佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

10月7日(金)の臨時開館

7月8日に開催した三河小学校との観察会の
秋バージョンを開催しましたので、報告します。


メンバー:吉田貴大、安達誠文、森野光太郎、安達芳博

いつもの面子に加え、スタッフとして、安達誠文、森野の大学の後輩である安達芳博
君に来てもらいました。

13時半、三河小学校の皆さんが到着しました。
三か月ぶりの再会です。


f0177529_18215071.jpg

みなさん、かなり乙な水筒を持参していました。
ただ、残念なことに、彼ら曰く、中に入れた水は不味くなってしまうようです。

みなさんと挨拶して、与那国小学校との交流の感想や、与那国小学校のみなさんが紹介してくれたジャコウアゲハがここの昆虫館の壁にも蛹がくっついてんで~というお話しをしました。
途中アサギマダラも飛んできて、みなさん、早く虫採りしたくてうずうずしている様子なので、さっそく虫採りに行くことに!


f0177529_18262389.jpg

長竿の長さに「ぼくの網はこれくらいまで届く~!」の図。

f0177529_1830363.jpg

バッタやカマキリ、トンボといった秋らしい昆虫が見つかります。
カマキリはみんなの憧れの的で、「私もカマキリとりたい!」とみんながんばって探していました。

f0177529_18324722.jpg

初参加の安達君も丁寧に応対してくれていました。
f0177529_053656.jpg



前回、まだ小さかったサルノコシカケもこんなに大きく成長しました。

f0177529_18362210.jpg

池ではイモリや魚が泳いでいます。


f0177529_18373817.jpg

館内に移り、前回と同様に与那国小学校さんに向けて昆虫の紹介をしてもらいます。
バッタ、キリギリス、カマキリ、アカネといった秋らしい昆虫の紹介となりました。


みなさん、一生懸命書いてくれました。

時間が余ったので、今回の感想を述べてもらいましたが、「秋は昆虫が少ない」といった印象がよく見受けられました。
結構沢山取ってたけどなあ。自然豊かな地域のみなさんには少し物足りなかったのかもしれません。
しかし、「秋には夏に取れない虫が取れた」といった意見も見られました。
今回秋に観察会を開いた狙いはそういった『季節の昆虫の違い』ですので、気付いていただけて、良かったです。

みなさんの感想を聞いて、僕たちの方からも、昆虫にまつわるお話しをしたりして、お別れの時間となりました。

みなさんの書いてくれた与那国小学校さんへの手紙は責任をもって届けたいと思います!

返事を楽しみに待っていてください。

また、学校に帰ってからも、ときどき虫採りをしに昆虫館に来てくださいね!

最後に、引率の先生方や一緒に頑張ってくれたスタッフに非常に感謝しております。
また次回もよろしくお願いします。

(報告:吉田貴大)
by konchukan1 | 2011-10-14 18:01 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)