却で朝は冷え込み、いつもより早く8時に昆虫館に到着しましたときには、気温は8℃でした。
到着時には、すでに齋藤さんが開館準備を完了されていました。

昆虫館周辺では、ヒッ ヒッ という冬鳥ジョウビタキらしき声が聞こえ、秋の深まりが感じられました。

f0177529_20322237.jpg


夏に比べると大分少なくなりましたが、カウンターではこどもたちが触れ合えるカブトムシやクワガタが健在。

f0177529_20335710.jpg


f0177529_2034978.jpg


齋藤さん持参のクスサンの大きさに、「ほんもの?」と驚きの声が上がりました。

f0177529_20355280.jpg


気温が上がってからは、フジバカマにアサギマダラが多数飛来。先週末マーキングしたメスも何頭か見られました。

f0177529_203863.jpg


蝶のような蛾、イカリモンガも吸蜜に。

f0177529_20385482.jpg


水路では、齋藤さんが、石の上にいるヤゴを発見。

f0177529_20394767.jpg


閉館間際には、ヘビも出現。齋藤さんと二人がかりで捕まえました。幸い、無毒のアオダイショウのこどものようです。
毒ヘビ、マムシとの比較用にカウンターに展示していますが、無毒でも歯が鋭いので触らないでください。
by konchukan1 | 2012-10-21 20:43 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)