佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1
さあ、午後は佐用保育園です。


近藤先生の「むしのかお」のお話に、子供たちは大もりあがりです。
「これは何のかお?」という質問に、「〇×△***!!」と、みんなから大声が上がります。
f0177529_21534155.jpg


みんな元気よく手を挙げてくれます。おじさんたちは、汗をかきながらタジタジです。
f0177529_21552255.jpg



「ねえ、これなあに?」「さわれるよ~!」 みんな、虫さんが大好き。
最初はおそるおそるだった子も、お友だちのようすを見ながら、どんどんさわれるようになりました。
f0177529_21572836.jpg

f0177529_21581148.jpg


ダンゴムシは、なにがいちばん好きなのかな? 
いろんなたべものをおいて、ダンゴムシのようすをじ~っと見つめます。
f0177529_21574259.jpg





蚊帳の中はおおさわぎ! みんながお目当ての虫をつかもうと、一生懸命です。
f0177529_21585909.jpg




お絵かきではみんなとても素敵な色づかいを見せてくれました。子供たちの想像力はすごいですね!
f0177529_21570388.jpg



f0177529_22002611.jpg

虫と遊んでいたら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
もっともっと遊びたかったなぁ。そんな声も聞こえます。


f0177529_22004780.jpg

いどうこんちゅうかん。また来るからね。



参加者:幼稚園児 60人(3~6歳)
こどもとむしの会スタッフ:久保 弘幸・近藤 伸一・野村 智範・斎藤 泰彦・茂見 節子・吉岡朋子(報告:久保)





# by konchukan1 | 2017-11-10 21:50 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
6月の三河保育園・南光保育園にひきつづき、佐用町内の幼稚園・保育園での「いどうこんちゅうかん」第2弾です。11月1日の午前は佐用マリア幼稚園での開催です。


近藤さんの「むしのおやこ」の紙芝居から、はじまりはじまり!
「これはだれのこどもかな?」との問いかけに、子どもたちは元気に答えてくれます!
f0177529_23335536.jpg

みんなほんとうに、虫のことをよく知っています。




それでは「いどうこんちゅうかん」をはじめましょう!
f0177529_23372730.jpg
「生き虫コーナー」です。いろんな虫をさわってみましょう!
これはオオウスバカゲロウの幼虫。とても大きなアリジゴクです。


f0177529_17433206.jpg
ヘラクレスオオカブトにオオクワガタ。オオカマキリだってさわっちゃうぞ”!



f0177529_23404212.jpg
ぬりえのコーナーです。みんな一生懸命。標本をよく見てぬってくれました。
本物以上に、カラフルなチョウも!



f0177529_17450400.jpg
こちらは野村先生の「みずべのいきもの」です。イモリやカエル、カメさんもいて子どもたちはおおよろこび。「かめさん。いいこ!いいこ!」してますね  (^^♪



f0177529_23423506.jpg
10月末は週末台風や雨で気温が低い日が続き、カヤ虫がちゃんと集まるのかどうか心配したスタッフがそれぞれ採集をがんばった結果、11月の初旬にこんな豪華なカヤができあがりました。チョウチョにトンボ、トノサマバッタやショウリョウバッタ。オオカマキリにコカマキリ。クロアゲハにアサギマダラやヤママユもいます。
f0177529_23421683.jpg
とてもいいお天気だったので、陽の当たる方に虫も集まります。子どもたちは大はしゃぎ! 
「あれとって!」と大きな声がひびきます。




f0177529_17452589.jpg
マリア幼稚園の子どもたちは「ダンゴムシが大好き」と、事前に先生から聞いていたので、今回は「だんごむしのめいろ」と「なにをたべるかな?」を用意してみました。
「めいろ」ダンゴムシさん 間違えずにゴールできるかな?ダンゴムシは右→左→右→左と、左右交互に曲がる習性があるのだそうです。でも、子どもたちにはそんなの関係ない!「こっち!」「こっち!」「こっちにまがれ!」とにぎやかでした。
かっぱえびせん・チョコ・ラムネ・昆布・おじゃこ。ダンゴムシさんはなにが好きなんでしょう?ラムネとかっぱえびせんに集まっているような・・・そうでもないような・・・観察、観察!これは人と自然の博物館の鈴木先生からいただいたアイデアです。



f0177529_23435194.jpg
3D写真も見てくれました。ずいぶん近寄ってる~!



さいごは「むしむし大はかせにしつもんしよう!」です。次々と、いろいろな質問が出ました。
f0177529_23431924.jpg


とても元気で積極的な子どもたちでした。




まだまだお試し段階ですが、幼稚園・保育園に合ったプログラムを考えていきたいと思っています。
佐用マリア幼稚園の先生方、いろいろお世話になりました。ありがとうございました。




参加者:幼稚園児 53人(3~6歳)
幼稚園スタッフ:6人
こどもとむしの会スタッフ:久保 弘幸・近藤 伸一・野村 智範・斎藤 泰彦・茂見 節子・吉岡朋子(報告:吉岡)






# by konchukan1 | 2017-11-09 23:45 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)

f0177529_20565663.jpg

f0177529_22513585.jpg

f0177529_07143376.jpg


f0177529_21402234.jpg


f0177529_21305645.jpg



f0177529_22280559.jpg



f0177529_22272901.jpg


# by konchukan1 | 2017-11-01 20:57 | 一日館長 | Comments(0)
2017年10月29日(日)の昆虫館

一日館長:末宗安之 サブ館長:茂見節子

スタッフ:内藤親彦・千津子ご夫妻、野村智範、岡田浩資、金子留美子、八田康弘、三木 進、越智剛、前原繁仁、久保弘幸、東輝彌、八木 剛、池田 大、片岡義方、齋藤泰彦、刈田悟史、大江峻弘、越智さんのご家族

来館者:15名(会員以外)  天気:雨

 今週も台風の影響で強い雨の朝になってしまいました。

今日は今年度の佐用町昆虫館「むし納め」の日です。


f0177529_22514773.jpg

今朝も大江君が開館準備を手伝ってくれました。

続いて茂見さん、野村先生、金子さんが来られて、皆さんが楽しみにしている豚汁作りの準備を早くからして下さいました。

f0177529_22520658.jpg

地元の皆さんが特産のゆず味噌、新米、コンニャク、野菜、ひまわりクッキーなどを即売してくださいました。

f0177529_22532563.jpg

雨の中にもかかわらず、来館者も午前中からあり、会員の皆さんも多くなり、

11時過ぎから「むし納め」のセレモニーが始まりました。


f0177529_22540372.jpg

 最初に、会員としてずっと活躍して下さった、故・三木幸子さんへの黙祷がありました。

 昨年はここで豚汁を一緒に作って下さったのに、その後、体調を崩され、6月末に他界されました。

 そして、内藤先生から今年の総括と、来年に向けての展望を中心とした挨拶がありました。

 恒例になった「昆虫館の歌」は野村先生がリズムをとって下さり、皆でしっかり斉唱ができました。

f0177529_22545922.jpg

このあと、今日は船越地区の交流会「ふれあい喫茶」の日でもあるので地元の吉田さんが作って下さったおこわ弁当を格安で提供していただき、おいしい豚汁と共にいただきました。

 私が我が家で飼育しているニホンミツバチの重箱式巣箱の最上段を切り取り、持ってきました。雨なので、館内で遠心分離器にかけて採蜜をしてみます。

f0177529_22552277.jpg


f0177529_22585356.jpg

 約2kgのハチミツがとれました。10月後半は、セイタカアワダチソウの蜜が混じると、独特の臭気が混じるので、飼育している人は9月末までに採蜜することが多いそうです。

 皆さん、内藤千津子さん手作りのケーキと共に、ヨーグルトに搾りたてのハチミツをかけて賞味してくれました。

f0177529_23000693.jpg

 雨のため、館外の掃除は出来ませんでしたが、午後も来館者が来られ、絵を集中して描いてくれました。久保さんが忙しい中、標本づくり教室も開いてくださいました。

 佐用町昆虫館は、平成30年3月31日(土)まで冬眠します。

平成30年4月1日(日)に来年度「むし開き」を予定しています。
今年、来館していただいた皆様、本当にありがとうございました。
来年も楽しみにして待っていてください。

(報告 末宗安之)



# by konchukan1 | 2017-10-30 21:33 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
2017年10月21日(土)の昆虫館

 一日館長:末宗 安之 サブ館長:野村 智範
 スタッフ:大江 峻弘 吉岡 朋子
 来館記載者:16名 天気:曇り後雨

10月もあと10日で終わりです。今シーズンの佐用町昆虫館の開館日も残りわずかになってきました。
今日は台風の影響か、雲の多い朝になりました。

f0177529_19273406.jpg
今朝の開館準備を大江君が手伝ってくれました。落ち葉が多いのですが、しっかり掃いてくれました。
また、おにぎりパクパク広場の雑草をカマで刈ってくれました。

f0177529_19310123.jpg
午前11時頃には雨が降り始め、だんだんと強い降り方になってきました。
そんな中、吉岡さんもスタッフとして来てくださり、生体の淡路島産のオオヒョウタンゴミムシを展示してくれました。

午前中は来館者は無く、午後から家族連れの方々が来てくれました。

f0177529_19365433.jpg
 彼らは徐々にカブトムシやマダガスカルオオゴキブリを触れるようになりました。

f0177529_19380998.jpg

ご高齢のおばあちゃんクサガメは気温が低いせいか、今日は大人しい印象です。


f0177529_19404231.jpg

彼は在来種のカブトムシがお気に入り。とても絵が上手でした。

今日も野村先生が栽培している黒豆の枝豆を持ってきてくれました。来館者の皆さんに鞘をはさみで切ってもらい、調理できるようにして持って帰ってもらいました。楽しんでもらえたようです。

f0177529_19421090.jpg


庭のミヤマハハソやアワブキに見られたアオバセセリの幼虫もそろそろサナギになりそうです。

f0177529_19481162.jpg


10月22日(日)は台風の影響を考慮し臨時休館となります。
 今シーズンの佐用町昆虫館の開館日は、残すところ
 10月28日(土)、29日(日)の2日間となりました。
 天気が良ければアサギマダラ、ツマグロキチョウやアキアカネに出会えるかも。
 ぜひ秋の深まる佐用町昆虫館でゆっくりとお過ごし下さい。

 (報告:末宗 安之)






# by konchukan1 | 2017-10-21 20:11 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)