佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

5月27日(日)の昆虫館

一日館長:清水哲哉
サブ館長:大谷剛
応援:河村幸子、齋藤康彦、前原繁仁
来館者数:34人

初夏らしい好天に恵まれ、モンキアゲハ、ジャコウアゲハ等のアゲハ類の多くみられる一日でした。

f0177529_2084929.jpg


遠く千葉県柏市で小学校の先生をされている、河村幸子さんが応援に来てくださいました。大谷先生のミツバチの講座に参加しにこられ、また学校ではバタフライガーデンに取り組んでおられるとのことでした。

f0177529_2012565.jpg


齋藤さんは、夏に向けてベビールーム前にミストカーテンを設置。これで、より涼しい昆虫館を目指します。

昼からは、大谷先生、河村先生に留守番をお願いし、齋藤さん、清水で補充のイモリの調達へ。70匹余りを確保しました。

f0177529_20193688.jpg


居合わせたお子さんに、いもり池に放流してもらいました。

イモリ放流

また、佐用町内の廃田では、イシガメ、2匹を捕獲。外来種アカミミガメ(ミドリガメ)の侵入により、今や希少になった在来種の淡水ガメで、日本の固有種です。
2匹は、イシガメの保護、繁殖活動に活用してもらうよう、齋藤さんに託しました。

f0177529_2031471.jpg


イモリ採集の副産物に、コオイムシ、ガムシ、クロゲンゴロウなどの水生昆虫も捕獲。館内の水槽に入れました。

f0177529_20243384.jpg


また、4月から主のいなかったタガメ水槽に、タガメもやって来ました。

f0177529_20254713.jpg


一方、クワガタのケースでは、昨年からの生き残りのヒラタクワガタ、コクワガタたちの動きが活発になってきました。
もう少ししたら、ノコギリクワガタやミヤマクワガタも加わると思います。

f0177529_203313100.jpg

by konchukan1 | 2012-05-29 20:35 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)