佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

もうすぐ^^

久しぶりに
昆虫館へ準備作業行ってきました^^

もう準備もラスト!
そして 春もすぐそこに^^

  
f0177529_0373947.jpg



前記にあるように
みなさん す~~~ごく熱心に
準備をしてはります(*^^)v

その準備作業の中
run♪run♪plazaでは
4日の 予行演習もしてました~

だから
私は
予行演習でできたパンケーキを
パクパク食べては
お外で
ジェット水流の高圧洗浄機を
エアガンのように振り回し~
遊びながら 
お掃除 お掃除^^

なので 写真はあまり撮ることが
できませんでしたが
こんな準備の裏方の1枚を
ご紹介したかったので
ブログアップします(*^^)v

  
f0177529_0234913.jpg


標本を前に
いろいろお考えいただいているのでしょうね。


思いのこもった展示になっているので
ぜひ 標本室も
お楽しみ、くださいね^^

PS
パンケーキは 
  
f0177529_0335336.jpg

もう少し進化して 当日
みなさんと 楽しくいただけるよう
がんばります~~^^
お楽しみに(^_-)-☆
by konchukan1 | 2010-03-31 00:38 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)
開館を一週間後に控え、この日は、夜遅くまでお掃除に励みました。
2009年8月の水害から、ここにたどり着くまで、多くの方の献身的なご協力がありました。
おかげさまで、4月3日(土)からは、来館者のみなさまをお迎えすることができそうです。
4月4日の「むし開き」にもぜひお越し下さり、再び生まれ変わった昆虫館をお楽しみください。

f0177529_91556.jpg

f0177529_911337.jpg

f0177529_913378.jpg


(八木 剛)
by konchukan1 | 2010-03-29 09:02 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

3月27・28日の作業報告

~27日~
春の景色を眺めながら、昆虫館に到着したのが8時半頃でした。春とはいえ外気温は1℃。
昆虫館はうっすらと、雪化粧していました。
f0177529_7385920.jpg

館には既に、杉山工務店の2人の方が入られており、物置の組み立てをされていました。

本日のメインテーマは、おにぎりパクパク広場用のアウトドアデッキとチェアーの製作です。
カタカナで書けば何か格好よく聞こえますますが、早い話、今月14日に「名刀正宗」にて瞬く間に切断された、倉庫にあった棚にコンパネの天板をビス止めし、塗装をするという日曜大工仕事です。
f0177529_7393548.jpg

プロフェッショナルな「2度塗り」をして下さったので、素晴らしい(?)仕上がりとなりました。
ペンキのはみ出しが有るのはご愛敬というものです。

午前中にどこかの方(工務店の方だと思いますが、お名前聞くのを忘れました)が、トイレの作業をされ、杉山工務店の2人の方も作業を終了され帰られました。

私たちで、作った(?)椅子の、1番はじめのお客様はコツバメさんでした。すぐにお帰りになられたので、残念ながら記念写真は撮れませんでした。

午後は、安岡さんがいもりクネクネ池の整備をして下さいました。
刈田さんと私は、館にある3台のワゴンのキャスターのベアリング部の清掃とグリスアップを行い、3台ともスムースに動くようになりました。

明日28日は最終追い込みの日。
とにかく人手が必要です。場合によっては猫の手を借りなければ、とも思います。
明日、たくさんの方と昆虫館でお会いしましょう。来週の開館へ向けてダッシュです。

(齋藤)



~28日~

追い込みの日ということで、非常に多くの方が来られました。
f0177529_18123425.jpg

ABCテレビの取材も…

f0177529_7481393.jpg

↑パネル張り作業。
僕もやらせていただきました。
「一枚1200円するから汚すなよッ。 角当てないように気をつけろ!!」
と言われました。

後のカッター作業では、ガタガタに切断してしまい、かえって迷惑をかけてしまいました…。
すみません。不器用な男です。

f0177529_7521276.jpg


f0177529_7511280.jpg


f0177529_751111.jpg

廊下も昆虫館らしくなってきました。

f0177529_7543311.jpg

↑ん?
キベリハムシの翅が…
f0177529_755435.jpg

↑イモリくねくね池が進化しました。
エーハイムみたいになっています。
f0177529_7562520.jpg

↑4月4日のイベントのための試作ホットケーキ。
残念ながら、一番大事なところである、おいしく焼けたの撮っていませんでした。
おいしかったです。
f0177529_18125368.jpg

↑館内のちまちました作業をこなしています。
これから、学生チームは川へ魚採りに…
f0177529_7594262.jpg

↑こどもたちが乗っても大丈夫なように、補強しています。
僕もねじ巻きドライバーもやらせていただきました。
中々難しいです。

重たかった棚が、見事な机、イスに変貌しました。
f0177529_81626.jpg

↑川から帰ってきた学生チームが、なにやら道端で拾ったそうです。
もう少しで「チョウチョひらひらハウス」が「腐肉ぷんぷんハウス」になるところでした・・・。

f0177529_822349.jpg

佐用昆虫館の歌にも登場するガロアムシです。しかも成虫。

「昆虫館にガロアムシ追う
夕陽は落ちて、ヒメボタル飛ぶ」

「卍の巴、ヒロオビミドリ~」

など、なかなかディープな歌詞です。

僕は
「漆黒の闇にブラックライト~」
のとこが一番好きです(笑)

4月3日に佐用昆虫館はオープンです。

(安達)
by konchukan1 | 2010-03-27 07:43 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

3月21日の昆虫館

総勢21名のにぎやかな一日でした。

クソ重たいロッカー類が、若者たちの力で、ようやく収容されました。
f0177529_0241377.jpg


彼らはその後、ゲンゴロウ採集へ。
f0177529_0242230.jpg


展示の設営も徐々に。
f0177529_024946.jpg


トイレは完成間近です。
f0177529_0233094.jpg

ベビー室はこんな感じでいかがでしょう。
f0177529_0234174.jpg

ガチャポン機、納品されました。いくらにしよっかなあ・・・中身はお楽しみ。
f0177529_024040.jpg


帰還した漁師たちの収穫です。さすがやね。
f0177529_0235046.jpg

タガメも。春が早いからかな。4月の開館時にみなさまをお出迎えすることができます。
f0177529_0231976.jpg


おそうじです。解散したのは21時をすぎていました。
f0177529_0225835.jpg

掃除機のフィルターサインが消えない原因はコレでした。フィルター掃除してもムダなはずです。こんなことには普通ならないと思いますが、みなさんも気をつけて下さい。
f0177529_023985.jpg


(八木 剛)
by konchukan1 | 2010-03-22 00:32 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

3月20日の報告。

20日、21日、22日と続けて昆虫館で作業がありました。
20日、21日と作業に入り、帰るのが面倒だったので昆虫館内で泊まりました。

高圧洗浄機で窓ガラス、棚を磨きあげました。
f0177529_17445547.jpg

f0177529_1811677.jpg

クサギカメムシが窓ガラスの隙間にたくさん潜んでいました。
高圧洗浄機の刺激のせいで、一時この辺りがカメムシ臭に包まれました。


前回に引き続き、植栽帯をいじりました。
f0177529_17542865.jpg


↓ 一輪車免許(仮)がなければこうなります。欲張ればこうなります。
f0177529_1753249.jpg


だいたい花壇らしくなってきました。残るは植物。
f0177529_1755291.jpg


イモリくねくね池の横の溝に、カエルの卵がありました。
f0177529_17582785.jpg

それを撮る人たち。
f0177529_17564830.jpg


撮る人は撮られる人。
f0177529_17563876.jpg


橋づくりです。
f0177529_1824424.jpg

微調整を繰り返しています。
f0177529_182192.jpg

完成です。
f0177529_1843499.jpg


イモリくねくね池にホースがつきました。
f0177529_185213.jpg


↓ このトビラに何かしらのアクションを起こした人ならわかるはず。
f0177529_1872099.jpg

この不自然に配置されたデコレーション、傷隠しだなと・・・

一晩泊まるということで、夜にぜんざいをごちそうになりました。
f0177529_1894666.jpg

あんこは大好物です。
特にぜんざいは、あんこを一番おいしくいただける料理なのではないでしょうか!?

おもちもおいしかったです。
f0177529_18111595.jpg

ごちそうさまでした。

(安達)
by konchukan1 | 2010-03-20 18:06 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

3月17日の報告

①佐用町の近畿農産資材に譲り受けに、
②三河の自治会連合会会議にご挨拶、
③昆虫館で業者との調整に行ってきました。
①と③は、正会員の小倉滋さんにも同行願いました。

①の近畿農産資材は、大きな敷地で、ホームセンターに土を卸している会社だそうです。
f0177529_1114858.jpg

↑のように、9×9×15、フタの直径9㎝の「飼育ケース」をどっさりもらってきました。
まだ、700個以上もらえます。また、「霧吹き」も200~300個いただけます。
飼育、観察セットとしていかがでしょう。

③昆虫館には、待望の水道が本当に付きました。
f0177529_11145621.jpg

とても勢いよく出ます。使用上の注意、特に冬季の管理などの説明を受けました。元を閉めて、蛇口は開け、その蛇口を毛布かタオルでぐるぐる巻きにするそうです。「町水」の白いプレートがかかっているのが水道、「井水」が井戸水です。
ほたるピカピカ池にも、井戸水の蛇口をお願いしてきました。
f0177529_11153138.jpg

ベビールームの網戸も採寸してもらいました。

いろんな花が咲き始めていました。
f0177529_1116944.jpg

f0177529_1117364.jpg

f0177529_11171863.jpg

f0177529_11172647.jpg

内海先生に、種類とどこから持ち込まれたものかを教えていただきました。バイモは、ミノコバイモで岡山との県境の産だそうです。もう現地にはないでしょう。兵庫県Aランク。環境省絶滅危惧Ⅱ類、絶滅の危機が増大している種です。24株確認。別に、花はついていませんがバイモの株もありました。

八木先生からの連絡の通り、20、21、22日と、三連荘で開館に向けての準備を進めます。展示やラボの整理など館内作業が中心です。どうか、あの災害から、少しづつ立ち直り、ここまできた佐用町昆虫館の、最後の立ち上がりにお力をお貸し下さい。

(三木 進)
by konchukan1 | 2010-03-19 11:17 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)
NPO法人こどもとむしの会は、2010年度、三木山森林公園にて、ミツバチの飼育と巣の公開などのプログラムを行います(佐用町昆虫館では行いません)。ミツバチとハチについての基礎知識を学び、いっしょにミツバチを飼って、巣の公開や蜜しぼりをしませんか?
f0177529_12312147.jpg


【日時】全4回の連続講座です
4月10日(土)13:00〜15:00(お勉強) 15:00〜15:30(巣の内部観察)
 ミツバチと養蜂の基礎知識+ビデオ「ミツバチの暮らし」
4月24日(土)13:00〜15:00(お勉強) 15:00〜15:30(巣の内部観察)
 ハチ類の基礎知識+ビデオ「ハチの優しい眼差しを」
5月15日(土)13:00〜15:00(お勉強) 15:00〜15:30(巣の内部観察)
 オオスズメバチ・セイヨウミツバチ・ニホンミツバチの三者関係
5月30日(日)13:00〜15:00(蜜しぼりと巣の公開)
 蜂蜜の知識+ハチミツしぼり体験

【会場】
兵庫県立三木山森林公園(兵庫県三木市)

【対象・定員】
大人10名以内程度。ご家族での参加もOKですが、小さいお子さまには、お勉強が難しいかもしれません。
※ 非会員の方は、メール会員としての登録をお願いします(無料です。電子メール必須。携帯メール可)

【受講料】
正会員:無料
メール会員:1人3,000円(同伴児童は無料です)
※ すいませんが、採れたハチミツは購入ください。優先権はありです。

【講師】
大谷 剛(NPO法人こどもとむしの会理事・兵庫県立大学教授・兵庫県立人と自然の博物館 主任研究員)

【申込・問合せ】
電話または電子メールで、NPO法人こどもとむしの会事務局まで。
先着順で、定員になり次第締め切ります。

f0177529_12314266.jpg
f0177529_12314961.jpg
f0177529_1231556.jpg
f0177529_1235883.jpg

by konchukan1 | 2010-03-18 12:39 | こどもとむしの会のイベント | Comments(0)
スペースキーにごはん粒が入り込んで、変換できなくなってしまいました。
無事取れました。


さて、14日は非常に暖かく、テングチョウ、ヒオドシチョウ、キタテハが飛んでいました。
ストーブも必要ないだろうということで片づけました。
が、流石は佐用町。夜はめっきり寒くなって、ストーブ片づけんかったらよかったな~とも…

f0177529_21213049.jpg

行きは、フチグロトゲエダシャクというこの時期発生する蛾の散策を行いました。
河川敷で日中飛び回る、非常に美しい蛾です。(個人的な意見です)

・・・ダメでした。


f0177529_21231840.jpg

花壇用の土です。

f0177529_2125512.jpg

三田ロータリークラブの方々

f0177529_21255736.jpg

入口のデコボコに引っかかって苦労する若者たち。
「写真撮ってる暇あったら手伝ってくれ!!」と言われました。

f0177529_2127375.jpg

ひと段落つきました。
ここに多くの虫が飛んできてくれる日も近いでしょう。

キジョランが既に植えられています。

スズメガの幼虫は子どもにも受けがいいし、観察しやすいということで、
ヘクソカズラ(ホウジャク系、ヒメアトスカシバ)、ヤマノイモ(キイロスズメ、ダイミョウセセリ)、ヤブカラシ(ブドウスズメ、セスジスズメ)、サルナシ(ハネナガブドウスズメ)、ノブドウ、エビヅル(アカガネサルハムシ)、キカラスウリ(オオモモブトスカシバ)

みんなツル系です。色々検討中です。


f0177529_21522556.jpg

お昼休憩での紹介です。

f0177529_21325293.jpg

ニス塗りです。
f0177529_21331246.jpg

どうしようもないくらい汚く、「もう捨てようか~」とも言われていた標本展示棚ですが、
生まれ変わりました!!ピッカピカです!!

展示標本もちょこちょこ入りつつあります。
f0177529_21342073.jpg

↑キイロモモブトハバチ
このハバチはやばいです!!
なんですか!?この大きさはッ!!オオスズメバチくらいあります。
ハチをやるきっかけになるハチではないのでしょうか?
こんなの野外で採ったら、絶叫もんです…。


クソ重たい木の棚がありましたが、
f0177529_2141019.jpg

これを切って、机にしました。


ここで「名刀まさむね」の出番です。
f0177529_21414017.jpg

鞘に「木挽(こびき)」とおもいっきり書いてあるのに、まさむねなんですね…


右の方がまさむねで、左が普通のノコギリです。
よ~い・・・
f0177529_21363317.jpg


若干右の人フライング気味に見えますが・・・

スタートッ!!
f0177529_21481993.jpg

切り口見てもらったらわかりますが、まさむね速い!!

f0177529_21493010.jpg

こんな感じになりました。

昔の看板が出てきました。
f0177529_2158274.jpg

「休館日月曜日」と書いてあるなら、開館日をこんなに長くつらつらと書かなくてもいいのでは・・・?
by konchukan1 | 2010-03-16 21:53 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)
3月14日、佐用町昆虫館に行ってみると、ひみつの出入り口ができていました。
湿気がこもってカビが生えやすかったため、風通しを良くしなければならない、というリクツで措置しました。「創造的復興」。

以前、ここはシャッター付きの倉庫でした。もちろん、入口はありませんでした。
f0177529_23333817.jpg


以前、ここは色付きのガラスでふさがれていました。「ここは窓ですから、出入りしてはいけません」、なんてことは書かずに、出入りしてもいいことにしましょう。「秘密基地」らしくていいですね。
f0177529_23332953.jpg

反対側にもあります。ますます「秘密基地」だ。
f0177529_23334584.jpg


以前は、「裏手」という感じだった広場ですが、近くなりました。まあ、外から回っても数秒の違いだと思いますが、気分的には違うでしょう。一躍楽しい広場になりそう。
f0177529_23335666.jpg


一週間前はこうでした。
f0177529_2337716.jpg


これは、2009年10月11日の状況です。
f0177529_2345380.jpg



ますます楽しくなる昆虫館に、ぜひおこしください。
オープンは、4月3日(土)、「むし開き」は4月4日(日)です。


「名刀まさむね」を読んだ後に入れたので、文体、ちょっと影響されてるかもしれません。

(八木 剛)
by konchukan1 | 2010-03-16 19:32 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

3月14日の昆虫館

三田ロータリークラブからは、嶋田会長以下、神戸新聞の北摂総局長を含む10人が来てくださいました。皆さん、ほんとうによく働いてくださいました。

お陰で、館南側フェンス沿いが、すべて掘り起こされ、上質の栽培用の土を6割ほど入れ、ブッドレア1株(大株)を植栽し、ノリウツギ、キジョランの植え替えを完了。さらに久保さんがウマノスズクサを一株植えてくださいました。

久保さんを監督に、網室内の泥を排除し、栽培用の土と入れ替え。通り道を作り、道に沿って縁石を置き、かつ川の石を道の上にバラス状に配布。

いもりクネクネ池周辺など館東側花壇の石と枯れ木を取り除き、栽培用の土を入れて、耕す。ノアザミ(船越産)を3株移植。

おにぎりパクパク広場の花壇に栽培用の土を入れ耕す。ブッドレアの中株を3本と、久保さん持参のイボタを植栽。近藤さん植栽のビオラの手入れ。

鈴木先生の薦めに従い、ハリマイノデの周辺に、日陰と冬季の霜よけを兼ね、灌木苗、高さ30センチから2メートルを5本植える。いずれも、館内からの移植。周辺に栽培用の土を混ぜる。

川から大き目の石を運び上げ、川側フェンスの下部を固定。

館南側に縁石による園路を整備。

庭は、後、100袋ほどの栽培用の土を入れて、順次、ウマノスズクサ類やカラスウリ、キカラスウリなどを植栽し、植栽帯に沿って沿道を15メートルほど作れば、オープンを迎えられます。後、1日、若手もしくは自称若手が5人いればOKです。

当会の参加者は、9時前から斎藤さんが、9時過ぎに久保、三木が、順次、高橋、岡本、金子さん。八木先生、安岡、藤原、吉田、安達、岡田、岡田さんの彼女が、そこへ内藤先生ご夫妻も。奥様手作りの、おいしいおはぎを二種、きなこと粒あんのを差し入れてくださいました。大好評でした。なお、斎藤さんは、川からポンプアップし、大量の水で、館周辺の排水路から泥と落ち葉類を減らし、ほたるピカピカ池、いもりクネクネ池の水を替え、アク抜きを続けてくださいました。

植栽帯づくり
f0177529_142462.jpg

藤原、岡田さんも懸命に
f0177529_1433496.jpg

植栽苗、ブッドレアなど
f0177529_1442739.jpg

三田RCの記念植樹
f0177529_1451065.jpg

三田RCのメンバー
f0177529_147897.jpg


(三木進)
by konchukan1 | 2010-03-14 20:00 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)