佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

「いどうこんちゅうかん2017」in 福池コーナー 8月21日

~神戸市児童館派遣事業による「いどうこんちゅうかん」① 福池コーナー 編~

8月21日から24日の間に、今年も抽選で当たった神戸市内の6つの児童館・コーナーへ「いどうこんちゅうかん」が行ってきました。
神戸市児童館派遣事業も7年目。たくさんの子どもたちに「むしさんとなかよし」になってもらうために、今年もむしむし大博士の先生とむしむし博士の大学生のおにいさん・おねえさんが たくさんのむしさんと一緒に、みなさんのところへ行きます! むしさんのひみつ、発見できたかな?


初日の8月21日(月)の午前は東灘区の福池小学校の中にある「福池コーナー」へ行きました。
「コーナー」とは小学校の中にある学童保育の施設です。役割は児童館と同じです。夏休みも月~土の朝から夕方6時半まで子どもたちが来ています。福池コーナーには81人もの1年生~3年生が登録をしているそうです。


さあ「いどうこんちゅうかん」のはじまり!はじまり~!

まず最初は中谷さんの「むしむし小話」です。
f0177529_17594758.jpg
『むしの眼』についてのお話です。昆虫たちには この世界はどんなふうに見えているのでしょう?

f0177529_1835218.jpg
「むしむし小話」のあとは阪上くんによるタペストリー紹介。さっき教えてもらった「複眼」と「単眼」を確認。「さて、この虫に単眼はあるでしょうか?!」「どこにある??」


ここからがいよいよ むしさんを直接さわる時間です! 「いどうこんちゅうかん」スタート!!!
f0177529_18131812.jpg
子どもたちは「きゃぁ~!」「ひぇ~~!」「こわ~っ!」と言いながらも興味津々。すぐに手が伸びてきます。ミヤマ・ノコギリ・オオクワ・コクワ・ヒラタにチビクワ。クワガタだけでも日本産6種を連れてきてます。日本産じゃないけれどニジイロクワガタもいます。背中だけじゃなく脚からお腹まで虹色にぴっかぴかでしょ!

f0177529_1813321.jpg
こちらはアカハライモリちゃん。「虫じゃないじゃないか!」と言われますが「虫がこわい!」という子どもたちの人気者。脊椎動物の代表としての参加です。
動きもゆっくり。おなかぷにぷに。おめめもつぶら。のどふくふく。かわいいおてて(足?)をパーにひろげて子どもたちの手の上をお散歩します。でも泳ぐのはみんなより上手でしょ?「いどうこんちゅうかん」のアイドル的存在です。今年は男の子に人気がありました。「噛まへん?」と聞いていた子たちがだんだん「こいつ、かわいい~!」に。「どうやって飼うん?」「なに食べるん?」と質問もいっぱい。「つれて帰りたい!」という子もいましたね。子どもたちとの会話もはずみます。

f0177529_1813556.jpg
宝石のようにきれいな虫はルリセンチコガネです。美しい色でしょ? 爪も鋭くないので甲虫の入門にピッタリ! 兵庫県や他の県ではグリーンから赤い色をしていてオオセンチコガネと名付けられていますが、和歌山県・奈良県産のものはこの通りのきれいなブルーで特にルリセンチと呼ばれています。

f0177529_18364376.jpg


f0177529_1824331.jpg




f0177529_18251964.jpg
               ぬりえも人気です。標本をじっくり観察!!

f0177529_18253744.jpg
最後は「むしむし大博士に質問しよう!」のコーナーです。今回の「大博士」は有馬富士公園学習センターの池田先生です。いっぱい質問が出ましたね。



f0177529_18383543.jpg
朝の準備中にこんな写真も撮っていました。「むしむし小話」は毎年 大学生のメンバーにお願いしています。いろいろな話題で子どもたちを楽しませてくれます。今日が初日ということで事前の打ち合わせ中。話す順序や子どもたちへの問いかけなど入念に! 昨夜 遅くまでかかって絵を仕上げてくれたそうです。朱里ちゃん、ありがとう!


福池コーナーのみなさん、むしさんいっぱいさわってどうでした?
「むしさんとなかよし」になれたかな?
「むしさんのひみつ」をなにか発見できたかな?



福池コーナーの先生方、ありがとうございました。

車に全部積み込んで、午後の山の手小学校へ出発します!



この4~5年、個人情報の扱いがむずかしくなって子どもたちのとてもいい表情がブログに載せられなくなってきました。時代ってヤツですね。後ろ姿の子どもたち。全体写真は縮小してから拡大してぼやかしています。虫がメインの写真ばかりになって少々つまらないです。
でも、おっかなびっくりさわる手。やさしくさわる手。おどろきを持ってさわる手。「持てたよ!」と誇らしげな手。子どもたちは手でいっぱい感じ取っているのがわかります。
子どもたちの虫をさわる『手』の豊かな表情に注目してみてください。




参加者 : 小学生 52人(1~3年生) 
児童館スタッフ : 4人
こどもとむしの会スタッフ : 池田 大(有馬富士公園学習センター)・吉岡 朋子・阪上 洸多・室崎 隆春・中谷 朱里・溝手 舜【報告:吉岡】
by konchukan1 | 2017-09-22 10:42 | いどうこんちゅうかん | Comments(0)