佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

9月3日(日)の昆虫館

201793()

一日館長 : 野村智範、サブ館長: 茂見節子
スタッフ
: 大江峻弘
天気 : 晴れ 来館記帳者 : 79

本日も、開館と同時にたくさんの家族連れの来館がありました。

多くが、お父さんやお母さんと子供たちのグループですが、おじいさんやおばあさんと孫たち、お母さんたちとその子供たち、三世代そろってなど、様々なバリエーションがあります。

ヘラクレスオオカブトは相変わらずの人気者です。

f0177529_21510047.jpg


f0177529_21534462.jpg
f0177529_21540339.jpg
即席のビオトープには、イモリとサワガニを放ちました。イモリの前足と後ろ足の指の数当てクイズやイモリの産卵の解説、イモリやサワガニのオスとメスの見分け方などなど、大人も子どもも大いに楽しんでもらいました。

f0177529_21545338.jpg
f0177529_21551507.jpg
f0177529_21553934.jpg

室内では、茂見さんと大江君による解説付ふれあい体験です。
カブト、各種クワガタ、ヤモリ、マダガスカルゴキブリ、オオゴキブリ等、歓声や悲鳴が入り混じった大盛況の空間の隣で、標本をじっと見つめながら、黙々と「お絵描き」に集中する子どもと大人の姿が。ドンコとオヤニラミへのえさやりも相変わらずの人気ショータイムでした。

f0177529_21561489.jpg
f0177529_21563098.jpg
茂見さんによる紙芝居では、じっと聞き入る子どもたちの姿が印象的でした。
閉館ギリギリまで、来館者が絶えることはなかったです。
どう考えても、来館記帳者が『79人』は、ないだろうと思います。100人以上はあったと実感しています。

みなさん。お越しの節は、是非とも記帳をお忘れなく!みなさんお一人お一人の「記帳」が、佐用町昆虫館の実績となり、ひいては、存続か否かの「貴重」なデータとなりますのでご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

開館時には、元気なミンミンゼミの声が圧倒的でしたが、閉館後、帰路に着く頃には、ゆく夏を惜しむかのようなツクツクボウシの声に変わっていました。まるで、「蛍の光」のメロディーに見送られている感じがしました。
こうして、昆虫館の長くて短い一日が過ぎて行きました。
( 報告 : 野村智範 )


# by konchukan1 | 2017-09-04 21:59 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

9月2日(土)の昆虫館

2017年9月2日(土)の昆虫館
一日館長:齋藤泰彦  サブ館長:野村智範  
スタッフ:金子留美子、るり坊

来館記帳者:48名  天候:晴れ

夏休みも終わり、9月初日の昆虫館へと朝5時ちょっと前に自宅を出発。

車の窓を全開にして、山間の道を走ります。寒いくらいの気温です。

一週間前は「カナカナ」の大合唱が聞こえていたのに、今日は聞けません。

車を止めて耳を澄ますと「コロコロ・リー」とか「ジージージー」の独唱が聞こえました。

昆虫館へ到着するとカラッとした秋晴れで、ミンミンゼミとツクツクボウシの声が聞け、ちょっとホッとしました。

早速出迎えてくれたのは、ボロボロのカラスアゲハとピッカピカのアゲハモドキ。

記念撮影をしようとカメラを向けたのですが、両者とも飛んで逃げてしまい、記念撮影は出来ず。

美男蔓には若い果実が出来ており、来月の終わり頃には真っ赤に成熟するでしょう。

f0177529_19414218.jpg

そういえば今年はキベリハムシを昆虫館では見ませんでした。

ビオトープにはクレソンがいい感じに芽吹いています。美味しそうです。

f0177529_19420792.jpg

野村さんの知人で下三河の平岡さんから昆虫館に電話が入り「タイコウチを捕まえたました」との連絡がありました。

近くなので、野村さんが引き取りに行ってくださいました。

f0177529_19423277.jpg

生きたタイコウチを、見て、触るのは本当に久しぶりです。ゲンゴロウの水槽に入れました。

スズムシはほとんどが未成熟なのですが、1,2匹成虫となりました。初鳴きを聞くことができました。

f0177529_19430796.jpg

マダカスガルゴキブリにバナナを与えました。久しぶりの生餌だったようで、本当に嬉しそうにモグモグと食べていました。

その様子を見て、昆虫館のスタッフも心が和みました。

f0177529_19435639.jpg

午前中は途切れなく来館者があったのですが、お昼から2時ごろまで空白の時間が出来てしまいました。

その時間を利用して金子さんが昆虫館のパンフレット折りの内職に励んでくれました。

f0177529_19444133.jpg


f0177529_19454078.jpg


f0177529_19455578.jpg

昆虫館の開館も、今年はあと2か月となりました。

子供たちと一緒に昆虫館へ来ていただいたお父さん、お母さん、保護者の皆さま。

子供たちと、しっかりと手をつないであげて下さい。

子供たちから、目を離さないでください。

(報告:齋藤泰彦)


# by konchukan1 | 2017-09-03 19:49 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)


2017年8月27日(日)の昆虫館
一日館長:
岡田 浩資  
サブ館長:齋藤 泰彦

応援: 野村 智範   末宗 安之

来館記載者 103人 天気 晴れ

遂に今年も夏休み最後の日曜日がやってきました。天気も久しぶりの快晴となり先週よりも湿度・気温も低く感じ開館から過ごしやすい一日となりました。

昆虫館に到着すると既に斎藤さんが開館準備を終え既に来館された方の接客をされていました。

ありがとうございます。

f0177529_19192698.jpg
f0177529_19213649.jpg

夏から秋に向け展示昆虫が少なくなるなか、まだまだクワガタムシ・カブトムシが頑張ってくれてます。

今年の夏は、タガメやゲンゴロウが見たい触りたいと言う声を良く聞きました。

やはりTVで放映された「ダーウィンが来た」の影響でしょうか。

昼前になり野村先生が来られ イモリやアリジゴクの講習をしてくださいました。

f0177529_19202260.jpg

f0177529_19233056.jpg

ラボでは、齋藤さんが蝉の標本を使い雄雌の見分け方を説明されました。

f0177529_19191773.jpg

そして本日のメインです。

f0177529_19243341.jpg

イナゴの佃煮の試食会が齋藤さんにより始まりました。家族連れをメインにまず子供から大人という順です。子供はさすがに平気で食べておかわり状態です。
大人は恐る恐るという感じで食べられました。その様子を見て齋藤さんは喜んでいました。



(報告 岡田浩資)


# by konchukan1 | 2017-08-28 19:27 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

2017年826()の昆虫館

一日館長 : 野村智範、サブ館長: 河村幸子、
スタッフ : 輝弥、大江峻弘
天気 : 晴れ    来館記帳者数 : 76

昆虫館に着くと、昆虫館前の町道に路側帯の表示作業が行われていました。先般の交通事故を受けての安全対策の一環だそうです。
f0177529_19430324.jpeg

f0177529_19431793.jpeg

イカの刺身の奪い合い

f0177529_19441039.jpeg

今日も開館時刻と同時にたくさんの家族連れでにぎわいました。

中には、半日以上滞在された「ご一行様」もおられました。



f0177529_19440292.jpeg
f0177529_19442800.jpeg




f0177529_19444312.jpeg

f0177529_19445988.jpeg
本当に様々な、思い思いの体験をされました。
東さんは、どなたかが持ち込まれたヤマトタマムシの標本作りに余念がありません。
f0177529_19452014.jpeg

ナンバンギセルも顔を出しました。

f0177529_19453770.jpeg
ビロードスズメも愛嬌をふりまきました。
f0177529_19455184.jpeg

まだまだ暑い毎日ですが、季節は、確実に秋へと向かっています。
旅する蝶「アサギマダラ」の飛来を期待しながら、遅めの鈴虫の声に耳を傾ける時節を迎えようとしています。

追伸
「九州北部水害の災害支援金」の募金にご協力いただきありがとうございました。
8月29日に、佐用町昆虫館として、佐用町社会福祉協議会に委託しました。

( 報告 : 野村智範 )




# by konchukan1 | 2017-08-27 19:37 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
~神戸市児童館派遣事業による「いどうこんちゅうかん」① 福池コーナー 編~

8月21日から24日の間に、今年も抽選で当たった神戸市内の6つの児童館・コーナーへ「いどうこんちゅうかん」が行ってきました。
神戸市児童館派遣事業も7年目。たくさんの子どもたちに「むしさんとなかよし」になってもらうために、今年もむしむし大博士の先生とむしむし博士の大学生のおにいさん・おねえさんが たくさんのむしさんと一緒に、みなさんのところへ行きます! むしさんのひみつ、発見できたかな?


初日の8月21日(月)の午前は東灘区の福池小学校の中にある「福池コーナー」へ行きました。
「コーナー」とは小学校の中にある学童保育の施設です。役割は児童館と同じです。夏休みも月~土の朝から夕方6時半まで子どもたちが来ています。福池コーナーには81人もの1年生~3年生が登録をしているそうです。


さあ「いどうこんちゅうかん」のはじまり!はじまり~!

まず最初は中谷さんの「むしむし小話」です。
f0177529_17594758.jpg
『むしの眼』についてのお話です。昆虫たちには この世界はどんなふうに見えているのでしょう?

f0177529_1835218.jpg
「むしむし小話」のあとは阪上くんによるタペストリー紹介。さっき教えてもらった「複眼」と「単眼」を確認。「さて、この虫に単眼はあるでしょうか?!」「どこにある??」


ここからがいよいよ むしさんを直接さわる時間です! 「いどうこんちゅうかん」スタート!!!
f0177529_18131812.jpg
子どもたちは「きゃぁ~!」「ひぇ~~!」「こわ~っ!」と言いながらも興味津々。すぐに手が伸びてきます。ミヤマ・ノコギリ・オオクワ・コクワ・ヒラタにチビクワ。クワガタだけでも日本産6種を連れてきてます。日本産じゃないけれどニジイロクワガタもいます。背中だけじゃなく脚からお腹まで虹色にぴっかぴかでしょ!

f0177529_1813321.jpg
こちらはアカハライモリちゃん。「虫じゃないじゃないか!」と言われますが「虫がこわい!」という子どもたちの人気者。脊椎動物の代表としての参加です。
動きもゆっくり。おなかぷにぷに。おめめもつぶら。のどふくふく。かわいいおてて(足?)をパーにひろげて子どもたちの手の上をお散歩します。でも泳ぐのはみんなより上手でしょ?「いどうこんちゅうかん」のアイドル的存在です。今年は男の子に人気がありました。「噛まへん?」と聞いていた子たちがだんだん「こいつ、かわいい~!」に。「どうやって飼うん?」「なに食べるん?」と質問もいっぱい。「つれて帰りたい!」という子もいましたね。子どもたちとの会話もはずみます。

f0177529_1813556.jpg
宝石のようにきれいな虫はルリセンチコガネです。美しい色でしょ? 爪も鋭くないので甲虫の入門にピッタリ! 兵庫県や他の県ではグリーンから赤い色をしていてオオセンチコガネと名付けられていますが、和歌山県・奈良県産のものはこの通りのきれいなブルーで特にルリセンチと呼ばれています。

f0177529_18364376.jpg


f0177529_1824331.jpg




f0177529_18251964.jpg
               ぬりえも人気です。標本をじっくり観察!!

f0177529_18253744.jpg
最後は「むしむし大博士に質問しよう!」のコーナーです。今回の「大博士」は有馬富士公園学習センターの池田先生です。いっぱい質問が出ましたね。



f0177529_18383543.jpg
朝の準備中にこんな写真も撮っていました。「むしむし小話」は毎年 大学生のメンバーにお願いしています。いろいろな話題で子どもたちを楽しませてくれます。今日が初日ということで事前の打ち合わせ中。話す順序や子どもたちへの問いかけなど入念に! 昨夜 遅くまでかかって絵を仕上げてくれたそうです。朱里ちゃん、ありがとう!


福池コーナーのみなさん、むしさんいっぱいさわってどうでした?
「むしさんとなかよし」になれたかな?
「むしさんのひみつ」をなにか発見できたかな?



福池コーナーの先生方、ありがとうございました。

車に全部積み込んで、午後の山の手小学校へ出発します!



この4~5年、個人情報の扱いがむずかしくなって子どもたちのとてもいい表情がブログに載せられなくなってきました。時代ってヤツですね。後ろ姿の子どもたち。全体写真は縮小してから拡大してぼやかしています。虫がメインの写真ばかりになって少々つまらないです。
でも、おっかなびっくりさわる手。やさしくさわる手。おどろきを持ってさわる手。「持てたよ!」と誇らしげな手。子どもたちは手でいっぱい感じ取っているのがわかります。
子どもたちの虫をさわる『手』の豊かな表情に注目してみてください。




参加者 : 小学生 52人(1~3年生) 
児童館スタッフ : 4人
こどもとむしの会スタッフ : 池田 大(有馬富士公園学習センター)・吉岡 朋子・阪上 洸多・室崎 隆春・中谷 朱里・溝手 舜【報告:吉岡】



   *****************************************

福池コーナーのみなさんが「いどうこんちゅうかん」の感想と虫の絵をいっぱい送ってくださいました。あの日の午後に書いてくれたのですね。とてもうれしかったです! みんなで読みました。
ありがとうございました!

ちょっと紹介。
f0177529_23143606.jpg
・いきものをさわれてうれしかったよ
・せんせいへ げんきですか ぼくはげんきです ぼくはきょうはむしさわることがきょうはじめてでした きょうはじめてさわれたからうれしかったです
・ありがとうございました。楽しかったです。わたしは、虫をさわるのが、にがてでした。でも今日、虫とかいっぱいさわれたのでよかったです。
・今日はありがとうございました。いろんな虫をさわれてたのしかったです。
・こん虫のひとたちへ こんちゅうの話をききました。こん虫は羽がおれたりする事をきき きづいたことがあります。そらはこん虫がいっぱいいました。次きたときはとてもうれしいです。
・しつもんのこたえをおしえてくれてありがとうございました。
・きょうは、どうもありがとうございました。きょうのいろいろな虫をさわってとても楽しかったのでぜったいに見に行くようにお母さんやお父さんにたのんでみます。
・きょうはありがとうございました またきてください。いろいろなむしをおしえてください。
・ヘラクレスをさわってうれしかったです。けはきもちよかったです。
・ぬりえとかいっぱいできてうれしかったです。虫がいるところには、いってなかったけどみんなとできてたのしかったです。
・いきものをしょうかいしてくれてありがとう。これからもほかのがくどうにいってもわすれないね。
・いどうこんちゅうかんのひとへ。きょうはとてもたのしかったです いろんなこんちゅうをがんばってくれてありがとうございました。
・ありがとうございました いろいろな虫をさわれていちばんきもちよかったのは、とかげ(イモリ?)がいちばんきもちよかったです。
・いどうこん虫館の先生へ。こん虫のことをいっぱいおしえてくれてありがとうございました。ぼくの一番のお気に入りは、イモリです。りゆうは、ちょっと横の方がぷにぷにしているからです。ぼくは、もっとこん虫がすきになりました。
・ありがとうございました またきてくださいね
f0177529_00030147.jpg
・ぬりえをぬりました。たのしかったよ。むしのことをおしえてくれてありがとうございます。またがくどうにきてください。
・きょういろいろむしがみてたのしかったです それですごかったみたこともないむしもあったし おもしろいむしもいました。
・今日はありがとうございました。クワガタは、すこしこわかったけど、さわれてよかったです。イモリもさわれてかわいかったです あみの中には、少しはいってちょうをつかめました たのしかったです。
・いどうこんちゅうさんたちへ きょうはありがとうございます。むしがきらいだったけどすきになりました。だいすきです
・かぶとのつのは ちっちゃかったけどかっこよかったです
・おもしろかったです。
・とかげ(イモリ?)のこーなーたのしかった またあそびたいな。またきてね。だいすき
・こどもとむしのかいのみなさんへ イモリがかわいかったです。わざわざきてもらってありがとうございます。
・今日はとても楽しかったです。ヘラクレスオオカブトははじめてみました。
・わたしはさいしょ せみしかさわれなかったけど せんせいたちのおかげでくわがたやとんぼやちょうちょもさわれたよ ありがとうございます。だんだんさわっていたら、ほかのむしもさわれたよ。ほんとうにありがとうございます。またよろしくおねがいします。たのしかったです。
・ありがと
・みなさん せんせい ありがとうございます。いっぱいむしをみたり むしをかんさつしてたのしかったです。
・今日、いろいろなものを見せてありがとうございました。虫 ちょうなどをさわれて、とてもたのしかったです。
・あのしゃしんはきれいでした(3D写真?)
・くわがたむしはあしがほそいね。てにのせてみるとこしょばかったし むしがきらいだったけど あのくわがたむしだけすきになりました。またきてください。そのときはいっぱいさわりたいです。
f0177529_00035266.jpg
・今日はありがとうございました。ぬりえとかやってたのしかったです。
・ありがとうございました。虫のことをいっぱいしれてたのしかったでした。ヘラクレス大かぶと、とか、にじいろクワガタなど。さわれてよかったです。ありがとうございました。
・こんちゅうの話を聞かせてくれてありがとうございました
・いどうこん虫かんの人へ こん虫をさわったりしてたのしかったです。
・ありがとう
・きょうはどうもありがとうございました。おはなしをきいていろいろなむしをしりました。
・きょうはたのしかったです。むしをさわったり またきてください。
・きょうはいろんな虫をみせてくれてありがとう
・ありがとうございました。はじめてさわった虫がいました。トンボとかいっぱいいました。すごいかっこよかった虫もいました。きてよかったです。

いっぱい、いっぱい書いてくれて、ありがとう!
みんなが虫を楽しんでさわってくれたことがよくわかりました。かっこいい虫や、かわいい虫、おもしろい虫がいっぱいいるでしょう? これからも、もっともっと「虫さんとなかよし」になってくださいね。私たちも、もっともっとたくさんの子どもたちに「虫さんとなかよく」なってもらいたいと思っています。
上田先生、桧垣先生、先生方。福池のかわいいエネルギーをいっぱいいただきました!
ありがとうございました。


*****しつもんには池田先生が答えてくださいました*****

【Q】今日ぼくが心にのこったむしはヘラクレスオオカブトです。ヘラクレスオオカブトの毛はどんないみなんですか?わかったら教えてください。
【A】ヘラクレスオオカブトの毛について、なぜあるのかはっきりとした理由はわかりません。ほかのカブトムシをなげるときのすべり止めになるとも言われてますが、それなら、なんでほかのカブトムシには毛がないのかフシギです。もしよかったらしらべてください。


【Q】いろんなむしをさわれてよかった。なんでとのさまばったってよばれてるの?
【A】トノサマバッタはバッタのなかまの中でも大きく、「バッタの王様」です。だから殿様バッタなのです。


【Q】かぶとむしの2こめのつのは、なんのやくめですか?
【A】てきを投げとばすときに、2つのツノではさみます。その時につかいます。あと、とってのような形をしているので、ここをつかむと持ちやすいです。


【Q】むしがすきになりました。いちばんとんぼがすきです。アリはなんですをつくるんですか? おしえてください。
【A】アリはほかの虫たちとちがって、みんなで助け合って生きています。ひとつの巣の中に女王アリ・おすアリ・はたらきアリがいます。女王アリがたまごをうみ、はたらきアリたちがこれを育てます。アリはハチのなかまなので、ミツバチやスズメバチなども助け合って生きています。


【Q】こめつきむしはなぜとぶの?
【A】コメツキムシはひっくり返っても、あたまとむねを「パチン!」とさせて起き上がることができます。これがお米をつくのににているから「コメツキムシ」と言います。





# by konchukan1 | 2017-08-25 10:42 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)