佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

カテゴリ:豪雨災害・復興の状況( 35 )

12月6日の昆虫館

 明石を朝8時過ぎに出たときは気温12度、10時前に着いた船越は7度。一人かなと思っていたら、すでに岡田さんが、ほうきを手にひとりせっせと落ち葉かき。何と、もう1時間もやっておられたそうです。

一人黙々と落ち葉をかく岡田さん
f0177529_9365290.jpg


 2人で、ベビールームの泥をブラシで落としていたら、安岡さんが合流。床板は意外にきれいで、しっかりしていたので、思い切って洗浄することに。まず、乾いた状態で徹底して泥をはき出し、高圧洗浄機で床と壁のかなり上までさっぱりと。床もきれいになりました。

ベビールームのビフォア
f0177529_9375769.jpg

泥をかき出した後、高圧洗浄機で徹底的に
f0177529_9382972.jpg

排水
f0177529_9385945.jpg

タオルでふき取り
f0177529_9392791.jpg


 次にラボの棚のベニア剥がし。四分の三ほど終わっています。7日の方、続きと掃除をよろしくお願いいたします。床にくぎ抜きが2本と金槌が1本、それに抜いた釘を入れる紙コップが3つあります。ベニアの中央部分を横に穴を開け、ベニアを持ち上げて、テコの応用で釘を抜けば、割合うまくいきます。安岡さんの職人技です。乾いた泥もうっすらと溜まっています。

ラボのベニアを剥離し、釘を抜く
f0177529_9403029.jpg


 最後に、シカの食害が進んでいるので、館の周りに高さ2メートルのシカ除けネットを80メートル張り巡らせました。2人のお陰で、作業が捗りました。3人が作業の最小単位だと痛感しました。

シカの食害が園内各地に
f0177529_9412540.jpg

館の周り、80メートルをシカ除けネットで囲みました
f0177529_9415914.jpg

帰りには、乾き始めていました
f0177529_9422722.jpg

廊下等の電気は復旧したようです
f0177529_9425683.jpg


(三木進)
by konchukan1 | 2009-12-06 20:00 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

11月22日の昆虫館

若者たちのすごいパワーで、水害で汚損した実験台は撤去されました。
f0177529_20421227.jpg


二つの実験台を撤去したあとのラボ。広くなりました。新しいストーブを囲んで。
f0177529_2042298.jpg


残されたコンセントと水道管が、ふしぎな存在感をかもし出しています。
f0177529_20533943.jpg


グラインダー持参のSさん。壊れたシカ柵を切断、撤去しています。
f0177529_204225.jpg


ひたすら落ち葉かきくださったKさん。
f0177529_20422110.jpg


落ち葉の下から道が現れました。静かな秋の風情を楽しむことができます。
f0177529_2042381.jpg


カウンター下のベニヤ板をはがしてみると、泥がたまっていて、カビがいっぱい生えていました。ここも掃除して張り替えないといけないです。
f0177529_2042463.jpg


天井の照明が点灯せず、壁面のコンセントもダメでした。これにより、電話、FAXは現在使用不能となっています。あしからずご了承ください。電気系統もやりなおさないといけないようです。
f0177529_20494674.jpg


(げんごろう)
by konchukan1 | 2009-11-23 20:54 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

10月25日の昆虫館

f0177529_7291969.jpg
屋外倉庫のそうじをしました。物品をいったんすべて出し、床にたまっていた泥を排出しました。

f0177529_729365.jpg
倉庫の床に敷かれていたこの網は、かつて、イモリくねくね池のフタに使われていたようです。

f0177529_7292966.jpg
同じく床に敷かれていた数枚のコンパネ。カビの培地のようです。

f0177529_730596.jpg
倉庫から出てきた道具。なんとか式刈取機と書いてありました。どうやって使うのか、ナゾです。

f0177529_804646.jpg
これらの器具はいったん館内に移しました。

f0177529_80338.jpg
すっかり土砂がなくなったイモリくねくね池に水を入れました。イモリが5匹ほどと、アカガエル、ツチガエルがいます。

f0177529_7295751.jpg
おにぎりパクパク広場の花壇づくり。流木を切断して柵をつくっています。杭も手づくりです。

当日作業員:安達・中瀬・八木・安岡・山下でした。
by konchukan1 | 2009-10-26 07:37 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

10月11日の昆虫館

今日は朝から天気が良く作業中は汗ばむくらいでしたが、太陽に雲がかかると肌寒くなり、昼食時にじっとしていると半袖では寒く、あわてて上着を着込むほどでした。
参加者は杉本さん、山本(勇)さんと髙橋の3名でした。
それぞれ館内・庭木周り・イモリクネクネ池と分かれて作業しました。

昆虫館に着いてまず驚いたのは、気分がめいったあの土砂がなくなっていたことです。このブログで三木さんから作業中の様子の報告がありますが、実際に見るとプロ集団と重機の威力を実感しました。皆さんお疲れ様でした。

昆虫館の外部はこのようになっていました。すっきりしました。
f0177529_17152544.jpg

f0177529_1716844.jpg

イモリクネクネ池で作業を始めるとイモリを発見、救出一匹追加です。館内の向かって右から4番目の水槽に連れて行きました。
f0177529_17204791.jpg

真ん中の池に大小各1、西側の池に大1の計3匹のヒキガエルがいました。
帰宅してから気づいたことですが池には水しかなく、この3匹は出るに出られず、冬眠もできない状態です。どなたか次回昆虫館に行かれた方は、どこか冬眠のできる場所へ連れて行ってやってください。
f0177529_17265997.jpg

道半ば(?)東側のイモリクネクネ池の様子。石がたくさん入っており水の中から引き上げるのに時間がかかりました。本日中に土砂を空っぽにするつもりがこれで精一杯!
f0177529_17311476.jpg

館内の様子。壁面はすっきり、塗装は今すぐにでもできそうです。写真は出口から時計回り。
f0177529_1732422.jpg
f0177529_17325833.jpg

f0177529_17342524.jpg

標本室の様子。
f0177529_17354738.jpg
f0177529_1736862.jpg


(髙橋 耕二)
by konchukan1 | 2009-10-12 17:46 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

9月27日の昆虫館

まず、昨日26日は内藤理事長が奥様お手製のとてもおいしい播州の祭りの秋ならではの、アナゴのまぜご飯のおにぎりの差し入れもあって、なんとなく穏やかムードでしたが、今日は仕事本位。300〜400立米もの土砂の排出に明け暮れました。

参加者は、造園が9人、むしの会が10人で、大塚、久保、刈田、岡田、旭、藤原、中瀬、三木に、高校の生物の教師・深水さん、上郡駅前の料亭「尽禄」井上さんの10人でした。
皆さん、とてもよく頑張り、久保さんの報告どおりのミッション・コンプリーティッドでした。
2日間にわたって、すごいものを見せてもらいました。

おにぎりパクパク広場の全容が
f0177529_0204041.jpg

井戸の周りはヤングパワーで
f0177529_0214368.jpg

久保さんの馬力も全開.いったいどこからという力です
f0177529_0222943.jpg

こどもとむしの会と姫路造園建設業協会の両ナイン.いい試合でした
f0177529_0234822.jpg

よみがえったプロムナード
f0177529_0253515.jpg

もう一度、感動の光景を
f0177529_0264982.jpg


(三木進)
by konchukan1 | 2009-09-30 00:26 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

9月26日の昆虫館

姫路市造園建設業協会の8人の社長さんと技術者が、奇跡を見せてくださいました。
千種川圏域清流づくり委員会からは、横山先生、竹川、井上、浜野、松尾の皆様、そして、こどもとむしの会からは、内藤理事長、久保さん、三木。
おまけにSAT災害特走隊兵庫県隊長の大元和行さんも応援に駆けつけてくださいました。
すごいことが起こりました。

まるで戦場
f0177529_23374982.jpg

池の深さ30cmのところからやせ細ったイモリが出てきました
f0177529_2339385.jpg

裏もこの通り
f0177529_23402621.jpg

この方が毛利さん.昆虫館ボランティアの発案者です
f0177529_23411232.jpg

この巨大トラックで回収します
f0177529_23415510.jpg

今回作業していただいたみなさんです
f0177529_23431494.jpg


(三木進)
by konchukan1 | 2009-09-29 23:43 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)
内藤、杉本、沢田先生に、久保、高橋、金子、山本、清水兼男、三木夫婦の10人が出席。

それぞれが、それぞれに出来ることから手を付け、内藤先生の奥さん手作りの、中華ちまきを味わいながら、午後6時過ぎまで、黙々と、またゆるゆると再会を楽しみました。

ラボ、倉庫の備品の泥落とし、洗い上げと整理(廃棄処分を含む)、
標本室、廊下の洗い、モップかけ、乾燥、
玄関側の排水路の浚渫、
ポスト付け
植物のケアと剪定、整理
カミキリ、ゾウムシなど甲虫用のホストの積み上げ
が出来ました。

私たちが作業をしているのを見て、お隣の内海和義さんがお礼を言いに来られました。
何と9kgも痩せられたそうです。それでも、夕方、愛犬と瑠璃寺まで散歩に行かれている姿を拝見し、少しづつ日常が戻っているのだなあと、実感しました。

これからも、日曜ごとに同窓会を開きます。少しづつ、再開に向けて作業を進めましょう。
そう、冬が来る前に。もっとも、シャーレを洗いながら、嫁はん曰く「何やデジャブ。去年やったことと同じや」。

f0177529_1741182.jpg

f0177529_17413084.jpg

f0177529_17413869.jpg


(三木)
by konchukan1 | 2009-09-08 17:43 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

昆虫館内部の被害例

昆虫館内部で受けた被害例をお知らせします。

泥被りしたシオカラトンボ
f0177529_2041422.jpg

そのガラス蓋
f0177529_20413464.jpg

ガラスの内側に泥水がついていた平山修次郎氏の写真
f0177529_204209.jpg

壁面に展示していたアカトンボ標本箱の裏にはすでにカビが発生
f0177529_20422525.jpg


(相坂耕作)
by konchukan1 | 2009-09-04 20:42 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)
 8月30日は佐用町西下野の安藤建設が昆虫館南の寺谷川の本格的な浚渫を行いました。

 近藤隊長からの指令で、現場監督にお願いし、河川の浚渫に合わせて昆虫館に敷地内の土砂も深さ30〜50cmほどを排除してもらいました。またまたミラクルです。その様子を中心に報告します。河川は今まで以上に幅、深さとも拡張しています。

 網室西側から大型ユンボが川に入り、河床に道を作り、順次、奥から土砂をこれまた大型ダンプに積み上げ、取り除いていきました。「えーっ」というような写真になっています。

昆虫館の裏に道が
f0177529_20245589.jpg

昆虫館南の土砂を排除
f0177529_20252619.jpg

また、ひとかき.ダンプへ
f0177529_20255656.jpg

え、どこからダンプが
f0177529_20262494.jpg

ここからです
f0177529_2027033.jpg


(三木進)
by konchukan1 | 2009-09-04 20:28 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)
 中峰さんに続いて、新入会員で果樹栽培技術者の井内さんが上群から折りたたみ自転車で来てくださり、安岡、山下パワフルコンビに、それ以上かもの苅田さんと6人で対応しました。土砂が片付き、樹木の伐採も。
 高野山真言宗播磨青年教師会の皆さんは、昨日に続き20人も。

僧侶の皆さんのこの笑顔
f0177529_082121.jpg

このパワー
f0177529_011314.jpg

安岡君も溶け込んで
f0177529_012393.jpg

中峰さんもフル回転
f0177529_0124391.jpg

次々と土砂が2トンダンプに
f0177529_0131386.jpg

ミニユンボが川側でも活躍
f0177529_014381.jpg

トイレの横に排水溝ができました
f0177529_0143260.jpg

三本のじょれん
f0177529_015029.jpg

船越山観光の大江さんがお礼にと屋根と樹木を伐採
f0177529_0152620.jpg

石黒町議や嶋本自治会長も応援に
f0177529_0155543.jpg

やっと終わったなー
f0177529_0164789.jpg

今日もきつかったなー
f0177529_017472.jpg

さあ撤収や
f0177529_018156.jpg

すっかり土砂が排除された北側
f0177529_0184728.jpg


(三木進)
by konchukan1 | 2009-08-30 00:19 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)