佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

6月7日の様子

一日館長: 古賀督尉
影の一日館長: 三木進

来館者数: 合計41名。 ルリボンがまた遊びに来てくれました。 日曜日は比較的遠方からの来館者が多いかもしれません。

大人の方から幼児まで、虫や自然に興味のある方が大勢来られました。 ほとんどの人がスタディ・ラボまで入って、プチ・イベントに参加したり、虫を話題に話をしたりして楽しんでいかれました。

昆虫採集を楽しまれている方には、三木さんが採集と標本作りのノウハウの伝授など。

小さな子どもたちには古賀が、キリギリス釣りや顕微鏡観察など。

f0177529_0103277.jpg
家族で顕微鏡観察です。
f0177529_011436.jpg
3歳のお子さんが虫のお絵かき中。 
f0177529_0172637.jpg
キリギリス釣れた!
f0177529_018552.jpg
針金で作ったアメンボを浮かべてみたよ。

土曜日の昆虫に加えて、ゲンジボタル(写真)、アカスジキンカメムシの幼虫、コクワガタ等が仲間入りしました。 これらの生きた虫は大人気でした。 三木先生のシロスジカミキリの持ち方教室が開かれて、子どもさんの真剣に虫と向き合っているけっこういい姿も見られました。

f0177529_0112956.jpg
ゲンジボタル
f0177529_0143076.jpg
シロスジカミキリの持ち方教室

常設の水槽の中では、ゲンゴロウの水槽が1番人気でした。

庭でも、イモリ捕り、モリアオガエルの卵塊観察、ミツバチの観察を楽しみました。
f0177529_2149305.jpg
モリアオガエル
f0177529_21494589.jpg
モリアオガエルのおたまじゃくし
f0177529_2150582.jpg
モリアオガエルの卵塊

みんなまた来てね!

こが
# by konchukan1 | 2009-06-09 00:20 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

6月6日の昆虫館

6月6日(土曜日)

一日館長 近藤伸一・杉本毅。

今日は地元佐用町からの親子が多かったようです。イモリをつかまえたり、モリアオガエルの卵を見たり、昆虫採集に遠征したりと長い時間を昆虫館で楽しんでいただきました。
f0177529_2312162.jpg

f0177529_2314658.jpg

f0177529_2365214.jpg

f0177529_232585.jpg


お絵かきも、初めて絵具に挑戦する子、両手で描く子などよくがんばりました。
f0177529_233047.jpg


天気も良く、庭のノアザミが満開で、クロアゲハ、モンキアゲハなど多くのアゲハチョウがやって来ました。大きなカタツムリがよく観察できます。
f0177529_2335359.jpg


ヤママユガは蛹化、網室のオオムラサキは終齢幼虫。ネットで覆っています。便所東のサネカズラの葉はキベリハムシの幼虫に食べられて上まで丸坊主。多数の成虫の羽化が楽しみです。ミツバチが元気に蜜を集めています。シロスジカミキリ・ラミーカミキリ新たな展示の仲間に入りました。
f0177529_235095.jpg

f0177529_2391026.jpg

f0177529_2352484.jpg

f0177529_2354342.jpg


本日の来館者

 25名うちから佐用町内からは11人
# by konchukan1 | 2009-06-06 23:00 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

5月30日,31日の様子

ミツバチのおうちの中は・・・・・?
f0177529_2301637.jpg


蚊の展足の指導をする大谷先生
f0177529_2305055.jpg


イモリくねくね池にモリアオガエルの卵塊が
f0177529_2311725.jpg


(岡本)
# by konchukan1 | 2009-05-31 23:01 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
新型インフルエンザの流行に伴い、佐用町昆虫館は、5月23日(土)、24日(日)の両日、休館となりました。
そうとは知らずお越しになった方がいらっしゃいました。ご迷惑をおかけしました。

翌週5月30日(土)以後については、今のところは通常開館の予定です。ぜひお越し下さい。

ご来館を計画される場合は、直前に昆虫館のホームページでお確かめください。
お問い合わせは、佐用町教育委員会またはNPO法人こどもとむしの会まで。(連絡先はホームページにあります)
# by konchukan1 | 2009-05-25 00:10 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

5月17日の昆虫館

一日中、雨が本降りで入館者は20人ほど。佐用町の広報「さよう5月号」に、トップ記事で紹介されただけに、半数が町内から。それでも京都府の丹後半島から来られた家族連れもありました。朝一番に駆けつけてくれたお友達は、コオニヤンマを手にじっくり観察。
f0177529_14414630.jpg

マイマイカブリがカタツムリを食べる様子にも興味を持ってくれました。
f0177529_14421021.jpg

側ではマスダクロホシタマムシが、杉の樹皮下に作った蛹室で成虫に。5月10日に矢部さん父子が見つけて展示していてくれた分です。小さなタマムシですが、きれいですね。
f0177529_14424342.jpg

午後からはサンTVの取材が入りました。雨の中、瑠璃寺やモンキーパーク、昆虫館などをまる一日かけて取材されていました。お昼抜きで、本当にご苦労様でした。放映は5月23日(土)朝9時からの「サタデー9」の中で10分間ほどらしいです。皆さん見てくださいね。
f0177529_1443429.jpg

次の開館は1週間後ということで、テングチョウの幼虫とアサギマダラの蛹を自宅に持ち帰ったところ、テングチョウはわが家のエノキが気に入ったのか、直ぐに蛹化。前蛹となりました。
f0177529_14433154.jpg

アサギマダラの蛹は、羽が透明になり、夜には全体が真っ黒になって、朝、無事、羽化しました。美しい♀でした。
f0177529_14444535.jpg

f0177529_1445071.jpg

(むしのおっちゃん・三木 進)
# by konchukan1 | 2009-05-18 14:45 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)