佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

<   2017年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2017年8月16日(水)(お盆の臨時開館)の昆虫館 


一日館長:八田康弘 サブ館長:茂見節子 
スタッフ:清水哲哉 齋藤泰彦 大江峻弘


来館記載者:60名  天気:曇り時々晴れ

昆虫館周辺では田んぼの上をウスバキトンボの群れが飛び交い、秋の気配がし始めていました。

昆虫館に着くとクロアゲハ、クロコノマチョウが出迎えてくれ、すでに清水さんが展示作業をしていました。

f0177529_22051074.jpg
f0177529_22053261.jpg

午前中はミンミンゼミ、ツクツクボウシが鳴き、午後にはアブラゼミの鳴き声がしていました。

清水さん齋藤さん大江君が水槽を清掃するなか、来館者は多くはなかったですが、途絶えることなく来られ、クワカブジオラマを見たり、カラスアゲハの羽化をじっくり観察したり、あまり気がつかないスケバハゴロモを採集したりと楽しんでいました。

f0177529_22054982.jpg
f0177529_22075549.jpg
f0177529_22081236.jpg
f0177529_22064220.jpg

齋藤さんによって復活したガシャポン(ガチャポンではないそうです)も人気でした。

f0177529_22070971.jpg

内藤先生もお孫さんを連れて来館され、昆虫採集をいっしょに楽しんでおられました。

ヒメキマダラセセリ、アオスジアゲハ、ジャコウアゲハも訪れ、コクサギにはオナガアゲハの幼虫、葉はあるのにウマノスズクサの茎を奪い合うジャコウアゲハの幼虫も見られました。

f0177529_22090661.jpg
f0177529_22105877.jpg

今年のお盆の特別開館も今日で無事終わりました。次の開館は8月19日(土)になります。

お盆の長い期間スタッフされた清水さんご苦労様でした。

(報告 八田康弘)


by konchukan1 | 2017-08-16 22:22 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
昨年は仙台。今年の『こどもひかり ミュージアムキッズ全国フェア』は九州初上陸!
九州国立博物館のお世話で熊本県立 装飾古墳館での開催です!

「熊本発、全国の子どもたちへ」と、今年も北海道から沖縄までの30以上のミュージアムが集合しました。
f0177529_17112530.jpg
   ここが装飾古墳館です。まわりはたくさんの古墳の丘が点在。古墳の中も復元されています。



われわれむし班は、前日入りして恒例のカヤ虫とりです。
新神戸から熊本までは新幹線で、なんとなんと3時間半で行けちゃうのです。

熊本駅で迎えてくれたのは・・・床から顔出す
f0177529_1722054.jpg
                   く~~~まモン!

f0177529_17294011.jpg
蚊帳に入れる虫の採集を兼ねて阿蘇山へ行きました。まだまだ地震で崩落したところが多く、阿蘇の上まで3通りあるルートの内、1通りしか通れないという状況でした。

f0177529_17243069.jpg
阿蘇山の道路の周りは一部人工林のところもありましたが、ほとんどが牧場になっていて、牛がたくさんいました。糞にはダイコクコガネはいなかったものの、糞虫はいくつかいたようです。


f0177529_1534760.jpg
(↑)ぼくはクララの葉を綴るガ類幼虫を見つけて、おもしろいガが得られるのではと楽しみにしていたのですが、テングハマキという広食性のガが羽化してきてがっかりしました。ちなみにこのテングハマキ、同じ場所で採集したヒロハヤマヨモギからも羽化するというさすがの広食性ぶりを発揮していました。ただ、阿蘇山周辺では肝心の蚊帳に入れるチョウなどは得られませんでした・・・。


f0177529_17251047.jpg
遅めのお昼ご飯に、高菜ご飯、だご汁(団子汁)、馬刺しをいただきました。熊本の草原の恵みです・・・。

この後、会場の装飾古墳館へと向かいました。古墳館の周りにモンシロチョウやトノサマバッタがたくさんいて、無事蚊帳虫を採集することができました。
f0177529_17252132.jpg
夜は古墳館の近くでライトトラップをしました。フタモンウバタマコメツキなど、後に子どもたちから人気を博す虫が得られて良かったです。
ガはなんともいえない感じでしたが、個人的にはスヒロキバガが採れたのが、南方感があって少し嬉しかったです。

                                     【報告:阪上】
by konchukan1 | 2017-08-16 19:13 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
f0177529_21285426.jpg
6月17日(土)全国フェアの1日目です。当日朝から準備するブースもあるので、初日は12時から17時の開催です。お天気いいし、カヤ虫そろっているし、準備はばっちり! 今回の虫班は ちょっと余裕です。 



f0177529_17471716.jpg
 肉球の上に・・・ニジイロ?      あっ!トラりんだ!      ヘラクレスともツーショット!

京都国立博物館の「トラりん」です。 フェアの開始前に、トラりんも「むしむしたいけん」!!!




f0177529_17462384.jpg
埴輪にまたがっているのは古代人!? ではなくて、むしむしスタッフです (^O^)  今回のブースは、会場の入り口に近い「はにわ公園」の木立のあいだです。周囲には "はにわ"の遊具がいっぱいです。

まだ時間があるので『装飾古墳館』 を見学しましょう!


***装飾古墳とは、全国の古墳時代に豪族たちがこぞって築造した墓である20万基の古墳のうち、古墳の内部にある石棺や石室にレリーフや彩色で彩られた古墳を言います。660基だけの貴重な遺跡です。そのうち30%が熊本県から発見され、日本一の数を誇ります。***

とのHPの説明のように、色鮮やかな装飾のなされた古墳の精密なレプリカが展示されています。「前方後円墳」はみんな習って知ってますが、「円墳」「方墳」それを組み合わせた「前方後方墳」「上円下方墳」・・・早口言葉のようですがいろいろあるのですね。虫メンバー4人で「ぼくはこれ」とか「ぼくは、前上円下方後方墳がいい」「そんな立派なお墓、だれが作ってくれるの???」とか盛り上がっていました。


11時。全体ミーティング。スタッフ全員に招集がかかります。
f0177529_17492031.jpg
     今回のメンバー全員集合です!全国から30超えのミュージアムが熊本に集結しました!

当日のプログラムは こちら!


さあ、12時!フェアの開始!昆虫大捜査線の開始です!!
八木先生の説明を聞いた後は、畑の周囲を中心にみんなで虫とりをしましょう!
f0177529_1753124.jpg
         ちょうちょがいっぱい飛んでいます! バッタもはねています!
f0177529_188594.jpg
                   「わたしも、虫とり!」



f0177529_1893253.jpg
とってきた虫をシール袋に入れて、スタッフに種名を書いてもらいます。「なにバッタか知らなかったよ!」とか「うちの子が言うとおりだった。」とか「初めて専門家に虫の名前を教えてもらえてよかった。」とか、いろいろな声がきけました。
f0177529_1894874.jpg
   たくさん採れた種は、カヤの中へ! 虫とり専属スタッフ?の彼。いっぱい採ってくれました!






初日は13時から「長崎ペンギン水族館」の『フンボルトペンギンとふれあいたいけん!』がありました。
f0177529_1902054.jpg

f0177529_18223089.jpg
13時になると、みなさん「ペンギンに行こ!」「ペンギン!ペンギン!」と行ってしまい、「むしむしたいけん」のブースはこのとおりガラガラ! こんなことは「こども☆ひかり」に参加して6年目ですが初めてです! 涼しい風が吹いてるし、のんびりやりましょう!


f0177529_18242149.jpg
             「カブトムシ ばい!」   熊本弁。いいなぁ~!
f0177529_18263386.jpg
昨夜のナイターにいっぱい来たフタモンウバタマコメツキです!30代のお父さんお母さんたちは「こどもの頃、これでよく遊んだ。」とおっしゃってましたが、子どもたちは初めて見る様子。「カチ虫」とか「バチ虫」と熊本では呼ぶらしいのですが、呼び名のとおり バチン!と跳ねてひっくりかえります。のぞき込む子どもたちのおでこにバチン!!!「びっくり~~!」  おもしろくて、コメツキムシがくたびれるまで延々とひっくり返して遊んでいました。今回の人気者です!

f0177529_18272444.jpg
17時の終了時まで、カヤやむしむしたいけんのブースは人が途切れませんでした。17時の終了後、片付けをはじめても「帰らない!」と泣きはじめる男の子 2人!さあどうしましょ? なだめてなだめて、明日また来るお約束の指切りにスタッフみんなとハイタッチをして納得のお帰り。明日もホントに来てくれるかな?


f0177529_22325022.jpg
 そうそう、こちらが全国フェアに出没するホンモノの旧石器人です。「その虫アミとこの矢を交換しろ!」(という意味の旧石器時代語?)と言われて取り換えっこです。確かに本物の石の矢じりがついていました!

                                      【報告:吉岡】
by konchukan1 | 2017-08-16 18:47 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
6月18日(日) フェア2日目は10時~15時です。
きのうの終了時に「帰らない!」と泣いたりょうま君。2日目の今日も朝9時過ぎに虫アミと虫カゴをもって約束通りおかあさんと来てくれました!今日も、むしむしな1日にするぞ~~!

「昆虫大捜査線」も2日目です。八木先生の説明を聞いて、今日は古墳の芝生で虫とりをしましょう!
f0177529_18342784.jpg
トノサマバッタがたくさんいたので、みんな夢中で追いかけています。虫とりタイムが終わった後も、捕まえられなかったトノサマバッタへリベンジしに行く子がいました。

f0177529_18335760.jpg
虫ブースは一番奥にありましたが、それでもたくさんの人が来てくれました!また、木陰で行ったので屋外でも快適でした。古墳館のまわりには、この通りたくさんの古墳があります!

f0177529_18353268.jpg
                  虫さんいっぱい採れたかな?

f0177529_18363725.jpg
  古墳の丘の上で虫を採ったり、パラシュートを飛ばしたり! 子どもたちは思いっきりあそんでます。

f0177529_18401273.jpg
虫とりを終えた子どもたちが、たくさん来てくれました。相変わらずコメツキが大人気!むし班エースのヘラクレスも負けるな!
f0177529_18411738.jpg
カヤにも途切れることなく子どもたちがやって来ます。こどもたちが出入りするときに虫が逃げそうになるので、スタッフは大変でした。


今日は、1時からはくまモンが会場にやってきます。虫ブースは今日もガラガラになるのでしょうか?
f0177529_18414516.jpg
古墳館のころう君、京都国立博物館のとらりん、そして熊本一の人気者くまモンと3人そろって「くまモン体操」です。3人トリオのキレッキレの体操に、舞台になってる「ゆめはく号」はゆっさゆっさ揺れてます! ゆめはく、大丈夫かな? 熊本でのくまモン人気はすごいです。「くまモン体操」がはじまると、ほとんどの子どもたちも一斉に体操!まちがえる子なんていません! できるのは当たり前?!
f0177529_18501124.jpg
くまモン登場で虫ブースから人がいなくなるのかなぁと思ってましたが、心配するほどのことはおこりませんでした。それどころか、どんどん人が増えてきます!虫ブースのまわりは木陰に涼しい風がとおるので、みなさん涼みながら、虫を見ながら、シートひいてピクニック気分。「建物の中は、暑くて暑くて!ここ、涼しくていいのよ!」とお母さん方。ホントにとてもいい風が吹いていました。


f0177529_18521157.jpg
カヤ虫が少なくなっても大丈夫。みんなアミとカゴを借りて、トンボやバッタを採ってきてくれます。虫とりと虫遊びの繰り返しで、一日中 虫ブースで遊んでおられた家族も何組かいました。

f0177529_1853125.jpg
  奈良から連れてきたルリセンチコガネです。歩きかたがかわいいので、小さい子たちに人気でした。

f0177529_18522636.jpg
今回「こどもひかりプロジェクト」のイベントに初参加だったのですが、虫を通じてたくさんのこどもたちとふれあえ、九州の昆虫も採集できて、僕自身も楽しかったです。これからも こどもとむしの会 のみなさんと一緒に日本全国で「いどうこんちゅうかん」や「昆虫大捜査線」をやっていきたいと思います。




「昆虫大捜査線&むしむしたいけん」参加者
    1日目: 238人 (フェア来場者:2100人
    2日目: 358人 (フェア来場者:2300人)
『昆虫大捜査線&むしむしたいけん』のスタッフ : 八木 剛・阪上 洸多・堀内 湧也・坂本 貴海・吉岡 朋子(こどもとむしの会)【報告:坂本】
by konchukan1 | 2017-08-16 18:31 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
2017年8月14日(月)(お盆の臨時開館)
一日館長:末宗安之 サブ館長:岡田浩資
スタッフ:清水哲哉 齊藤泰彦
来館記載者 174名 天気:曇り時々晴れ

お盆になり、夜の気温が少し過ごしやすくなってきました。今朝は曇りがちの朝です。
f0177529_07504234.jpg
9時前に昆虫館に到着すると、スタッフの清水さんや本日のサブ館長、岡田さん、齊藤さんが既に開館準備を進めて下さっていました。
清水さんが仙台から持ってきてくれた生き虫はどれも魅力的な種類ばかりです。

網舎の中には、カブトムシだけでなく、アサギマダラを放しています。
昆虫館周辺では数の少ないルリボシカミキリも多数、生きたまま展示しています。
私も生きたものは初めて見たカワラハンミョウです。

f0177529_07571023.jpg
f0177529_07574105.jpg
たつの市産のハンミョウと一緒に展示をしてくれています。
兵庫県では既に絶滅した昆虫です。ぜひ生きたカワラハンミョウを見に来て下さい。
宮城県産のノコギリクワガタ、ミヤマクワガタ、カナブン、クロカナブン、アオカナブンもたくさん展示しています。

同じく宮城県産のカラスアゲハのさなぎが羽化する場面が見やすいようにたくさんの蛹を用意してくれています。
さっそく10時頃には1頭の羽化がありました。
f0177529_08054172.jpg
今日も開館と同時にたくさんの家族連れの方々が来館してくれました。
f0177529_08070821.jpg

岡田さんも大活躍です。
f0177529_08073041.jpg
午後になってもたくさんの方々が来館され、お絵かきや昆虫館周辺での昆虫採集を楽しんでおられました。

 
f0177529_08141350.jpg
来館者の目の前で、カラスアゲハがどんどん羽化する場面を見てもらうことができました。
f0177529_08161055.jpg
f0177529_08173594.jpg
美しいメスの翅を広げた場面をみなさん、スマホで撮影されていました。

今日もイモリくねくね池付近でヤマカガシを目撃しました。草丈も長くなり、昆虫館周辺はマムシも棲息しているので、清水さんが新たに注意喚起のプレートをラミネートして多数、作ってくれました。
f0177529_08200275.jpg
水路のふたの際にも設置しました。来館者の皆さん、ヤマカガシは毒蛇なので、気をつけて下さい。
f0177529_08223979.jpg
網舎のカブトムシはまだ数多く見ることができます。
お盆の臨時開館は16日(水)までです。
ぜひ、佐用町昆虫館でゆっくりとお過ごしください。

(報告 末宗安之)






by konchukan1 | 2017-08-15 08:32 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

2017813

一日館長:岡田 浩資 サブ館長:斎藤 泰彦

スタッフ:清水 哲哉 河村 幸子

来館記載者: 210名  天気 :曇り

昆虫館に到着すると既に斎藤さん清水さんにより開館準備が完了してました。ありがとうございます。

お盆休みということで開館から閉館まで絶え間なくお客様が来られました。

長時間滞在される方は少なかったように思えます。

f0177529_21102660.jpg
f0177529_21111468.jpg

清水さんが、ルリボシカミキリを展示してくださいました。

ラボは、清水さん斎藤さん河村さんに任せ、岡田は、カブト虫の幼虫の為にマット交換に専念させていただきました。

f0177529_21113164.jpg

古いマットを掻き出していると初2令の幼虫がいるのに気付き上の方だけを交換する形にしました。

f0177529_21115133.jpg
佐用町昆虫館は8月11日(金)から8月16日(水)までお盆の臨時開館をしております。
里帰りでの楽しい時間を佐用町昆虫館でお過ごし下さい。

(報告 岡田浩資)


by konchukan1 | 2017-08-13 21:18 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

8月6日(日)の昆虫館

86(日)の昆虫館

一日館長:齋藤泰彦  サブ館長:岡田浩資

天候:晴れ

来館記帳者:104名 (実質150~160名)

セミの声が絶えることのない暑い一日でした。

ヒグラシ、アブラゼミ、ニイニイゼミ。そして時々ミンミンゼミ。

館の庭では、第3化となるジャコウアゲハが終齢幼虫となり、早いものは蛹になっています。

f0177529_17544877.jpg



f0177529_17550243.jpg


8月の20日頃には、妖しい感じの黒っぽい大きな蝶の舞う姿を見ることができるでしょう。

幼稚園児くらいになるとカブトムシやクワガタが大好きです。

それよりも小さい幼児では、カブ・クワが怖いようです。

イモリやカメに人気があります。それとも水遊びが楽しいのかな?

f0177529_17554542.jpg



f0177529_17562956.jpg

あとは自由にお絵かきをしたり。

f0177529_17562301.jpg

フナやドジョウが入っていた一番端っこの水槽に住人がいません。

どういう経緯かは分かりませんが、病気が発生し全滅したのではないかと推測します。

そこで、殺菌・消毒を兼ねてメチレンブルーを投入しました。

一週間ほどこのままにしておき、整備します。

昆虫館の前の道路では、相変わらず速い速度で通過される車があります。

お父さんお母さん、お子様から目を離さないでください。

しっかりと手をつないだください。お願いいたします。

(報告 齊藤泰彦)


by konchukan1 | 2017-08-06 17:53 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
2012年から連続6回目のしあわせの村(神戸市北区)での「いどうこんちゅうかん」です。
場所は、温泉健康センターの出入り口ホールです。人の出入りが多いと自動ドアは開きっぱなし!今年もかなり暑いしあわせの村でしょうか?
f0177529_22301310.jpg
11時集合で、まずはカヤ用のセミ採りです。しあわせの村はシャーシャージージーとやかましいほどにセミはたくさんいるのですが、木登りしないように・・・なのでしょうか?3~5mあたりまで枝が払われていて、ちょうどアミの高さあたりに抜け殻が鈴なりです。採れるのはアブラゼミばかり。クマゼミは樹のもっと高いところで鳴いています。
f0177529_22325581.jpg
足元にはいっぱいの穴!大人の親指がスポッと入るぐらいのサイズです。結構深い!この写真をブログに貼り付けるときに気が付きましたが、樹の根に沿ってセミがはい出した穴が並んでいるのがわかりますね。


1時です。「いどうこんちゅうかん」のスタートです。
f0177529_05139.jpg
   さっそくたくさんの人がきてくださいます。カヤの前には子どもたちの列ができています。
f0177529_055294.jpg

f0177529_06977.jpg
    ヒラタをじーっと見ています。「さわってみる?」「見とく。」ちょっとこわいかな?
f0177529_07391.jpg

f0177529_072792.jpg
熊本で採ってきたコメツキくん。バチッとひっくりかえってくれるかな? しばらく待ってみましょう。
f0177529_074460.jpg
出来立てのほやほやの昆虫館の缶バッジ。セミ3種を買ってくれました。「かっこいいでしょ!」と言いたいのだけどちょっと恥ずかしい。

f0177529_08514.jpg
  こちらはカヤです。ちっちゃな子たちでいっぱいです。アブラゼミが大音響で鳴きはじめました。
f0177529_082261.jpg
          カヤの中にいるトンボを胸につけて。Tシャツミニ図鑑だね!

f0177529_083453.jpg
                   帽子にとまったよ!

f0177529_091466.jpg
              最後までにぎやかなしあわせの村でした。

f0177529_092482.jpg
     片付け後に、温泉に入れてもらって汗もさっぱり!さわやかな気分で帰りました。


6年目の開催でしたが、何年も続けることの大切さを感じます。常連の小さなお客さまも背が伸びてどんどん成長しています。「次はどこでやりますか?」という質問も10人近くありました。昆虫館のパンフレットを差し上げてご案内。「昆虫館へ遊びに行きます!」と言ってくださる方も多数です。
ぬりえコーナーは、今年もしあわせの村のスタッフにお願いしました。事前の打ち合わせもメールで。長いお付き合いでできた信頼関係ですね。毎年、呼んでくださってありがとうございます!



体験者数 : 約300人
こどもとむしの会スタッフ : 中瀬大地 室崎隆春 阪上洸多 菅澤祥史 吉岡朋子(報告:吉岡)
by konchukan1 | 2017-08-06 08:01 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)

8月5日(土)の昆虫館

2017年8月5日(土)
一日館長:末宗安之 サブ館長:齊藤泰彦
スタッフ:大江峻弘
来館記載者:97名 天気:晴れ時々曇り

8月になりました。夏らしい、日差しの強い朝です。
f0177529_20073400.jpg
今日も朝早くからサブ館長の齊藤さんが開館準備や生き物の餌替えを丁寧にしてくれていました。
スズムシの水槽の枝にカビが発生したので、木炭と入れ替えました。スズムシの幼虫は元気です。
f0177529_20575456.jpg
9時にはスタッフとして大江君(るり坊)も来てくれました。
今日は長い間品切れで休ませていた昆虫バッジのガチャポンを復活させる準備を齊藤さんと大江君で進めてくれました。
f0177529_20152563.jpg
カプセルは300個、60種のバッジを封入しました。
f0177529_20163416.jpg
以前設置していた場所に、もう一度ガチャポンをセットしました。
どんな虫のバッジが出てくるか、楽しみが復活です。(4つの機械の中で、一つは故障中です)


f0177529_20190196.jpg




今日も開館と同時に家族連れの方々が途切れなく来られました。
f0177529_20503369.jpg


f0177529_20513245.jpg

f0177529_20521337.jpg
今日はノコギリクワガタやミヤマクワガタが人気がありました。
午後はじっくりとお気に入りの昆虫を描く人が多かったです。力作がたくさん出来ました。
f0177529_20535542.jpg
網舎のカブトムシはとても多くなりました。パイナップルが大好きです。


f0177529_21013721.jpg
f0177529_21004903.jpg

園内ではジャコウアゲハの幼虫が順調に大きくなり、サナギが確認出来るようになりました。
午後になるとミンミンゼミやヒグラシの鳴き声が良く聞こえていました。
夏の楽しい思い出を、たくさんの生き物とふれあえる佐用町昆虫館で、ぜひ、お過ごし下さい。
(報告 末宗安之)


by konchukan1 | 2017-08-05 21:12 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

84() (臨時開館)11:00~13:00 
一日館長:野村智範
天気:晴れ

来館者 : 三河保育園 園児16人、引率6人、計22人。

一般 12(本来なら貸切であるが、園長先生の許可もあり、園児の活動に支障がないと判断して入館して頂いた。) 総計 34

後で分かったことだが、今年一番の猛暑日だったそうで、昆虫館でも、外でのんびりお弁当をとはいかない暑さでした。

近くの「ひまわり畑」が満開で、観光客も大変多く来られている中、また、猛暑の中、ひまわりを見た後の昆虫館でした。子どもたちはとても元気でしたが、先生たちは少しばかりお疲れのご様子でした。仕事とはいえ、また、小人数とは言っても、猛暑の中、移動しながら一歳から五歳の幼児を引率するということの大変さは少しばかりは分かります。本当にお疲れ様でした。

ここでおしまいという訳にはいきませんので・・・。

三河保育園は、4年前から毎年来館してくれているし、地元の保育園でもあるので、迎える側としては、飽きさせないために毎回趣向を凝らさなければならない団体さんです。こちら側の「芸」と「技」が試されている気がします。

今年は、満開のひまわりを見てきたばかりだし、園長先生世代なら誰でも知っているので、1974年「スター誕生」でデビューした伊藤咲子の「ひまわり娘」(阿久悠作詞)でお迎えしました。駐車場で、「未満児さん」を待っている間に曲を流したり、一節を斉唱したりしました。

中に入って全員がそろうまでの間、「黙って見るだけ」というルールを決めて見学してもらいましたが、本当に静かに、歩き方まで「そっと」になっていました。

少々オーバーに表現すれば、子どもたちは「動く座禅」をしているようで感心しました。

全員そろったところで、

『3つのやくそく』(とびださない。へびにさわらない。ヘビにいたずらしない。)

を確認しました。よく覚えていましたよ。

兵庫県内で、ヤマカガシにかまれる事故があったばかりですからね。

最初はカブトムシ。昆虫館のおじさんたちが苦労して育てている「カブト誕生施設」巡りをしました。その後、網舎で、たっくさんの、お腹いっぱいになるような気までしてくるカブトムシ軍団とのふれあいをしてもらいました。去年より多かったと思いますよ。

f0177529_19430625.jpg


f0177529_19434688.jpg


f0177529_19440863.jpg

f0177529_19442454.jpg

「未満児さん」は、まずはお弁当タイム。

f0177529_19445686.jpg

お家の方の愛情あふれるお弁当を見せていただきました。




f0177529_19452470.jpg



f0177529_19453400.jpg

f0177529_19454005.jpg

(報告 野村智範)



by konchukan1 | 2017-08-05 19:20 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)