佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

<   2017年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

講演会と昆虫たいけん
f0177529_15181175.jpg
4月30日「第5回 ムシのプロがこどもたちに熱く語る ムシのお話5つ星レストラン」が、今年も神戸大学瀧川記念学術交流会館で開催されました。
上の写真のセミ凧は、赤松の郷昆虫文化館のコレクションからの展示です。おもしろいデザインに写真を撮る方もたくさんいらっしゃいました。


f0177529_15222095.jpg
講演会のトップは橋本佳明先生(人と自然の博物館/兵庫県立大学)の「アリに化けるクモのお話」です。
橋本先生はユーモアたっぷり。研究の苦労話もすごい!
日本にいるアリの種類は294種類。兵庫県だけでも66種類! 日本全土にいるアリグモは6種類。「庭にもいる!?」 さっそく「アリグモさがしに行くでー。」と、部屋を出る子どもたち。見つかったかな?

f0177529_15261159.jpg
熱心にお話を聞く小学生~中学生と、50年以上前に小学生だったみなさんで会場はこのとおりいっぱい。
毎回、100名を越える参加者であふれました。


f0177529_9473675.jpg

f0177529_15281443.jpg
「マユってなんだ?―不思議なマユ物語」をお話しいただいたのは三田村敏正先生(福島県農業総合センター)です。お話のあとに、はるばる福島から持ってきてくださったマユが・・・いっぱい!箱から出てくる!出てくる!これは何のマユ? ぴょんぴょん動くマユ、金色のマユ・・・マユっておもしろかったんだ!
参加者おひとりおひとりにマユのプレゼントも。終わった後も、みなさん興味を持たれて集まり、三田村先生の説明が続きました。

f0177529_17344225.jpg
神戸大学理学部の佐倉緑先生のお話は「ミツバチが花を見つける方法」です。
ヒトは「赤・青・緑」の色を見分けられるけど、ミツバチは「青・緑・紫外」。8の字ダンスや円ダンス、ミツバチは自分の飛んだ方向や距離を覚えている!! 佐倉先生はわかりやすい図で説明してくださいました。やっぱりミツバチはすごい!!


そのころ1階のロビーでは・・・
f0177529_15323321.jpg
会員の加茂隆弘さんの「バランス蝶の工作」コーナーや、名古屋の高校生 石川 進一朗くんの昆虫きりがみ細工のコーナが小さな子どもたちに大人気!「ことしは なんだか 人が多いぞ!」と左端のセミ凧(赤松の郷 昆虫文化館より移動展示)がつぶやいてます。
f0177529_1551449.jpg
  左側が加茂さんのバランス蝶。       右側は石川くんのきりがみ昆虫の作品です!
f0177529_1611419.jpg
「こどもたちにもきりがみのたのしさを!」 子どもたちが自分でも切ることができるようにと、石川くんはきりがみキットをたくさん作って来てくれました。それでもすぐに Sold out! キットを作りながら切り方を教えてくれていました。アシスタント(?)の石川くんのお母さまも大活躍でした。
f0177529_16313458.jpg
会場をにぎやかにしてくれている虫の壁画は、神戸市立桃山台児童館学童保育クラブの子どもたち(小1~3)の作品です。昨年11月のこどもとむしの会のプログラム「むしのおえかき」で、昆虫標本を各自手に取ってしっかり観察して描いてくれました。「上手だね~~」「元気だね~~」と好評でした。
f0177529_15571118.jpg
「いどうこんちゅうかん」でもおなじみ。清水哲哉さんの3D写真を親子でたのしんでくれてます。

奥のスペースは恒例の標本展示です。標本箱がた~~~くさん!
f0177529_1622100.jpg
          毎年展示いただいている藤居孝聡さんの「めずらしい甲虫たち」
f0177529_9354174.jpg
  こちらは会員の高橋耕二さんの「世界の蝶」貴重な標本もあって、これを見られただけでも大満足!

f0177529_9355891.jpg




五月晴れの青空の下では「こんちゅうたいけん」です!生きてる虫やイモリをさわります!
f0177529_162518100.jpg
         「みんなのおっきな虫かご!」子どもも虫もカヤの中です!
f0177529_162841.jpg
               パパ! みてみて~~!!!おっきなちょうちょ!
f0177529_1636191.jpg
                 オオゴマダラの幼虫ちゃん!
f0177529_16361782.jpg
           マダガスカルオオゴキブリも女の子となかよしに。


さわやかな六甲の風の中でジャグリングの演技を見ながらのお弁当は格別です!(すみませ~~ん!写真がありません!)
f0177529_0135650.jpg




ランチの後は、佐藤大樹先生(森林総合研究所)の「キノコと昆虫の戦い―虫から生えるきのこ冬虫夏草のふしぎ」が始まります。きのこと虫の壮絶な戦い。。。。。 知りませんでした。「日本は冬虫夏草王国」だったのですね。
f0177529_1649425.jpg



f0177529_16574639.jpg
尾崎まみこ先生(神戸大学理学部)は子どもたちにどんどん話しかけてくださいました。「舐(な)めて触(さわ)って虫が感じる!!」虫たちのコミュニケーションですね。
f0177529_170654.jpg
子どもたちにわかりやすいようにと、アリさん実験キットもテーブルにひとつずつ準備してくださいました。さあ、どうなるのかな?
それまで、別々にしていたアリをいっしょにすると・・・別の巣にいたアリは「敵」に蟻酸をかけました。手元でこんな実験が見られるなんて感動! 準備が大変でしたでしょう。

f0177529_1755841.jpg
高見泰興先生(神戸大学大学院人間発達環境学研究科)は「虫の不思議なカタチの話」です。 たくさんのオサムシの写真、オサムシは世界に1000種!交尾器の違いの写真はすごい!

f0177529_1774862.jpg
島津製作所の櫛引敬嗣先生は「レントゲンで見る虫のからだのひみつ」です。島津製作所の技術のすごさに、研究者のみなさんも興味津々です。


今年の5つ星のメニューはいかがでした?
シェフの先生方が子どもたちに食べやすいようにと、いっぱい工夫を凝らしてくださったお料理が7つもならびました。
先生方。お忙しい中、ありがとうございました。

ビュッフェの品々をご用意いただいたみなさま、今年もありがとうございました。
ビュッフェのおつまみに出演してくれたむしさんたち、今年もありがとう!
臨機応変にお手伝いくださった昆虫研のみなさま、ありがとうございました。 

ことしは一般の来場者がとても多く、過去最高の人数になりました。
外で遊ぶ子どもたちはとっても元気で、笑顔で。
こちらも5つ星!でした。


【出 展】
①「バランス蝶 工作」加茂隆弘さん(こどもとむしの会)
②「昆虫切り紙細工」石川進一朗くん
③「世界の甲虫」藤居孝聡さん(神戸大学竹田研究室)
④「世界の蝶」高橋耕二さん(こどもとむしの会)
⑤「セミ凧」相坂耕作さん(赤松の郷昆虫文化館/こどもとむしの会)
⑥「こんちゅう3D写真」清水哲哉さん(こどもとむしの会)
⑦「屋外ジャグリング・パフォーマンス」神戸大学ジャグリングクラブ
⑧「受付」竹田悦子さん・竹田海十里さん
⑨「生き虫たいけん&カヤ遊び」中谷康弘(橿原市昆虫館)前田慧・船元祐亮・阪上洸多・徳平拓朗・中野彰人・宇野宏樹・脇村涼太郎(テネラル)

【参加者】虫好きの人々:約300名(記帳者219人) うち 子ども:約150人
     
                                 (報告:河村幸子 吉岡朋子)
by konchukan1 | 2017-04-30 20:48 | こどもとむしの会のイベント | Comments(0)

一日館長: 岡田 浩資
サブ館長: 清水 哲哉 スタッフ: 斎藤 泰彦
訪問:庵逧典章佐用町町長
記載来館者:85人

天気:晴れ


f0177529_19184524.jpg

昆虫館に到着すると斎藤さんと清水さんが早速
開館準備や作業をされていました。
ありがとうございます。



f0177529_19190899.jpg
負けじと岡田も作業開始
クワガタの幼虫 餌替えです。



f0177529_19194542.jpg

お客様も続々と
クワガタや昆虫採集で楽しまれました。


f0177529_19204603.jpg

ラボもお絵描きなどで楽しまれました。





f0177529_19210977.jpg

庵逧町長さんが御来館されました。
多くのご家族が長時間滞在され楽しまれました。
いよいよ5月になります。今日は昆虫館にも初めてオナガアゲハが飛来しました。
寺谷川でもニホンカワトンボが目撃できました。
GWはたくさんの生き物が待っている佐用町昆虫館へぜひお越し下さい。
(報告:岡田浩資)







by konchukan1 | 2017-04-30 19:41 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

2017年4月29日

一日館長:末宗安之、サブ館長:茂見節子

スタッフ:清水哲哉、大江峻弘、野村智範

天気:晴れ一時雨

来館記載者 27人

さわやかな朝です。GWスタートの日にふさわしい日差しです。

f0177529_22503169.jpg


昆虫館入り口付近のソメイヨシノはまだ、花が残っています。今年はエドヒガン、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、カスミザクラの花の時期が少しずつ重なり、とても美しい風景が長く楽しめました。

f0177529_22510288.jpg


午前9時に昆虫館に着くと、2日前に仙台を離れてここまで来て下さった清水哲哉さんが先に開館準備を進めてくれていました。

清水さんのお土産は、展翅をやってみたい子供たちのために、仙台産のヒメギフチョウや採集したばかりのミヤマカラスアゲハの三角紙標本です。

 今回はまずサブ館長の茂見さんが人生初の蝶の展翅に挑戦です。

f0177529_22521095.jpg


 さらに茂見さんは謎の鳥のさえずりがずっと聞こえるので、鳥の鳴き声検索で調べてくれています。

f0177529_23011516.jpg

姫路市環境局環境政策室から3人の方々が7月に予定している昆虫館見学の下見に来館してくれました。カブトムシの幼虫の様子を一緒に見てくれました。

f0177529_22540801.jpg


今日も家族連れの方々が多く来館してくれました。

f0177529_22550434.jpg


彼は二つ折りにした色画用紙をハサミ切りながらリアルな昆虫をどんどん作ってくれました。素晴らしい!

f0177529_22553062.jpg

f0177529_22554761.jpg



茂見さんの作ったヒメギフチョウの展翅標本を見て、「やってみたい」と申し出た彼に、私がやり方を伝えながら清水さんの持ってきてくれたミヤマカラスアゲハを展翅してもらいます。


f0177529_22563930.jpg

とても上手にできました!
f0177529_22585680.jpg


今日もクワガタムシは大人気。

f0177529_23033674.jpg




f0177529_22544130.jpg

スペシウム光線のポーズの彼は半日、いもりクネクネ池周辺でミナミヌマエビやタカネトンボのヤゴ、イモリを採集し楽しんでくれました。

 もうすぐ保護者のお仕事の関係でアメリカに旅立つそうで、日本での最後の生き物とのふれあいに佐用町昆虫館に来て下さったことを感謝します。

今日は昆虫館周辺でコミスジ、ツマキチョウ、シオヤトンボ、コツバメなどが確認できました。

 ニホンカワトンボやミヤマカラスアゲハも昆虫館にやってくる時期になりました。

 GWの楽しい思い出をぜひ佐用町昆虫館で作ってみて下さい。

(報告:末宗安之)


by konchukan1 | 2017-04-29 23:23 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

4月23日(日) 晴れ

一日館長:八田康弘 サブ館長:近藤伸一 
天気:晴れ


来館記載者:26人

昆虫館の朝方はまだひやっとしていました。

f0177529_20584538.jpg


今年の春は季節が遅れ気味で山桜がまだ咲き、イカリソウなど山野草も遅めです。

f0177529_20461371.jpg
しかし山は新緑のきざしが見え始め、カジカも一声鳴きました。

f0177529_20471835.jpg

そのせいか今年は来館者の出足も遅いように思います。

f0177529_20473808.jpg

来られた方はイモリ取りなどして長い時間楽しまれて帰られます。

f0177529_20475558.jpg

ナナフシモドキが次々孵っており満杯状態です。

f0177529_20481509.jpg

館外ではツマキチョウ、スジグロチョウ、テングチョウが飛び、イカリモンガが訪花した時にはベニシジミが飛んできたのかと思い、花に止まった時にはテングチョウかと思いましたが、ちょうどその時来られていた東さんにイカリモンガと指摘されました。またヤママユの幼虫が2匹いました。

f0177529_20522073.jpg



f0177529_20552357.jpg

近藤さんは次の日曜日開催のムシの五つ星レストラン展示用のグッズを赤松の郷に取りに行かれたり閉館時間を過ぎても説明札の作成をされていましたが私は先に帰らせてもらいました。

(報告:八田康弘) 





by konchukan1 | 2017-04-24 21:03 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

4月22日(土)の昆虫館

一日館長:竹田真木生、サブ館長:野村智範
スタッフ:久保弘幸、 齋藤泰彦、協力:るり坊
天気:晴れ
入館者:4人

天気は素晴らしくて
春を満喫できる条件があったのに
訪問者は4人だけでした。

スタッフの数は訪問者を上回り、
私のほか、野村先生、瑠璃坊、そして久保さん、斎藤さんと
大変豪華な顔ぶれでした。

サルの鳴き声が聞こえる中、うららかな日和を楽しみました。

先週土曜日の松下さんのおかげでか構内はきれいで、
いろいろな花が咲きまたは咲きだし、連休の訪問者の受け入れ準備はばんたん。
f0177529_2226049.jpg

土曜日に持ち込まれた昆虫は、オオゴキブリ(10頭ほど)、
網室に柞蚕幼虫(8個体)以上竹田、
ヘラクレス雌雄、天蚕幼虫2(久保さん)、ギフチョウ( 齋藤さん)です。
f0177529_22185391.jpg


ナナフシ幼虫の孵化がすごくて
容器いっぱいになっているだけでなく、外まで逃げ出しています。

クサギカメムシが動き出してきました。
畳の部屋の外のアサギマダラ幼虫は姿がみえません。
アオバセセリも蛹のまま。
外にはテングチョウ、Pieris属の白蝶が飛んでいるのが見かけられました。

プラナリアを黒の背景に置くと黒い色素胞ガ現れるのですが、
調べてみるとN-アセチル転移酵素(NAT)というメラトニン合成酵素の一つが関与しているようです。
これはおたまじゃくしの色を変える機構と同じものです。
サクサンの光周性(日長を図る仕組み)にも関与しています。
自然界では簡単な仕組みを使いまわして
いろいろの目的に役立てていることがわかります。

メラトニンは不登校児の治療や、ジェットラグ(時差ぼけ)の対応に、
アメリカのドラッグストアでは処方箋なしに買えるようになっています。

東京農工大の学生の辻奈々子さんの色鉛筆で書いた精密画数点を展示しました。
f0177529_2225151.jpg

f0177529_22253596.jpg

河村さんがプリントアウトしてくれたものです。
それと例年おなじみの菅原さんのオオミズアオのアクリル画をかけました。
f0177529_22213297.jpg

Tenebrioのカルチャーはほぼ全滅です。
タガメも先週は水中に潜ったままだったのが、
今週はサイフォンを空中に出していますので
休眠からさめたのだと思います。

六甲ではカエルの声が聞こえるが、
昆虫館周辺ではまだカエルさんはお休み中かも。

さあ今週末から5つ星レストランも開催されます。
瑠璃坊も行きたいなといっています。
みんなで楽しいフェスティバルにしましょう。
(報告、一日館長:竹田真木生)
by konchukan1 | 2017-04-22 22:26 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
4月16日の昆虫館  スタッフ  久保・野村・岡田

 16日の昆虫館は、春らしい陽射しに恵まれた、あたたかな一日でした。

 午前中はお客様がなく、スタッフ一同、虫話などをしながら過ごしましたが、早めのお昼ご飯を食べ終わったころからお客様がお見えになり、夕方までに44人が来館されました。ほとんどが小さいお子さんのいるご家族で、長い間滞在され、虫取りやイモリ探し、カニ探しなどを楽しんでおられました。
f0177529_22155469.jpg


f0177529_22161519.jpg


f0177529_22171299.jpg

 暖かい風に誘われて、ツマキチョウ、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、ミヤマセセリなどが飛び、キタキチョウ、アカタテハ、テングチョウといった越冬組も元気に飛び回っていました。ビロウドツリアブが、もこもこの綿毛のような姿を見せてくれました。

 もちろん館内のクワガタも人気ですが、うららかな陽射しがある庭は明るく、暖かく、とても気持ちがよい一日でした。瑠璃寺の山門あたりはサクラが満開で、時折、吹く風に無数の花びらが舞う、夢のような風景が見られました。川辺にはこいのぼりが上がり、緩やかに空に泳いでいました。素敵な昆虫館に、いつまでもいたい、そんな日でした。

f0177529_22151269.jpg

f0177529_22153311.jpg

by konchukan1 | 2017-04-17 22:17 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

4月15日(土)の昆虫館

一日館長:竹田真木生、サブ館長:八田康弘
スタッフ:松下宗嗣、松下進一、松下志麻、応援:相坂耕作
天気:雨のち曇りのち雨
入館記帳者:17人

朝からあいにくの雨、
記帳者は17人と相坂さんが来られました。
f0177529_1672564.jpg

三木さんのお知り合い、
末宗さんのお知り合いがこられ、
館の歴史と運営方針などを話しましたが、標本展示(沖縄の蝶)の申し出がありました。

途中一次雨が上がった時がありましたがまた雨が再開し、
全般的に寒くて湿った日曜日になりました。

松下君のご家族が来られあちこちきれいに掃除していただきました。

宗嗣君の左ほほのオオムラサキ幼虫は彼が入口横のエノキで自分で見つけたものです。

桜は満開で、ミツマタの黄色ときれいなアンサンブルが見事でした。
f0177529_1663654.jpg

f0177529_1683169.jpg

少し雨が上がったときにテングチョウとツマキチョウ飛びました。
アサギマダラ幼虫は順調です。
f0177529_167663.jpg

水槽では、奥の水槽にプラナリアがガラスを這っています。
f0177529_166721.jpg

奥の水槽ではナナフシの孵化が始まりました。
(報告、一日館長:竹田真木生)
by konchukan1 | 2017-04-17 16:20 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

4月9日(日)の昆虫館

一日館長:近藤伸一、サブ館長:河村幸子
スタッフ:大江峻弘、応援:大江はるか、末宗安之
天気:曇り時々晴れ

4月9日()の昆虫館です

今年はソメイヨシノの開花が遅く、野生のヤマザクラ、エドヒガンと開花時期が重なりました。

昆虫館の入り口も満開です。

f0177529_22195600.jpg

昆虫館の庭もアオキ、トサミズキ、フッキソウなど樹木の花が一気に咲きました。

f0177529_22221778.jpg

広場の丸太にシイタケが発生しています。

f0177529_22204370.jpg


今週の開園日には巨大なシイタケが収穫できると思います。

今日は来園者が少なく、河村さんとるり坊がカブトムシの飼育水槽のマットの大掃除をしました。

f0177529_22211282.jpg

ケースのマットから幼虫の糞をこしとる大作業でした。途中からはるかちゃん、末宗さんが加わり、3つの水槽の掃除が完了しました。

巨大なカブトムシ幼虫が、3つの水槽で80、52、60匹、合計192匹育っています。

現在7つの水槽で飼育しているので、今年は400匹のカブトムシが羽化する予定です。お楽しみに。
(報告:近藤伸一)



by konchukan1 | 2017-04-12 22:09 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
第5回 ムシのプロがこどもたちに熱く語る
ムシのお話5つ星レストラン

申込不要.参加費は無料です。
2017 年4月30日(日) 10:00 ~ 16:30
会場 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 (文・理・農キャンパス)

大学って、どんなところ? 
専門家って、どんな人? 
昆虫の研究って、どんなの?

どなたでも参加できます。
特に小学生に来てほしいです。
昆虫学の大先生たちのお話を聞いて、どしどし質問してください。
昨年のようすはこちら


展示・昆虫体験・工作(1Fロビー・玄関周辺)
フロアのイベント10:00〜17:00
・カードで作るバランス蝶(加茂隆弘)
・昆虫切り紙細工(石川進一朗)
・標本展示「世界の蝶」(高橋耕二)
     「世界の甲虫」(藤居義和・孝聡)
・移動展示「赤松の郷 昆虫文化館」
・こんちゅう3D写真(清水哲哉)
・むしのおえかき作品展(神戸市立桃山台児童館学童クラブ)

外のイベント
・カヤの中で虫と遊ぼう生き虫体験 10:00〜12:00 13:00〜15:00
・ジャグリング(神戸大学ジャグリングサークル JAG6) 昼ごろ

講演会(2F大会議室)
午前の部 10:30〜12:30
「アリに化けるクモのお話―擬態が生み出す生物多様性」橋本 佳明(人と自然の博物館/兵庫県立大学)
「マユって何だ?~不思議なマユ物語」三田村 敏正(福島県農業総合センター)
「ミツバチが花を見つける方法」佐倉 緑(神戸大学理学部)

午後の部 13:30〜16:30
「きのこと昆虫の戦い:虫から生えるきのこ冬虫夏草のふしぎ」佐藤 大樹(森林総合研究所)
「舐(な)め触(さわ)って虫が感じる!!」尾崎 まみこ(神戸大学理学部)
「虫の不思議なカタチの話」高見 泰興(神戸大学大学院人間発達環境学研究科)
「レントゲンで見る虫のからだのひみつ」櫛引 敬嗣(島津製作所)


行き方

〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1 神戸大学内 バス停:神大文理農学部前
● 阪急神戸線「六甲」駅から徒歩15 分
● 神戸市バス36 系統「神大文理農学部前」下車。徒歩数分。
自家用車での来場はご遠慮ください。公共交通機関でお越し下さい。
● 学生食堂がお休みのため、昼食を用意してご来場ください。近辺に売店はありません。

終了後、懇親会を開催します(17:30 ~ 19:30)参加ご希望の方は、4 月22日までに事務局へお問合せください。
f0177529_9525989.png

NPO 法人こどもとむしの会 事務局
TEL: 080-3853-6483  FAX: 06-7878-3758
E-mail: office@konchukan.net
URL: http://www.konchukan.net
by konchukan1 | 2017-04-09 16:52 | こどもとむしの会のイベント | Comments(0)

4月8日(土)の昆虫館

一日館長 :野村智範、サブ館長;茂見節子
スタッフ:

来館記帳者 31


天気:曇り時々雨
本日は、終日曇り、合間に小雨の降る肌寒い一日でした。




コウヤミズキの花が辛うじて咲き始めたところです。

f0177529_21013242.jpg

アサギマダラの幼虫も元気です。
これから先、キジョランの葉をもりもり食べて大きくなり、さなぎから蝶へ、そして旅立って行くのが楽しみです。




f0177529_21142028.jpg


f0177529_21144527.jpg


631人の来館者の皆さんには、クワガタなどの昆虫やイモリに触ったり、お絵描きを楽しんだりして過ごして頂きました。

f0177529_21073390.jpg

f0177529_21133451.jpg


f0177529_21140646.jpg










フッキソウもぼつぼつ咲き始めました。

本格的な春にはまだまだ遠いですが、池のイモリたちの繁殖行動が見られました。

桜の開花が待たれる昆虫館周辺です。

(報告: 野村智範)


by konchukan1 | 2017-04-08 21:27 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)