佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

カテゴリ:豪雨災害・復興の状況( 35 )

季節相応の、ひんやりした1日でした。

エアコンが付いていました!
f0177529_745387.jpg


テーブルとイスが納品されました。
f0177529_7451315.jpg


南北準備室の間の壁は撤去されていました。広々した空間です。
f0177529_7452337.jpg


トイレ、工事中です。男性はともかく、女性は瑠璃寺まで歩き・・・ご苦労おかけしました。
f0177529_7453293.jpg


先週に続き、標本展示ケースを補修。ひどく痛んでいるところはベニヤを張り替え。
f0177529_7454141.jpg


ニスを塗って新品のように! あとは標本の到着を待つばかり。
f0177529_7455099.jpg


昆虫用水槽の準備です。寒い中、ごくろうさん!
f0177529_7455867.jpg


水道工事、進んでいます。コンクリートに道ができたようでおもしろいです。そのうち、踏まれてもだいじょうぶな植物が生えてくれるでしょう。
f0177529_746885.jpg


前年同期に比べると、かなり作業が遅れています。
まだ工事が進行中で、スチール棚などを入れることができず、館内の片付けはほとんどできませんでした。すべての物品は泥ほこりをかぶっています。拭き掃除だけでもたいへんと思います。
来週からは、突貫作業、覚悟が必要と思います。

(八木 剛)
by konchukan1 | 2010-03-08 07:55 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

3月2日の報告

2日は、シニア自然大学の応援をいただいて、ありがとうございました。
その日の主な活動です。
A班 展示室の整備 
B班 収納スペースの整備 
C班 庭の整備
D班 昆虫観察

A班 標本展示台の補修とその準備。
f0177529_1330438.jpg

ガラスにマスキングしています。

B班 収納ボックスの格納。 
f0177529_1326258.jpg

収納ボックスを棚の下に入れました。

C班 花壇の土留め作り。食草の移植。 
前回に掘った穴のほんの一部に、山中から掘り出してきたキジョランを5株以上植えました。
一番日当たりが悪いところです。
f0177529_1319484.jpg

また、網室の中に、ノリウツギ(千種町産)の鉢植えがあり、鉢の底から根が伸びていました。
2人で丁寧に掘り起こし、これまたちょこっとフェンス沿いに植えておきました。
f0177529_132061.jpg

これは、やや日が当たるところを選びました。
無事、根付き、花を咲かせ、多くのハナカミキリが来てくれる日を祈っています。

D班 昆虫観察
カミキリ用の材のチェックや、ハンミョウの愛の巣探し、キチョウの越冬を観察しました。

佐用町教育委員会から3日午後、連絡がありました。
昆虫館エントランス部分の、あの赤いコンクリート舗装が、水道、井戸工事をしたところ、工事前から無数にひびが入っており(私も2日に現地で確認しました)、元のようには修復できず、撤去して土の地面になるということです。
明るい雰囲気を醸していてくれただけに残念で、何より水はけが気になりますが、ご了承下さい。
f0177529_13182655.jpg

2月28日に、デッキブラシで洗ってくださったのが、せめてもの幸いです。ありがとうございました。


色んな方の報告を参考に、まとめました。
この日は現地に行っていないので、何か間違ったことを書いているかもしれません。
(安達)
by konchukan1 | 2010-03-05 13:50 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

2月28日の昆虫館

前日は雨だったのですが、気持ちよい晴れの日でした。
水滴がついたコケは非常に美しかったです。
f0177529_11523851.jpg


シャベル、一輪車を使った外での作業が主でした。

植栽帯が完成しました。
f0177529_1261591.jpg

↑ ここに虫用の植物を植える予定です。ここにはウマノスズクサも植えられます。
f0177529_1281773.jpg

ジャコウアゲハも春を待っております。


せっかく芽を出した植物を踏みつけないように…と、石で園路をつけました。
これなら、「この石の外側には入ったらアカン!」というルールが生まれることでしょう。
f0177529_12123173.jpg


橋も完成しました。
f0177529_12163483.jpg


水槽の準備も完了しました。
微生物、濾過機能の調整時期で、生き物を入れるにはまだ早いです…。
f0177529_12172561.jpg

今思えばエーハイム2213(濾過器)いじりたかったです…

カブトムシベットには土砂が入りこんでおり、カブトムシの気配はありませんでした。
入っている土も腐葉土ではなく、典型的な「土」だったので、1からやり直すことに・・・。
f0177529_14114695.jpg


こんな環境だとカブトムシはいない!!と皆様言っておられましたが…
f0177529_1414480.jpg

出ました!!
こないだの腐葉土から出てきた幼虫よりもはるかに小さいです。

幼虫は避難させて、落ち葉・腐葉土を敷き詰めました。
f0177529_1416029.jpg

落ち葉がいい感じに腐り、カブトムシの発生に至るまでにはもう少し時間が必要かもしれません。

むしの会発注の追加工事も進んでいます。
f0177529_12234856.jpg

f0177529_12262653.jpg

元の昆虫館、いえ…それ以上の昆虫館になる日も近いことでしょう。
f0177529_14292233.jpg

f0177529_143686.jpg

(安達)

後で、何人かで瑠璃寺の上まで偵察に。というのは、金曜日に60ミリ、土曜に10ミリ降ったそうです。金曜の1時間最大雨量は、20ミリほど。

何と、寺谷川で大きな土砂の移動があったようです。
新たな、崩落も確認。結果、瑠璃寺側では、土砂がかなりなくなったが、改めて護岸がえぐられた。昆虫館付近では、敷地内の南側で大きく土砂が流出。逆に網舎に近いところでは、1.6mほど、大量の土砂が河川敷内に堆積。災害直後に近い状態に。町建設課、嶋元連合区町会長にも、行政へのアピールをお願いしておきました。私も、月曜日1番でします。

(三木)
by konchukan1 | 2010-02-28 14:52 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

2月21日の昆虫館

9時40分ごろに着くと、館内に電気が。8時半ごろから斎藤さんがフル回転。
ほたるピカピカ池に川の水をポンプアップし、昆虫館に清流が誕生。館の周りも、側溝も徹底的に水を流し、美しく。小川のある館は、何ともすがすがしく、輝いていました。

2人で、館の周辺を整理整頓、新たな花壇も作りました。

午後2時ごろ、野村先生が助っ人にきてくださり、三人で楽しいひと時を過ごしました。

館内は塗装が進み、若草色に変身中でした。

カブトムシの幼虫は元気で、安岡さんが実験中のハンミョウのカップルも、二匹ずつのネストを作っていました。とても暖かい一日でした。

(三木 進)
f0177529_144297.jpg
f0177529_14421818.jpg
f0177529_14422841.jpg
f0177529_14424156.jpg
f0177529_14425086.jpg
f0177529_1443136.jpg
f0177529_14431041.jpg
f0177529_14431891.jpg
f0177529_144326100.jpg
f0177529_14433795.jpg
f0177529_14434421.jpg
f0177529_14435293.jpg
f0177529_14442923.jpg
f0177529_14443815.jpg
f0177529_14444648.jpg
f0177529_14445445.jpg
f0177529_1445610.jpg
f0177529_14451754.jpg

by konchukan1 | 2010-02-21 20:40 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

2月14日の活動報告

バレンタインデーというピンキーな日にも関わらず、10名以上の方が参加されました。
休憩の時間に出てきたチョコレートが妙に虚しく感じました・・・。

船越産カブトムシの幼虫を腐葉土から掘り出し、昆虫館管理の飼育箱に移す作業から入りました。

僕らは、いもりクネクネ池の整備を行いました。整備といっても土を足しただけです。
3つに区切られた池を、それぞれの水深を「浅い」「中くらい」「深い」に分けました。
遷移を表現したいとかいう案もありましたが、どうなるかわかりません。

土は、川や土手から採取してきました。
土手を掘り返している際、ハンミョウの新成虫がちらほら出てきました。
ゴミムシと同じように秋に羽化し、そのまま越冬するそうです。
ハンミョウはごく普通に見られる虫ですが、虫に飢えてる皆様はちょっと湧きました。

ハンミョウの赤紋をなんとか残したい!という議論もありました。
亜硫酸ガスを使っても、生きてるときのような美しさは保てないそうです・・・。



壁一面を被っているキジョランを片付けることにしました。
f0177529_00413.jpg



根元別にキジョランをまとめて、アーチにしています。
f0177529_002971.jpg



新設されたフェンスには、ビナンカズラなどの虫用の植物を巻きつける予定です。
個人的な意見ですが、ぜひともキカラスウリ・カラスウリも植えて欲しいです!!


皆で背が高くなりすぎた木を切って調整してます。思い切って伐採しました。
f0177529_01713.jpg


f0177529_015774.jpg

↑何をしてるのか、よくわからないと思います。

木の枝が電話線に接触していたので、それを切り取っています。
切り取った枝が電話線に落下する可能性がきわめて高かったので、その辺に落ちてたハシゴで電話線を引っ掛けて、木から避けています。ハシゴくそ重かったです。
今思えば長竿で対応すればよかったような・・・


4つ前の記事にあったマレーゼトラップですが、ディプテラ(ハエ・アブ)しか入ってませんでした。
つまらないという理由で撤去されてました。
中の虫は、めんどくさいという理由で回収されてませんでした。


他には、ほたるピカピカ池の掃除、イモリくねくね池の改装、川側の鹿避けネットの設置、追加工事のための意見交換などが行われました。
トイレは、新しい方法の提案があり、町、業者と検討し、改めて報告します。


皆様、お疲れさまでした m(._.)m

(以上 安達)
by konchukan1 | 2010-02-18 01:31 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)
2月10日(水)に、佐用町昆虫館へ行ってきました。
復旧工事が進んでいます。
コンクリートがむき出しの部分もありますが、緑に覆われたラピュタのようになる日も近いことでしょう。

(三木 進)

以前倉庫だったところは、シャッターと扉が撤去され、ちょっとした休憩スペースになっています。
f0177529_16291587.jpg


フェンスはこんな感じになりました。敷地南側はコンクリートの壁に。でんでんむしを見つけやすくなりそうです。
f0177529_16292422.jpg


北側の出入り口です。
f0177529_16293928.jpg


カウンター下の板は張り替えられました。
f0177529_16293251.jpg


ベビー室の床もきれいに張り替え。
f0177529_1629466.jpg

by konchukan1 | 2010-02-11 16:35 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)
町の復旧工事が急ピッチで進んでいました。

すでに、駐車場の土砂は排除されてバラスがしかれ、おにぎりパクパク広場に赤土がしかれ、シャッターが撤去された屋外倉庫の床にモルタルがきれいに流されていました。また、南側のよう壁のやや規模の大きな工事が進んでいます。

館の敷地内では、チャンチンの根元に積んであった小枝類まで徹底して掃除してありました。もっとも旧参道側に積んでおいたカミキリや甲虫用の材まで、大半が処分されていました。「くっ、くっ、悔しーい」。昆虫館に行くのが少し遅かったようです。多くの皆様にご協力いただきながら、申し訳ございません。

春は着実に近づいており、館内では、蝋梅が咲き、杉の樹皮には、背中にハートのマークがあるエサキモンキツノカメムシが活動していました。
近藤さんが植えてくださったパンジーもけなげに耐え、ハリマイノデは、何とか生きているといった感じでした。日が当たりすぎるのかもしれません。

(三木 進)

f0177529_16215641.jpg

f0177529_1622521.jpg

f0177529_16221368.jpg

f0177529_16222178.jpg

by konchukan1 | 2010-01-20 16:15 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

12月20日の昆虫館大掃除

厳しい寒さの中、2009年最後のいっせい作業です。
大まかな清掃は、ほぼ終わりました。あとは、館内の隅々に残る細かな泥を歯ブラシで落としていくなどの地道な作業が残っています。これは、来年、工事が終わってから、いっせいにやりましょう。

朝はうっすら雪が。午後からも降りましたが、積雪はありませんでした。
f0177529_15454498.jpg


最後に残っていた、標本庫、薬品庫の床掃除。浮き上がったピータイルははがしました。
f0177529_1545561.jpg


ロッカーもすべて外へ出して洗浄。
f0177529_1546675.jpg


庭の路面も高圧洗浄機で洗浄。赤くなりました。
f0177529_15461610.jpg


いもりクネクネに再度土を投入。
f0177529_15463332.jpg


網室の屋根から突き出していたキハダを剪定。
f0177529_15464284.jpg


収納ケースをたくさん買いました。灰になる前の段ボールで遊ぶ人たち。
f0177529_1620826.jpg


当日は、ガロアムシや、地下に住んでる珍しいゴミムシも採集されていました。1年の締めくくりにふさわしいでしょう。

佐用町昆虫館、波乱の船出となった1年でした。来年はまた新たなスタートです。
引き続きみなさまのご支援をよろしくお願いいたします。

(げんごろう)
by konchukan1 | 2009-12-22 15:54 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

12月13日昆虫館の消毒

12月13日(日)イカリ消毒(株)さんが来てくださり、昆虫館の消毒作業をしました。

床に消毒液をまいています。
f0177529_10175137.jpg

噴霧器です。
f0177529_10174271.jpg

薬剤を各部屋に噴霧。
f0177529_10175889.jpg

イカリさん曰く「気休めのようなもの」だそうですが、気休めになるだけでありがたいです。
ありがとうございました。

話はちがいますが、これはマレーゼトラップ。置いてみました。来週が楽しみです。
f0177529_1018814.jpg


トイレ横の木にキクラゲが生えていました。食べられるのかな。
f0177529_10181673.jpg


(げんごろう)
by konchukan1 | 2009-12-14 10:24 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)

12月7日の昆虫館

 12月7日の作業報告です。この日はむしの会+シニア大学の皆様が大阪から駆けつけていただき9人で作業をしました。
 
作業内容は昨日の続きで、ラボの棚下の板撤去、シカ柵の補強、玄関前の水路排土、スミレの植栽などです。体を動かさなければ寒い季節になり、みなさんモクモクと作業をされ、昨年の暮れにタイムスリップしたような一日でした。これでシカ対策は万全、町の復旧工事待ちの体制ができました。花壇の一部にスミレの花が咲き、庭に命が蘇ったようです。いよいよオープンの準備段階ですね。

 シニア大学の皆様、早朝から遠路を、大変ご苦労様でした。本日の参加者は高橋耕二・水野辰彦・竹川應仁・桜井正臣・片岡義方・芳川雅美・平木道夫・金子留美子の皆様でした。

ラボ 棚撤去
f0177529_9471260.jpg

廊下もピカピカ
f0177529_9474065.jpg

いつでも展示ができそう
f0177529_948946.jpg

シカ柵の補強
f0177529_9484361.jpg

シカフェンス完成
f0177529_9491291.jpg

川側も
f0177529_9494016.jpg

側溝排土
f0177529_9501045.jpg

ビオラ植栽
f0177529_9503237.jpg

ビオラ
f0177529_9504798.jpg

シニア自然大学のみなさん
f0177529_9511154.jpg


(近藤伸一)
by konchukan1 | 2009-12-07 20:00 | 豪雨災害・復興の状況 | Comments(0)