佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 皆様

 蝶の便りが聞かれ、桜の便りが待ち遠しい頃となりました。
 今年で「むしのレストラン」も4回目を迎え、4月30日に開催することになりました。
 これも皆様のご協力のお陰だと感謝いたしております。
 今年もよだれの出るようなご馳走をズラリと並べて皆様のお越しをお待ち致しております。
 虫好きな人もそうでない方も、お誘い合わせの上是非ご来場下さい。

 
案内はPDFでもダウンロードが可能です。

 
f0177529_18333962.jpg

 
by konchukan1 | 2016-03-31 18:39 | Comments(0)

3月29日(火)の昆虫館

午前中、内藤、野村両先生と三木で、佐用町役場を訪ね、
庵逧町長と平田教育長に「井植文化賞」の受賞報告をしてきました。

有意義な時間でした。
感謝!ありがとうございました。

その足で三木は昆虫館へ。

27日に出来なかったことを済ませてきました。

八田先生が掃除し、ろ過材を替えて下さった水槽には、魚たちがもどってきました。
f0177529_22183210.jpg
齋藤さんが掬ってきたドンコは、野村先生のお蔭で元気に冬越し。


f0177529_22191133.jpg
野村先生がもらって来て下さったオヤニラミも、二回りほど大きくなって春を迎えました。

また、エサ取りショーが披露されることでしょう。

石田さん親子が汗を流された水路の整備は完了。
きれいに水が流れていました。
f0177529_22234666.jpg


ビオトープには、クリンソウが咲き始め、
f0177529_2226498.jpg


清水さんが、カエデとエノキの大木の下に植えた木々は、
特製のサル避け、シカ避けネットのお蔭で、
食べられることもなく、新芽を吹きました。
f0177529_22303739.jpg

はるばる仙台からやってくる清水さんを待っています。

いよいよ4月2日(土)に開館、
3日には午前11時から恒例の「むし開き」を行います。
(三木進)










by konchukan1 | 2016-03-30 22:28 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
開館準備参加者:
末宗安之先生、石田哲載さん、石田眞載君、吉田豊さん、八田康弘先生、前原繁仁先生、
茂見節子さん、八木剛先生、内藤親彦先生、内藤千津子さん、野村智範先生、三木幸子、三木進の13人。

午前9時過ぎに館に到着。作業の準備をしていると、
9時40分に末宗さんに、石田さん親子、吉田さんの新しいメンバーが作業開始。
直ぐに八田、前原両先生、茂見さんも到着。

まずは、園庭の枝と落ち葉、枯草集め。
f0177529_17151632.jpg

枯れ枝はカミキリハウスに。
落ち葉は、カブトムシの家に入れて堆肥に。
f0177529_17165545.jpg

しっかりと詰めることが肝心。

石田さん親子は、カブトムシのエサ、マットの追加。
f0177529_17183341.jpg

飼育容器がたくさんあるので、なかなか大変。

八田先生には、骨の折れる水槽の掃除とエアレーションの濾過材の交換。
f0177529_17241166.jpg

一つでも大変なのに、一日がかりで何と5つの水槽のメンテをしてくださいました。

茂見さんと幸子は、館内の清掃。
水槽の裏側のガラスも、館外のガラスも今回きれいに磨くことができました。
f0177529_1728025.jpg

f0177529_1729776.jpg

廊下の雑巾がけも。
f0177529_17292375.jpg


八木先生、内藤先生、千津子さんも合流。
千津子さんは、徹底して雑巾がけ。
f0177529_17312188.jpg


内藤先生は、ずっと箒を手に、落ち葉を掃いて下さいました。
f0177529_17315136.jpg


高圧洗浄機でマットもきれいに。
石田さん親子が活躍。
f0177529_17335491.jpg

父が洗い、息子が拭く。
f0177529_17342521.jpg

素晴らしい連携です。

八木先生は、根気よく、丁寧に落ち葉や枯草を集めて下さいました。
f0177529_17353451.jpg

f0177529_17361295.jpg


野村先生は池の再生に懸命。
オオサンショウウオ調査時の装備を披露してくださいました。
f0177529_17484751.jpg


この日のもう一つの大仕事は、
屋根の樋に詰まった枯葉や土の除去。
さらに苔取り。

f0177529_17391814.jpg

私が少しずつ作業していると、

末宗さんと前原さんがエンジン全開!
f0177529_17402458.jpg

末宗さんは、さらにアクロバティックに苔落とし。
f0177529_1741486.jpg



午後、
休みなく作業されていた吉田さんが苔取りに加わる。
向こうは午前中から頑張られた前原先生。
f0177529_17424318.jpg


と、誰かが屋根の上に!
f0177529_17435817.jpg

f0177529_17433499.jpg


吉田さんが、クワを手に屋根の苔を徹底的にはぎ落す。
f0177529_17451015.jpg


みんなの努力で、
何十年ぶりかに佐用町昆虫館の屋根の上の苔が排除されました。
f0177529_18332124.jpg

標本室の湿気も、少しは緩和されることでしょう。

2009年の開館時は、学生会員も屋根に上がってくれましたが、
大屋根に上がり、すべての苔を取られたのは、今回が初。
まさに快挙です。

いつものメンバーの努力と忍耐力、
新しい仲間のずば抜けた技術と体力によって、
それぞれの英知の結晶として、
佐用町昆虫館は、また甦りました。

開館は4月2日(土)、
3日(日)には恒例の「むし開き」を行います。
(報告:三木進)












by konchukan1 | 2016-03-28 16:22 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)

3月22日(火)の昆虫館

3月20日(日)の作業を中止したので、
27日(日)の集中作業を進めやすいように、
野村智範先生、三木進、三木幸子で一日
片付けに追われました。

昆虫館は、
野村先生がよく掃除に来て下さっているだけに、
落ち葉も少なかったです。
f0177529_18115167.jpg

齋藤泰彦さんや、久保弘幸さんが来られた痕跡もありました。


フクジュソウはすでに終わり、
ミノコバイモが見ごろでした。
f0177529_18124242.jpg


ビオトープのメダカも、とても大きくなっていました。
f0177529_18131427.jpg


野村先生は、漏水防止の工事が終わったほたるピカピカ池の
落ち葉取り。
f0177529_18143233.jpg

妻は、展示スペースの大掃除にと、次々出てくる課題に向かいました。
f0177529_18151329.jpg


お弁当を食べていると、
何とスジグロシロチョウが網舎の前に飛来。
f0177529_1823982.jpg

それもメスでした。
びっくりしました。

27日(日)の開館作業の段取りを考えて、
ご近所にあいさつ回りしてから、
帰路に就きました。

いよいよ4月2日(土)に開館です。
(報告、三木進)












春です。佐用町昆虫館です。
by konchukan1 | 2016-03-25 18:21 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
すっかり春になったと勘違いするような陽気でした。

今日は、地元三河地域の「南光こども歌舞伎」の3月公演・伝達式が、
三河小学校体育館で開催されました。

三河小学校6人の児童と応援の高校生OB6人、
教育委員会などの教育関係者、報道陣数人に、地元の人々、保護者のみなさん、
三河小学校全校児童と三河保育園児ほか、
平日にしては多くの観衆が見守る中、伸び伸びと演じていました。

f0177529_11303391.jpg

f0177529_11304748.jpg

f0177529_1131383.jpg
我が昆虫館の『令夏(はるか)』さんも熱演したことを付け加えておきます。



フキノトウの花が咲き始め、コウヤミズキが芽吹き、カエデももうすぐ。
f0177529_11271970.jpg

f0177529_11332554.jpg
三連池
f0177529_11335298.jpg
ベニバナアセビ
f0177529_11345482.jpg
アジサイの芽
f0177529_11353456.jpg

f0177529_11361167.jpg
アオキの芽
f0177529_1137499.jpg
網舎のカンアオイ
f0177529_11354658.jpg
網舎のウメ


ヤマアカガエルは、2月10日ごろ産卵し、
今は、日当たりの良いビオトープの池の卵が孵化したての段階。
産卵は同日の水路の卵は、後一週間で孵化するかというところ。
f0177529_11285547.jpg



池で冬を越したイモリ数匹も動き出しています。
新しく水をはった池の中をヤマアカガエルと、どういうわけかメダカが一匹泳いでいました???
f0177529_11315729.jpg

「すっかり春」とは言えないまでも、「しっかり春」がやってきました。
まだ積雪もあるでしょうが、スズメやトンビは巣作りにいそしんでいます。

春です。もう春です。我が家の庭先にも、10日前、今年初めてのメジロがヒヨドリに追い払われながらも、リンゴをついばんでいます。田んぼのあぜの草花たちも日に日に大きくなりつつあります。また、草刈りの季節がやってくるのだなあと、百姓としては思います。

では、皆様、今年もよろしくお願いいたします。
( 報告、地元理事 : 野村智範 )
by konchukan1 | 2016-03-08 11:37 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)