佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

11月22日の昆虫館

若者たちのすごいパワーで、水害で汚損した実験台は撤去されました。
f0177529_20421227.jpg


二つの実験台を撤去したあとのラボ。広くなりました。新しいストーブを囲んで。
f0177529_2042298.jpg


残されたコンセントと水道管が、ふしぎな存在感をかもし出しています。
f0177529_20533943.jpg


グラインダー持参のSさん。壊れたシカ柵を切断、撤去しています。
f0177529_204225.jpg


ひたすら落ち葉かきくださったKさん。
f0177529_20422110.jpg


落ち葉の下から道が現れました。静かな秋の風情を楽しむことができます。
f0177529_2042381.jpg


カウンター下のベニヤ板をはがしてみると、泥がたまっていて、カビがいっぱい生えていました。ここも掃除して張り替えないといけないです。
f0177529_2042463.jpg


天井の照明が点灯せず、壁面のコンセントもダメでした。これにより、電話、FAXは現在使用不能となっています。あしからずご了承ください。電気系統もやりなおさないといけないようです。
f0177529_20494674.jpg


(げんごろう)
by konchukan1 | 2009-11-23 20:54 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)
11月11日、校区の被害がひどかった上月小学校に行ってきました。
当初は2時限目に2,4年生、3時限に1,3年生と2回の予定だったのですが、3年生に新型インフルエンザ患者が出て、1年生と分離。2時限(2,4年生),3時限(1年生),4時限(3年生)の3回に。さらに業間の半時間に5,6年生。全校生そろっての給食の場でも、質問タイムと、ぎっしり詰まった半日でした。
f0177529_1814849.jpg

会場は、理科室で、窓の外には仮設住宅が並び、子どもたちの何人かは仮設住まい。
f0177529_182316.jpg

虫の不思議や魅力、命の素晴らしさ、なぜ虫を殺して標本にするのか。などを話してきました。
9月に、県内最大規模の江井ヶ島小学校の3年生186人に対してやった授業と比較しながら、都市部、地方の違いなども大いに感じながら楽しんできました。

標本箱10箱と作成中も並べました
f0177529_1835385.jpg

虫の採り方教室
f0177529_184265.jpg

子どもに捕まった先生
f0177529_1845974.jpg

一人ひとりに、好きな虫とそのわけを話してもらいました
f0177529_185274.jpg


(三木進)
by konchukan1 | 2009-11-13 18:06 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
2009年11月1日(日)、人と自然の博物館でのひとはくフェスティバルに出展しました。ひとはくでは、11月23日まで、「がんばれ!佐用町」として、佐用町の被災状況写真パネル、昆虫館での被災資料が展示されています。泥をかぶった標本やカメラ、まだ見てない人は見てやってください。そのとなりのスペースに出展しました。

f0177529_546461.jpg
三木山森林公園に引き続き、ガチャポン登場。だいぶノウハウが得られました。佐用町昆虫館の再開以後は、バージョンアップして昆虫館に置きますよ。

f0177529_5465680.jpg
保育園・幼稚園での「いどうこんちゅうかん」で残った虫がまたまた活躍。生きもののおかげで人だかりができ、復興義援金も好調でした。

f0177529_547564.jpg
ゆるキャラもやってきて、義援金募集を呼びかけています。これは猪名川町の「いなぼう」。中に入ってるのはテネラルのNくんです。

f0177529_5491520.jpg
左から、ひとはく博士、はばタン、フンコロガシ。佐用町昆虫館も、着ぐるみつくりましょうか。ガロアムシかな?

(げんごろう)
by konchukan1 | 2009-11-04 06:10 | こどもとむしの会のイベント | Comments(0)