佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1
2017年7月16日
一日館長:竹田真木生、サブ館長:野村智範、スタッフ:末宗安之
来館記帳者:79名 天気:曇り一時雨

朝から、野村先生の田んぼでとれた水槽一杯の小さなトノサマガエルが用意されていて、中の大きい水槽のモリアオガエルのお玉やタガメとともに子供たちの関心を集めました。

f0177529_20053245.jpg

f0177529_20190324.jpg

勿論、主役はクワちゃん達とヘラクレス夫婦です。ニホンジカの頭
部骨格標本も今日から展示です。
f0177529_20174954.jpg


f0177529_20154879.jpg

f0177529_20160885.jpg

f0177529_20162899.jpg
f0177529_20164983.jpg


f0177529_20171174.jpg
まだすくないけれど鈴虫も孵ってきました。
はジャコウアゲハが産卵に訪れていました。
f0177529_20063807.jpg
突起の特徴的な大きなハバチの幼虫
もパクパク広場に姿を見せました。
f0177529_20121912.jpg
カブトムシはまだ。サクサン蛹もまだじっと
しています。


ウスバカゲロウのすり鉢は成虫羽化に対応して2-3個しか見られ
ません。Hagenomya micansはアミメカゲロウ目の昆虫で、幼虫はすり鉢を作って待ち伏せ型の生活をしています。獲物がやってくるのは本人の自由にはなりませんので年間の食事量はあなた任せとなってしまうため、生活史の調節は餌の量に対応して調節されなければなりません。
通常2年ないし3年で成虫になります
が、そのままでは羽化期がずれ、雄と雌が効率よく出会えなくなってしまいます。そこで本種は天体の運行すなわち太陽(季節)と月の周期(月齢)に同調して、夏至の前後に羽化するような時計のプログラムを持っています。月への同調は、すり鉢の口径にも発現し、すり鉢が月齢に応じて変動することが調べられています。また、有名な個体群生態学者の森下正明さんによる分布パターンの解析にも貢献しています。
動物の分布は、集合性、ランダム分布のほか均等分布とい
うパターンがありアリジゴクのすり鉢の分布と餌の量に対応する動きというのはとても優れた材料を提供します。
最近では近畿大学の松田一彦さんたちの研究
で、アリジゴクが虫を殺す成分は、細菌由来でふぐ毒で有名なテトロドトキシンの100倍以上の毒性が認められてもいます。したがって、昆虫館のアリジゴクはちょうど巣立ったところで3年幼虫が残っているだけとなっていますが、果たして出て行ったウスバカゲロウは同じところに産卵するのかどうか、これが焦点ですね。

(報告、竹田真木生)


# by konchukan1 | 2017-07-17 19:53 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

2017年7月15日(土) 

一日館長:八田康弘 、サブ館長:野村智範 

来館記載者:37名  天気:晴れ


中国縦貫道路事故のためいつもより時間がかかり到着しました。

神戸市北区産のキベリハムシを展示しておきました。

f0177529_22294834.jpg


モリアオガエルやカジカガエルの鳴き声も聞かれなくなり、キリギリスの鳴き声がいっとき聞かれました。

モリアオガエルのオタマジャクシを入れた水槽にネズミが溺れていました。オタマを食べようと思ったのでしょうか?

f0177529_22303185.jpg


ベンチにミヤマクワガタがお腹を何者かに食べられ胸と頭部だけで動い


ていました。虫の生命力はすごいものです。

f0177529_22305433.jpg


来館者は記帳は少なめになっていますが絶え間なく来られました。

f0177529_22320139.jpg

滝川中学の生物部が毎年この時期にきて今日も昆虫館を起点に昆虫採集をされていましたが、オオセンチコガネとニワハンミョウぐらいしか見かけなかったと言ってました。

f0177529_22330436.jpg
今日は蝶もジャコウアゲハとキチョウしか見かけず、今年はムシの出現も遅めで数も少なめのような気がします。

カブトムシもまだ出てきていません。

野村先生が小さなビオトープを準備され子供達は水辺の生き物に楽しく

触れていました。

f0177529_22334397.jpg

たくさんの小さなトノサマガエルをとってこられタガメも満足していました。

f0177529_22340008.jpg

(報告:八田康弘)


# by konchukan1 | 2017-07-15 22:37 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
f0177529_21272489.jpg
『博物館・美術館・水族館・科学館・・・いろんなミュージアムの専門家が棚倉に集合! ちっちゃな
おともだちに、とびきりの ほんもの体験を プレゼントするよ!』

・・・ということで、今年も行ってきました! こどもひかりの「ひよこミュージアム」in 福島県棚倉町。
会場は棚倉町文化センター(倉美館)。 昨年のインドアテニスコートの隣の立派な建物です。


出発前、九州地方に大雨が降り、大分や福岡は洪水や土砂崩れで大変なことになってました。神戸でも雨が続き、一昨年のように九州・東北連動の大雨ならば棚倉もどうなることかと心配。出発の8日朝も、台風が通り過ぎたのに九州は雨が降り続いていました。
ところが棚倉は7日からいいお天気! いいお天気を通りすぎてカンカン照りの最高気温が34度! そうなると今度は遊びに来てくれるひよこちゃんたちがあまりの暑さの中、「虫とりペナントレース」で熱中症にならないかと心配になっちゃいます。



f0177529_21451215.jpg
     10時。30人ほどが集まってくれてます。八木先生の説明を聞いて、さあ出発です!
f0177529_2155657.jpg
ホールから5分ほど歩いたところで、達人の「虫とりの技 伝授」の時間です! 虫さんに気づかれないようにそぉっと後ろから虫アミを近づけて・・・静かに・・えぃ!  つかまえた虫さんが逃げちゃわないように虫アミをクルリ! とれた虫さんは上手にカゴに入れましょう! さぁ、みんな!できるかな?

f0177529_21454277.jpg
暑さのせいもありますが、モンシロ・モンキがわずかに飛んでるだけ。トンボは高いところを飛んでます。なにが採れるかな? がんばって採りましょう! 
「ひよこミュージアム」のチラシの『むしとりペナントレース&むしむしたいけん』のところには、「10時~11時 みんなで虫とり。虫アミ・虫カゴ持参。以後は むしむしたいけん」と小さな字で書いてありました。それを、みなさんしっかり読んでおられたのでしょう。アミ・カゴ持参で10時以降もどんどん 人が来る来る! すごいです! むしさん人気!!!
あとからも次々と人が来て、100人を超える人が虫とりに参加してくれました。

f0177529_2146037.jpg
             パパがちょうちょをゲット!「ぱぱ、すごい!」
f0177529_21463147.jpg
             こちらも、お父さん。なにが採れました???
f0177529_21461523.jpg
        「ちいさなショウリョウバッタが採れたよ~~!」と教えてくれました。


そろそろホールへ戻って、採った虫の名前付けをしましょうか? これが今日採れた虫です。シール袋に虫を入れて川崎さんに種名を書いてもらいます。いろいろ採れてますね! 採った人の名前も書いています。
f0177529_22141435.jpg


『カヤとむしむしたいけんは11時から』と看板を出していましたが、戻ったらカヤの前に行列ができてます!  え~~!11時までもう少し待ってもらえますか?
f0177529_2147017.jpg
休んでる時間はありませんね。むしむしたいけんとカヤ遊びも始めましょう! カヤの中は、ちいちゃなひよこちゃんたちで満員!満員!いっぱいで~す!午前中のカヤの中はず~っと25人越えでした。この写真は午後の落ち着いたころのものですね。
f0177529_22253951.jpg

f0177529_22255348.jpg
この、背中カブトくんは昼から最後までず~っとカヤの中にいましたね!「ほかのところには行かないの?」「ここがいい!」 うんうん よ~くわかります!


f0177529_1381642.jpg
こちらは「むしむしたいけん」のコーナー。東北ユースの陶木さんと、棚倉町の職員の息子さんの大豪くん(小5)がスタッフとして参加してくれました。人手が足りない中、二人の大活躍にとっても助けてもらいました。

午後からは少し余裕! 東北ユースの陶木さんもすぐに虫に慣れて、子どもたちと楽しんでいます。
f0177529_13133823.jpg
                   ヘラクレス!持てた!
f0177529_13135783.jpg
最初はどの虫さんも怖くてさわれなかったけど、チビクワちゃんとなかよしになれた女の子! 長い時間チビクガタと汗いっぱいかいて遊んだ後に、パパに写真も撮ってもらって得意げです! でも、まだちょっと表情が硬いかな? (^^♪
f0177529_13142327.jpg
こちらは、6月の熊本のナイターでたくさん採れたフタモンウバタマコメツキです。熊本では30代のお父さんのお母さんたちは「カチ虫」とか「バチ虫」と呼んで「これで、子どもの頃よく遊んだ」と話してくださいましたが、棚倉ではみなさんご存知ないようす。冬が寒いところには身近にいなくて馴染みがうすいのでしょうか?「バチン!」とはねてひっくりかえるのがおもしろくて 男の子におおウケです!長い間遊んだ子がいっぱい。今年のむしむしたいけんの人気者です!

f0177529_13313460.jpg
こちらは大豪くんとテネラルの川崎さん。殺人的な暑さ プラス 目が回ってしまうぐらい いっぱいの人が来てくれた『ひよこミュージアム』。3人(私も入れて4人!)いいチームワークでした。「こうやってくれる?」とお願いする余裕もない中、各自の判断、臨機応変。素晴らしかったです! ありがとう!!!


f0177529_1410153.jpg
        今回、棚倉に集まった全ブースのスタッフ+棚倉町の職員のみなさまです!

会場全体のようすは こちら



「むしとりペナントレース」参加者 : 約100人(こども+大人)
「むしむしたいけん」参加者 : 約300人(こどものみ)
『ひよこミュージアム in たなぐらまち』来場者 : 約600人

『むしとりペナントレース&むしむしたいけん』のスタッフ : 八木 剛(兵庫県立人と自然の博物館)・川崎 安寿(テネラル)・陶木 里咲(東北ユース)・薄葉 大豪(棚倉町)・吉岡 朋子(こどもとむしの会)【報告:吉岡】
# by konchukan1 | 2017-07-15 22:27 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
「いどうこんちゅうかん」が佐用町の三河保育園へおじゃましました。
8年前の水害のあとにいくつかの幼稚園・保育園へ行かせていただきましたが、それをまた復活させようと今回のメンバーが集まりました。まだまだおためしの段階ですが、佐用町の子どもたちのもとへ出かけたいと思っています。

f0177529_1701983.jpg
三河保育園のおともだちと三河小学校の1年生4人が入ってきます。なんだかいつもと違うなぁ!

f0177529_1722617.jpg
近藤さんの「むしのかお」の紙芝居から、はじまり はじまり~~! だれの顔か、わかるかな?


それでは「むしむしタイム」で~~す! すきな虫をすきなだけさわってね!
f0177529_1742588.jpg
                    なにからさわろうか?

f0177529_176124.jpg
                    ニジイロクワガタだよ!

f0177529_1765431.jpg
渋い虫が気に入りましたね。オオゾウムシ。ゾウさんみたいにお鼻(口だけど!)が長いのわかるかな?

f0177529_1782595.jpg
                  イモリちゃんです。かわいいね!

f0177529_1791264.jpg
                  ヘラクレス!かっこいいでしょ!

f0177529_1710134.jpg
                  やっぱりカブトムシ サイコ~~!!!

f0177529_189114.jpg
姫路ケーブルTVと佐用ケーブルTVのカメラや佐用町の広報紙の取材の方たちも来ておられました。
インタビュー!!!


f0177529_17391821.jpg
              こちらは、野村先生。カエルさん???かな???

f0177529_17401172.jpg
                  イシガメさん!ひっくりかえっちゃった!

f0177529_17123377.jpg
              後半になって、ぬりえにも子どもたちが集まってきました。




f0177529_1710504.jpg
              カヤの中も子どもたちでいっぱいです。久保さん大活躍!

f0177529_17112449.jpg
                      かっこいいね!

f0177529_1712098.jpg
                     ちょうちょ、もてたよ。




f0177529_17134390.jpg
あっという間に時間です。「むしむし大博士の質問コーナー」です。
29人全員が質問や感想をいっぱい言ってくれました。とても楽しい時間だったようで、むしさんとなかよくなってくれたのがとてもよくわかりました。私たちもとっても楽しかったよ!

f0177529_1715105.jpg
最後に思いがけなく、こどもたちから歌のプレゼントです!「かぶとむしのうた」と「かたつむり」の2曲です! 3歳ぐらいのちっちゃい子もいっしょうけんめい歌ってくれてました。とっても感激です!


f0177529_17302694.jpg
                 またきてね~~~!またくるね~~~!


三河保育園は、タガメを飼ったり、ツマグロヒョウモンの羽化が観察できるようにとさなぎが並べて展示されてたりと、びっくりポンな保育園でした。園長の豊福先生がいきものがとてもお好きで、いきものの不思議やおもしろさを、とても上手に子どもたちに伝えてらっしゃいます。
はじめの近藤さんの「むしのかお」でも 子どもたちの反応がとてもよかったです。すばらしい環境の中で佐用の子どもたちがすくすく育っていることがとてもよくわかりました。
突然のお願いを、こころよく受け入れてくださった三河保育園の先生方。ありがとうございました。また、あそびに行くね~~~!昆虫館にも来てね!


参加者:保育園児 25人 (年長 10人 年中 3人 年少 5人  ~3歳児 7人)
     三河小学校の1年生 4人

こどもとむしの会スタッフ : 久保 弘幸・近藤 伸一・野村 智範・斎藤 泰彦・吉岡朋子 (報告:吉岡)

 
# by konchukan1 | 2017-07-14 08:57 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)

7月9日(日)の昆虫館

2017年7月9日(日)の昆虫館

一日館長:齋藤泰彦   サブ館長:岡田浩資    スタッフ:るり坊

来館記帳者:72名   天候:午前中曇り、午後雨一時雷を伴い強い雨

昆虫館に到着し、開館準備を整え、館内をぐるっと一回り。

昆虫館は、むっとした湿気に覆われていました。

館の裏手で、ジャコウアゲハが、オス、メス、各1頭羽化したばかりで、きれいに翅を伸ばしていました。

これは早速のブログネタと写真を撮ったのですが、どうもカメラのレンズが曇っていたらしく、まともに写っておりませんでした。私は写真を撮るのが下手で、本当にいやになります。

f0177529_21550613.jpg

日曜日なのに、来館者はぼちぼちと。

天候のせいで、虫はほとんど現れません。子供たちも捕虫網を振るチャンスもあまりなく、いつものように館内で生き虫と触れ合ったり、お絵かきをしたりで、過ごされていました。

f0177529_21554900.jpg

全ての来館者にお声がけしたわけではありませんが、3組のご家族の方が、昆虫館のホームページを見て、初めて来館されたとの事。大阪八尾の方、岡山日生の方、加古川の方。嬉しく思いました。

f0177529_21562389.jpg

午後になって、仙台の清水さんより、クワガタがドッサリと届きました。甲虫屋の岡田さんは「このミヤマは何とか型のミヤマや!!!」「このノコ、こんな小さいのに水牛や!!!」と感心しておられました。

f0177529_21580178.jpg

クワガタ酒場の水槽に入れました。
f0177529_21582009.jpg

f0177529_21583444.jpg

清水さん、ありがとうございました。

(報告:齋藤泰彦)


# by konchukan1 | 2017-07-10 22:02 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)