佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

10月14日(日)の佐用町昆虫館

一日館長:片岡義方、サブ館長:高橋耕二
スタッフ: 齋藤泰彦、清水哲哉

記帳者:20人、天候:曇り時々晴れ


●昆虫道場第5回(最終回):「バッタのオリンピック」実施
(スタッフ:宮武、内藤、原田、岡本、金子の各氏)については、別途に報告あり。

9時半に高橋車で到着すると、
早々に到着して開門ほか準備万端整えられた 齋藤さんに出迎えられました。


やがて昆虫道場スタッフも勢揃い、
諸準備ののち10時半、宮武先生による道場が開講しました。

今日は道場の催しがメインだったため、
一般の来館者の応対等で特記すべき事象はありません。

午前中、地元の野村智範さんがミソ饅頭と丹波黒豆(枝豆)を差し入れて下さり(ご馳走様)、
午後には清水さんが応援に来てくださいました。

昼過ぎ、県の文化財保護指導委員(西播担当)をされている中村信義氏が
昆虫館の情況を見に立ち寄られ、るり寺へとまわられました。

また、 齋藤さんが持参された恩師・故堀田久さんの昆虫関係遺品(標本箱等)の
オークションによる売上高1万円を寄付してくださいました。


バッタの方はまあまあ採れ、オリンピックは無事に開催できたようです。
f0177529_8532793.jpg
表彰式
中には金メダル3個の子どもも
f0177529_8551236.jpg


その他の虫は気温も低くあまり見かけませんでした。
それでもアサギマダラは何頭か捕獲でき、マーキング。
宮武先生が道場参加者に正しいマーキング法を教示され、放蝶しました。
f0177529_8535510.jpg


昨日マーキングされたチュウの再捕獲も。
f0177529_8585910.jpg


秋の虫採りは、ひっつき虫にご用心。
f0177529_858770.jpg



その他トピックスとしては、
飼育箱内で交尾中のカマキリ♀が♂の頭をちょん切りみんな驚いたこと、
f0177529_856655.jpg

網舎の奥の方で綺麗なラン(エビネの仲間?)が咲いていたこと、
朝コンクリートの上で仮死状態だったゴホンダイコクコガネが元気に動き出したこと。
f0177529_8561842.jpg

f0177529_8563043.jpg

他にも、イナゴの佃煮、
f0177529_8564663.jpg

ボクトウガの産卵など、いろいろありましたが、この辺で・・・。
冬期閉館まであと半月、皆さまお疲れ様でした。

(報告、一日館長:片岡義方)
by konchukan1 | 2012-10-17 15:23 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)