佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

「いどうこんちゅうかん2017」in 板宿児童館 8月24日

~神戸市児童館派遣事業による「いどうこんちゅうかん」⑤ 板宿児童館 編~

8月24日(木)の午前は神戸市須磨区の板宿児童館です。
朝から快晴でとても暑かったですが、暑さに負けず「いどうこんちゅうかん」スタートです。

f0177529_10342139.jpg
中谷さんの「むしむし小話」から。虫の目についてのお話です。

f0177529_20595133.jpg
室崎さんによるタペストリー紹介。先ほどのむしむし小話にちなみ、単眼を探したり、虫の呼吸法の解説までありました。



生き虫ふれあいコーナーは大人気です。
f0177529_2114869.jpg
カブトムシやクワガタを初めてみる子や、お家で飼育している子まで、みんな上手に触っていました。中にはニジイロクワガタに名前をつけてくれた子や、腕にカブトムシを登らせている子もいました。


f0177529_2112687.jpg
イモリのお散歩。2人で上手に道を作ってくれています。

f0177529_2133074.jpg
オオゴマダラおっきいなぁ!

f0177529_21211964.jpg
手に乗せてあげると…あっ!飛んでしまいました。

f0177529_2105960.jpg
タガメの裏側なんて初めて見たんじゃない?鋭い口も見れたかな?





f0177529_2134924.jpg
塗り絵は別の階の図書室でやっていたのですが、たくさん絵を描いてくれました。
ヘラクレスやモルフォがやはり人気です。


f0177529_21597.jpg
3D写真もあります。
ちなみに奥にある虫網は、脱走したオオゴマダラを回収するためにスタンバイしてあるものです。





f0177529_215384.jpg


f0177529_21245883.jpg
カヤも盛況。ゲットしたカマキリを見せてくれました。


f0177529_10315186.jpg
最後はむしむし大博士に質問のコーナーがありました。橿原市昆虫館の中谷さんに質問をたくさんしました。小さくて弱そうなコクワガタが何年も生きることに驚いている子が多かったです。




参加者 : 小学生 40人(1~5年生) 幼児 6人  大人 5人 
児童館スタッフ : 7人
こどもとむしの会スタッフ : 中谷 康弘(橿原市昆虫館)・吉岡 朋子・室崎 隆春・中谷 朱里・菅澤 祥史・溝手 舜・洞出 七海【報告:溝手】




by konchukan1 | 2017-08-25 10:39 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)