佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

カテゴリ:楽屋落ち( 1 )

昆虫館の管理等

昆虫館統括副理事の三木進です。

昆虫館が、どんなふうにして運営されているのかを、
少し知っていただきたくて、「管理部門」について書きます。

佐用町昆虫館は、NPO法人「こどもとむしの会」(内藤親彦理事長)によって、
運営されています。佐用町昆虫館の指定管理者です。

こまごました備品等についてです。

まず、夏の終わりに、昆虫館担当理事の齋藤泰彦さんがマムシを見つけ、
捕獲し、マムシ酒にして展示しました。
そんな時、登場したのが3人の副理事長のひとりで、
お絵かき教室を開いている「画伯」こと近藤伸一さんです。
3枚のマムシの絵を描いて、園内に設置。
f0177529_21102960.jpg


カブトムシのベビーベットを網舎の中に設けたのは、
齋藤泰彦、山本勝也両昆虫館担当理事ら。
f0177529_21121850.jpg

山本さんは、入館者数を把握し、月に一度、町に報告する仕事も。
水槽を管理する横山正さん、昆虫道場事務局の金子留美子さんも、昆虫館担当理事です。

私の仕事は、備品をそろえることも。
例えば、ゴミ箱を一新します。
f0177529_21153691.jpg

ベビールームのカーペットを新調します。
f0177529_21161385.jpg

テープや洗剤を購入します。
f0177529_21164730.jpg
f0177529_21165733.jpg

昆虫館は、いまだ下水施設が整わず、使った水は寺谷川から千種川に流れます。
そこで、合成洗剤ではなく、石鹸を使っています。

いろんな工夫をしながら運営しています。
皆様、ご理解下さい。

そして普及啓発や調査部門、事務局などの多くの理事や会員が、
協力しあって運営しています。
先日は、小さな子ども用に、柄の短い昆虫網を作りました。
f0177529_21394510.jpg

(三木進)
by konchukan1 | 2011-10-22 21:23 | 楽屋落ち | Comments(0)