佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

8月27日(土)の昆虫館

一日館長:齋藤泰彦
サブ館長:岡田浩資
応援:清水哲哉

記帳者105人。兵庫県86、大阪府11、福岡県4人に、東京都、静岡県各1人。
そして、何と英国ロンドンより2人でした。

未記帳者を含めると140人程度でしょうか。

開館前に「佐用町地域史研究会」の皆さまが、
内藤、森本、野村各先生の引率のもと来館されました。
f0177529_23222869.jpg

皆さまが特に深く興味を示されたのが、
液浸標本兼マムシ酒。
f0177529_2322478.jpg

「これはええんやー」とか、口々にいっておられました。
何かにつけても「ええ」らしいそうです。

先週とはうってかわって蒸し暑く、虫も豊富でした。
ジャコウアゲハは、
卵、若齢幼虫から終齢幼虫、成虫まで、蛹以外のステージが観察できます。

サカハチの第3化と思われる新鮮な個体も観察できました。
写真は撮れませんでしたが。
f0177529_23263191.jpg
(ちょっと怖い)
来館者は生き虫に触れ、
イモリを手に乗せ、
「ギャーギャー」声を出していました。
f0177529_23265596.jpg
(ミンミンゲット)
昆虫館のいつもの風景です。

こどもとむしの会の、
法人賛助会員である「産栄サービス株式会社 代表取締役 藤岡照一」 さまが
ジャンボピーマン、ナス、ゴーヤ、カボチャなど、
どっさり持ってきていただきました。
f0177529_23245665.jpg

来館者に全て差し上げました。
皆さまとても喜んでおられました。
藤岡様、ありがとうございました。
産栄サービスさまのパンフレットなど、
別のメールにて配信いたします。

池に産卵にきていたトンボ、
齋藤、岡田、清水、3人がかりで図鑑と見比べましたが、同定できません。
f0177529_23253145.jpg

本当に、トンボは難しい。三角紙に入れ、デシケータの中に入れておきました。

(報告:齋藤泰彦)
Commented by 安岡 at 2011-08-28 00:49 x
最後のトンボ、ヤブヤンマでしょうか?

先日須磨区の小学校に行ったとき、
学校の中の池でよく似たトンボが採れました。
ある小学生の子は複眼に触って「目がカチカチだ!」と驚いていました。
by konchukan1 | 2011-08-27 23:28 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(1)