佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

9月11日(日)「第4回こども昆虫道場」

「第4回こども昆虫道場」を開催いたしました。
テーマは、「セミのお話」

講師は、
我らが岡本俊治先生(日本セミの会会員 こどもとむしの会正会員・セミの達人)
指導:山本勝也、矢部正明、金子留美子
協力:1日館長・高橋耕一
 
佐用に向かう途中、
山崎あたりで強い雨が降っていましたが、
佐用町は曇空。

f0177529_1625538.jpg

講座が始まると、
だんだん雲が消えていき、
採集に出かけるときには、お日様カンカン照りでした。
f0177529_16252480.jpg

暑い一日になりましたが、
館の周りではミンミンゼミとツクツクボウシが鳴いていて、
講座の最高のBGMになっていました。
 

兵庫県産の13種のセミの成虫と抜け殻の標本と、
こちらは、近畿のセミです。
f0177529_16232185.jpg


世界一大きなセミ、
小さなセミ。

日本一大きなセミ、
小さなセミの標本も見ながら、
鳴き声のCDも聞いて、セミのお話を伺いました。
 

お話のあとはセミの抜け殻探しに出かけ、
午後からは採れた抜け殻の名前とオスメスを調べ、
抜け殻の標本を作りました。
f0177529_16254985.jpg
f0177529_1626010.jpg

夏休みの宿題には間に合いませんでしたが、
それぞれ立派な標本が出来上がりました。
 
最後に「道場だより」を添えます。
f0177529_16465668.jpg


なお、次回「第5回こども昆虫道場」は10月9日(日)。
今年の最終回で、テーマは「アサギマダラ」

講師は、(元)大阪市立自然史博物館長の宮武頼夫先生です。

お楽しみに!


(報告:「こども昆虫道場」事務局:金子 留美子)
by konchukan1 | 2011-09-14 10:00 | 佐用町昆虫館のイベント | Comments(0)