佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

<   2017年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「いどうこんちゅうかん」が佐用町の三河保育園へおじゃましました。
8年前の水害のあとにいくつかの幼稚園・保育園へ行かせていただきましたが、それをまた復活させようと今回のメンバーが集まりました。まだまだおためしの段階ですが、佐用町の子どもたちのもとへ出かけたいと思っています。

f0177529_1701983.jpg
三河保育園のおともだちと三河小学校の1年生4人が入ってきます。なんだかいつもと違うなぁ!

f0177529_1722617.jpg
近藤さんの「むしのかお」の紙芝居から、はじまり はじまり~~! だれの顔か、わかるかな?


それでは「むしむしタイム」で~~す! すきな虫をすきなだけさわってね!
f0177529_1742588.jpg
                    なにからさわろうか?

f0177529_176124.jpg
                    ニジイロクワガタだよ!

f0177529_1765431.jpg
渋い虫が気に入りましたね。オオゾウムシ。ゾウさんみたいにお鼻(口だけど!)が長いのわかるかな?

f0177529_1782595.jpg
                  イモリちゃんです。かわいいね!

f0177529_1791264.jpg
                  ヘラクレス!かっこいいでしょ!

f0177529_1710134.jpg
                  やっぱりカブトムシ サイコ~~!!!

f0177529_189114.jpg
姫路ケーブルTVと佐用ケーブルTVのカメラや佐用町の広報紙の取材の方たちも来ておられました。
インタビュー!!!


f0177529_17391821.jpg
              こちらは、野村先生。カエルさん???かな???

f0177529_17401172.jpg
                  イシガメさん!ひっくりかえっちゃった!

f0177529_17123377.jpg
              後半になって、ぬりえにも子どもたちが集まってきました。




f0177529_1710504.jpg
              カヤの中も子どもたちでいっぱいです。久保さん大活躍!

f0177529_17112449.jpg
                      かっこいいね!

f0177529_1712098.jpg
                     ちょうちょ、もてたよ。




f0177529_17134390.jpg
あっという間に時間です。「むしむし大博士の質問コーナー」です。
29人全員が質問や感想をいっぱい言ってくれました。とても楽しい時間だったようで、むしさんとなかよくなってくれたのがとてもよくわかりました。私たちもとっても楽しかったよ!

f0177529_1715105.jpg
最後に思いがけなく、こどもたちから歌のプレゼントです!「かぶとむしのうた」と「かたつむり」の2曲です! 3歳ぐらいのちっちゃい子もいっしょうけんめい歌ってくれてました。とっても感激です!


f0177529_17302694.jpg
                 またきてね~~~!またくるね~~~!


三河保育園は、タガメを飼ったり、ツマグロヒョウモンの羽化が観察できるようにとさなぎが並べて展示されてたりと、びっくりポンな保育園でした。園長の豊福先生がいきものがとてもお好きで、いきものの不思議やおもしろさを、とても上手に子どもたちに伝えてらっしゃいます。
はじめの近藤さんの「むしのかお」でも 子どもたちの反応がとてもよかったです。すばらしい環境の中で佐用の子どもたちがすくすく育っていることがとてもよくわかりました。
突然のお願いを、こころよく受け入れてくださった三河保育園の先生方。ありがとうございました。また、あそびに行くね~~~!昆虫館にも来てね!


参加者:保育園児 25人 (年長 10人 年中 3人 年少 5人  ~3歳児 7人)
     三河小学校の1年生 4人

こどもとむしの会スタッフ : 久保 弘幸・近藤 伸一・野村 智範・斎藤 泰彦・吉岡朋子 (報告:吉岡)

 
by konchukan1 | 2017-06-30 08:57 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
f0177529_1822750.jpg
 三河保育園の後、午後には同じ佐用町内の南光保育園におじゃましました。あいにく降り出した雨で、少し地面もぬれています。

f0177529_1823712.jpg
 最初はやっぱり近藤さんの「虫の顔」。みんな大きな声で虫の名前を答えていました。こわ~いハンミョウの顔に、ちょっとドキドキしたかな?

f0177529_1842917.jpg
 コメツキムシをひっくり返しては、「ピンッ」と跳ねるのに夢中です。コメツキ君、おつかれさま!

f0177529_183063.jpg
  カイコを触るのはちょっと気持ち悪い? でもがんばってさわってみました。

f0177529_1831081.jpg
  ニジイロクワガタは、やっぱり人気のまとです。ちょっと自然の生き物とは思えないようなかがやきですからね。最初は、ギザギザした大あごにはさまれそうでおっかなびっくり。でもほとんど挟まないとわかってからは、だんだん大胆にさわるようになりました。

f0177529_1824875.jpg
  イモリはここでも大人気。小さい子は、やっぱり水の生き物が大好きです。

f0177529_1833510.jpg
  先生も負けられません。大きなトンボを手にのせて「どう?」って、ちょっと自慢顔?

f0177529_1835121.jpg
  トンボをいっぱいTシャツにとまらせて、大喜びです。

f0177529_1841091.jpg
 そして最後はお絵かき。みんな、虫たちを生き生きとかいてくれました。ほんと、小さい子が描く絵は、びっくりするぐらい楽しい絵ばかりです。

f0177529_185756.jpg
 最初はこわごわだったけど、虫をさわれるようになった子。大好きな虫で遊べて大満足だった子。にぎやかで楽しい時間を過ごすことができたのは、スタッフも同じです。また来るからね!



参加者:保育園児 29人 (年長 10人 年中 9人 年少 10人 ~3歳児 19人 )

こどもとむしの会スタッフ:久保 弘幸・近藤 伸一・野村 智範・斎藤 泰彦・吉岡朋子(報告:久保 )
by konchukan1 | 2017-06-30 08:00 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)

2017年6月25日
一日館長:竹田真木生、サブ館長:岡田浩資
スタッフ:野村智範、末宗安之
天気:雨時々曇り後雨
来館記載者:111名

朝は雨が降っており、今日は人は少ないと思いきや、蓋を
開けてみると記帳者111名でした。
スタッフは私と岡田さん。岡田さんはもっと
いたような気がするといっていました。

f0177529_21150600.jpg
午前中五組が同時に来訪し、30人以上が一団で来られたので対応が大変でしたが、みなかわいい、いい子ばかりで、楽しく虫に触り、お絵かきを楽しんで帰られました。
午後も昼過ぎから多数の来訪者
がありましたが、雨で帰るに帰れず困っていました。
f0177529_21160246.jpg


f0177529_21163519.jpg
午前中に(近所の?)年配
の方が採集した標本をもって訪れられ、話してかえられました。
アオカミキリな
どあまり見ないものも入っていました。
子供たちにはヘラクレス(元気)、オオ
クワガタ、ヒラタクワガタ、マダガスカルゴキブリ、ヤモリなどが人気。タガメのお食事も目撃し、大きな歓声が上がっていました。
福建省のオオクワが元気がなく介護が必要
か?
久保さんが持ってこられて、20cmくらいのところに置いた標本箱の上に
子供が膝をついてガラスが割れましたが、怪我はなし。
途中、末宗先生、野村先
生が来訪され、名調子の講義。網室では柞蚕が蛹化し繭がいくつかぶら下がっていましたがカブトムシは不作のよう。
モリアオガエルの卵のある辺りの石の道にウマノスズクサが多数花を落としていました。


f0177529_21171605.jpg

f0177529_21174174.jpg



f0177529_21205990.jpg
ギボウシの花は白かったと思っ

ていましたが、うっすら紫の色がついています。ヒトの記憶などあてにならないもの。

f0177529_21220127.jpg
さて、最後の怪獣の写真は何でしょう?カニかなあ?足が4対あるぞ。カニなら十脚類だから5対だね。さあてなんだと思う?

(報告:竹田真木生)


by konchukan1 | 2017-06-26 21:29 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
 24・25日の一泊二日で、「スーパーむしむしキャンプ」が開かれました。場所は、兵庫県三田市のキャンプ場です。

f0177529_19551388.jpg


 参加者はこどもたちだけで80人、ご家族を含めると総勢150人の『大むしとりキャンプ』です。コーディネートは三田市の有馬富士自然学習園。キャンプのお手伝いは、県立人と自然の博物館スタッフ、関西の全昆虫館~橿原市昆虫館、伊丹市昆虫館、箕面昆虫館、そして佐用町昆虫館~のスタッフという豪華版です。

 午後の集合にもかかわらず、午前中から会場に集まり始めたこどもたちは、すでに全開モード。それぞれに自慢の採集道具を手に、早くも興奮状態です。その写真をここに貼れたらいいんですが、なんとこのワタシも久々の虫採りに興奮状態で、写真を撮るのをすっかりわすれていました(あほかいな)。

 ともあれ集合して、いろんな注意を聞いた後で、網を手にキャンプ場の裏山を回って川のそばを通るルートの確認。そしてあとは、夜まで自由に虫を採るという、虫好きのこどもたちにとっては夢のような一日が始まったのでした。

 そして最大のイベントは24日の夜。各昆虫館とひとはくのスタッフが設営した3カ所のライトトラップが点灯されると、こどもたちは釘付けです。

 
f0177529_2021460.jpg


 おどろいたことに、さすがは昆虫大好き少年少女。まったく偏見をもたずに、虫という虫に興味津々です。「蛾は気持ち悪い~」なんていう子が多いのかと思いきや、ほとんどの子が、平気で手づかみ(だから鱗粉ははげてしまうんですが)で採集です。

 
f0177529_2041366.jpg


 でもやっぱり人気はクワガタです。カブトムシを採りたい子も多かったのですが、残念ながらカブトムシには少し早すぎたかもしれません。それでも、ミヤマ、ノコギリ、コクワは、多くの子が採集していました。

 途中、雨が降り出したのですが、こどもたちは雨でも平気。合羽に身を固め、あるいはずぶぬれになりながらライトトラップの前を離れませんでした。なんと真夜中まで頑張った子もいたんですよ。

 25日は朝から雨だったので、ホールに集まって、みんなが採集した虫を見比べたり、

f0177529_2074766.jpg
 

f0177529_2073798.jpg


 顕微鏡をのそきこんだり、

f0177529_2092195.jpg


 お絵かきをしたりして楽しみました。

f0177529_20101353.jpg


 どうです?ここもたちの作品は。

f0177529_20104635.jpg

f0177529_2011339.jpg

f0177529_201117100.jpg


 こどもたちと虫採りをしてたのしいやら、鋭い質問攻めにタジタジになるやら、本当に楽しく、忙しく、素敵な2日間でした。

 これから夏も本番。虫の季節はまだまだ続きます。佐用町昆虫館では、たっくさんの虫たちが、みんなをまっていますよ!!!
 



【 スタッフ 】
キッピー山のラボ(三田市有馬富士公園自然学習センター): 池田 大・奥井かおり・長谷川 真奈維・高瀬 優子
県立人と自然の博物館 : 八木 剛・山内 健生
箕面公園昆虫館 : 中峰 空
伊丹市昆虫館 : 長島 聖大
橿原市昆虫館 : 中谷 康弘
佐用町昆虫館(こどもとむしの会): 久保 弘幸・吉岡 朋子・中瀬 大地
テネラル : 室崎 隆春・徳平 拓郎・中谷 朱里・坂本 貴海・篠谷 遼太・中本 南
ユーススタッフ : 新熊 千遥・牧 菜々美
by konchukan1 | 2017-06-25 20:14 | こどもとむしの会のイベント | Comments(1)
一日館長:末宗安之、サブ館長:茂見節子
スタッフ:大江峻弘(るり坊)
来館記載者:31名
天気:曇り時々晴れ

思ったよりも好天に恵まれた朝です。夕方まで雨は降らない予報でした。
f0177529_21564757.jpg
9時頃に昆虫館に到着すると、早速屋根の上を悠々と飛び回るアサギマダラを確認。
また、旧入り口付近で今年大発生したキアシドクガの成虫を確認。(注:毒はない種類です)

f0177529_22020080.jpg
茂見さんが館内の掃除をしてくださり、大江君(るり坊)もクワガタやナナフシ、カイコの餌を交換して準備万端。
10時頃には谷間のシオジの周りを敏速に飛ぶゼフィルス(ミドリシジミの仲間)を目撃。
ヒロオビミドリシジミか、メスアカミドリシジミの可能性が高いのですが、採集できず、種類は未確認のままです。


今日も10時過ぎから家族連れの方々が途切れなく来館して下さいました。
彼はニジイロクワガタが大好き。
f0177529_22065061.jpg

彼はがんばってヘラクレスオオカブトを持ち上げて家族に写真を撮ってもらいました。
f0177529_22075125.jpg


彼女は好奇心旺盛で、予想外のオオムラサキのサナギの振動にびっくりしたり感動したり。

f0177529_22110472.jpg

彼女は最初はチビクワガタから触り、徐々に大型クワガタに慣れてきました。

f0177529_22142040.jpg


ご家族みんなでマダガスカルオオゴキブリやヤモリの感触を楽しんで下さいました。
f0177529_22161155.jpg

f0177529_23005777.jpg
彼らはオオゴキブリやヤモリを積極的に触って楽しんでいました。

f0177529_22175856.jpg

昆虫館周辺で、たくさんのカミキリムシやコガネムシを採集し、自分で種名を調べることをしっかりがんばっていたお兄さん。弟や妹と共にゆっくりと楽しんでくれました。

 午後から曇りになり、飛来する昆虫も少なめでしたが、ミスジチョウ、ムラサキシジミ、イシガケチョウを目撃。
 特にイシガケチョウは今年初めて確認できました。
モリアオガエルの卵塊も、新たに増えていました。
飼育ケースのカブトムシのさなぎの様子を大江君が確認。多くの個体が7月頃には成虫になると思います。
梅雨の時期ですが、館内のお絵かきコーナーも楽しく過ごせます。
生きたクワガタ、カブトムシ、ゲンゴロウやタガメも目の前で観察できる佐用町昆虫館にぜひお越し下さい。

(報告:末宗安之)






by konchukan1 | 2017-06-24 22:35 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
昨年は仙台。今年の『こどもひかり ミュージアムキッズ全国フェア』は九州初上陸!
九州国立博物館のお世話で熊本県立 装飾古墳館での開催です!

「熊本発、全国の子どもたちへ」と、今年も北海道から沖縄までの30以上のミュージアムが集合しました。
f0177529_17112530.jpg
   ここが装飾古墳館です。まわりはたくさんの古墳の丘が点在。古墳の中も復元されています。



われわれむし班は、前日入りして恒例のカヤ虫とりです。
新神戸から熊本までは新幹線で、なんとなんと3時間半で行けちゃうのです。

熊本駅で迎えてくれたのは・・・床から顔出す
f0177529_1722054.jpg
                   く~~~まモン!

f0177529_17294011.jpg
蚊帳に入れる虫の採集を兼ねて阿蘇山へ行きました。まだまだ地震で崩落したところが多く、阿蘇の上まで3通りあるルートの内、1通りしか通れないという状況でした。

f0177529_17243069.jpg
阿蘇山の道路の周りは一部人工林のところもありましたが、ほとんどが牧場になっていて、牛がたくさんいました。糞にはダイコクコガネはいなかったものの、糞虫はいくつかいたようです。


f0177529_1534760.jpg
(↑)ぼくはクララの葉を綴るガ類幼虫を見つけて、おもしろいガが得られるのではと楽しみにしていたのですが、テングハマキという広食性のガが羽化してきてがっかりしました。ちなみにこのテングハマキ、同じ場所で採集したヒロハヤマヨモギからも羽化するというさすがの広食性ぶりを発揮していました。ただ、阿蘇山周辺では肝心の蚊帳に入れるチョウなどは得られませんでした・・・。


f0177529_17251047.jpg
遅めのお昼ご飯に、高菜ご飯、だご汁(団子汁)、馬刺しをいただきました。熊本の草原の恵みです・・・。

この後、会場の装飾古墳館へと向かいました。古墳館の周りにモンシロチョウやトノサマバッタがたくさんいて、無事蚊帳虫を採集することができました。
f0177529_17252132.jpg
夜は古墳館の近くでライトトラップをしました。フタモンウバタマコメツキなど、後に子どもたちから人気を博す虫が得られて良かったです。
ガはなんともいえない感じでしたが、個人的にはスヒロキバガが採れたのが、南方感があって少し嬉しかったです。

                                     【報告:阪上】
by konchukan1 | 2017-06-20 19:13 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
f0177529_21285426.jpg
6月17日(土)全国フェアの1日目です。当日朝から準備するブースもあるので、初日は12時から17時の開催です。お天気いいし、カヤ虫そろっているし、準備はばっちり! 今回の虫班は ちょっと余裕です。 



f0177529_17471716.jpg
 肉球の上に・・・ニジイロ?      あっ!トラりんだ!      ヘラクレスともツーショット!

京都国立博物館の「トラりん」です。 フェアの開始前に、トラりんも「むしむしたいけん」!!!




f0177529_17462384.jpg
埴輪にまたがっているのは古代人!? ではなくて、むしむしスタッフです (^O^)  今回のブースは、会場の入り口に近い「はにわ公園」の木立のあいだです。周囲には "はにわ"の遊具がいっぱいです。

まだ時間があるので『装飾古墳館』 を見学しましょう!


***装飾古墳とは、全国の古墳時代に豪族たちがこぞって築造した墓である20万基の古墳のうち、古墳の内部にある石棺や石室にレリーフや彩色で彩られた古墳を言います。660基だけの貴重な遺跡です。そのうち30%が熊本県から発見され、日本一の数を誇ります。***

とのHPの説明のように、色鮮やかな装飾のなされた古墳の精密なレプリカが展示されています。「前方後円墳」はみんな習って知ってますが、「円墳」「方墳」それを組み合わせた「前方後方墳」「上円下方墳」・・・早口言葉のようですがいろいろあるのですね。虫メンバー4人で「ぼくはこれ」とか「ぼくは、前上円下方後方墳がいい」「そんな立派なお墓、だれが作ってくれるの???」とか盛り上がっていました。


11時。全体ミーティング。スタッフ全員に招集がかかります。
f0177529_17492031.jpg
     今回のメンバー全員集合です!全国から30超えのミュージアムが熊本に集結しました!

当日のプログラムは こちら!


さあ、12時!フェアの開始!昆虫大捜査線の開始です!!
八木先生の説明を聞いた後は、畑の周囲を中心にみんなで虫とりをしましょう!
f0177529_1753124.jpg
         ちょうちょがいっぱい飛んでいます! バッタもはねています!
f0177529_188594.jpg
                   「わたしも、虫とり!」



f0177529_1893253.jpg
とってきた虫をシール袋に入れて、スタッフに種名を書いてもらいます。「なにバッタか知らなかったよ!」とか「うちの子が言うとおりだった。」とか「初めて専門家に虫の名前を教えてもらえてよかった。」とか、いろいろな声がきけました。
f0177529_1894874.jpg
   たくさん採れた種は、カヤの中へ! 虫とり専属スタッフ?の彼。いっぱい採ってくれました!






初日は13時から「長崎ペンギン水族館」の『フンボルトペンギンとふれあいたいけん!』がありました。
f0177529_1902054.jpg

f0177529_18223089.jpg
13時になると、みなさん「ペンギンに行こ!」「ペンギン!ペンギン!」と行ってしまい、「むしむしたいけん」のブースはこのとおりガラガラ! こんなことは「こども☆ひかり」に参加して6年目ですが初めてです! 涼しい風が吹いてるし、のんびりやりましょう!


f0177529_18242149.jpg
             「カブトムシ ばい!」   熊本弁。いいなぁ~!
f0177529_18263386.jpg
昨夜のナイターにいっぱい来たフタモンウバタマコメツキです!30代のお父さんお母さんたちは「こどもの頃、これでよく遊んだ。」とおっしゃってましたが、子どもたちは初めて見る様子。「カチ虫」とか「バチ虫」と熊本では呼ぶらしいのですが、呼び名のとおり バチン!と跳ねてひっくりかえります。のぞき込む子どもたちのおでこにバチン!!!「びっくり~~!」  おもしろくて、コメツキムシがくたびれるまで延々とひっくり返して遊んでいました。今回の人気者です!

f0177529_18272444.jpg
17時の終了時まで、カヤやむしむしたいけんのブースは人が途切れませんでした。17時の終了後、片付けをはじめても「帰らない!」と泣きはじめる男の子 2人!さあどうしましょ? なだめてなだめて、明日また来るお約束の指切りにスタッフみんなとハイタッチをして納得のお帰り。明日もホントに来てくれるかな?


f0177529_22325022.jpg
 そうそう、こちらが全国フェアに出没するホンモノの旧石器人です。「その虫アミとこの矢を交換しろ!」(という意味の旧石器時代語?)と言われて取り換えっこです。確かに本物の石の矢じりがついていました!

                                      【報告:吉岡】
by konchukan1 | 2017-06-20 18:47 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
6月18日(日) フェア2日目は10時~15時です。
きのうの終了時に「帰らない!」と泣いたりょうま君。2日目の今日も朝9時過ぎに虫アミと虫カゴをもって約束通りおかあさんと来てくれました!今日も、むしむしな1日にするぞ~~!

「昆虫大捜査線」も2日目です。八木先生の説明を聞いて、今日は古墳の芝生で虫とりをしましょう!
f0177529_18342784.jpg
トノサマバッタがたくさんいたので、みんな夢中で追いかけています。虫とりタイムが終わった後も、捕まえられなかったトノサマバッタへリベンジしに行く子がいました。

f0177529_18335760.jpg
虫ブースは一番奥にありましたが、それでもたくさんの人が来てくれました!また、木陰で行ったので屋外でも快適でした。古墳館のまわりには、この通りたくさんの古墳があります!

f0177529_18353268.jpg
                  虫さんいっぱい採れたかな?

f0177529_18363725.jpg
  古墳の丘の上で虫を採ったり、パラシュートを飛ばしたり! 子どもたちは思いっきりあそんでます。

f0177529_18401273.jpg
虫とりを終えた子どもたちが、たくさん来てくれました。相変わらずコメツキが大人気!むし班エースのヘラクレスも負けるな!
f0177529_18411738.jpg
カヤにも途切れることなく子どもたちがやって来ます。こどもたちが出入りするときに虫が逃げそうになるので、スタッフは大変でした。


今日は、1時からはくまモンが会場にやってきます。虫ブースは今日もガラガラになるのでしょうか?
f0177529_18414516.jpg
古墳館のころう君、京都国立博物館のとらりん、そして熊本一の人気者くまモンと3人そろって「くまモン体操」です。3人トリオのキレッキレの体操に、舞台になってる「ゆめはく号」はゆっさゆっさ揺れてます! ゆめはく、大丈夫かな? 熊本でのくまモン人気はすごいです。「くまモン体操」がはじまると、ほとんどの子どもたちも一斉に体操!まちがえる子なんていません! できるのは当たり前?!
f0177529_18501124.jpg
くまモン登場で虫ブースから人がいなくなるのかなぁと思ってましたが、心配するほどのことはおこりませんでした。それどころか、どんどん人が増えてきます!虫ブースのまわりは木陰に涼しい風がとおるので、みなさん涼みながら、虫を見ながら、シートひいてピクニック気分。「建物の中は、暑くて暑くて!ここ、涼しくていいのよ!」とお母さん方。ホントにとてもいい風が吹いていました。


f0177529_18521157.jpg
カヤ虫が少なくなっても大丈夫。みんなアミとカゴを借りて、トンボやバッタを採ってきてくれます。虫とりと虫遊びの繰り返しで、一日中 虫ブースで遊んでおられた家族も何組かいました。

f0177529_1853125.jpg
  奈良から連れてきたルリセンチコガネです。歩きかたがかわいいので、小さい子たちに人気でした。

f0177529_18522636.jpg
今回「こどもひかりプロジェクト」のイベントに初参加だったのですが、虫を通じてたくさんのこどもたちとふれあえ、九州の昆虫も採集できて、僕自身も楽しかったです。これからも こどもとむしの会 のみなさんと一緒に日本全国で「いどうこんちゅうかん」や「昆虫大捜査線」をやっていきたいと思います。




「昆虫大捜査線&むしむしたいけん」参加者
    1日目: 238人 (フェア来場者:2100人
    2日目: 358人 (フェア来場者:2300人)
『昆虫大捜査線&むしむしたいけん』のスタッフ : 八木 剛・阪上 洸多・堀内 湧也・坂本 貴海・吉岡 朋子(こどもとむしの会)【報告:坂本】
by konchukan1 | 2017-06-20 18:31 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
2017年6月18日(日)
一日館長:岡田 浩資、サブ館長:八田 康弘
スタッフ :斎藤 泰彦、 野村 智範
天気:晴れのち曇り

来館記載者:131名


本日 昆虫館に午前6時半位に到着しました。
晴れてはいましたが、まだ少し肌寒く感じました。時間が経つと共に気温も上がり湿度も高くなってきました。
 暫くすると斎藤さんが来てくださいました。
早速 モリアオガエルの卵塊からオタマジャクシが羽化する様子を観察できるように展示してくださいました。

f0177529_18522172.jpg
f0177529_18531034.jpg


午前中は、来館者も少なくゆったりと過ごせました。
昼過ぎあたりから来館者も増え館内外共に賑やかになりました。

f0177529_18560922.jpg
昨年も来られていたリピーターの女の子も、ヘラクレスオオカブト クワガタムシを手にし喜んでくれました。
f0177529_18554684.jpg

館外では、斎藤さん野村さんの二者会談から八田さんも加わり三者会談になり話が盛り上がってました。
f0177529_18562566.jpg

閉館後 ヤマカガシがモリアオガエルを捕えてました。モリアオガエルも必死で抵抗してましたが、やはり勝てなかったようです。

(報告:岡田浩資)


by konchukan1 | 2017-06-19 18:57 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

2017年6月17日(土)

一日館長:近藤伸一 サブ館長:越智 剛 
スタッフ:野村智範

来館記載者28
天気:快晴

今回は越智こうき君(6歳)の昆虫館の一日を紹介します。

f0177529_21052459.jpg

入り口が変わりました。青い服がこうき君です。

f0177529_21055674.jpg

みんなで昆虫採集

f0177529_21061664.jpg

ヘビトンボ見つけた


f0177529_21065195.jpg

ジャコウアゲハの幼虫見つけた
f0177529_21071594.jpg

ジャコウアゲハの蛹も見つけた

f0177529_21073823.jpg

カブトムシの蛹を観察

f0177529_21082914.jpg

山門のサクラの木でゲンジボタル発見

f0177529_21085371.jpg

いろいろなチョウとガ、キマワリ、トビゲラなどたくさんのムシがとれました

f0177529_21093030.jpg
モリアオガエルのオタマジャクシが泡の中にいるのを見せてもらいました。

f0177529_06354156.jpg

イモリを観察しました。


f0177529_06360988.jpg

オヤニラミにミミズをあげました。

f0177529_06364200.jpg

野村先生のお話をききました。

f0177529_06370865.jpg

網室にデカい幼虫がいます

楽しい昆虫館の一日でした。

f0177529_06373701.jpg

来館者の皆様にも楽しくすごしていただけたと思います。
(報告 近藤伸一)


by konchukan1 | 2017-06-18 21:03 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)