佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

10月14日(土)の昆虫館

2017年10月14日(土)の昆虫館

一日館長 : 野村智範  サブ館長 : 末宗安之 スタッフ : 大江峻弘
来館記帳者数 : 12人  天気 : 雨のち曇り

お客さんは少なめでしたが、様々な体験をしていただいたと思います。

枝豆(丹波黒)のもぎ取り体験もしてもらいました。

f0177529_21344801.jpg

佐用町の特産物である「もち大豆」や黒豆は、町内の至る所で栽培されているので、目には映っていても、佐用町内の子どものみならず大人でさえ、大豆のさやは知っていても、それがどんな植物の枝にどのように付いていて、枝豆として収穫する時期がいつ頃で、お正月用の黒豆として刈り取るのはいつ頃なのかなどということをほとんど知らないのが実情です。

昆虫館のある三河地域でも、もち大豆の栽培はされていますが、黒大豆は、個人栽培以外では見かけません。町内の数か所の国道沿いや「道の駅」などでは、以前から「丹波黒 枝豆」などののぼりを立てて販売しています。

普通は、葉っぱを取り除いた枝付き、または、大豆のさやだけを袋に詰めたものが売られていますが、ある所では、収穫体験として、刈り取った枝葉付きの大豆からさやをもぎ取れば、ほぼ同程度の量の枝豆を半額で提供する販売方法も取り入れられています。今年は特に家族連れに大人気で、子どもたちが大豆の生えている田んぼの中を走り回ったり、トンボやバッタ、蝶や蛾、カマキリなどを追いかけ回したりして、とても好評だったそうです。店で売られている袋入りの枝豆も美味しいですが、栽培されている田んぼで虫を追いかけたり、どろをつけながらでも大豆の収穫、もぎ取りをして食べた枝豆の味は格別だったことでしょう。

f0177529_21371616.jpg


f0177529_21351871.jpg

f0177529_21373332.jpg
f0177529_21380555.jpg
本日も庭にやってきた2頭のアサギマダラにマーキングをして再度放蝶しました。

f0177529_21395653.jpg
スミナガシやアオバセセリの幼虫も大きくなりました。
f0177529_21411640.jpg
f0177529_21413855.jpg

生き物でも同じようなことが言えると思います。安全には注意しなければなりませんが、サワガニにはさまれてみてその痛さ加減を知るとか、腕の上のクワガタを無理に引き離そうとすると痛いとか、オオゴキブリやマダガスカルゴキブリは、気持ち悪そうに見えて、意外と「癒し系」な動きをするとか、イモリの表情は、案外とても可愛いとか、その他諸々、実際に生き物に触れてみないと一生分からない体験ができる昆虫館に来てください。今年もあとわずか、1021日・22日・28日・29日の4日間のみとなりました。お待ちしています。

( 報告 : 野村智範 )



by konchukan1 | 2017-10-14 23:30 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)