佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

カテゴリ:いどうこんちゅうかん( 131 )

~神戸市児童館派遣事業による「いどうこんちゅうかん」① 福池コーナー 編~

8月21日から24日の間に、今年も抽選で当たった神戸市内の6つの児童館・コーナーへ「いどうこんちゅうかん」が行ってきました。
神戸市児童館派遣事業も7年目。たくさんの子どもたちに「むしさんとなかよし」になってもらうために、今年もむしむし大博士の先生とむしむし博士の大学生のおにいさん・おねえさんが たくさんのむしさんと一緒に、みなさんのところへ行きます! むしさんのひみつ、発見できたかな?


初日の8月21日(月)の午前は東灘区の福池小学校の中にある「福池コーナー」へ行きました。
「コーナー」とは小学校の中にある学童保育の施設です。役割は児童館と同じです。夏休みも月~土の朝から夕方6時半まで子どもたちが来ています。福池コーナーには81人もの1年生~3年生が登録をしているそうです。


さあ「いどうこんちゅうかん」のはじまり!はじまり~!

まず最初は中谷さんの「むしむし小話」です。
f0177529_17594758.jpg
『むしの眼』についてのお話です。昆虫たちには この世界はどんなふうに見えているのでしょう?

f0177529_1835218.jpg
「むしむし小話」のあとは阪上くんによるタペストリー紹介。さっき教えてもらった「複眼」と「単眼」を確認。「さて、この虫に単眼はあるでしょうか?!」「どこにある??」


ここからがいよいよ むしさんを直接さわる時間です! 「いどうこんちゅうかん」スタート!!!
f0177529_18131812.jpg
子どもたちは「きゃぁ~!」「ひぇ~~!」「こわ~っ!」と言いながらも興味津々。すぐに手が伸びてきます。ミヤマ・ノコギリ・オオクワ・コクワ・ヒラタにチビクワ。クワガタだけでも日本産6種を連れてきてます。日本産じゃないけれどニジイロクワガタもいます。背中だけじゃなく脚からお腹まで虹色にぴっかぴかでしょ!

f0177529_1813321.jpg
こちらはアカハライモリちゃん。「虫じゃないじゃないか!」と言われますが「虫がこわい!」という子どもたちの人気者。脊椎動物の代表としての参加です。
動きもゆっくり。おなかぷにぷに。おめめもつぶら。のどふくふく。かわいいおてて(足?)をパーにひろげて子どもたちの手の上をお散歩します。でも泳ぐのはみんなより上手でしょ?「いどうこんちゅうかん」のアイドル的存在です。今年は男の子に人気がありました。「噛まへん?」と聞いていた子たちがだんだん「こいつ、かわいい~!」に。「どうやって飼うん?」「なに食べるん?」と質問もいっぱい。「つれて帰りたい!」という子もいましたね。子どもたちとの会話もはずみます。

f0177529_1813556.jpg
宝石のようにきれいな虫はルリセンチコガネです。美しい色でしょ? 爪も鋭くないので甲虫の入門にピッタリ! 兵庫県や他の県ではグリーンから赤い色をしていてオオセンチコガネと名付けられていますが、和歌山県・奈良県産のものはこの通りのきれいなブルーで特にルリセンチと呼ばれています。

f0177529_18364376.jpg


f0177529_1824331.jpg




f0177529_18251964.jpg
               ぬりえも人気です。標本をじっくり観察!!

f0177529_18253744.jpg
最後は「むしむし大博士に質問しよう!」のコーナーです。今回の「大博士」は有馬富士公園学習センターの池田先生です。いっぱい質問が出ましたね。



f0177529_18383543.jpg
朝の準備中にこんな写真も撮っていました。「むしむし小話」は毎年 大学生のメンバーにお願いしています。いろいろな話題で子どもたちを楽しませてくれます。今日が初日ということで事前の打ち合わせ中。話す順序や子どもたちへの問いかけなど入念に! 昨夜 遅くまでかかって絵を仕上げてくれたそうです。朱里ちゃん、ありがとう!


福池コーナーのみなさん、むしさんいっぱいさわってどうでした?
「むしさんとなかよし」になれたかな?
「むしさんのひみつ」をなにか発見できたかな?



福池コーナーの先生方、ありがとうございました。

車に全部積み込んで、午後の山の手小学校へ出発します!



この4~5年、個人情報の扱いがむずかしくなって子どもたちのとてもいい表情がブログに載せられなくなってきました。時代ってヤツですね。後ろ姿の子どもたち。全体写真は縮小してから拡大してぼやかしています。虫がメインの写真ばかりになって少々つまらないです。
でも、おっかなびっくりさわる手。やさしくさわる手。おどろきを持ってさわる手。「持てたよ!」と誇らしげな手。子どもたちは手でいっぱい感じ取っているのがわかります。
子どもたちの虫をさわる『手』の豊かな表情に注目してみてください。




参加者 : 小学生 52人(1~3年生) 
児童館スタッフ : 4人
こどもとむしの会スタッフ : 池田 大(有馬富士公園学習センター)・吉岡 朋子・阪上 洸多・室崎 隆春・中谷 朱里・溝手 舜【報告:吉岡】
by konchukan1 | 2017-09-22 10:42 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
~神戸市児童館派遣事業による「いどうこんちゅうかん」② 山の手コーナー 編~

8月21日(月)の午後は、神戸市中央区の山の手小学校の中にある山の手コーナです。

f0177529_11412583.jpg
まずは中谷さんによる「虫の眼」のお話。虫の種類によって、眼のつき方が違うのは面白いですね。


お話が終わったら、虫たちとのふれあいタイムです。みんな、思い思いに虫たちとふれあいます。
f0177529_11421037.jpg
            ちょっと怖い風貌のタガメを恐る恐るつかんでみたり
f0177529_1142419.jpg
             ノコギリクワガタを木によじ登らせて観察したり
f0177529_1143394.jpg
               自分の頭にカマキリをのせちゃったり
f0177529_11432455.jpg
          オオセンチコガネとゆかいな仲間たちと、愉快にあそんだり
f0177529_11435591.jpg
   イモリを手の上にやさしくのせてみたり・・・などなど、たくさんの虫たちとふれあいました。


f0177529_11441729.jpg
ぬりえコーナーは隣の図書室です。本物の昆虫標本を見ながら描くぬりえも、とっても人気。虫が好きなお友達も、少し苦手なお友達も楽しむことができます。
f0177529_11495048.jpg
               3Dメガネで見る立体写真、すごい迫力! 


おっきな虫かごの中では…
f0177529_1145258.jpg

f0177529_11451744.jpg
  トンボを服にとめている子がいました。他にもかごの中にはチョウやバッタ、セミがいました。



f0177529_11453920.jpg
楽しいふれあいタイムが終わったら、次は質問タイム。中には、素朴でとっても難しい質問をしてくれるお友達もいて、僕もたじたじになる場面も?たくさんの疑問を投げかけてくれて嬉しかったです。


f0177529_11455735.jpg
「いどうこんちゅうかん」が終わった後も3年生の男の子たちに質問攻めでした! 僕も小学生の頃、学童保育に通っていたため、ずっと児童館での「いどうこんちゅうかん」行きたいなーと思っていました。今回ようやく行くことができてよかったです。今後も、可能な限り参戦します!!



参加者 : 小学生 50人(1~3年生) 
児童館スタッフ : 6人
こどもとむしの会スタッフ : 池田 大(有馬富士自然学習センター)・吉岡 朋子・阪上 洸多・室崎 隆春・中谷 朱里・溝手 舜 【報告:池田】
by konchukan1 | 2017-09-22 10:41 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
~神戸市児童館派遣事業による「いどうこんちゅうかん」③ 小部児童館 編~

8月23日(水)の午前は神戸市北区の小部児童館です。
小部児童館のブログは写真の掲載がありません。
個人情報の扱いがむずかしくなってきているのでしょう。
子どもをめぐる環境が厳しくなってきているということでしょうか?
溝手くんの文章のみですが、みんなが虫をいっぱいさわって楽しんでいる様子を思い浮かべてください。


まずは中谷さんによる「むしむし小話」です。
『虫と人の目の違い』のお話です。
「複眼」や「単眼」っていう難しい言葉も覚えられたかな?

次は室崎さんによるタペストリー紹介です。
虫の名前当てとそれぞれの虫に単眼があるかどうかのクイズです。カマキリに単眼はあったかな?


いよいよ、虫と触れ合う時間がやってきました。

タガメやカマキリも持ち方が分かれば怖くない!みんな上手に掴んでました。
オオゴマダラの幼虫を手に乗せてお散歩させています。
イモリはいつでも大人気です。


蚊帳コーナーもやってます。
女の子にはクロアゲハが、男の子にはギンヤンマが大人気でした。
2回3回と入ってくれたお友達もいましたね。



塗り絵コーナーも盛況です。上手に描けたかな?
3D写真はメガネをかけると虫が飛び出します。
ついつい手で捕まえたくなっちゃいますね。


むしさんと触れ合ったあとは、むしむし大博士の八田先生からハッチョウトンボのお話と質問コーナーがありました。
綺麗な写真にみんな夢中でした。



参加者 : 小学生 53人(1~6年生) 
児童館スタッフ : 4人
こどもとむしの会スタッフ : 八田 康弘・吉岡 朋子・室崎 隆春・中谷 朱里・溝手 舜・洞出 七海【報告:溝手】




by konchukan1 | 2017-09-22 10:40 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
~神戸市児童館派遣事業による「いどうこんちゅうかん」④ 南五葉児童館 編~

f0177529_21455241.jpg
           8月23日(水)の午後は神戸市北区の南五葉児童館です。


準備中から興味津々の子供たち。さあ、「いどうこんちゅうかん」のはじまりだーー!!!
f0177529_21464841.jpg
            むしむし小話は『虫の目』について。真剣に聞いてます。

f0177529_2147641.jpg
こどもとむしの会特製タペストリー紹介。





f0177529_21472450.jpg
       オオゴマダラの派手なしましま幼虫・金ぴかのさなぎ・成虫も並んでいます。

f0177529_21474245.jpg
                 タガメを持ってイェーイ!


f0177529_2148380.jpg
                たくさんの虫と触れ合いました。

 

f0177529_21492162.jpg
蚊帳の中に身近な虫を入れてみんなにさわってもらいました。どんな虫がいたかな?





f0177529_21481672.jpg
3D写真眼鏡をかけると虫が飛び出てさわれそう。

f0177529_21483293.jpg

f0177529_2149564.jpg
                     よ~く観察してますね。
f0177529_2150814.jpg
本物の標本を見てぬりえをします。上手にできたかな?





f0177529_21494774.jpg
今日のむしむし大博士はこどもとむしの会の八田先生です。質問コーナーの前にハッチョウトンボについての先生のお話を聞きました。あのビンの中に入っています。「ちっちゃ~~」の声が!
f0177529_21503510.jpg
      虫についての質問コーナー。みんなの質問をむしむし大博士が解決します!!!



最初はこわくて虫を全くさわれなかった子でも、最後にはさわれるようになってる子がたくさんいてよかったです。虫をさわっている子どもはいい顔してました。たくさんの虫たちと触れ合え、夏の良い思い出になったと思います。
「いどうこんちゅううかん」だけで終わらず、佐用町昆虫館にも遊びに来てくださいね。



参加者 : 小学生 64人(1~5年生)
児童館スタッフ : 5人
こどもとむしの会スタッフ : 八田 康弘・吉岡 朋子・室崎 隆春・中谷 朱里・溝手 舜・洞出 七海【報告:室崎】
by konchukan1 | 2017-09-22 10:40 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
~神戸市児童館派遣事業による「いどうこんちゅうかん」⑤ 板宿児童館 編~

8月24日(木)の午前は神戸市須磨区の板宿児童館です。
朝から快晴でとても暑かったですが、暑さに負けず「いどうこんちゅうかん」スタートです。

f0177529_10342139.jpg
中谷さんの「むしむし小話」から。虫の目についてのお話です。

f0177529_20595133.jpg
室崎さんによるタペストリー紹介。先ほどのむしむし小話にちなみ、単眼を探したり、虫の呼吸法の解説までありました。



生き虫ふれあいコーナーは大人気です。
f0177529_2114869.jpg
カブトムシやクワガタを初めてみる子や、お家で飼育している子まで、みんな上手に触っていました。中にはニジイロクワガタに名前をつけてくれた子や、腕にカブトムシを登らせている子もいました。


f0177529_2112687.jpg
イモリのお散歩。2人で上手に道を作ってくれています。

f0177529_2133074.jpg
オオゴマダラおっきいなぁ!

f0177529_21211964.jpg
手に乗せてあげると…あっ!飛んでしまいました。

f0177529_2105960.jpg
タガメの裏側なんて初めて見たんじゃない?鋭い口も見れたかな?





f0177529_2134924.jpg
塗り絵は別の階の図書室でやっていたのですが、たくさん絵を描いてくれました。
ヘラクレスやモルフォがやはり人気です。


f0177529_21597.jpg
3D写真もあります。
ちなみに奥にある虫網は、脱走したオオゴマダラを回収するためにスタンバイしてあるものです。





f0177529_215384.jpg


f0177529_21245883.jpg
カヤも盛況。ゲットしたカマキリを見せてくれました。


f0177529_10315186.jpg
最後はむしむし大博士に質問のコーナーがありました。橿原市昆虫館の中谷さんに質問をたくさんしました。小さくて弱そうなコクワガタが何年も生きることに驚いている子が多かったです。




参加者 : 小学生 40人(1~5年生) 幼児 6人  大人 5人 
児童館スタッフ : 7人
こどもとむしの会スタッフ : 中谷 康弘(橿原市昆虫館)・吉岡 朋子・室崎 隆春・中谷 朱里・菅澤 祥史・溝手 舜・洞出 七海【報告:溝手】




by konchukan1 | 2017-09-22 10:39 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
~神戸市児童館派遣事業による「いどうこんちゅうかん」⑥ 高丸コーナー 編~

8月24日(木)の午前は、神戸市垂水区の高丸小学校内にある高丸コーナーです。ここが、今年の夏の児童館派遣事業6館の最後になります。午後はさらに気温が上がり、カンカン照りの校庭の気温は35.5℃!セミの声も聞こえません。なんてカラカラなんでしょう!なんて暑いんでしょう!

f0177529_11244740.jpg
まず始めは、朱里ちゃんの「むしむし小話」です。7回目になると話の運びがかなりなめらかに! 子どもたちも「え~~!」とか「へぇ~!」とか反応がよく、どんどん引き込まれていくのがわかります。
f0177529_11263685.jpg
   「タペストリー紹介」は室崎くん。さすが院生、説明がとても詳しい!みんな わかった~?




f0177529_1127426.jpg
カヤはどこでも人気です。コーナーの先生の「そろそろ次のお友だちに交代の時間ですよ~!」の声も「わぁわぁ」「きゃぁきゃぁ」と興奮気味の子どもたちには聞こえません。





f0177529_15295912.jpg
                    立派なオオクワさん。
f0177529_11284439.jpg
                    カブトムシ持てた!
f0177529_11285992.jpg
               こちらはちっちゃなルリセンチコガネたち。
f0177529_15303397.jpg
           ミヤマさんはよろいを着た武士のようでかっこいいですね。




f0177529_15204119.jpg
カヤの中にはハラビロカマキリのこどもが何匹かいたけど、こちらはオオカマキリのおかあさん。最初は「こわ~っ!」とさわらなかった子どもたちも、順番に手にのせたり顔をのぞき込んだり。
f0177529_1521199.jpg
高丸コーナーの『カマキリまつり』! みんなでカマキリと遊びましょう!
実はカマキリは頭にのせるのが一番いたくないのです。ただ自分では見れない。
「こっちにらんでる!」「目の色きれい!」「単眼、あった!」と大騒ぎ。無理に取ろうとしてひっぱって立派なカマでひっかけられた男の子は「いったぁ~っ!」「こいつ危ないでぇ!」と。 でも、カマキリにひっかかれたこの日のことを きっと忘れないでしょうね。
f0177529_15283211.jpg
おっとりやさしい動きのアカハライモリさんたちも、相変わらずの人気を誇ってます。「なんでおなか こんなに赤いの?」みんな聞きます。でもね、なんでも答えを聞いてしまってはおもしろくないでしょ?自分でも調べたり考えてみてください。正解もひとつではないかもしれません。




f0177529_1522922.jpg
高丸コーナーではぬりえをする子がたくさんいました。標本なら箱から出てこないのでこわくないのかな?
f0177529_15271217.jpg
 「撮って!撮って!」と見せに来てくれた男の子。とてもすてきなニジイロクワガタですね。


さいごは「むしむし大博士に質問しよう!」のコーナーです。
f0177529_15224569.jpg
今日は、奈良県の畝山や明日香に近い蝶がとぶ大きな温室のある「橿原市昆虫館」の中谷さんが来てくださいました。専門はハチ。ミツバチを飼育したりスズメバチと格闘(?!)したり。宇宙服のようなハチの防護服がとてもよくお似合いなんです。着ているところ みんなも見たかったですね! 橿原市昆虫館へ行けば見れるかも?!

「いどうこんちゅうかん」を機会にたくさんの虫をいっぱい観察してみてください。いろんな疑問が出てくるはずです。図鑑で調べたり、昆虫館へ聞きに行ったり。それでもわからないことが昆虫にはたくさんあります。みんなも大きくなったら昆虫博士になって疑問を一つでも解いてください。そして私たちにも教えてくれるとうれしいです。



参加者 : 小学生 54人(1~6年生) 
児童館スタッフ : 11人
こどもとむしの会スタッフ : 中谷 康弘(橿原市昆虫館)・吉岡 朋子・室崎 隆春・中谷 朱里・菅澤 祥史・溝手 舜・洞出 七海


               **************


今年も3日間で6館の児童館・コーナーへおじゃましました。
小学生 380人・幼児 8人・大人 7人・児童館スタッフ 47人の 合計442人が参加してくださいました。当選館の先生方、お世話ありがとうございました。
「いどうこんちゅうかん」を児童館派遣事業に入れていただいて7年目。「むしのおえかき」を含めると54館(当選館に来館して参加した館を含める)の児童館・コーナーの子どもたちに「むしむしなたいけん」を届けたことになります。年々「虫をあまりさわったことがない」という子どもが増えているように感じます。来年も、むしさんたちと一緒に神戸の子どもたちのもとへ行きたいと思っております。まだ行っていない児童館やコーナーのおともだち、待っていてくださいね!【報告:吉岡】
by konchukan1 | 2017-09-22 10:38 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
今年で4年目の国立淡路青少年交流の家は『AWAJI むしむしキャンプ ~親子で虫とり&テント泊にちゃれんじ!~』という企画です。6月の「スーパーむしむしキャンプ」についで、今年2回目のむしむしキャンプに私たちも「ちゃれんじ!」です。さあ、どんな2日間になるのでしょうか?
f0177529_11224094.jpg
とってもいい天気!明石大橋を渡って淡路島へ行きましょう!



13時。大本所長のあいさつでキャンプの開始です!
f0177529_11242662.jpg



八木先生からは、みなさんに「虫とりの技」が伝授されました。
模範演技は、今回初参加の室谷くんと福井くん。さあ、ここは腕の見せ所です!
f0177529_11310732.jpg
  いい?いくで!          おお~っと!         くるりとまわして・・・
f0177529_11453951.jpg
ナミアゲハを無事、キャ~ッチ!みなさんから盛大な拍手をいただきました。
f0177529_11504099.jpg
先輩スタッフからは、ここ吹上浜で採れる虫たちについての説明です。



それでは、みなさんお待ちかね。虫とりをはじめましょう!
f0177529_11564093.jpg
グランドでバッタ採り!
f0177529_11575404.jpg
採った虫は、1匹ずつシールバッグに入れてスタッフに種名を書いてもらってつりさげます。
f0177529_11582384.jpg
「バッタとりました。ふくろにいれてくださ~ぃ。」



防波堤の外側の浜でも虫とりです。
f0177529_11585461.jpg
関西では淡路島でしかほとんど見られない貴重種のヤマトマダラバッタもいます。浜辺色である白色が美しいバッタです。
f0177529_14181933.jpg
こちらのグループは宝探し?いえいえ。アリジゴク探しです!オオウスバカゲロウの幼虫、つまりとても大きなアリジゴクがこの浜にいると東浦から来られたコタロウ君のお父さんに教えていただき、みんなで探索中です!




f0177529_14191677.jpg
いつの間にか、こんなにたくさんの虫が集まりました。みなさん、すごいですね~!「みて!みて!これ(わたしが)とったの!」と教えてくれます。
f0177529_14193686.jpg
「今夜のおたのしみ」のオカリナ演奏のグループ『楽鳥風月』さんたちのリハーサルがはじまりました。子どもたちもオカリナの吹き方を教えてもらって練習します。今夜 聴かせてくれるのかしら?




f0177529_14195977.jpg
カヤも張りっぱなしでしたが、誰かしら中に入って遊んでいました。みなさんが採ってきたトンボやバッタを中に放してくれます。カヤの中はウスバキトンボやショウリョウバッタ・トノサマバッタでいっぱいです。中で虫アミふるってトンボを採る子もいてびっくり!ちっちゃな子でもトンボが採れる。こんな楽しみ方もあるんですね~~。

f0177529_14202118.jpg
何を探しているのかな?こちらもアリジゴク探し中のスタッフです。南あわじでアリジゴク(ウスバカゲロウの幼虫です)4種をゲットしたって!すごいですね。オオウスバカゲロウ、コカスリウスバカゲロウ、クロコウスバカゲロウ、リュウキュウホシウスバカゲロウ。早口言葉みたいですね。



f0177529_14203653.jpg
夕方6時を過ぎました。美しい夕焼けです。参加者のみなさんはテントを張り、夕食をすませた頃でしょうか? 月は満月から少し欠けはじめた頃ですが、ナイターにはちょうどいい具合に雲が出ています。今夜はどんな夜になるのでしょう?                    (後編へ続く)【報告:吉岡】








by konchukan1 | 2017-09-21 22:42 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
「AWAJI むしむしキャンプ」後編です。

7時を過ぎて、あたりはだいぶ暗くなってきました。
薄暮の頃には、みんながほしがるあいつもごそごそ。
ナイターの灯りにも少しずつ虫が集まってきています。

f0177529_13172765.jpg


ワクワクの子どもたちもヘッドライトをつけて集まってきます。
f0177529_13423608.jpg
月はまだのぼっていないのでいい感じの暗さですが、今夜は蛾はあまり来ていません。いっぱい飛んできているのはガムシです。クロカミキリもけっこう来てますね。熊本でナイターにいっぱい来たフタモンウバタマコメツキも来てくれました。足元にはハイイロゲンゴロウもいます。男の子たちのテンションも上がります!



f0177529_14491200.jpg
キャンプの拠点の野外炊飯場の前にあやしい灯りが・・・
f0177529_14510627.jpg
カヤの中で子どもたちが遊んでいます。ちっちゃな子もここなら安心!こんな遊び方もあるんですね。



f0177529_14534277.jpg
8時から『楽鳥風月』さんたちの星空演奏会がはじまります。
波の音。秋の虫の声。オカリナの音色。心にやさしく響きます。

演奏会のあいだも、子どもたちの採集熱は下がりません。

f0177529_14574720.jpg
いっぱいとったね~。


そろそろ おねむの時間かな? 今夜は、波の音をききながら眠りましょう。おやすみなさい。


**********


10日の朝です! みんな早起き!
f0177529_15164918.jpg
トンボ採りがもう始まっています。


今日のプログラムは『むしのお絵かき』です。
きのう採った虫さんをクレヨンで描きましょう。よ~く観察して描いてね!
f0177529_15151300.jpg
「どれを描こうかな?」いっぱい採ったので悩みますね!


f0177529_15360461.jpg
ぐるぐる。むしさんとんでるの。
f0177529_15365513.jpg
ばったさんのお顔ですって!みんなかわい虫さんをいっぱい描いてくれます。
f0177529_15373124.jpg
すてきなヤンマとトノサマバッタですね。色がとってもきれいで動きだしそうです。
f0177529_15371226.jpg
「もりのなかのカブト・・・」とお話しながら描いています。おとなりはきのう拾ったウニだって!



f0177529_15430209.jpg
こちらはアリジゴク捜索隊!おえかきよりもアリジゴク?





たのしいキャンプも終わりが近づいてきました。
2日間を振り返って。みなさん、感想を話してくださいました。
f0177529_15440852.jpg


「むしむしキャンプ」 みなさんに楽しんでいただけたようでよかったです!
ありがとうございました。
交流の家のスタッフのみなさん、お世話になりました。
ゆる~い企画のキャンプでしたが、参加者それぞれのやりたいことがそれぞれ家族のペースでできたのが一番だったのかもしれません。スタッフの私たちも参加者のみなさんといっしょにこのキャンプを楽しみました。波の音と虫の声。 すばらしい環境の中での「むしむしキャンプ」でした。

虫採りはたのしかったでしょ? 夜の暗い中を遅くまで走り回って虫採りできるなんて、子どもたちにはなかなかできない経験でしたね。
子どもたちの虫の絵も、すばらしかったです。家族でおしゃべりしながら絵を描いていく間にかわいいストーリーも生まれていました。子どもさんと一緒に一枚の絵を描いておられた方もいらっしゃいました。クレヨンで描くと元気な絵ができあがります。キャンプの記念に飾ってください。

そうそう、みなさんが採った虫さんたち。終了後に全部 放したことをご報告しておきます。
ぴょんぴょんパタパタごそごそと、それぞれのおうちに帰っていきました。

スタッフ初経験の福井くんと室谷くんは「むかしの僕たちを見ているようだ。」と何度も言ってました。虫採りに連れて行ってもらってうれしかったこと、たのしかったことを思い出したのでしょう。今回も家族で楽しめるステキなキャンプでした。

次のキャンプにも、ぜひご参加ください。



参加者:むしとりキャンプに参加した 32家族 109人(子ども 56人) 
交流の家スタッフ:11人(学生ボランティア6人) 
こどもとむしの会スタッフ : 八木剛(人と自然の博物館)池田大 奥井かおり 阪上洸多 福井翔 室谷泰智 吉岡朋子【報告:吉岡】





by konchukan1 | 2017-09-21 22:30 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
8月23日は神戸市立桃山台児童館(垂水区)です。直接の依頼により、今回でなんと8年連続の開催です。
1年生は初めての参加ですが、2年生以上の子どもたちは慣れたもので「いどうこんちゅうかん」の楽しみ方をよく知ってます。
f0177529_18363317.jpg
午前中は児童館のまわりの公園でセミとりをしてくれていたようです。セミがたくさん採れていました。


「いどうこんちゅうかん」は午後からです。
f0177529_11113981.jpg
中谷朱里ちゃんの「むしむし小話」からスタートです!『昆虫の眼と見え方』のお話でした。単眼のことも知っていた子がいてびっくりしました。
f0177529_11115683.jpg
   次は私(阪上)によるタペストリーの虫の紹介です。みんな虫の名前をよく知っていました。


ここからは『生き虫タイム』です。みんな思い思いの虫に駆け寄っていきます。
f0177529_1116865.jpg

f0177529_11285214.jpg
夏も終わりなのにミヤマクワガタめちゃ元気。

f0177529_11174076.jpg
橿原昆虫館からやってきたオオゴマダラのしましまの幼虫・金ぴかの蛹・おおきな成虫。どれもなかなかパンチがある見た目をしていますね。
f0177529_18375662.jpg
成虫は何度となく脱走し、部屋の中を舞い飛んでいました。そしてそれをスタッフが網で捕まえるたびに謎の拍手が起こっていました(笑)
f0177529_11191162.jpg
青く光るルリセンチコガネも大人気。なんかまつ毛があるように見えると言い続けているのですが、まだ誰からも同意を得られていません。
f0177529_11193868.jpg
チビクワガタと遊んでいます。大きなクワガタが人気を集めるのは世の常ですが、小さいクワガタもいいよね!
f0177529_11202642.jpg
カマキリ・・・それはどこから見ても目が合う不思議な生き物・・・。イカツイ虫ですが、よろこんでさわっていたようで良かったです。

f0177529_11401297.jpg
  蚊帳前は大行列!子どもたちを順番に並ばせてくださった児童館の先生方、ありがとうございます。
f0177529_112225.jpg
蚊帳の中の様子です。みんな笑ってます!


f0177529_1147257.jpg
写真が飛び出してくる3D写真。の写真。

f0177529_11412696.jpg
塗り絵コーナーも大人気!





f0177529_1839460.jpg
最後は「むしむし大博士の質問コーナー」です。橿原市昆虫館の中谷さんに、虫の疑問に関してお答えいただきました!



参加者 : 小学生 76人  幼児 2人  大人 2人
児童館スタッフ : 10人
こどもとむしの会スタッフ : 中谷 康弘(橿原市昆虫館)・中谷 ひとみ・吉岡 朋子・阪上 洸多・室崎 隆春・中谷 朱里・溝手 舜【報告:阪上】
by konchukan1 | 2017-08-23 15:10 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)
昨日に引き続き、今日は「こうべまちづくり会館」(神戸市中央区)での「いどうこんちゅうかん」です。こうべまちづくり会館は阪急花隈駅から南、元町商店街のアーケードの一角にあります。
昨日とうってかわって午前と午後、少人数での開催。どうなるのでしょうか?

f0177529_16375688.jpg
             近藤さんの「むしのかお」の紙芝居からはじまります。


f0177529_16413239.jpg
              人気のカブトムシ ヘラクレスオオカブト

f0177529_1640376.jpg
                 オオクワガタとハイチーズ!
f0177529_16404127.jpg
きのうのしあわせの村で採ってきたセスジスズメの幼虫です。一見とっつきにくいけど、慣れるとかわいいです。
f0177529_16411096.jpg
                たくさんの虫を持ってきました。



f0177529_16432910.jpg
              虫だけでなく両生類のイモリも登場!!

 

f0177529_1641499.jpg
            蚊帳の中で身近な生き物をたくさん触れたかな?



f0177529_1642523.jpg
          ぬりえのコーナーです。標本を見て好きな虫をぬりましょう。


f0177529_1645673.jpg
むしむし大博士の質問コーナー!
残念なことに参加者は少なかったのですが、その分たくさんの虫をいっぱい触れたと思います。最後には缶バッジのプレゼントもありました。
来てくださった皆さまありがとうございました。


体験者数 : 36人(子ども 15人)
こどもとむしの会スタッフ : 近藤伸一 久保弘幸 室崎隆春 中谷朱里 松岡想 吉岡朋子
【報告:室崎】
by konchukan1 | 2017-08-06 17:20 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)