佐用町昆虫館オフィシャルブログ


by konchukan1

8月20日(日)の昆虫館

2017年8月20日(日)の昆虫館
一日館長:末宗安之 サブ館長:岡田浩資
スタッフ:河村幸子 清水哲哉
来館記載者 76名 天気 晴れ時々曇り

 8月もいよいよあと10日余りです。今日はいい天気になりそうです。
f0177529_20372038.jpg
今日もスタッフとして、お盆前から長期に渡って活躍して下さっている清水さんが、新たに昆虫館の庭に花壇を整備するための準備を朝早くから進めてくれていました。
f0177529_20405042.jpg
網舎の中のアサギマダラは、今後外へ放す予定です。
f0177529_20424629.jpg

カブトムシの数も少しずつ少なくなってきました。
f0177529_20432588.jpg
いつの間にかサトキマダラヒカゲが網舎の中へ入ってきていました。
f0177529_20444790.jpg
今日も開館と同時にお客さんが途切れなく来てくれました。彼らは爬虫類に興味津々。ニホントカゲをじっくり観察してくれました。
 また、水槽内の「ニホンヤモリ」と思っていたヤモリの中に別種の「タワヤモリ」が混じっていたことが判明しました。鱗を拡大して観察すると判別出来ました。
 採集した清水さんが「岩場にいた」ということで、タワヤモリはこのような環境に棲んでいるそうです。
f0177529_20472279.jpg
今日も清水さんが仙台から持ってきてくれたカラスアゲハが羽化の場面が観察できるようにセットしてくれました。
f0177529_20572179.jpg
岡山県津山市から「子どもたちが喜んでくれたら」と知人が生きたアマミノコギリクワガタやヘラクレスオオカブトを持ってきてくれました。
f0177529_21102214.jpg
今日も意外と人気のマダガスカルオオゴキブリでした。
f0177529_21112896.jpg
午後もお絵かきや展示している生き物とのふれあいを多くの方が楽しんでくれました。生きたヤマトタマムシが館内を良く飛んでくれました。
f0177529_21133237.jpg
 庭のキハダにミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハが産卵に来たので、これから楽しみです。網舎の発酵臭に誘われて、スミナガシも飛来したようです。
 セミの鳴き声もいつの間にかツクツクボウシとミンミンゼミが主役になりました。秋が近づいてきたようです。
(報告 末宗安之)
 



by konchukan1 | 2017-08-20 21:20 | 佐用町昆虫館日誌 | Comments(0)